ヘナ染めセルフケアおすすめランキング10選!効果とメリットを詳しく解説

スポンサードリンク

ヘナ染めで白髪をセルフケアできる!

白髪染め用ヘアカラー、ヘアマニキュア、ヘアカラートリートメント、ヘナ染めなど、白髪を染めるセルフケア商品のバリエーションは増えるばかりです。ちまたには様々な謳い文句の白髪染めアイテムがありますが、結局どれが一番自分に合っているのか、素人がセルフでは判断しにくいのが実際のところ。もちろん美容室でプロの美容師の手で染めてもらえば悩まずに済むかもしれませんが、一生染め続ける白髪染めを毎回美容室で染めるとなると、費用はばかになりません。セルフで自分にあった白髪染めを、お得にできれば一番嬉しいですよね。

数ある市販の白髪染めの中でも、今回はヘナ染めにフューチャーしてご紹介いたします。
ヘナ染めの疑問……

本当にヘナ染めってオーガニックなの?
白髪染めとしての実力は?
簡単に素人でも染められるの?

長年白髪染め業界で働いてきた立場から、ヘナ染めのメリット・デメリットそして市販のヘナ染め商品の中で特におすすめの商品をピックアップしてご紹介します。

そもそもヘナ染めとは?

そもそも、ヘナ染めとはどのような白髪染め方法なのでしょうか。

ヘナ染めとは、ヘナ染めとは植物性染料である『ヘナ』で色を入れる伝統的な白髪染色方法です。
ヘナはヘンナとも呼ばれるミソハギ科の植物で、和名として指甲花(シコウカ)、ツマクレナイノキ、エジプトイボタノキ等の名称があります。
ヘナの木は世界の熱帯乾燥地域で自生する木で、主な産地として北アフリカ、インドを含む南西アジア、オーストララシア北部などが挙げられます。

染料として用いられるのはヘナの葉の部分です。葉を収穫して乾燥させ粉末にしたものを水で適度な粘度まで溶き、髪・肌・爪など任意の場所に塗ることで染髪やマニキュア、ボディーペイントに用います。
ヘナの葉にはローソンという赤色酵素色素が含まれています。このローソンが髪や肌のたんぱく質に絡みついて発色することで、白髪や肌を染めることができるのです。
ボディーペイントや爪の染色は、およそ1~2週間にあいだに薄くなっていき、自然と消えていきますが、基本的にヘナ染めした髪は色落ちすることはありません。

メヘンディといったものを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。メヘンディはヒンディー語で「ヘナで肌に模様を書く」という意味で、幸運や魔除けを祈って女性たちがヘナで様々な文様を肌に描く艶やかな文化です。インドの伝統文化も担っているヘナ。古来から安全な染料として世界中で愛されてきたアイテムです。

現在では消えない眉メイクにも用いられ、私たちの生活にぐっと身近なオーガニック染料として親しまれています。

スポンサードリンク

ヘナで白髪染めをするメリットとデメリット


ヘナ染めはオーガニックで自然な、肌や髪に優しい天然の白髪染め方法と言われています。しかし、いくら天然でオーガニックとは言っても注意が必要なのは言うまでもありません。人それぞれ体質や白髪染めに期待する効果が違うので、安易に「ヘナ染めは安全だから」といった先入観で決めてしまうと場合によっては肌荒れや期待外れの欠陥い繋がってしまうからです。
ヘナ染めはメリット・デメリットのはっきりした白髪染め方法です。白髪染めに対してどのような効果やメリットを求めているかをしっかり確認していきましょう。

ヘナで白髪を染めるメリット

化学染料のヘアカラーに比べて圧倒的に髪に優しい

化学染料で安易に何度も染め続けると、バサバサで白髪染めを施した艶のない「老け髪」になっていきがちです。ダメージヘアが深刻化すると、うねってパサついた髪となり、せっかく白髪染めしても老けて見えるようになってしまいます。
また最初は気に入っていた色も次第に色褪せてきてがっかりすることも……。
髪に優しい化学染料ヘアカラーも勿論たくさんありますが、すでにダメージヘアが気になる方、少しでもヘアダメージを減らしたい方にはヘナはお勧めです。

