更年期は肌荒れしやすい?エステシャンが対策をお教えします

スポンサードリンク

更年期は肌も荒れるらしいと、聞いた事がある方も多いのではないでしょうか?

今回は「更年期や更年期障害」や「なぜ更年期に肌が荒れてしまうのか」について、まとめてみました。

今現在、更年期中と言う方はもちろん、将来、更年期に入る方も知っていると便利な「更年期の肌荒れの特徴」や「更年期の肌荒れに有効な対策やスキンケア」についてもご紹介します。

更年期って何?更年期障害との違いは

知っていますか?更年期と更年期障害のちがい

閉経(月経が来なくなる事)した年齢の前後、約10年の期間を更年期と言います。閉経の年齢には個人差があるため、明確ではありませんが、閉経年齢の平均は50歳前後と言われているので、45歳前後から更年期となる方が多いです。

更年期の女性は、卵巣機能が衰え、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」が急激に減少します。

ちなみに、女性ホルモンには「エストロゲン」「プロゲステロン」「プロラクチン」「オキシトシン」などがあり、それぞれが様々な機能や役割を担っているのですが、更年期に入り「エストロゲン」が減少し、女性ホルモンのバランスが崩れる事で、体や脳に様々な変化が現れます。

その変化が緩やかな方の場合は、幸いな事に更年期で苦しむ事は少ないです。

しかし、中には、急激な変化により、体に不調が出て、治療が必要となる場合があります。その時に出る不調や症状などをまとめて「更年期障害」と呼びます。つまり、更年期には全ての女性がなりますが、全ての更年期の女性が「更年期障害」となる訳ではありません。

また、更年期も更年期障害も、体が女性ホルモンの変化に慣れると自然と収まります。

更年期障害の症状

更年期障害の代表的な症状としては「月経周期が不規則になる(長くなったり、短くなったりする)」「不規則な出血」「のぼせ」「ほてり」「動悸」「集中力の低下」「不眠」「イライラ」「うつ的になる」「頭痛」「頻尿」「尿漏れ」「肌の衰え」「肌荒れ」「骨粗しょう症」「高血圧」「肥満」「吐き気」「胃腸の働きが弱る」など多岐に渡ります。

ちなみに、最近は20~30代の方でも、更年期障害の症状に悩むケースが意外と多い事をご存知でしょうか?

これはストレスや過労、睡眠不足など、不規則な生活習慣によって、自律神経のバランスが崩れ、女性ホルモンが減少し、更年期障害と同じ症状が現れるためと考えられます。

更年期障害の治療

更年期障害は婦人科などの病院で、治療を受ける事ができます。

主な治療方法はホルモン充填療法(内服、外用、貼付剤など)で、不足している女性ホルモンを薬で補う治療が一般的です。

また、症状に合わせて、不眠やうつ症状の場合は、抗不安薬や抗うつ剤、睡眠導入剤が、骨粗しょう症の場合には、カルシウム製剤、活性型ビタミンD3製剤、ビタミンK2製剤などの骨粗しょう症の治療薬が処方される事もあります。

更年期の肌荒れの主な原因とは

更年期や更年期障害の症状は多岐に渡りますが、今回は、女性なら誰でも気になる更年期の「肌荒れ」のメカニズムについて、詳しく調べてみました。

そもそも、なぜ更年期に「肌荒れ」をしやすくなってしまうのでしょうか?

この答えは、ずばり、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」が急速に減少してしまうためです。実はこの「エストロゲン」は、卵胞ホルモンとも呼ばれ、主に女性らしさに影響するホルモンと言われています。

肌に影響する「エストロゲン」の働きとしては、肌の潤いをキープするために重要な肌の角層層の水分を外部に出さないように守る働きや、真皮層にあるコラーゲンの合成する働き、シワやタルミを予防してくれる働きもあります。

また「エストロゲン」が減少すると、胃や腸、肝臓などの内臓が荒れ、内臓機能全般が低下してしまいます。

実は、内臓の働きと健康的な肌には密接な関係があり、内臓の働きが弱ると、肌にも影響が出ると言われています。

特に、肌荒れに影響のある内臓は「腸」と「肝臓」です。

腸は食事によって得た栄養素を吸収する役割を担っている臓器なので、腸が荒れてしまうと、肌を作る栄養素がスムーズに吸収できなくなってしまいます。

さらに腸の働きが弱まる事で、腸の中に老廃物が溜まりやすくなり、この老廃物が長期間、腸に残ったままだと有毒なガスが発生します。

発生された有毒ガスは、血液や肌に送り込まれてしまい、これが肌に悪い影響を与えてしまうのです。

また、肝臓には、たんぱく質を合成する役割があります。肌の細胞はたんぱく質で構成されているため、肝臓の機能が低下してしまうと、肌荒れを引き起こしてしまう可能性が高くなります。

