背中ニキビの原因と予防、その対策とケア方法について

そもそも、なぜ背中にニキビができてしまうのか、背中にニキビができた場合の対処方法、病院で治療する場合やエステの有効性。

背中ニキビをできにくくする生活習慣やお勧めのスキンケア方法についてなど、背中ニキビ関して、詳しく、分かりやすく、まとめてみました。

まずは背中にできるニキビの原因についてまとめました。

ニキビと言えば、顔じゃないの?

ニキビと言うと顔、それも油分の多い、額や鼻などのTゾーンにできると言うイメージがある方も多いと思います。

しかし、実はニキビは、毛穴のある個所ならどこにでもできる可能性があるので、顔だけでなく、体にもできます。

体のパーツの中で、特にできやすいと言われているのが、実は、背中なのです。

背中は普段服に隠れていて、見えにくい場所ですが、背中ニキビで悩んでいる人は、意外と多いと言われています。

そもそもニキビは、皮膚にある皮脂腺から、過剰に分泌された皮脂が、毛穴に溜まり、つまってしまう事からできてしまいます。

毛穴が詰まると、そこにアクネ菌などが繁殖し、炎症が起きてしまい、この炎症が毛穴の周辺まで広がると、赤く腫れあがり、痛みを感じる場合もあります。

毛穴のつまりが解消されたり、炎症が収まると、ニキビは自然と治りますが、炎症がひどい場合や、ニキビを無理につぶし、傷つけてしまった場合、何度も同じ場所にニキビが繰り返しできる場合などは、ニキビ跡として、肌に瘢痕(はんこん)が残ってしまう可能性もあります。

なぜ、背中はニキビができやすいの?

背中にニキビができやすい最大の理由は、実は、額や鼻にニキビができやすい理由と同じです。

つまり、背中は、鼻や額と同じように、皮脂腺がとても多い箇所なのです。

そのため、背中は元々、ニキビができやすい条件が整っています。

その他にも、背中という部位は、体の後ろにあり、洗いにくく、しかも、石鹸やシャンプー、リンスやトリートメントなどを流し忘れやすい箇所でもあるので、ケアをしにくいという理由もありますし、ホルモンバランスの乱れも背中ニキビができやすくなる要因の一つです。

また、背中は普段、下着や衣服で覆われている場所です。

衣服による摩擦によって、皮膚に負担がかかると、皮膚の角質が厚くなり、これが毛穴のつまりの原因の1つとなります。

もしかしたら背中ニキビではないかも!!

実は、一見すると、背中ニキビのよう見えるけど、背中ニキビではないものもあります。

そこで、背中ニキビと似ているデキモノについてまとめてみました。

粉瘤(ふんりゅう)

粉瘤(ふんりゅう)は別名アテローマ、あるいはアテロームとも呼ばれる事がある良性の腫瘍(しゅよう)です。

大きさは数ミリから大きいものは数センチと幅広く、特に小さいものはニキビと似ています。

粉瘤は体中、どこの部位にもできますが、背中は好発部の1つとされています。

基本的に、粉瘤はニキビとはちがい、一度出来てしまうと、自然に治る事はありません。サイズが大きなものや、腫れて炎症を起こす頻度が多い場合は、オペで切除する場合もありますが、大きさが小さい場合は、そのまま様子を見たり、腫れた時に膿を出し、抗生物質を内服するという治療が一般的です。

背中にずっと治らないニキビがある場合、粉瘤である可能性もあります。

ニキビだと思い込む前に、一度、皮膚科で診てもらう事をお勧めします。

マラセチア毛包炎

皮膚の表面に常在しているカビの一種である「マラセチア」が大量に増殖すると、毛穴が炎症を起こしてしまう事があります。

この事を「マラセチア毛包炎」と言います。

特に背中や胸、肩、腕などにできやすく、赤く、つやつやとしたブツブツが均一にできるのも特徴です。

汗をかく時期に多く、また、ニキビとはちがい、つぶすことも出来ません。

ただ、診察だけでは皮膚科医でも見分けが難しいとされています。

診断は、皮膚の一部や角質、分泌物などに薬液を垂らし、顕微鏡で調べる事で行っています。

マラセチア毛包炎は、治療方法がニキビとは異なりますので、こちらも皮膚科でしっかりと診断してもらった方が安心です。

あせも

一般的にも知名度が高く、よく知られている「あせも」も背中ニキビと間違えやすいです。

痛みやかゆみが伴う場合があったり、炎症を起こす場合があるなど、見た目だけでなく、症状もニキビと似ています。

ニキビは皮脂が毛穴に詰まり、アクネ菌が繁殖する事でできますが、あせもは汗腺に詰まった汗が上手に排出されずに、黄色ブドウ球菌という菌が増殖することが原因で起こります。