ヘナは天然の染色剤、いわゆる『草木染め』を髪に施すようなものです。もちろん天然成分なので個人差はありますが、基本的には「ノーダメージで白髪染めができた」と感じる方が多いのがヘナの特徴です。

トリートメント効果を感じる人も

ヘナ染めをして髪がツヤツヤになった、コシが出てきたなど嬉しい効果を感じる人も多いようです。ヘナのトリートメント効果は、ヘナの成分が染髪の際、髪のたんぱく質と結合することで生まれる効果と考えられています。
ヘナのローソンという赤色酵素色素が髪のタンパク質と結合するとき、髪表面に薄い皮膜を生み出し、髪内部の保水力を高めるとされ、天然成分のヘアカラーでありながら同時にヘアパックを行うような美髪効果を期待することもできるのです。

他の白髪染め方法がNGだった方でも染められる場合がある

ヘナ染めは天然成分で毛染めをするため、これまで化学染料にかぶれたりダメージを受けてきた方でも、ヘナならば染められるといった場合があるようです。勿論100%大丈夫とは言えませんし、必ずパッチテストを受ける必要があります。しかし、これまで諦めていたヘアカラーを楽しめるということで、白髪染めを諦めていた方の最後の駆け込み寺としても、ヘナは支持されているようです。

ヘナ本来のカラー以外にすることもできる上に、その場合も天然成分100%で染められる

実は、ヘナ100%のヘナ染めでは、白髪を暗い色に染めることは不可能です。ヘナ本来の色はローソン(赤色酵素色素)。赤色酵素色素、つまりヘナのみでは白髪はオレンジがかった明るい色になるのです。
そのためヘナ染めにネガティブな印象を与えるためか、時々「ヘナ染めでオレンジ以外は化学染料が入っている」といった噂も流れることも。

ヘナのみでは白髪がオレンジ色になるのは事実。しかし、藍色色素を持つインディゴ(ナンバンアイ葉)とヘナを配合することにより、白髪を暗い色に染める事もできます。天然成分100%とうたっているダークカラーのヘナ染めは、主にナンバンアイを混ぜている場合が多いようです。

ヘナはアーユルヴェーダファンには嬉しい『ハーブ』

ヘナは単なる染料ではなく、アーユルヴェーダの学問おいては『薬草』として分類されている植物です。
学術的な根拠はありませんが、毒素排出・炎症抑制・新陳代謝を促す効果があると信じられてきました。現在でもアーユルヴェーダを日常生活に取り入れている人々のなかでは、ヘナはハーブとしても特別な意味を持つ『薬草』として現代も重用されているようです。

ヘナで白髪を染めるデメリット

続いて、ヘナ染めのデメリットについて見ていきましょう。ヘナ染めのメリットを取り上げてきましたが、もちろん人によってはデメリットに感じる特性もあります。事前にメリットとデメリットを知ることにより、自分に合った白髪染め方法を選んでいきましょう。

ヘナ染め後は普通のヘアカラーの色が入りにくくなる

ヘナ染めは髪の毛のたんぱく質と結合して染色する方法です。そのため一度染めてしまった場合、ヘナ染め後に他の化学染料で染めようとしても、うまく染まりにくい場合があるようです。ヘナ染めをする場合は、その後は化学染料で染められないと思っていたほうがよさそうです。
またヘナにより髪質が変化し、パーマをかけにくくなったという声も多いです。ヘナ染めをしたあとパーマや通常のヘアカラーをしたくなった場合は、美容室で施術を受ける前に一度、担当の美容師への相談をお勧めします。