肝臓の機能が低下し、たんぱく質を合成する力が不十分になると、肌の細胞を新しく作る事が難しくなってしまうためです。

その結果、肌の新陳代謝が悪くなったり、古い角質が肌に残りやすくなってしまい、肌荒れの原因になってしまいます。

更年期の肌荒れの主な特徴は3つ

更年期の肌荒れの主なものは「痒み」「乾燥」「ニキビ」になります。

更年期の肌荒れの特徴1 「痒み」

女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の分泌が減ってしまうと、肌のバリア機能が低下し、ちょっとした刺激でも、敏感に反応するようになってしまいます。

肌が痒くなるのもその1つです。

具体的には、寝具や衣類などに肌が擦れるだけで痒くなってしまう事や、乾燥した空気の中に長時間過ごしたり、冷たい風を受けるだけで痒くなってしまう事も少なくありません。

シミやシワなども確かに気になりますが、少なくとも、痛くも痒くもありません。

しかし、痒みは、常に不快に感じますし、我慢できずに掻き壊してしまうと傷になり、痛みを伴う場合もあります。最悪の場合、肌の痒みにより、掻き壊し、炎症を起こしてしまう事や、掻きすぎて、湿疹になってしまう事もあります。

肌の痒みが悪化し、日常生活に支障ででてしまう前に、我慢せずに、早めに皮膚科に行く事をお勧めします。

更年期の肌荒れの特徴2 「乾燥」

女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の分泌が減ってしまうと、肌のバリア機能が低下し、皮脂の分泌量も減り、その結果、肌のバリア機能が衰え、常に乾燥しやすい状態になってしまいます。

乾燥した肌は、敏感な状態となり、ちょっとした刺激にも反応し、肌が荒れやすくなります。

今まで問題なく使用できていた石鹸や化粧水などが、急にヒリヒリとしみたり、使用後、赤くなってしまったり、いつもの同じように保湿をしているにも関わらず、カサカサに乾燥してしまう事もあります。

更年期の肌荒れの特徴3 「ニキビ」

女性ホルモンの一種ある「エストロゲン」の分泌が減少する事で、他の女性ホルモンである「プロゲステロン」や「アンドロゲン」の方が相対的に多くなります。

その事により、皮脂腺が刺激され、皮脂が過剰に分泌されてしまう場合があります。

また、「エストロゲン」が減少する事で、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れ、男性ホルモンの割合が多くなると、皮脂腺のコントロールが乱れ、皮脂量が増えてしまいがちです。

この2つの効果により、更年期には、皮脂量が非常に増えやすくなります。過剰に分泌された皮脂によって、毛穴が詰まりやすくなり、これがニキビの原因となります。

更年期のニキビを特徴としては、思春期など一般的にニキビがでやすいとされる、額や鼻などのTゾーンではなく、顎やフェイスラインなどのUゾーンにできやすいと言われています。

更年期の肌荒れに有効な対策は?

・お勧めのスキンケア(乾燥対策と紫外線対策)

まずは自分でできるスキンケア対策をご紹介します。

乾燥対策

日頃から小まめに保湿ケアを心がける事がとても大切です。スキンケア製品は、できるだけ刺激の少ないものや、今の肌の状態に合ったものを選ぶようにしましょう。

基本的に、使用している時や使用後に、肌のツッパリを感じたり、ピリピリした刺激があったり、赤くなってしまうものは、たとえ長年愛用していたものでも、今の肌の状態には合っていません。