なので、毛穴にできていればニキビ、肌全体にできていればあせもと見分ける事も可能ですが、素人には見分けが難しいので、皮膚科に一度見てもらう事をお勧めします。

背中ニキビの治し方と治療方法

背中にニキビが出来た時の治し方や治療方法をまとめました。

皮膚科

ニキビには「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」や「膿疱性ざ瘡(のうほうせいざそう)」と言う病名があり、皮膚科での治療が可能です。

もちろん、顔のニキビだけでなく、背中のニキビも治療対象となりますし、基本的な治療は、健康保険が適応されるの、治療費が莫大になる事もありません。

皮膚科では、炎症を起こし、赤く腫れたニキビに有効な、ダラシンTやアクアチムなどの抗菌作用のなる外用薬が処方される事が多いですが、ニキビの状態や本人の希望によっては、ミノマイシンなどの内服薬が処方される場合もあります。

その他にも、皮脂分泌を抑える効果のあるビタミンB2、ビタミンB6や、皮膚組織の回復を早め、肌の新陳代謝を高めるシナール。

ニキビに効果がある漢方薬が処方される場合もあります。

美容外科

しつこく繰り返す背中ニキビに悩む人の中で約5%の人は、異常皮脂腺となり、皮脂の過剰分泌が起こっていると言われています。

そこで、一部の美容外科では、この異常皮脂腺を特殊な技術で破壊する事で、背中ニキビの根本的治療を行っています。

残念ながら自費治療になってしまいますが、繰り返しできる背中ニキビに悩んでいる方や、皮膚科治療を受け、正しいスキンケアを続け、生活習慣を改善しても、背中ニキビが全く良くならない方は、無料カウンセリングを行っている美容外科もあるので、一度、相談してみるもの良いかもしれません。

エステ

エステの背中コースは、背中の毛穴の汚れをきれいにしたり、古い角質をきれいにしたり、保湿効果のあるパックなどもしてくれるので、エステを受ける事で、背中の肌をきれいにしたり、背中ニキビの予防をする事は可能だと思います。

ただ、根本的にしっかりとニキビを直したい場合には、エステより皮膚科で治療する方が確実で有効です。

生活習慣での工夫

生活習慣の中でちょっとした工夫をする事で、背中ニキビを予防する事ができます。

まずは、化学繊維を避け、出来るだけ肌に負担のかからない、綿などの自然素材の衣服を身に着ける事。

汗をかいたら、なるべく小まめに、優しく拭く事。

背中を洗う時には、ふんわりとした泡で、包むように洗い、垢すりやナイロンタオルなどは使用せず、柔らかなスポンジか手で優しく洗うようにしましょう。

ゴシゴシ擦るのは厳禁です。

また、泡やシャンプーなどはしっかりときれいに流す事も重要です。

出来てしまったニキビは気になると思いますが、悪化を防ぐためにも、できるだけ触らないようにすることも大切です。

またホルモンバランスの乱れは、背中ニキビをできやすくしてしまいます。

ストレスを溜めすぎず、質も良い睡眠を確保し、バランスの取れた食事を取るように日頃から心がけましょう。

また、女性ホルモンのバランスを整える食品としては、大豆(イソフラボン)がお勧めです。

納豆やお豆腐、豆乳、お味噌など取りやすいものから、なるべく毎日食べるように心がけましょう。

背中ニキビのピーリングについて

ピーリングという言葉を聞いた事のある方も多いと思います。

そもそもピーリングとは、皮膚の古くなった角質を除去するために行われる角質ケアの事を言います。

ピーリングを行う頻度は、週に1回から月に1回で、定期的に古い角質を剥がす事で、皮膚の新陳代謝を促すことができるので、美肌やニキビ予防に効果的です。

しかし、赤く化膿したニキビがある場合は、刺激になってしまう可能性もあるので、自分の肌の状態に合わせて行う事をお勧めします。

ちなみにピーリングについても種類があります。

皮膚科で行うケミカルピーリング

皮膚科などで行われているピーリングは、自費診療となり、皮膚科やピーリングの方法によって金額はちがいますが、1回につき、3000~10000円位で受けられる場合が多いです。