ヘナ染めの前に必ずパッチテストを!かぶれる体質の人も

ヘナは天然染料ですが、天然だからといって100%安心とは言えません。パッチテストなしでヘナ染めするのは絶対にやめましょう。安心・安全なくだものでも人によっては食物アレルギーが起きるように、ヘナ染めの及ぼす影響も個人差があります。パッチテストの方法は商品によってそれぞれですが、基本的には、肌にヘナを張り付けて数日置いて様子を見る方法を取ることが多いです。
最初は大丈夫でも、体質や体調の変化によってヘナが合わなくなる場合もあるので、できれば染めるたび、毎回パッチテストを行うのが理想的です。もし少しでもかゆみやかぶれを感じた場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

ヘナ独特の匂いがある

ヘナ染めをすると気になるのが、ヘナの匂い。化学的に脱臭しておらず、香料も無添加である証拠とも言えますが、ヘナ染め最中から最長1,2日は、髪から独特なヘナの匂いがするので注意が必要です。まず自分自身がヘナの匂いが平気かどうか確認し、同居の家族がいる方は、周りに影響がないか確認する事も必要でしょう。ヘナ染め専門の美容室もあるので、専門店で染めて家に匂いを残さないように配慮する人もいます。

化学染料より時間がかかる

ヘナ染めはゆっくり髪に染料成分を浸透させていく必要があるので、化学染料での染髪より時間がかかります。およそ1時間、できれば2,3時間ほど、時間を置くことで色を安定させることができます。その間はずっと髪をラップなどで保護し、汚れても良いターバンなどで液だれを防いで過ごす必要があります。帽子を被れば外出もできますが、大人の女性の場合一日に数時間も余裕を持った時間を取ることができない人も多いでしょう。
ターバンを巻いたまま家事をする、美容室に行くより早いと割り切るなど、ヘナ染めの時間をどう過ごすのか考える必要があります。

化学染料が入っている粗悪品に注意

ここまでで説明したとおり、ヘナ染めは染髪に時間がかかる染髪方法です。また天然成分100%で染めたい場合は、どうしても色味に制限が生じます。そのため、市販のヘナ染めの中には化学染料が含まれているものもあるようです。購入する際は成分表示をチェックし、また口コミなどを参考にヘナを選ぶ必要があります。

おすすめの市販ヘナ白髪染めランキング

ヘナ染め初心者の方は、どんなヘナ商品を探せばいいのか悩む場合も多いでしょう。
今回は『初心者でも扱いやすいヘナ商品』という点に注目して、おすすめ市販ヘナ白髪染めをランキング形式で取り上げます。お気に入りのヘナとの出会いに是非ご活用ください。

No.10 Starwest Botanicalsオーガニック ヘナパウダー

1975年創業、アメリカ大手オーガニックハーブ専門店『スターウェストボタニカルズ』のヘナ商品です。アメリカの商品ということで国内企業の商品より不安……という方もいるかもしれませんが、化学物質無添加、USDA認証(アメリカ連邦農務省認定)も受けている安心安全な高品質ヘナ100%の商品です。

安くとてもお得で新鮮なヘナとして、ヘナ上級者から支持されている商品です。砂や茎などの混入といった品質は純国産には劣る声が多いものの、白髪染髪の用途としての品質は絶賛の声が多い商品です。人によっては他成分(オイルや別配合物など)を混ぜて使い心地を整えているようなので、全くの初心者が一から使ってみるには難易度が少し高いかもしれません。

今まで日本のドラッグストア等で手に入るヘナなどを使っていました。始めてこのヘナを試してみましたが、染まりはなかなか良いようです。

大容量なので惜しみなく使えて良いです。 日本で売られてるヘナは収穫時期が書いてないものは古かったりしますが、 こたらは世界中で売れている為か、とても新鮮です。 砂や茎等多いけど安いので許容範囲かな、と思います。 ヘナはデトックス効果抜群なので、アンチエイジングにも良くて使い続けたいです。

