脇の脱毛で黒ずみを作らないための注意点と対策

スポンサードリンク

脇の脱毛をしていない女性はいないのでは?と思うほど女性にとって脱毛は一般的なケアになりましたね。昔に比べて永久脱毛も値段が安くなり、より多くの女性が脇の脱毛を気軽に行うようになりました。ですが脱毛をすると、脇がはっきり見えて、黒ずみがきになるという女性も増えています。

  • 脱毛が脇の黒ずみの原因になるの?
  • 脇の脱毛で黒ずみを防ぐ方法ってある?
  • どんな脱毛だと脇を綺麗に処理できるの?
  • 脇の脱毛を詳しく知りたい

脇の脱毛や黒ずみで、このような悩みを抱えている女性は多いです。脇に黒ずみがあると周りの人に見られることに抵抗を感じて、腕をあげにくくなってしまいますよね。さらに脇が黒ずんでしまうと、なかなか改善するのが難しくなってしまいます。

自己処理や脱毛など、どのような理由で脇が黒ずんでしまうのでしょうか。今回は黒ずみを作らない、おすすめの脱毛方法をご紹介していきます。

脇の黒ずみは脱毛前の自己処理が原因

カミソリや毛抜き、除毛クリームなど、方法は違っても脇のケアを自己処理でしている女性は多いのではないでしょうか。脇はくぼんでいて自分からはよく見えない部分なので、自己処理中に肌を傷つけてしまったり、処理しきれない毛が残っていたりした経験が1度はあるはずです。

また、脇の毛は太くてしっかりしている毛なので処理をしてもすぐに生えてきてしまい、悲しくなりますよね。そんな頑張っている自己処理が肌にとても悪影響を及ぼしているのをご存知ですか?

少しでも生えてくるまでの時間を長くしたいと思って行う毛抜きでの自己処理の場合、無理やり毛を引っ張って抜くため皮膚が伸びて脇の黒ずみやタルミの原因になることもあります。さらに毛穴が広がり、毛がなくても毛穴が目立つようになってしまったりする可能性もあるんですよ。

では除毛クリームはどうなのでしょうか?除毛クリームでの自己処理の場合、毛を溶かして処理をしていく過程で肌表面も一緒に溶かしていきます。これは肌への負担となり、黒ずみなどの脇のトラブルが起きやすくなってしまいます

気になる毛を手軽に処理できる自己処理ですが、実はデメリットがとても多いのです。

脇の黒ずみは2種類あります

このように脇の自己処理が、黒ずみを作ってしまう原因になります。1度できてしまうと脇の黒ずみはなかなか元の肌色に戻すことが難しく、とても厄介な肌トラブルです。

ただ黒ずみといっても、脇にできる黒ずみには2種類あります。

  • 毛が皮膚の中で渦を巻くような形で伸びる埋没毛による黒ずみ
  • 自己処理などの外部刺激による色素沈着による黒ずみです。

埋没毛による黒ずみの大きな原因は毛抜きだといわれています。毛抜きは上記でも記載した通り、無理に毛を引っ張って抜くため毛穴が引っ張られて鳥肌のように毛穴が膨れ上がり、黒いプツプツとした状態になってしまうからです。

色素沈着による脇の黒ずみは特にカミソリでの自己処理によるものが多いです。私たちの肌は外部刺激を受けると、肌を守ろうとしてメラニン色素をたくさん分泌します。

分かりやすい例としては、紫外線をたくさん浴びると肌が黒くなる現象です。紫外線という外部刺激から肌を守ろうとして多量に分泌されたメラニン色素によって肌が黒くなっているのです。

この現象と同じようにカミソリを何度も脇にあてていると、その刺激から肌を守るためにメラニン色素が分泌され、脇が黒ずんで色素沈着を起こしてしまうのです。特に脇は剃りにくいため、剃り残しが無いように何度も刃をあてている方も多いはずです。

ムダ毛をなくしてきれいになりたくて脇を自己処理をしているのに、肌が黒ずんでしまってはとても悲しいですよね。自己処理をどうしても行う場合は優しく刃をあてて、何度も刃を当てることは控えましょう。

