かぶれに強い白髪染めランキング!ヘアカラーマニアが自身をもっておすすめする商品

かぶれに強い白髪染めランキング!ヘアカラーマニアが自身をもっておすすめする商品

白髪染めをはじめとしたカラーリングは、手軽に印象を変えられることから、ファッションの一部として浸透しています。

カラーリングの頻度は、3ヶ月に1回以上が8割以上、そして白髪染めの対象年齢である50歳以上では、月に1回という高頻度で染めている人が5割以上います。

生活と切り離せないものとなった白髪染めですが、カラーリング関連での皮膚障害の報告件数は、毎年200件を超えるそうです。

報告されていない分も考えると、倍以上のかぶれ患者さんがいらっしゃると考えられています。

今回は、どうしたらかぶれずに白髪を染められるのか、かぶれた際の対処法、おすすめの白髪染めなどをご紹介していきます。

大事な頭皮を健康に保って、好印象を維持していきましょう。

スポンサードリンク

白髪染めでかぶれる原因と症状

白髪染めでかぶれる原因とは?

パラフェニレンジアミン

パラフェニレンジアミンは多くの白髪染めに含まれている成分です。

髪を染めるのに必要な染毛剤であり、市販の白髪染めや美容院のカラー剤などに広く利用されています。

様々な染毛剤の中でも特に染毛力が高いため重宝されています。

その一方でアレルギー反応を引き起こしやすい成分であるため、白髪染めを使った際のかぶれの原因の一つになります。

白髪染めの成分表示を確認すれば含まれているかどうか分かりますが、パラフェニレンジアミンと記載されていなくても注意が必要です。

語尾にジアミンと付いている成分はパラフェニレンジアミンの一種であり、同様のアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