No.9 マックヘナ

マックヘナは初心者でも扱いやすいヘナ商品として注目のシリーズです。溶きやすい粉の細かさと、パッケージの中にヘナ染めに使い手袋が入っている点が特徴。カラーバリエーションも豊富で、色は入れたくないけど艶はだしたい……といった要望にも対応できる透明カラー『クリスタルシャイン』から、インディゴ100%の『インディゴブルー』までバリエーション豊か。染まりやすさと色持ちの良さも大きな特徴で、4週間以上染め直さなくても平気というファンも多いです。

手軽に初心者でも染められる特徴があるため、インターネットの口コミでは化学染料と比較して「染まらない」といった声を上げる人も多いようですが、それだけヘナ染めに慣れていない人でも扱いやすいヘナ商品と言えます。

お徳用パックにも手袋は入っているので、問題なくお使いいただけます。

一回できちんと染める事が出来て満足しています。3週間位は色持ちするので定期的に購入して使用しようと思います。

ナチュラルライトブラウンの臭いは抹茶みたいな感じがします。嫌いではないので、問題なく使用しています。

No.8 テンスター ファインヘナ

45分で染髪できるのが魅力のテンスターヘナ。ほとんどの他社ヘナ商品は1時間~3時間ほど染髪に時間を使うので、手短に化学染料の気分で染めるにはお勧めの商品です。しかし早く染まるぶん、時間と染まり具合の関係性が他社商品と違っているので、他社商品の染め方で慣れている人はまれに「染まりすぎて暗くなりすぎた」といったことや、逆に「よく染まらなくて何度か染め直した」という声も……。慣れを必要とするヘナです。最初はできれば1時間以上置いて様子を見たほうが良いでしょう。

また、他社商品で暗い色に染めたい場合は、本来のヘナオンリーの粉にインディゴ(木藍)などの粉を混ぜて色の調整をする必要がありますが、テンスターファインヘナならば最初から色を整えてあるので、好みに応じた色のヘナで染めればいいのでお手軽です。

ラップで巻いて90分置いてみました。よく染まりましたし驚いたのは、髪にハリがでで、根元から立ち上がり、スタイリングが決まります。2~3週に1回位で使用すると、美容室でカラーをしなくても済みます。これはとてもおすすめします。

100%天然で使い心地はいいですよ。草の匂いも2回ほど洗えばほとんど
気にならないし、リーズナブルです。

香りも耐えられないほどではなく、やり方も特別に難しいわけではないです。
ただやはりケミカル染の仕上がりとは全く別物であると知った上でやるべきかと思いました。

No.7 ジャパンヘナ ヘナパウダー

ジャパンヘナは1987年よりヘナの直輸入を行ってきた老舗のヘナメーカーです。NPO法人日本ヘナ協会の主催であり、ヘナ染めの講習会も行っています。そんなジャパンヘナの取り扱うこちらのヘナは、10年以上長くリピーターとして愛用している方が非常に多い商品です。老舗ならではの品質の安定感と実績から、家族や親が使っていたから自分も、という世代にわたる愛用者も多いようです。

パッケージの使いやすさや説明書の丁寧さも好評で、初心者でも「まず染めてみよう」とチャレンジしやすい商品。パッケージが簡素化されたお得なヘナも販売しているので、慣れている人はそちらを購入するのもお勧めです。

ただし色の種類が多いので、最初はどれを使ってよいのか悩むかもしれません。また、種類によっては化学染料入りのヘナも販売しているのでご注意ください。もちろん化学染料入りのヘナは見分けがしやすいようにされているので親切です。また、化粧品登録済の商品なので品質も安心できるでしょう。

他のヘナを使っているうちに少し頭痛とか気分が良くない気がして、これに変えてみました。
今のところ、このヘナは合っているみたいで良かったです。

白髪が出始めたので何を使おうか迷いました。おば様がジャパンヘナを使っていて私もと思い使ってみました。髪の毛にやさしく良いと言われていたので、抵抗はなかったです。良い感じでした。でもいっぺんには染まらなく3回くらいでやっと茶色くなってきました。

