部分的な白髪染めを自宅で上手に行うコツを現役美容師が伝授します

部分的にカラーリングを行うことを専門用語で「リタッチ」と呼びます。

このリタッチですが、さまざまなメリットがあり、美容室でもリタッチをおすすめされた経験はありませんか。

でも、プロの美容師さんなら違和感なく上手に仕上げられますが、自分では難しくてできないといった声が多く寄せられています。

この「リタッチ」は、高度な技術や知識を要します。

そこで今回は、セルフカラーでもプロ並みの仕上がりを提供できるように、手順とコツを細かく伝授しますので、じっくり読んでマスターしてくださいね。

リタッチに適した伸び具合とは

白髪を染めて、気持ちを新たに気分よく過ごしていたのもつかの間、半月もすれば新しい白髪がまた生えてくるといった悪循環を繰り返す日々ですが、これを避けて通るわけにはいきませんよね。

目立ってくればまた面倒でも白髪を染めなくてはなりません。

目立ちが気になる度合いは感性が個々それぞれのように違いますが、一般的に45日前後に再度カラーリングを行うのが理想とされています。

しかし、このサイクルでカラーリングを行うと年に8回程度ともなり、美容室で染めるのは愚か、セルフカラーでもダメージや費用がかさみ、結果「もう少し我慢する」といった選択肢を選ぶこととなるでしょう。

そこで、おすすめなのが「リタッチ」なのです。生えてきた部分だけ染めれば、ダメージや費用を抑えることができるのです。

先程も述べましたが、最適なリタッチスパンは45日前後です。

この場合、新生毛の長さはおおよそ2cm弱です。

新生毛を染めることにはメリットがありまして、第一に染まりやすい、次に放置時間が短くて済むといったメリットがあるのです。

ですから、この期間でしたらムラなく毛髪のダメージを抑え、失敗が少ないとも解釈してよいでしょう。

それ以上、伸びてしまうと根元だけが異様に明るくなり過ぎたり、ムラができてしまったというデメリットがありますので、きれいに仕上げるポイントとしては、45日スパンをおすすめします。

とりあえず気になる「生え際」の処理

気になる「生え際」と分け目の部分のカラーリングを「Tゾーンカラー」と称します。

カラーリングの明度がダークになるほど、新しく生えてくる白髪は目立ちやすくなります。

特に、フェイスラインを含めた「生え際」は、非常に目立つ場所であり、前髪で隠したり、応急処置でマスカラなどを使ってごまかすといった「小技」を利用しながらしのいでいるのではないでしょうか。

そこで自宅で簡単にプロ並みの仕上がりができちゃう「Tゾーンカラー」のコツを教えます。

用意するもの

  • アルカリ性カラー材(セルフで混ぜ合わせるタイプ)
  • リングコーム状のハケ
  • コットン(半紙でもOKですが、幅3cm程にカットする)
  • 油性クリーム

手順

額やお顔まで染まってしまう恐れがありますので、油性のクリームを顔回りに塗りましょう。

しかしこのとき、髪の毛にまでクリームが付いてしまうとその部分が染まらくなる可能性もありますので、十分に注意しましょう。

薬剤を混ぜ合わせ、手早くTゾーンにハケを利用しながら塗布します。

アルカリ性カラー材は2剤を混ぜ合わせた瞬間から作用を発揮しますので、スピードを意識しましょう。

また、このとき塗布する薬剤をケチらないでください。たっぷりのせることがムラなくキレイに仕上がるコツです。

薬剤を塗布したら、コットンを貼って抑えます。

上から手でしっかり押さえましょう。

よくラップをすると染まると勘違いされていますが、アルカリ性カラー材は空気酸化によって作用を発揮します。

特に明度をアップさせることを重視される方にラップは好ましくありません。

チェック

それぞれの注意書きに記載してある時間ちょっと前にチェックしてみましょう。

この時すでに染まっていない場合は薬剤の塗布量が足りていないことが考えられます。

放置時間を延ばしてみてもあまり効果が期待できませんので、再度トライすることをおすすめします。

なお、放置時間の限界値ですが、薬剤を混ぜ合わせた瞬間から約30~40分薬剤の作用が期待できる時間といわれています。

まれに、1時間放っておいたという話も聞きますが、作用していない薬剤を頭皮が吸い込み、髪や頭皮に多大な損傷を与えているだけの結果になりますので、使用時間は記載してある通りに守りましょう。