パラフェニレンジアミン系の成分が含まれていない白髪染めはノンジアミンと明記されています。

過酸化水素水

過酸化水素水は過酸化水素の水溶液のことです。

白髪染めでは均一に髪を染めるために、色素が残っている髪も一旦脱色して白くしてから髪を染めます。

その際に使われるのが過酸化水素水です。

別名オキシドールとしても知られていて、消毒液や漂白剤など身近な場面でも使われています。

殺菌力が強く皮膚に強い刺激を与えるためかぶれの原因になります。

2剤式の白髪染めは染色剤と脱色剤を混ぜて使うため、脱色剤に過酸化水素水が含まれています。

タール色素

タール色素は石炭から作られたコールタールを原料とした色素です。

合成着色料としてヘアマニキュアに含まれています。

手軽に様々な色を安定して着色することができるので、白髪染めだけではなく食品や化粧品など幅広い分野で使われています。

白髪染めに含まれているタール色素は肌への刺激が強いので、かぶれの原因となることがあります。

また発がん性が疑われている成分でもあるので、注意が必要です。

タール色素が含まれている染料は色と数字の組み合わせた名前が付いていて、「赤色2号」や「黄色4号」などのように成分欄に表示されています。

ヘアマニキュアのほとんどにはタール色素が含まれているので、肌に弱い方は特に注意が必要で、できるだけ避けた方が良いです。

パラベン

パラベンはパラオキシ安息香酸エステルのことで、防腐剤として白髪染めや化粧品に使われています。

白髪染めに含まれているほかの成分が腐るのを防ぐのが役割です。

白髪染めの成分が温度などの影響を受けて変化したり劣化しないように安定させる効果があります。

人間の肌にとっては刺激が強い成分で、アレルギー反応を引き起こすこともあるのでかぶれの原因となることがあります。

白髪染めの成分表示には「メチルパラベン」、「プロピルパラベン」、「プチルパラベン」などと記載されています。

パラベンが含まれていない商品には「パラベンフリー」と記載されています。

白髪染めが原因のかぶれの症状

症状①かゆみ

白髪染めに含まれている過酸化水素やタール色素など、肌への刺激が強い物質によって肌にかゆみを感じることがあります。

これらの成分自体が刺激物となって肌に異常が起こる「刺激性接触皮膚炎」によってかゆみが引き起こされます。

頭皮や髪の生え際、顔、首筋など白髪染めが付着した部分にかゆみが出ることがあります。

症状が出るのが早く、肌に触れた瞬間から症状が出始め、徐々に広がっていくことが多いです。

パラフェニレンジアミンやパラベンによって引き起こされるアレルギー反応によって、かゆみが引き起こされることもあります。

「アレルギー性接触皮膚炎」と呼ばれ、「刺激性接触皮膚炎」よりも症状が出るのに時間がかかります。

アレルギーが原因のかゆみは髪を染めた後、6時間から12時間で症状が出てきます。

症状②痛み

かゆみに伴ってヒリヒリやチクチクといった痛みを感じることもあります。

痛みは刺激の強い成分によって肌の表面が傷つけられていることによって引き起こされます。

「刺激性接触皮膚炎」であれば、痛みは一時的なもので白髪染めを使い続けている間に肌が慣れてきて、その後は痛みを感じなくなることもありますが、使うたびに痛みを感じるようであれば注意が必要です。

白髪染めの使用した後、洗い流している時に肌に薬剤が付着して症状が出ることもあるので、しっかりと洗い流すことが大切です。

「アレルギー性接触皮膚炎」による痛みであれば、アレルギー成分によって抗体が作られて、症状がひどくなっていくのでいつまでも痛みが引かないようであれば、その白髪染めの使用を中止したり、ほかの白髪染めに変更する必要があります。

症状③腫れやブツブツ

かゆみや痛みが出ているにもかかわらず、それらを放置して同じ白髪染めを使用し続けていると、さらに症状が悪化して肌に腫れやブツブツが出始めます。

「アレルギー性接触皮膚炎」の場合は白髪染めを使用して12時間後から48時間後に腫れやブツブツができるようになって、かゆみや痛みも増していきます。

これらの症状は白髪染めを使用してから48時間後にピークを迎えます。

そのため、かゆみや痛みを感じてすぐに白髪染めの使用を中止したとしても、症状が悪化していく場合があるので、2日ほどは経過を注意深く観察する必要があります。

症状④アナフィラキシーショック

アレルギー反応が出ているにもかかわらず、白髪染めを使用し続けてアレルギー物質に触れているとまれにアナフィラキシーショックを起こすことがあります。

アナフィラキシーショックとは短時間で全身にアレルギー反応が出ることで、皮膚、粘膜、呼吸器、消化器、循環器など様々な部位に影響が出ます。

めまいや両手足末端のしびれ、口唇のむくみといった軽い症状から、全身に及ぶじんま疹、呼吸困難、血圧の低下、意識障害など重篤な症状が出ることがあります。

蜂に刺されたりそばなどアレルギーがある食品を食べた時などにアナフィラキシーショックが起こることは広く知られていますが、皮膚からアレルギー物質を吸収しただけでも起こる可能性があります。

白髪染めにアレルギーがあるかどうかは使用前にパッチテストをすることで確認できます。

白髪染めの商品の中には注意書きでパッチテストを勧めているものもあります。

スポンサードリンク

かぶれない白髪染めの条件

まず、かぶれない白髪染めの条件からお伝えしていきます。

以下の条件を守ることにより、お肌の弱い人、すでにかぶれたことのある人でも、肌荒れの確率を最小限にすることが出来ます。

かぶれの原因物質が入っていない白髪染めであること

まず、かぶれる原因になるような成分が入っていない白髪染めを選びましょう。

かぶれにもいくつか種類があるのですが、ほとんどの方は「ジアミン系染料」という酸化染料によるアレルギーが影響しています。

ジアミン系染料(パラ-フェニレンジアミン、メタフェニレンジアミン、トルエン-2.5-ジアミンなど)がアレルゲンとなって、皮膚症状や全身症状にまで発展することがあるのです。