No.6 Sarajina プレミアム ナチュラルヘナ 日本国産ヘナ使用 ペーストヘナトリートメント

粉を溶かして染髪する一般的なヘナ染めと違い、既にペースト状に加工されたヘナを髪に塗るだけで染髪できる、初心者にも大変扱いやすいヘナ商品です。特にプレミアムヘナは通常の『Sarajina』シリーズより髪が潤って良く染まると評判のシリーズです。

ペースト状というだけでも珍しい商品なのですが、こちらは100%日本産、沖縄のヘナ農場で作られたヘナを用いた天然ヘナ商品である事も大きな特徴です。化学染料は一切不使用で、髪に嬉しいローソニアやポリフェノール(タンニン酸)の成分が多く配合されているようです。
髪の保水、保湿をサポートするフコイダン成分も配合。オキナワモズクから抽出されてフコイダンで、こちらも国産成分。髪の乾燥や、それにともなう薄毛に悩む女性から特に支持されています。

Sarajinaプレミアムヘナは、他社の粉を溶かして用いるヘナと染髪方法が大きく異なるので注意が必要です。

同じシリーズのナチュラルヘナを使った事があり、新商品が出てる!と思って試してみました。
かなりしっかり濃くオレンジに染まります。さらに木藍を重ねたら、落ち着いたキレイなブラウンになりました。今回は特にしっかり濃く染まって喜んでいます。

このメーカーの木藍も出ているようなので、それも試してみようと思います!

今までいろんなヘナを試しましたが、どれも使用後一週間程度、若干の痒みと刺激が残っていました。まあこんなものかと気にもしていなかったのですが、こちらの物は使用中も使用後も痒くならず、今現在全く異常なしです。

ヘナ特有の匂いはやはり苦手ですが、他のヘナに比べるといくらか優しく、数日後には気にならなくなりました。色は良く入ります。一度目は明るめのオレンジ色です。回数を経る度にどんどん濃くなりました。髪の落ち着きも、今まで使用したヘナの中で一番でした。最近は雨の日でもまとまりまりが良いので、梅雨も悩まずに乗り切れそうです。

一度目の使用時は袋から直接頭に出して塗りましたが、袋の口がやや大きいため注意が必要です。
二度目からは、空のドレッシングのボトルに移してから塗りました。もう少し口の小さい袋だと、そのまま塗れて便利だと思います。

No.5 石臼挽きマニラニヘナ 鮮度を保つ真空パック入り

古来よりアーユルヴェーダで用いられる加工方法と同じ、石臼挽きで加工したヘナ商品です。通常の機械粉末ではできない、低温のままの粉末化を可能とし、白髪染め以外のアーユルヴェーダ本来の効果を期待する人に指示されているヘナ商品です。

徹底した天日干し殺菌を行った後真空パック封入されているので、ガンマ線照射などの殺菌も行われておらず安心です。また、HPで成分分析の検査結果も開示しており、とにかく安全で安心なヘナであることを強みとしているようです。

実際の石臼挽きの動画を見ていると、こんな伝統的な技法で手間暇かけられて作られている商品なんだと実感できます。生産年度付きで販売されているので、その点も親切なブランドです。生産年度によって染まり具合などに差が生じるとの口コミも見受けられますが、「天然」にこだわったブランドならではの『染めるたびの変化が楽しみ』と受け取る人が多いようです。

この年は、赤味が強く出る気がします。
収穫時期、自分の髪の状態、使用する季節によって違いがありますね。面白い。
こちらの商品は、使用感のバラツキを感じますが、質が悪いと感じたことはありません。
質の割に値段も高くなくありがたいです。

ここのヘナはずっと安心してして愛用しています。収穫年度が少し古い商品でも問題もなく仕様で来ています。この品質のヘナがこの量でこの価格、お得以外いう事がありません。

コスパが良く品質も安定しているので、もう3年使っています。色の配合など慣れない間は少し面倒ですが、慣れると他社製品が使えなくなります(笑)

