30代向けのおすすめ白髪染め!髪はキラキラした若い印象を与えてくれます

30代向けのおすすめ白髪染め!髪はキラキラした若い印象を与えてくれます

30代になると、白髪染めを使おうか迷っている人も多いと思います。

20代までは若白髪で済まされた白髪も、30代に突入すると急に増えてくるものです。

しかし、まだ圧倒的に黒髪が多いため、対処に困ってしまう方も多いかと思います。

今回は、白髪が生えてくるメカニズムから原因・対策を解説しつつ、生えてしまった白髪に対しての正しい対処法をお伝えしていきます。

スポンサードリンク

30代は白髪が生え始める人生の転換期!

気になる白髪ですが、実は30代が転換期と言ってもいい時期なんです。

30代は女性ホルモンの分泌が減り始める時期

女性の体は、30歳前後を境に老化が本格化します。老化には女性ホルモンが深く関わっているのですが、分泌量が30歳を境にピークを迎えることにヒントがあります。

女性ホルモンは、髪の成長と、健康な髪の維持を助ける働きをします。しかし、女性ホルモンの分泌が減ることにより、髪を作る細胞レベルでの老化が始まってしまうんです。

髪だけでなく「お肌の曲がり角」と言われることもあるように、全身に隠せない衰えが見え始めるのが30代ということになります。

白髪が生えてくるメカニズム

髪は、もともとは色がついていない白髪の状態で生えてくるのですが「メラノサイト」という細胞によって色付けされて、私たちの目に触れる髪色となります。

しかし、老化などの原因によって、色付け細胞メラノサイトが働かなくなると、色付けされずに髪が生えてきてしまいます。これが、白髪の正体なんです。

30代で白髪が生えてくる原因とは?

ここで、白髪が見えてくる原因について掘り下げてみましょう。老化による女性ホルモンの減少が、メラノサイトの働きを鈍らせることは既にお伝えしております。しかし、他にも様々な要因が隠れています。

遺伝の影響で白髪が増えることも

なお、白髪が生えやすい体質というものあって、遺伝の影響を受けることも考えられます。

親から天然パーマや直毛が遺伝するように、白髪が生えやすいという体質も遺伝する可能性は大いにあります。

ただし白髪の遺伝に関しては、生えてくる様々な原因のうちの一つとして挙げられ、実際には他の原因と絡み合って出てくるものとされます。

ストレスが原因で白髪が増える

ストレスは、自律神経の働きを乱れさせます。自律神経が乱れると、新陳代謝が落ちたり血行が悪くなったりします。

血行が悪くなると血液に乗せて髪に十分な栄養を届けられなくなり、メラノサイトの働きも休止に追い込むことになるのです。30代という年齢は、仕事や家族間の責任が増えてくる時期でもあります。

ストレスがたまりやすい時期と老化が重なることで、今までにない白髪の増加がみられるというわけです。ストレス自体も、メラノサイトを攻撃することが、最新の研究で分かってきました。

栄養バランスの乱れで髪の健康が損なわれる

食べたもので体は作られます。食事のバランスが崩れると、体調が悪くなるのは明白です。髪も例外ではなく、必要な栄養が供給されないときには、健康が損なわれるのです。

色素を作るメラノサイトも、髪を生やす毛母細胞も、口から取り入れた栄養素がエンジンとなり、働いてくれます。しかし、バランスの取れていない食事を続けると、どんどん頭皮の衰えが加速し、やはり白髪が生えやすくなってしまうのです。

年頃の女性に多いダイエットも、過剰になると白髪の原因になることがあります。

病気の影響で白髪が生えてくることもある

ただ、自力では改善が難しい病気の影響で白髪が生えてくることがあることも、覚えておきましょう。女性に多いのは「甲状腺機能低下症」による白髪増加です。甲状腺ホルモンの量が不足することで、全身に不調が現れます。

甲状腺機能低下症による症状として、浮腫みや便秘などがありますが、白髪も増えてくることがあります。

こちらの病気以外にも、成長ホルモンが関係する病気には、白髪を増加させることがあるようです。他にも、免疫疾患や悪性の貧血などでも発生する可能性があります。

異常な白髪の増加がみられた場合は、医療機関に相談されるのが大事かと思います。

スポンサードリンク

30代におすすめしたい白髪対策

一度機能を失ったメラノサイトは、もう戻らないとされていますが、実際には改善努力をすることで「白髪が減ってきた」という口コミも見かけます。

大事なのは、諦めないことなのかもしれません。

これ以上白髪を増やさないためにも、そして改善に望みを託し、対策をしていきましょう。

ストレスをためないようにする

30代は仕事盛りですし、ストレスを感じやすい時期。でも、やっぱりストレスは白髪を作り出してしまうことに繋がりますから、なるべくならためないようにするのがベストです。