ただカミソリはおすすめできないので、できれば電気シェーバーをつかって脱毛前の処理をして下さい。カミソリよりも肌への負担が少なく、黒ずみの原因となる刺激を抑えることができます。

また、カミソリを湿気が多い浴室内に置いたままにしておくと、刃に菌が繁殖しやすくなります。その刃を肌にあてていると、肌に菌が入るリスクが高まり肌トラブルが起きやすくなります。使用後はしっかりと浴室外で乾燥させるよう心がけましょう。

脇の脱毛方法と黒ずみについて

脇の脱毛を行う場合、自己処理よりもプロにお任せするのが綺麗になるポイントです。ただし脇の脱毛も種類があり、どれを選ぶかが大事になります。一括りに脱毛といっても、光脱毛やレーザー脱毛、ニードル脱毛という複数の方法があります。

光脱毛とレーザー脱毛は毛のメラニン色素に反応して光をあて、毛穴を刺激して脱毛を行う方法です。光脱毛はサロンなどで施術を受けることが可能ですが、レーザー脱毛は光脱毛よりも強力なパワーで脱毛を行うためクリニックでのみ施術が受けらる方法です。

サロンでもクリニックでもプロが脱毛を行うので、脇の黒ずみとは無関係だと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ですが悲しいことにお金を払って脱毛に通っているのに、脱毛方法によっては脇に黒ずみができてしまう可能性があるのです。

脱毛に通っていて脇に黒ずみができてしまう事例の多くは、レーザー脱毛による脱毛になります。レーザー脱毛は少ない回数で脱毛効果を実感できるメリットがある一方、レーザーの出力が強すぎると肌が黒ずんでしまう可能性があるというリスクもあります。

逆に光脱毛の場合は効果の実感までに回数は多くかかってしまいますが、肌への負担は少ないので黒ずみができにくいです。また光脱毛は、脇の黒ずみなどを改善して美肌になる効果が期待できる脱毛方法です。

肌にできるだけ負担はかけたくないが、サロンやクリニックなどに通う時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。脇の脱毛に通う時間が無い人におすすめなのが家庭用脱毛器を用いた自己処理方法です。

家庭用脱毛器であれば自宅で空き時間に脱毛を行うことができ、カミソリなどで行うよりも肌に負担が少なく脱毛することができます。

脇の脱毛で家庭用脱毛器を選ぶポイント

脇脱毛を行う方法でおすすめなのは光脱毛です。光脱毛は脇の毛をなくしていくだけではなく、黒ずみ改善などの美肌効果が期待できるためです。エステで行えば脇のケアもしてもらえるので綺麗になります。ただエステに通う余裕がない場合は、自宅で簡単に脇の脱毛ができる家庭用脱毛器がおすすめです。

家庭用脱毛器には電気脱毛器、光脱毛器、レーザー脱毛器の3種類があります。電気脱毛器はローラーで毛を巻き込んで抜いていく脱毛方法なので、簡単にいうと毛抜きの電動で行えるイメージです。そのため、上記でも記載した通りに脇への負担が多く埋没毛や毛穴が目立って黒ずみになるのでおすすめできません。

家庭用脱毛器でおすすめなのは光脱毛器とレーザー脱毛器です。光脱毛器の中で人気が高く、おすすめなのが「ケノン」と「エビナート」です。

ケノンは家庭用光脱毛器ではありますが、最近安価で人気の脱毛サロンなどで受けられる脱毛と同レベルの脱毛効果が期待できるといわれています。また、1度に照射できる範囲が広いのでスピーディーに脱毛を行っていくことが可能なのも魅力的です。そして、ケノンは脱毛だけではなく美顔器としても使用することが可能です。脱毛の光を用いて、角質やキメを整えてコラーゲン生成を促してくれるのです。

エビナートはケノンにはない冷却装置が付いた家庭用脱毛器です。脱毛前に保冷材などで脱毛箇所を冷やす手間がないため、面倒なのが苦手という方にはおすすめです。さらに30日間であれば返金保証があるのも安心して購入できるポイントです。