No.4 ヘナ物語

ヘナに含有するローソン(着色成分)の含有量や葉の品質などで決まるヘナの基準が最も高いAランクのヘナだけを使った商品でありながら、ヘナ染め商品の中では比較的安価な商品です。

カラーバリエーションはナチュラルヘナオレンジブラウン、チャコールグレー、インディゴブルー、ダークブラウン、ブラウンの五種類で、最初は少ない100gのパックでお試し買いをする人が多いようです。

特に注目なのが頭皮ケアや傷んだ髪へのトリートメント効果に対する口コミです。他社製品にくらべて、ヘナ物語は特に髪の質感が良くなったという声や、個人的な頭皮の変化をとりげる口コミが目立ちます。ナチュラルバランスの公式ホームページでも「ツヤツヤとしたハリのある髪に仕上げます」という記述があり、ヘアケアも兼ねたヘナ染めとしての特徴により力を入れているようです。

三度目のリピートです。今まで他社の数種類のヘナを使ってみましたがこちらのヘナが一番でした。
粒子がとても細かいので溶きやすく、染まりも良かったです。
他社のヘナで匂いがキツく具合が悪くなってしまった事がありましたが、こちらのヘナではそのような事がありませんでした。

普通の白髪染めのように前際がぱっきりわかるようなことが無く、根元がなんとなく白いなという感じになって来るので、そうなったらまた染める。放置時間が長いので(私は3~4時間置く)忙しい人向きではないと思うが、紙に優しいし自然な仕上がりになるのでとてもお薦め。

とても気に入りました! 刺激がなく自然草木の香りがして癒されるます。
私はダークブラウンにしました。
自然な仕上がりです。初心者の私でも簡単に出来て感謝してます!ありがとうございます。気にしてました肌のかゆみもなく、お風呂の浴槽で洗い流しましたが
浴槽に色がこびり付かず、シャンプー後はヘナの香りは残りませんでした!
大満足です!

No.3 ラジャスタンヘナ

ラジャスタンヘナはナチュラルバランスの販売するヘナ染め商品です。気候・品質共に最高級ヘナが収穫されるラジャスタン地方のヘナとナンバンアイを用いて染めるオーガニックな染粉が特徴。

お試しキャンペーンとして各商品2個まで、送料無料1000円で販売しており、かゆみなどが出た場合は全額返金保証しています。天然成分だからこそ、肌に合わない場合がある、そのデメリットを熟知した会社だからこその返金保証サービスです。初めての人でも安心してパッチテストを受けることができます。

色はオレンジ、ミディアムブラウン、ナチュラルブラウンの四種類。カラーバリエーションは決して多くありませんが基本のヘナ染めカラーが揃っていますので、初心者に大変おすすめの商品です。

色んなヘナをお試し中で何社か購入してみましたが、丁寧な説明文がついていたのはこちらだけでした。お試しのシャンプーや、ヘアーキャップ、手袋なども入っていてすぐ始められました。

今まで使ったヘナの中で一番艶が出たのと手触りがサラサラです。勿論、ヘナ独特の臭いはしますが2日ぐらいで気にならなくなりました。説明書には塗った日は色落ち防止の為にお湯で洗い流すだけでと書いてありましたが気にせずシャンプーしました。
ですが、色はキレイに入っておりましたし特に色むら等も無かったと思います。

No.2  かの子のハーバルヘナ

かの子のハーバルヘナは、無添加ヘナ専門店ピアエンタープライズのヘナ染め商品。自社で一貫製造を行う日本国内唯一のヘナ専門店です。輸入してからを自社工場で生産管理しているメーカはいくつかありますが、ヘナの刈り入れから携わっているのはピナエンタープライズだけ。

若干他社製品よりも価格帯が上のヘナ商品ですが、日本食品分析センターの高速液体クロマトグラフ法試験で無添加が証明されているので、添加物を徹底的に排除したヘナを使いたい、一貫製造じゃなければ輸入前はどんな管理が行われているのか不安……などといった人にはオススメの商品です。