ストレスを感じないようにする考え方であったり、自分なりのストレス解消法を用意しておいたりして、なんとか軽減していきましょう。

自分がストレスを感じる瞬間を客観的に理解しておくと、意図的に避けることもテクニックとして可能です。

しっかり睡眠をとるようにする

忙しく、やることが多い時ほど削られてしまうのは「睡眠」かと思います。しかし、全身の健康にも髪的にも、よくないことは明白ですよね。

しっかり体を休ませなければ疲労は蓄積し、老化は進む一方です。

可能であれば、髪の成長にも大きく関わる「成長ホルモン」が分泌される夜10時~翌2時に眠りについていることが理想です。

神経系の機能回復も睡眠中にされますから、メラノサイトの働きにも関わります。

しっかり睡眠をとっておくことで、日中の作業効率も上がりますので、意識していただけたらと思います。

栄養バランスがとれた食事を摂るようにする

忙しい年代でもありますから、十分に食事に気を配れない方が多いかもしれません。でも、やはり健康の基本は食事です。

食事の栄養バランスを意識することにより、白髪リスクを低下させることが可能になります。

髪の材料になるたんぱく質はもちろん、髪の健康に役立つミネラルも摂り入れられるよう。豊富な食べ物も積極的に食べましょう。

頭皮マッサージをして血行を促進する

メラノサイトに栄養を届けるために、血行を良くするのも白髪予防になります。頭皮を揉みこむことでも、簡単に血行促進になりますから、習慣化するのがオススメです。

シャンプー時に指の腹で優しく頭皮を刺激するだけでマッサージをしたことになりますから、続けやすい対策かと思います。

【30代向け】白髪の正しい対処法

原因や、これ以上増やさないための対策を学んだところで、今ある白髪をどうにかしておきたいのが女心なのではないでしょうか。

近年は白髪に手を加えない「グレイカラー」というのも自然体ということで流行していますが、30代では圧倒的に黒髪が多いため、難しいかと思います。

そこで白髪の正しい対処法をまとめましたので、参考になさってください。

白髪を見つけたら抜く行為はNG

まだ白髪が少ないからと言って、見つけたそばから抜いてしまうのは危険な行為です。白髪は、メラノサイトが働くことが出来なかった毛穴から出てくるだけのものであり、髪そのものは健康です。

太くて健康な髪の毛なのに抜いてしまうと、毛穴が裂けてしまい、これから次に生えてくる髪や、周辺の髪にも悪影響が出る恐れもあるんです。抜くのだけはNGです。

白髪は根本から切るのが正解

抜いてしまうと後々までダメージが響くことがありますから、応急処置としての白髪隠しは、根元から切ってしまうことでしょう。こうすれば、毛穴の痛みもなく、白髪を隠すことが可能になります。

30代も白髪染めを使っている人は多い

ただ、見つけるたびにカットするのも手間ですので、カラーリングで白髪を隠す人の方が多いですね。頭頂部のように自分で発見しやすい場所でしたら対処のしようがありますが、後頭部では気づけないことも多々あります。

そういった不安要素をつぶすためにも、30代の白髪生え始めのころから白髪染めを使われることがよくあります。

白髪染めの種類

なお、一口に白髪染めと言っても、カラー剤によって染め方に違いがありますので、それぞれ見てみましょう。

ヘアカラー(アルカリ性酸性カラー)

最も一般的なのが、美容院や一般のホームカラー剤として定着している「アルカリ性酸性カラー」です。

二剤式のカラーとなっていて、<一剤で髪を脱色→二剤で着色>という流れで髪を染めます。一度、キューティクル(髪の表面)を開いて色素を定着させるので、髪色が長期間キープできるというメリットがあります。

ただし、薬剤が刺激強めで、頭皮と髪の毛を痛めるデメリットがあります。

ヘアマニキュア

髪の周りを染料でコーティングすることで、白髪を隠すタイプのカラーリングになります。低刺激で、お肌の弱い人でも安心して使っていただくことができます。ただ、表面に染料を付着させるだけのため、色持ちは長くありません。持って1ヶ月ほどになります。

