アットベリーは脇の黒ずみに効果ある?成分と口コミを徹底検証

スポンサードリンク

あなたは脇を見せてください!と突然言われたら、ためらわずに見せられますか?脇ってムダ毛処理で肌が荒れてブツブツしていたり、黒ずみなんかも気になりますよね。

実際に脇を見せて!なんて言われる機会はないでしょうが、電車の吊革をつかんでいるときや、高いところにある物を取ろうとしたときに意外と見られているのって知っていますか。

また夏のファッションも、脇に黒ずみがあったら台無しになりますよね。脇に黒ずみがあると、ノースリーブなんてもってのほかです。半袖ですら、隙間から見えるのではないかとヒヤヒヤします。脇の黒ずみが気になり過ぎて、夏場でも何か羽織っていないと不安になりますよね。

そんな憂鬱になる脇の黒ずみですが、しっかりとケアをすれば抑えることは可能です。今回は脇の黒ずみ対策として、今人気が急上昇中のアットベリーについて成分や効果を見ていきたいと思います。

脇の黒ずみってどうやってケアするの

脇の黒ずみは市販の化粧品でケアしても、ガンコでなかなか解消できずに悩んでいる女性が多い部位なんですよね。では脇の綺麗な女性はどうやってケアをしているのでしょうか。最近では脇やデリケートゾーン用の黒ずみクリームを使ったケアが人気になっています。

脇の黒ずみクリームは色々ありますが、その中でも口コミで人気が急上昇している黒ずみクリームとしてアットベリーはおすすめの黒ずみクリームの一つです。

アットベリーは女性2,359人に行った肌の黒ずみケア部門でも5冠を達成ている実力派商品

※2016年3月「黒ずみケア専用コスメアンケート調査」
株式会社マーケッティングアプリケーションズ/モニプラ調べ/対象者数2359人

雑誌でもよく取り上げられているので、アットベリーを知っている人もいるかもしれませんね。

今回はそんな脇の黒ずみに効果的なアットベリーの効果について徹底検証したいと思います。アットベリーの成分や効果的な使い方について、エステシャン、美容部員など、美容に詳しいスタッフが解説するので参考にして下さい。

脇の黒ずみの原因

主な脇の黒ずみの原因は乾燥とダメージによるものです。ムダ毛処理や摩擦によって刺激を受けた肌は、防衛反応によりメラニンを生成しようとします。これが脇の黒ずみになります。傷ついた肌を守ろうと腋毛が生えてきて、また処理をしてダメージを与える、という悪循環になっています。

さらに脇の黒ずみの原因として、レーザー脱毛なども関係しています。レーザーの光を当てることにより、肌は日焼けした時と同様のダメージを受けてしまうんですよ。

そのダメージを受けて乾燥し敏感になった肌のケアをしないと、脇の黒ずみの原因となってしまうのです。せっかくレーザーで脇をきれいにしようと思ったのに、結果、黒ずんでしまうなんて悲しすぎますよね・・・

このように、乾燥とダメージを受けた脇をアットベリーは独自の方法で、ケアすることで黒ずみを防ぎます。ではアットベリーがなぜ脇の黒ずみに良いか、まずは成分を見ていきましょう。

アットベリーの成分は脇の黒ずみに良いの?

まずはアットベリーの成分を見ていきましょう。

有効成分:グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス

その他の成分:トレハロース、アラントイン、天然ビタミンE、甘草フラボノイド、ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン液、水溶性コラーゲン液-4、加水分解コラーゲン末、ヒアルロン酸 Na-2、加水分解ヒアルロン酸、人参エキス、トウキエキス-1、エイジツエキス、ワレモコウエキス、桑エキス、シャクヤクエキス、アロエエキス-1、クララエキス-1、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、BG、フェノキシエタノール、1,2-ペンタンジオール、トリメチルグリシン、濃グリセリン、キサンタンガム、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、エチルヘキサン酸セチル、精製水、香料

アットベリーには脇の黒ずみへ効果がある、メラニンの生成を抑えて黒ずみを解消する効果が期待できる美白成分が配合されています。

美容に詳しい人ならば、プラセンタという名前を聞いたことがあるかと思います。プラセンタはビタミンやミネラルが豊富で、肌を活性化させる効果が高いと期待されている成分です。実際に多くの化粧品でもプラセンタが使われていることからも、その美容効果の高さは期待できます。

その他にも、グリチルリチン酸2K、甘草フラボノイド、トウキエキスなどを配合することで、以下のように脇の黒ずみを抑える効果が期待できます。

  • メラニン色素を含んだ角質の排出をサポートする
  • 漢方薬である甘草の根に含まれ、健康な肌をキープする
  • メラニン生成を促す酵素の活性を抑える
  • 保湿効果があり、メラニン生成を抑える

アットベリーは、さらにセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、トレハロース、アラントインを配合しています。これらの成分は、保湿効果が高く脇にうるおいを与えます。脇の保湿をすることで、古い角質を落とすのをサポートしたり、肌のターンオーバーを正常にする作用が期待できるんですよ。

アットベリーが脇の黒ずみに効果がある理由

アットベリーは脇の黒ずみを解消するのに、良い成分を豊富に配合しているのはわかりました。でも成分が良くても、肌へ浸透しなければ脇の黒ずみを抑えることはできません。アットベリーは脇にしっかりと成分が浸透できる、トリプルサンド方式ケアという独自の方式を使っています。

【トリプルサンド方式ケア】の3つのポイント!