ラジャスタン産の最高級ヘナを使用し、毎年収穫する葉をアルミパックに保存する鮮度管理など、とにかくありのままのヘナの品質第一を心がけています。

カラーはアッシュ、ブラウン、ライトブラウン、ディープブラウン、ダークブラウン、ブラックの6種類あります。ヘナ以外のカラー成分としてはナンバンアイを配合しているようです。

様々なヘナを試しましたが色持ちの良さ、
浸透の良さは今のところ一番です。
直後はきしみましたが次第に馴染み艶がでました。白髪部分は少し紫色に見えます。
もう3週間余り脱色等の変化は有りません。
リピします。

肌が弱くて化学色素の毛染め剤を嫌がる母に使用。白髪がなんとも言えないダークブラウンに染まりました。自然の色素の艶とボリュームに本人も感動。ちょっと高いけど安全な製品だからリピートすると思う。

No.1  Naiad(ナイアード) ヘナ

ナイアードヘナは100%植物でつくられた自然素材の白髪染めです。髪質の悩みと色の好みに応じてヘナ100%ボリューム感)、ヘナ+ハーブ(さらさら)、ヘナ+木藍(茶系)、ヘナ+木藍(黒茶系)の四種類のヘナがラインナップされています。

木藍は藍色の染料として活用されてきた植物です。この粉をヘナと混ぜ合わせることにより、ヘナの鮮やかな赤みを抑えて日本人の髪に大人髪にぴったりの落ち着いた色に整えてくれます。

ナイアードヘナのヘナは、木藍やハーブも含めすべてインドで粉末の状態まで乾燥され、国内でレシピに合わせた配合、検品を行っております。第三者機関での分析試験を行い、品質の安定にも取り組んでいるので安心です。

ヘナを塗布したあと、40分の保温でしっかり染まるところも人気の秘密。公式HPに使い方や使う量、溶き方レシピなどを分りやすい動画で紹介してあるので、初めての人やインターネットが苦手な方でも、簡単に使い方を見ることができます。

また、ヘナの粉を使ったヘアパックやメヘンディ(ヘナアート)、好みの色への配合方法などもホームページで紹介してあるので、初心者から上級者まで満足のいくヘナ染めをすることができます。

リピート買いしています。説明書通りに使うと上手に染まります!
自分のもともとの髪色にあう木藍をリピートしています。ペーストが「とろとろつやつや」の状態になるまで溶かすのが一番良いのですが、毎回同じにするのは難しいですね。でも、白髪がきらきら光るのを目立たなくするにはナイアードさんのヘナが一番確実です。完全に黒くするというよりも、キラキラするのを「目立たなくする」という目的では満足です。使用頻度は2週間に一回。
「ハリが出る」というのはいい言い方ですが、自分のようにもともとハリのある髪質には、ちょっとハリネズミのようになるので、使用直後はブローが大変かな?

ヘナもたくさんのメーカーから色々な種類が出ているので迷っていました。
何種類か使ってみたところ価格と色の付きやすさのバランスが良いこれに決めました。
仕上がりがもっと、つやつやになる商品だったり香りが抑えられる商品だったりがありますがかなりの頻度で使うために価格もある程度抑えられたこれにしてます。
これだけだと黒くなり過ぎなので、ヘナとブレンドして使っています

ヘナ以外の白髪染めがおすすめな人

以上を踏まえて、ヘナ染め以外の白髪染めのほうがよいタイプの方は以下の通りです。

  • 仕上がりの色味に強いこだわりがある人
  • 白髪以外の髪もヘアカラーしたい人
  • ヘナ以外のヘアカラーも気軽に楽しみたい人
  • ヘナのパッチテストでかぶれてしまった人
  • ヘナの匂いが合わない人
  • 時間がなく、少しでも早くヘアカラーを終わらせたい人

このような方にはヘナ以外で髪染めをすることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)