皮膚科などの医療機関で使われるピーリング剤は市販のものと比べ、濃度が高めです。

濃度が濃いと言っても、皮膚科医が、きちんと、その人その人の肌の状態にあった濃度を選び、施術してくれるので、必要な角質まで剥がれてしまう心配はしなくても大丈夫です。

エステで受けるピーリング

最近では、エステでもピーリングを受ける事ができるようになりましたが、ピーリングは皮膚科で受ける方がお勧めです。

その理由は、大きく分けて3つあります。

1つ目の理由としては、エステでは、肌トラブルがないように、濃度の薄い薬液を使用しているので、皮膚科の方が高い効果を得ることができます。

2つ目の理由としては、万が一、肌トラブルがあった場合、医療行為の行える皮膚科なら対応することができますが、エステではその対応が難しくなってしまいます。

3つ目の理由としては、全体的に、エステより皮膚科の方が、リーズナブルな金額で受ける事ができます。

自分で行うピーリング

現在、市販されているピーリング剤は多種多様にあります。

医療機関で使われているピーリング剤に比べて濃度も薄く、作用を弱めなので、使用するピーリング剤の使用頻度や使用量などの注意事項をしっかりと守って行えば、安全に古い角質だけを除去することができます。

気になる方は試してみてはいかがでしょうか?

  • 背中ニキビにお勧めのスキンケア製品

背中ニキビの主な原因は過剰な皮脂分泌と乾燥の2つです。

なので、余分な皮脂をきれいに落とすため、石鹸やボディソープなどで、清潔を保つことが重要です。

また、乾燥もニキビができやすい原因となるので、背中がカサカサしたり、つっぱったりする方は、化粧水やクリームで保湿することをお勧めします。

お勧めの石鹸や化粧水、クリームなどは、その人の肌質によって変わってきます。

自分の肌にあったものを選ぶ時に一番大切なのは、まずは使用して見て、刺激がないか、肌に違和感や異常がないかを確認することです。

石鹸やボディソープ、化粧水やボディクリームなど、種類に関わらず、使用中や使用後に肌が突っ張ったり、少しでもピリピリしたり、赤みが出たり、痒みなどの刺激を感じた場合は、お肌に合っていない可能性が高いです。

そのようなスキンケア製品は使用するのをやめることをお勧めします。

背中ニキビにお勧めの薬

背中ニキビにお勧めの外用薬と内服薬、漢方をいくつかご紹介します。

お勧めの外用薬

病院で処方される外用薬としては、ダラシンTやアクアチムなどの抗菌作用のあるものがお勧めです。

軟膏やクリーム、ローションなど形状も複数あるので、自分が使いやすいものを処方してもらいましょう。

お勧めの内服薬と漢方薬

炎症を起こしている背中ニキビには、ミノマイシンなどの抗菌内服薬がお勧めです。

皮脂分泌を抑える効果のあるビタミンB2、ビタミンB6。

皮膚組織の回復を早め、肌の新陳代謝を高めるシナール。

また、ニキビをできにくくする体質に改善するために有効とされている漢方薬は「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」や「桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)」や「清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)」などが有名です。

背中ニキビまとめ

背中ニキビが気になる場合は、まず一度皮膚科を受診し、それがアテローマやマラセチア毛包炎、あせもなどではなく、確実に背中ニキビかの判断をしてもらいましょう。

ニキビでもニキビに似たデキモノでも、皮膚科なら、適切な治療を受けることができます。

また、できる範囲で良いので、背中ニキビをできにくくする生活習慣を身に着け、自分でできるスキンケア方法を実践し、それを継続することも重要な背中ニキビ予防法になります。