潔く、使用する事をやめましょう。更年期が無事に終われば、以前のスキンケア製品に戻す事も可能です。

また、自己対策で改善しない場合は、皮膚科に相談したり、婦人科で女性ホルモン補充療法を受けるのも有効な手段の1つです。

紫外線対策

紫外線は肌の天敵です。

肌が本来持っている、肌のハリや弾力を生み出してくれる成分を破壊してしまうからです。

また、ご存知の方も多いですが、長時間、紫外線を浴びたり、夏の海など強い紫外線を浴びると、メラミン色素が過剰に作られ、シミやソバカスができる原因にもなります。

更年期の時は、肌が乾燥などで敏感になりやすい時期なので、いつも以上に、しっかりと紫外線を避ける必要があります。

UVクリームはもちろんの事、日傘や帽子、手袋など活用できるものは活用しましょう。

紫外線と言うと夏の晴れた日をイメージしがちですが、紫外線は冬でも、曇りの日でも降り注ぎますし、窓を通って室内にも侵入します。

油断せずに、紫外線対策を毎日続ける事が何よりも大切です。

お勧めの食べ物

更年期の時に、特にお勧めの食べ物は、ずばり、大豆です。

大豆に豊富に含まれた「イソフラボン」は女性ホルモンに近い働きをすると言われています。

とうふや納豆、豆乳など、できるだけ毎日の食生活に取り入れるようにしましょう。

お勧めの漢方薬

漢方薬は自然由来の生薬です。

原料は植物の根や葉、実が主なものなので、病院で処方される薬とは異なり、化学物質や添加物が一切配合されていません。

そのため漢方薬は、副作用がでにくい事と、効き目が緩やかな事が特徴です。漢方薬には様々な種類があり、更年期や更年期障害で辛い時に、症状を和らげてくれるものも複数あります。

更年期の時にお勧めの漢方薬は、更年期の疲れやすさ、血行不良からくる肩こりや頭痛、不眠などを和らげてくれる「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」や、イライラやストレスからの疲労を和らげてくれる「加味逍遥散(かみしょうようさん)」などがあります。

また、更年期の肌荒れを改善してくれる効果が期待できる漢方薬としては、「温清飲(うんせいいん)」と「桂枝茯苓丸(けいしふくりょうがん)」が有名です。

「温清飲(うんせいいん)」は更年期障害の症状全般に効果を発揮し、肌の乾燥やクスミ、痒みを軽減してくれる効果があり、「桂枝茯苓丸(けいしふくりょうがん)」は更年期特有のうつと更年期に起こりがちな皮膚トラブルの両方に有効です。

効き目が緩やかとはいえ、漢方薬も、薬の一種である事は間違いありません。飲みはじめる時には、漢方専門医、もしくは漢方に詳しい医師に必ず相談するようにしましょう。

また、漢方は自然由来の生薬なので、飲みはじめて数日で症状が改善する事は少なく、効果が表れるまで1ヶ月以上かかる場合も多いです。

お勧めのサプリメント

サプリメントは薬ではないので、気軽に試す事ができるのが魅力です。更年期にお勧めのサプリメントは、大きく分けて2つあります。

1つ目は、更年期の時以外にも飲める、肌に良いとされるビタミン剤などです。継続的に肌の老化を予防したいという方に特にお勧めです。

ちなみに、ビタミンAは色素沈着の抑制、ビタミンB2は肌の新陳代謝を高める、ビタミンCはコラーゲンの生育、ビタミンDは肌のバリア機能の強化など、ビタミンの種類によって効果もちがいますし、「マルチビタミン」などの総合ビタミン剤の場合は、複数のビタミンが配合されています。

ビタミン剤は、種類が本当に豊富なので、自分の肌の状態や希望、金額、飲みやすさなども考慮して、選ぶようにしましょう。

また、更年期の方向けに作られた、更年期対策のための専用サプリメントもあります。

更年期に入り、肌の調子が悪い方や、病院に行くほどではないけど、更年期の症状がある方にお勧めです。

代表的なものとしては、更年期に摂取したい大豆イソフラボンをはじめ、ブドウ種子ポリフェノール、葉酸、ビタミンD3など更年期の美容と健康に必要な成分が配合された「キッコーマンからだ想い 基本のサプリ」や、婦人科のお医者様が開発に関わった「エクオール+ラクトビオン酸」などがあります。

お勧めの睡眠の取り方

睡眠不足が続いていると、肌の新陳代謝が乱れてしまいます。

睡眠中は、肌をきれいにしてくれる成長ホルモンが分泌される大切な時間です。肌の調子が悪い時や、乾燥が気になる時こそ、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

もし、肌の痒みにより、よく眠れない場合や、寝つきが悪い場合は、早めに皮膚科を受診する事も大切です。

更年期の肌荒れまとめ

更年期障害が原因の肌荒れを改善するためには、正しいスキンケアや肌の症状を治療するとともに、全体的な体の機能も改善するように心がける事が大切です。

スポンサードリンク