次に家庭用レーザー脱毛器の中でおすすめなのが「トリア」です。クリニックなどでしか受けられないはずのレーザー脱毛が家庭用の脱毛器でできるのかと疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。家庭用のレーザー脱毛器はクリニックで使用されるものよりも出力レベルを下げているため、販売が許されているのです。しかし、上記でも記載のとおり出力レベルの設定を誤ると黒ずみの原因になってしまうので、安全性には注意が必要です。

トリアはレーザー脱毛のため光脱毛器の半分ほどの回数で効果を実感することができ、脱毛完了までの期間が短くて済むのが魅力的です。また、充電式なのでコードを気にしながら脱毛を行わなくて良いのも嬉しいポイントです。

脇のような毛がしっかりとしていて太い毛の場合はトリアの方が脱毛効果が出やすいので、おすすめです。しかし、出力の高いレーザー脱毛なので痛みは少し強くなります。痛みが苦手という方は少し回数は必要になりますが、ケノンをおすすめします。ご自身のお好みに合わせてえらんでみてください。

家庭用脱毛器は自分の好きな時に気軽にセルフで行えるのが魅力ですが、肌状態の判断や出力設定の難しさもあります。不安や疑問点があればメーカーなどの専門サポートに相談するようにしてください。

脱毛後に脇に黒ずみをつくらないためには

脱毛方法以外にも黒ずみをつくらないようにするためにできるのが、脱毛後のケアです。
カミソリなどで脱毛を行った後の肌は敏感で乾燥しやすい状態になっています。肌が乾燥していると肌の免疫機能が低下し、赤みなどの肌トラブルに加えて黒ずみなども起きやすくなります

顔のスキンケアと同様に体全体にも化粧水で肌に水分を補った後、クリームなどの油分でフタをする保湿を行うようにしてください。サロンやクリニックなどで脱毛の施術を行う場合、しっかりと潤っている肌の方が効果が出やすくなります。

逆に肌にひどい乾燥があると施術を断られる可能性もあります。せっかくお金をかけて脱毛するのであれば1回1回の効果をしっかり出していきたいですよね。少し面倒ではありますが、1年中顔と同じように体全体の肌もケアをしてあげてください。

脇のケアはクリームで行うと効果が高く、保湿効果が高く脇の臭いも抑えられるアットベリーがおすすめになります。脇の黒ずみケアにおすすめのクリームでも説明しているのですが、エステシャンの間でも話題になっている黒ずみクリームです。

料金 2,980円(最安値)
内容量 60g
公式HP 薬用アットベリー

アットベリーは、脇の黒ずみを解消することを目的とした黒ずみクリームです。最近では女性の黒ずみへの意識が高まり、黒ずみを解消するクリームの人気が上がっています。その中でもアットベリーは、コストパフォーマンスが高く口コミで人気が急上昇中です。

しかも黒ずみだけではなく、アットベリーは臭いのケアも同時にできるのが大きな特徴です。脇は臭いも気になる部位なので、同時に対策できるのはかなり嬉しいですね。

脇の脱毛と黒ずみ解消まとめ

気になる脇のムダ毛はなくしたいが、消えにくい黒ずみにはなってほしくないですよね。
自己処理方法を行う場合は肌への負担が少ない方法を選ぶようにして、脱毛後はしっかりと保湿を行って乾燥対策をして、黒ずみのないキレイな肌を保てるよう努めましょう。

通う面倒は増えますが、最近の脱毛は安価になってきているのでプロにお願いするのもおすすめです。できるだけ早く脱毛を完了させたい方はレーザー脱毛、痛みが苦手で脇に少し黒ずみなどを感じている方は美肌効果がきたいできる光脱毛がおすすめです。

ただしレーザー脱毛は出力が強いと脇の黒ずみの原因になるので、信頼できるクリニック選びが大事になります。脇の毛は濃いですが、女性のものならば光脱毛でもしっかりと結果を出すことができます。

そして脇の脱毛で大事なことは、脱毛後のケアになります。しっかりと保湿を行うことで、黒ずみなどの脇のトラブルを予防することができるからです。黒ずみクリームであれば、できてしまった脇の黒ずみ解消に役立ちます。

綺麗な脇を手に入れて、夏のファッションに自信を持ってください!

スポンサードリンク