①浸透性コラーゲン・オリゴヒアルロン酸などの美容成分を小さな分子に変えている(ナノ化)ので、内部の角質層までしっかりと浸透します。

②高分子ヒアルロン酸はあえて大きめの分子にしているので、肌の表面でとどまって、外部に潤いを与えます。

③セラミドやエラスチンなどの保湿成分がベールやバリアの役割を担っています。

内側と外側にうるおいを与え、さらにその上にうるおいバリアをすることで、黒ずみの大敵である乾燥を防いでくれるんですね。

アットベリーは肌の乾燥を防ぎつつ、肌の深層部へ成分を送ることで脇の黒ずみを抑えることを目的としている黒ずみクリームです。外側と内側からしっかりとアプローチしているので、アットベリーは脇の黒ずみへの効果が高く結果がでているのですね。

アットベリーの使い方

アットベリーの使い方は、一円玉ほどの量を手に取り手のひらの体温を使ってジェルを塗りこんでいくだけです。朝と夜に2度塗りするだけなので簡単ですね。

アットベリーの使い方で大事なことは、清潔な状態でクリームを塗ることになります。成分をしっかりと浸透させるには、綺麗な状態の肌に塗り込むことが一番だからです。

朝起きたらすぐにアットベリーを塗るのではなく、脇のケアをしてからクリームを塗ると効果的です。肌用シートで拭くだけでも違うので試してみて下さい。

夜はお風呂上りに使います。お風呂上りの注意としては、水分を切ってから使いましょう。濡れた状態では効果が半減するので気を付けてください。スキンケアは、清潔な状態で行いましょう。

アットベリーの公式サイトはこちら >>

アットベリーの口コミ(体験談)

実際にアットベリーを使ってみたのでレビューしますね。

アットベリーは、箱を開けると使用料の目安や塗り方が書いてあります。目につきやすい場所に書いてあって親切ですね!アットベリーの中身はプルンとしたジェルです。アロエのような香りがします。

手の甲に塗ってみます。ジェルなのでスッと良く伸びます。サラっとしているので、保湿力はどうかなと思いましたが、塗ってしばらくしても、しっとりしています。保湿力はあるのに、べたつきがなくて良いです!

脇に塗って、汗でぬるぬるすると嫌だなと思ったのですが、油分があまり肌に残らないので、心配なさそうです。

効能を見ると、黒ずみを防ぐほかに、あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・ニキビなどのケアにも効果があるようです。着色料 シリコン 石油系界面活性剤 紫外線吸収剤 鉱物油 アルコール パラベン 不使用で低刺激なので、敏感肌の方でも安心です。

アットベリーは、二度塗りすると脇の黒ずみに効果的です。たっぷり塗って保湿することが、美脇になるには重要になりますよ。アットベリーは60gの大容量なので、たっぷり塗っても、1か月間、充分使えるのもポイントです。コスパが良いので助かりますね。

アットベリーの口コミ

アットベリーは人気が高い黒ずみクリームなので、口コミもたくさんあります。私以外にも、スタッフなどがアットベリーを使った口コミをまとめます。効果には個人差がありますが、脇などの黒ずみに効果を実感している人が多いですね。

2ヵ月で脇の黒ずみが薄くなった 

サチ 24歳

脇の黒ずみ解消に効果があるとネットの口コミを見て、アットベリーを使ってみることにしました。夏が近づいてきたので、早く黒ずみを解消したいと毎日2回アットベリーを脇に塗りました。

最初の1ヶ月は正直あまり効果が感じられず、このままアットベリーを継続すべきか迷いました。でも口コミでも数か月で脇の黒ずみが薄くなった人もいたので、もう少し継続しようと頑張ってみました。

なかなか効果がでなくて焦っていましたが、2ヵ月が経過したころには脇の黒ずみが薄くなってきたのがわかりました。根気よく使い続けて本当に良かったです!