また、このときのチェック方法ですが、薬をコームの先やふき取って実際の染まり具合を見るのですが、染めた部分が一色になっていればOKです。

白髪が光っていたらもう少し時間を延長、もしくは薬剤の塗布不足です。

さらに、根元が毛先より明るくなっていると放置時間が長過ぎです。

褪色すればさらに明るくなってしまうので、応急処置としてシャンプーをする前に残った薬剤もしくは、1トーン暗めの薬剤を揉み込みながらシャンプーしましょう。少しは改善される裏技です。

洗い流す

大体、記載通りの時間で染まっていますので、塗布したクリームをなじませながらシャンプーして、よく薬剤を洗い流してください。

補足ですが、万が一お顔や額に薬剤が付いてしまい、黒く染まってしまった場合ですが、流す前に、油性クリームを塗りこんでください。

時間が経過する前にクリームを塗り込めばすぐ落ちますが、ある程度時間が経ってしまうとなかなか落ちません。

なおさらシャワーをかけてしまってからでは、完全に落とすことは不可能です。

油性クリームでダメな場合は、食用油をコットンに染み込ませ、数分貼り付けておきましょう。

リタッチ(根元染め)に挑戦してみよう

先程の「Tゾーンカラー」の要領と同じです。

今度は根元全体になるので、ハケの「先」を上手く駆使することが求められます。

5cm間隔にスライスを取りながらハケで薬剤を塗っていきます。

このとき、「塗る」というよりかは「のせる」とイメージしてください。

混乱しないように、縦なら一通り同じ方向で塗布し続けましょう。ポイントはたっぷり素早くです。

今度は、同じ要領で横方向にスライスしながら薬剤を塗布します。

たっぷり塗布してあれば、この工程でほぼ全体に薬剤が行き渡っているはずです。

もし、余裕があるならば、今度は斜めに「クロスチェック」を行ってください。

この時点で、薬剤を新たに塗布する必要はありません。薬剤が溜まっているところをのばしながら均一を心がけます。ここまでできたら完璧です。

初めての方には少し難しいかも知れませんが、慣れてくればお手のものともなりますので、ぜひ諦めずに技術を習得してください。

部分的な白髪染めまとめ

今回、「リタッチ」の工程とポイントをまとめましたがいかがでしたでしょうか。

なんだか難しそうと思った方、不器用でやっぱり無理と言う方にせめてこれだけは頭にいれておきたいポイントです。

  • 薬を混ぜたら手早くスピーディーに塗布すること
  • 薬剤はケチらずたっぷり塗布すること
  • 記載してある放置時間を守ること

この点を意識するだけでも今よりもはるかにきれいに染め上げることが可能になります。

いちばんの理想は、ご自身できれいに染められることですが、なかなかそう上手くはいきませんよね。

ですが、この先ずっと付き合っていく「白髪染め」をリーズナブルで、極力ダメージを抑えることに越したことはありません。

何度かやっていくうちに手慣れてきますので、どうか頑張って挑戦してみてください。

あなたの「白髪染め」ライフに少しでも役立てることができたら幸いです。

最近では自宅で簡単に白髪染めができるトリートメントなどの商品も増えてきました。

綺麗に染まる!美しいカラーが長持ちするなど、各商品の品質の良さがどんどん上がっています。

美容師に染めてもらうことで、綺麗に染めることは出来ますが、自分で部分染めをしたい人はそういった白髪染めトリートメントを利用するのも検討してみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です