ですから、そういったジアミン系染料が使われていない白髪染めを選ぶというのが、1番重要になってきます。

頭皮に優しい染料を使用した白髪染めであること

そして、頭皮に優しい染料だというのも大事です。

アレルギー発症に関係のない染料であっても、肌に刺激のある成分が入っていては、かぶれの脅威から逃れられません。

「染める」という役割を果たしつつも、頭皮に負担のない成分で出来ている白髪染めを選びましょう。

頭皮を保護する成分を配合した白髪染めであること

更に、頭皮を守る成分も配合されていると、なおよしです。

「守る」というのは、保湿であったり、炎症を抑える成分が入っていたりするものが該当します。

先回りして、かぶれを止めてくれる成分が入っていると、安心して使用を続けられます。

以上の条件をクリアした白髪染めは、コチラでご紹介しております。

>>かぶれ経験者も使える白髪染め おすすめランキング

白髪染めで起こるかぶれは2種類に分けられる

それでは、白髪染めが原因のかぶれについて詳しく見ていきましょう。

毛染めによるかぶれ・肌荒れは、大きく2つに分けることが出来ます。

アレルギー性接触皮膚炎

白髪染めのかぶれで最も多いのが、この「アレルギー性接触皮膚炎」です。

簡単にいうと、ジアミン系染料によるアレルギーですね。

ジアミン系染料は、使っても何ら問題が出てこない人もいるのですが、

  • 初期の使用で受け付けない人
  • 使用を続けるうちに健康被害に発展する人

というパターンも存在します。

これは、肌の強弱に関わらず、成分を受け付けないという身体からのメッセージですので、「なぜ私が?」と思う方が多いかと思います。

アレルギーという点では、花粉症と同じです。

特定の物質に対して、拒否反応を示すのです。

一次刺激性接触皮膚炎

アレルギーによるかぶれでない場合には「一次刺激性接触皮膚炎」が考えられます。

こちらは、アレルギーのように時間差でかぶれるのではなくて、使ってすぐに症状が現れる場合が多いです。

アレルギーは、原因物質(アレルゲン)と身体の相性・反応で、かぶれる・かぶれないの差が出ますが、こちらの一次刺激性接触皮膚炎は、一定の濃度に達すると、分け隔てなく症状が出る、という違いがあります。