効果が出るまで時間がかかる 

由美 31歳

年齢的にも肌のターンオーバーが遅くなったのか、脇の黒ずみが気になるようになりました。市販の化粧品を使ったのですが効果がなく、なんとかしようと黒ずみケアの対策をネットで見ていたらアットベリーが効果があると知りました。

早速アットベリーを購入して使ってみたのですが、3ヶ月位でようやく少し黒ずみが薄くなったかなと言った程度です。人によっては満足できるレベルかもしれませんが、正直になところもう少し脇の黒ずみが薄くなってくれると嬉しいです。

アットベリーをその後も継続をして、半年ほどして脇の黒ずみが大分薄くなったと感じました。結果的に効果はあったのですが、すぐには結果が出ないので人によっては効果なしと判断してしまうでしょう。

安くて量が多いのが嬉しい 

加奈 20歳

実は別の黒ずみクリームを使っていたのですが、結構高くて継続するのが難しく止めました。もっとたくさん安く使える黒ずみクリームはないかと探したところ、アットベリーを見つけることができました。

アットベリーは内容量が60gと他の黒ずみクリームよりも多く、定期的に継続すれば脇引きも適応されるのが嬉しいですね!脇だけではなく、膝などの気になる部分にも使っています。

さて肝心の黒ずみ解消効果ですが、部位によって効果に違いがありました。脇は比較的早く、2ヵ月位で黒ずみが気にならなくなりました。

でも膝の黒ずみはなかなか取れず、まだ満足できるほどの結果になっていません。普段から足を出しているので、紫外線などの対策が十分じゃないからかもしれません。もう少し継続して様子を見たいと思います。

継続するのが大事 

佳代子 29歳

黒ずみクリームに限らず、化粧品は継続することが大事だと思います。肌のターンオーバーを考えても、すぐに結果が出るのは若い10代の肌だけでしょう。

20代後半になる私も、アットベリーで脇の黒ずみケアをしていますが、正直なところ効果がでるまでには時間がかかると思っていました。

実際にアットベリーを使ってみて、黒ずみが薄くなったと実感したのは3ヶ月ほど経過したころです。自分では少し黒ずみが薄くなったかなといった程度ですが、そう感じただけでも効果があったといって良いでしょう。

本当に黒ずみを綺麗にするならば、美容外科などに行くのが最も早いと思います。でも自分でケアをしなければまた黒ずみが出るので、予防も兼ねてアットベリーを使っていこうと思います。

脇以外にも使える 

櫻井 34歳

年齢のせいか、脇や膝の黒ずみが目立ったきました。最近では黒ずみのケアをしている女子も多いので、私も試してみようと口コミで評価が高いアットベリーを使ってみることにしました。クリームのベタつきが嫌いなのですが、アットベリーはサラッとしていて脇になじみました。

最初の1ヶ月は効果がわからなかったのですが、徐々に脇や膝の黒ずみが薄くなっているのがわかりました。脇の黒ずみ用かと思っていましたが、他の部位にも使えるのは嬉しいですね。

アットベリーの公式サイトはこちら >>

アットベリーは脇の黒ずみの予防にも効果的

アットベリーは美容効果が高い成分が含まれていて、脇やその他の部位の黒ずみへの効果が期待できる黒ずみクリームです。

ですが全ての人に効果が期待できるわけではなく、黒ずみの解消には個人差があるでしょう。もし絶対に黒ずみを消したいという意思があるのならば、美容外科のレーザー治療が最もお勧めの方法です。ただしレーザー治療も、高額だったり跡が残るリスクもあるので、まずはホームケアをするのがおすすめです。

また美容外科の治療はその時は黒ずみを薄くできますが、放置しているとまたもとに戻ってしまう可能性が高いです。脇などの黒ずみ解消には、日頃からの予防も大事になってくるのです。

その意味でもアットベリーは継続することで、黒ずみの解消と予防を同時にできる効果が期待できます。アットベリーは口コミでの評価も高く、実際に黒ずみが解消できた人も多い商品です。

効果には個人差があるでしょうが、継続することで黒ずみが薄くなっている人が多く実績も豊富です。量も多く値段もリーズナブルなので、継続するにはおすすめの黒ずみクリームと言えるでしょう。

アットベリーの公式サイトはこちら >>

アットベリーの購入方法や値段は?

アットベリーを買うなら、定期購入が一番お得に購入できますね。

通常価格 6,800円(税抜き)+650円(税抜き)送料
定期価格 2,980円(税抜き)※初回
5,440円(2回目以降)
(※定期コースは2回以上の継続が条件です。)

全額返金保証制度もあり、180日間の返金保証があります。(初回購入1個分のみ)返金保証があれば、肌に合うか心配な方でも、気軽に試せますね!

脇って臭いのケアをする女性は多いのですが、黒ずみ対策も今や常識になりましたね。ガンコな黒ずみは毎日のケアが大事になります。そんな脇の黒ずみを抑えるクリームとして、アットベリーは今一番おすすめの黒ずみクリームと言えますね。

アットベリーの公式サイトはこちら >>

スポンサードリンク