ヘアマニキュアをした後のパーマはかかりにくいという問題もあります。

ヘアカラートリートメント(塩基性カラー)

髪の表面(キューティクル)を開かずに、染料を内部に浸透させるカラー法になります。化学変化を伴わないので、刺激の弱い白髪染めとなっています。ただ、髪自体の色を変えることはできないので、色持ちは長くありません。こまめにケアする必要があります。

30代にオススメなのはヘアカラートリートメント

カラー法をご紹介してきましたが、低刺激であり、しっかり白髪を隠すことが出来るという点を見ると、ヘアカラートリートメントが良いかと思います。確かに色落ちはしますので最低でも1~2週間に1回のケアは必要です。ただ、すべて自宅のお風呂で染め上げてしまえますから、そこまで面倒でもないように思います。

忙しい30代という年代が、生活に支障なく白髪染めをするなら、断然ヘアカラートリートメントです。頭皮とも髪とも、この先続く長いお付き合いになりますから、優しく扱いたいものです。

白髪を隠しながらも、唯一ケアできるものがヘアカラートリートメントでしたので、オススメをご紹介していこうと思います。

30代のおすすめの白髪用ヘアカラートリートメントをご紹介

それでは、最も頭皮と髪の毛にも優しい白髪染めである、ヘアカラートリートメントのおすすめ商品を、3つピックアップしましたので、ご案内いたします。

ただ、ここで注意点なのですが、ヘアカラートリートメントは白髪にのみ発色します。もともと黒い髪を明るくすることが出来ないため、カラー選びは注意が必要です。

明るすぎると、白髪だけが明るく光って、逆に目立ってしまうなんてこともあり得ます。今回は、髪と頭皮に優しいだけでなく、使い勝手やカラーバリエーションが多いものを厳選いたしました。

①マイナチュレオールインワンカラートリートメント

価格 3,980円
内容量 200g
カラーバリエーション ダークブラウン

ブラウン

マイナチュレ白髪染めは、初回販売分が5日間で完売したほどの注目のヘアカラートリートメントです。

もともと女性用育毛剤のメーカーなので、髪のことを考え抜いてくれるということで、期待されていました。

染まりへの満足度も96.1%と高く、ヘアカラートリートメントながらも大健闘です。パッチテストやアレルギーテストなどの皮膚検査をいくつも実施しており、お肌の弱い方でも安心して使用していただけます。

頭皮のうるおいを守るホホバオイル・アルガンオイル配合で、負担なく優しく染め上げてくれます。

②LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

価格 3,000円
内容量 200g
カラーバリエーション ブラウン

ダークブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

ルプルプも、髪の悩みを助けてくれるメーカーです。海藻由来成分「フコイダン」が、髪と頭皮を保湿しながら、染め上げてくれます。圧倒的なしっとり感で頭皮も守り、髪の輝きもプラスされます。

白髪を隠しながらも髪質が向上しますから、いつでも勝負モードでいられるようになります。

③利尻ヘアカラートリートメント

価格 3,000円
内容量 200g
カラーバリエーション ライトブラウン

ナチュラルブラウン

ダークブラウン

ブラック

こちらは、ヘアカラートリートメントの中では一番有名なものかもしれません。利尻昆布を始めとした28種類の植物由来成分が配合され、キレイで自然な髪色にするお手伝いをしてくれます。

利尻ヘアカラーには、他のカラートリートメントにはない「ナチュラルブラウン」という明るい色があります。もともと明るく染めていて、白髪をこまめにカバーしたいという人には、ピッタリです。

累計販売数が1,900万本を突破し、リピート率も高い白髪染めとなっています。

30代から白髪染めをすることで若々しく!

30代で白髪が生えてくるのには、様々な理由がありました。老化のスタートラインになる年代ですから、避けられないものでもあります。

でも、睡眠や食事、精神状況の改善などにより、その老化スピードを遅らせ、白髪も予防することが可能です。

生えてしまった白髪は、抜くのではなく、根元から切ってしまうか、カラートリートメントで染めておくのがベスト。

普段使いのトリートメントと併用しながら、髪の滑らかさを大切にケアしていきましょう。

30代は女性の分岐点になる大事な年齢です。白髪が多くては、老けた印象を与えてしまいます。

しっかりと白髪染めをすることで、若々しいキラキラした30代の印象になりますよ!

今回紹介した白髪染めは、白髪染めおすすめランキングで紹介しているので参考にして下さい。