そして、成分の濃さに加えて、

  • 白髪染め剤の洗い残し
  • 白髪染め中に肌を傷つける

という行動によって刺激を受けた場合にも、かぶれという症状が出ることが考えられます。

白髪染めで起こるかぶれの症状と対処法

2つに分けられるところが分かったところで、症状についても見ていきましょう。

かぶれの症状と場所

症状 かゆみ

赤くなる

腫れ

ブツブツ

皮がめくれる

チクチクする

場所 頭皮

生え際

顔・まぶた

おでこ

うなじ

症状は人それぞれなのですが、毛染め剤が付着する場所で、顕著に出現するようです。

上記は、アレルギー性・刺激性、どちらも可能性として考えられる症状になります。

ただ、アレルギー性になると、皮膚に液が付着した場所だけでなく、全身で拒否反応を示してくることもあって、

  • 蕁麻疹
  • 呼吸困難
  • 血圧低下
  • めまい
  • 動悸
  • 嘔吐

という、命の危機も感じるほどの状態になってしまうことがあるんです。

アレルギー性の場合は、その原因物質を使うたびに症状が出ることがあります。

かぶれたことがある人は、絶対に使用しないでください、というように注意喚起されています。

かぶれの応急処置

かゆみや腫れの症状が出た際の応急処置ですが、カラーリングの途中でしたら、まずは使っているカラー剤を洗い流します。

液が少しでも残っていると、新しくかぶれの火種になることがありますから、くまなく落としてください。

そして、気分が悪くなったり、全身症状に発展したりした場合には、すぐに病院に行って、医師の診断を受けましょう。

この時、使っていたカラー剤も持参すると、診断に役立つかと思います。

かぶれの治療法 塗り薬・飲み薬

病院に行くと、塗り薬や飲み薬を処方されます。

かぶれは、お肌に炎症が起きている状態なので、炎症を鎮めるものや、かゆみを感じなくなるものが渡されます。

代表的なものはステロイド外用薬で、こちらはドラッグストアでも販売されています。

ただ、病院でしたらかぶれの状況に応じて、適切なレベルの塗り薬を処方してくれるので、なるべく医療機関でもらったもので治されるのが良いかと思います。

飲み薬も同様です。

あまりにも症状がひどい場合には、点滴になることもあります。

かぶれのNG行為

かぶれた後のNG行動としては、はやりかぶれの原因になった白髪染めを使い続けることが挙げられます。

「今回は、たまたまかぶれた」

「今度からは、皮膚につかないようにやってみよう」

と都合の良い解釈をして再び使うと、もっと症状が悪化する可能性があります。

余っていても、ストックがあっても、絶対に使わないようにしてください。

そして、メーカーや商品を変えても、アレルギーの原因になった物質が入っていると、同じようにかぶれがぶり返しますので、そちらにもご注意ください。

美容院で使われるのは主にジアミン系染料が入った白髪染め

なお、美のプロ集団がそろっている美容院では、どういった白髪染めをしてくれるかというと、残念ながらジアミン系染料での施術が主流となっています。

ジアミン系染料は使用48時間前にパッチテストを実施

本来ですと、たくさんのアレルギー発症事例が寄せられていることと、もともと持つ毒性があることから、ジアミン系染料で使う場合は、パッチテストが義務付けられています。

実際にカラーリングする48時間前から、使う薬剤と体質の相性を確かめるために、皮膚に塗っておくことが必要なんです。

パッチテストをする美容院は珍しい

義務はありますが、よほどのしっかり管理が行き届いた美容院でない限り、パッチテストはスルーされているのが現状です。

美容院に出向いてオーダーすれば、そのまま薬剤を塗られるかと思います。

こういった状況から、一度かぶれてしまった方は、カラーリングを美容院ではなくセルフで切り替えることが多いですね。

原因物質「ジアミン系染料」を使用しない白髪染めとは?

白髪染め 染料
ヘアカラートリートメント 塩基性染料

HC染料

植物性染料

ヘナ ヘナなどの植物性染料
ヘアマニキュア タール系染料
オハグロ式毛染め ポリフェノール

鉄イオン

ここからは、白髪染めによるかぶれが、ジアミン系染料のアレルギーによるものだという前提で、お話をさせていただきます

ジアミン系染料が入っていない白髪染めには、このような種類があります。

1つずつ解説していきます。

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは、普段使いのトリートメントと同じように、自宅で気軽に白髪染めが出来るものです。

髪の表面部分に染料を付着させるので、週に1回ほどのこまめなトリートメントが必要ですが、低刺激です。

染料の他、保湿成分も入っていることが多いので、頭皮ケアにも使える商品が多々あります。

ヘナ

昔ながらの白髪染めです。

髪のタンパク質に絡みつく特徴を持った、ヘナという植物を使っています。

とても優しくて、色持ちも1ヶ月ほどと長いのですが、ヘナ単体では緑色になってしまうので、他の染料と混ぜて使われることが多いです。

ヘナと書いていても、ジアミン系染料が入っていることもあるので、よく確認してください。

ヘアマニキュア

髪の表面をコーティングして、白髪を隠してくれます。

1度やると、1ヶ月弱の色持ちはしますが、肌につくと落ちにくいタール系色素が使われています。

更にタール系色素は刺激が強いもので、刺激性のかぶれを起こす可能性があることから、セルフの白髪染めには向きません。

オハグロ式白髪染め

髪の内部でポリフェノールと鉄を反応させて、白髪を黒く染めます。

色持ちはしますが、内部で発色させるので髪が痛み、パーマがかかりにくくなることがあります。

かぶれ経験者も使える白髪染め おすすめランキング

ジアミン系染料を使わずにできる白髪染めをいくつかご紹介しましたが、もう二度とかぶれないための白髪染め選びの条件である

  • かぶれの原因物質が入っていない白髪染めであること
  • 頭皮に優しい染料を使用した白髪染めであること
  • 頭皮を保護する成分を配合した白髪染めであること

をクリアした白髪染めは、【ヘアカラートリートメント】になるかと思います。

もちろんかぶれの原因(ジアミン系染料)は使われていませんし、優しい染料で染め上げます。

更に、頭皮のことまでを考えたものでいえば、ヘアカラートリートメントに勝るものはないからです。

それでは、当サイトでのオススメのヘアカラートリートメントをランキングでご紹介していきます。

第1位 マイナチュレ オールインワンカラートリートメント

頭皮保護成分 ゴボウ根

ローズマリー葉

セイヨウキズタ葉

アルテア根

スギナ

ボタン

ガゴメ

カラーバリエーション ダークブラウン

ブラウン

内容量 200g
価格 3.980円

マイナチュレは、女性の育毛剤も出していて、頭皮のことを知り尽くしているメーカーでもあります。

頭皮保護成分も充実し、94%は植物由来原料なので、身体に優しい成分構成となっています。

3つの厳しい検査

  • パッチテスト
  • アレルギーテスト
  • スティンギングテスト(敏感肌を対象にしたテスト)

をクリアしており、かぶれ経験者も、安心して使用開始できるものとなっています。

マイナチュレ

第2位 LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

頭皮保護成分 ガゴメ昆布
カラーバリエーション ブラウン

ダークブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

ナチュラルブラック

内容量 200g
価格 3,000円

ルプルプも、頭皮のエイジングケアメーカーです。

「海の恵み」がテーマであり、ヘアカラートリートメントにはガゴメ昆布が保護成分として入っています。

海藻のネバネバ成分には、水をガッチリつかんで離さないという保水力があります。

その力で、頭皮にも潤いを与えてくれるんです。

昆布のネバネバ成分は、髪にもしっとり感を出してくれるので、使えば使うほどに美しくなるという特徴があります。

ダメージ0のルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

第3位 利尻ヘアカラートリートメント

頭皮保護成分 利尻昆布

オドリコソウ

セイヨウキズタ

ローズマリー

ゆず

アルニカ 他22種

カラーバリエーション ライトブラウン

ナチュラルブラウン

ダークブラウン

ブラック

内容量 200g
価格 3,000円

ヘアカラートリートメントでは定番商品の利尻が、3番目にオススメ出来るものとなります。

こちらの商品にも、利尻昆布を始めとした、うるおい成分が豊富なので、頭皮のかぶれを防ぎながら染め上げてくれます。

更に、髪の補修成分も豊富なので、染め上がりのパサつきを抑え、印象アップにも貢献してくれるでしょう。

老舗メーカーなので、カラーバリエーションが豊富です。

かなり髪色を明るくしたい人にも、オススメできます。

利尻ヘアカラートリートメント

白髪染めかぶれまとめ

ここまで、かぶれ経験者のための白髪染めについてお伝えしてきましたが、実は、乾燥肌やアトピーの方も、同じ理論で同一白髪染め商品をオススメすることが出来ます。

乾燥肌とは、お肌の水分量、油分量ともに少量の状態であることを言います。

この2つが適量ないと、お肌のバリア機能が壊れやすくなって、いつもピリピリと緊張感のある頭皮状態であるということです。

アトピーも、環境や遺伝によるものですが、水分量・油分量ともにバランスを崩して、肌荒れにつながることが多いです。

乾燥肌とアトピーに通じるのは、どちらも「保湿」を徹底して行っていくというもの。

適正な潤いを取り戻し、本来の肌機能を回復させるためです。

その点、かぶれない白髪染めはというと、刺激を排除し、頭皮のうるおいを最優先にしたものでしたよね。

以上から、あらゆるタイプの肌に対応できるヘアカラートリートメントは、重宝されるのではないかと思います。

人気が高く品切れになることが多いのがデメリットですが、かぶれにくい白髪染めとしては、マイナチュレが今のところ一番おすすめです!

白髪染めについては、白髪染めおすすめランキングでも各商品の特徴をまとめているので参考にして下さい。