喪服の買取で高額査定になるポイントとおすすめの方法

最近では父や母、祖母や祖父の喪服を買取してもらえないかと考えている人が増えています。

喪服は礼装の1つであり、そう度々着るものではありません。中古で買う人がいるのかどうかも疑ってしまうでしょう。

しかし、喪服買取は行われ、売却前にきちんと重要ポイントを抑えておくことが大事でしょう。ここでは喪服買取の重要ポイントを解説して行くので参考にして下さい。

喪服を高く買取してもらうには

喪服であっても、できるだけ高く買い取って欲しいと思うのが普通です。喪服買取を高くするには、あるポイントを抑えておくことが重要です。

早めに買取を依頼すること

喪服買取で高額査定をしてもらうには、可能な限り早めに買取をしてもらうことです。

一般的には、購入から10年以内であれば買取ができると言われています。

しかし、新品に近いものと明らかに古着となっているものでは、どちらに転売価値があるでしょうか?

新品に近いものが買取額が高くなるのは当然でしょう。

これは本やCDあるいはDVDや家電品などど同様です。高く売りたいのであれば、できるだけ早めにしましょう。

喪服はセット買取がおすすめ

次に重要なポイントは、喪服とセットになったものも一緒に買い取ってもらうことです。

長襦袢などはもちろん、足袋や草履さらにバッグ等も含め、喪服として使える一式をまとめて売ることとも言えます。

おそらく転売市場で買う場合でも、一度に揃っている物を購入できれば、消費者としても大変役立つことでしょう。

たとえば帯だけでも買取はできますが、それに合わせるものが必要になるため、転売市場でも価値が下がってしまうでしょう。

売ってしまうなら、まとめて行うべきことも十分理解しておくべき点です。

喪服の保管はしっかりと

さらにきちんと保管された喪服であることが、重要です。

シミや汚れあるいは虫食いなどがあれば、それだけ価値が下がります。たとえば家電であっても、使用可能でも表面の一部が欠けていれば、購入される可能性が低くなると考えられます。

最適であるのは、売却する意思がなかった時にきちんとした保管方法を実践していたことでしょう。もし保管状態が悪いのであれば、クリーニング等に出すことも考慮すべきかもしれません。

証紙つきの喪服は買取してもらいやすい

最後に着物には証紙付きのものがあり、喪服でも同様です。証紙とは有名作家等が作ったことの証であり、犬猫の血統書のようなものです。

有名作家等が作ったのであれば、思わぬところで価値が高くなっている可能性があります

なくてもプロの目から見れば、本物と判断できるでしょうが、転売市場を考えれば証紙があれば、明らかな価値の証明となります。

喪服に証紙があれば、これも含めて売却するようにしましょう。

喪服の買取方法

喪服の買取方法には、主に以下のような4つの方法があります。

 

  • リサイクルショップ
  • ネットオークション
  • 中古品買取業者
  • 着物専門買取業者

 

1つ目はリサイクルショップです。家電等の買取が有名ですが、衣服等も買い取っています。着物も含まれているため、喪服でも問題ありません。ただし高額査定はあまり期待できないのがリサイクルショップのデメリットです。

2つ目はネットオークションです。買取とはちょっと違った感じがありますが、せりに掛けて落札した人がお金を払うため、実質の買取とも言えるでしょう。ネットオークションであるので、気軽に行えるでしょう。時に思いもよらない価値がでる可能性もありますが、最初の価格があまりにも高いと入札する人がでないこともあり得ます。

3つ目に中古品買取業者です。ここで言う中古品買取業者とは、本やCDあるいはDVD等を取り扱っている業者であり、小物であればほぼ何でも買い取る業者とも言えます。インターネットでも申込みが可能なところがあります。

最後に着物買取専門業者です。中古品買取業者と同様ですが、最大の違いは着物を専門にしていることでしょう。したがって喪服の価値も十分に認識ている可能性が高く、専門業者ならではの買取価格を提示してくれるかもしれません。

喪服の査定と相場について

まず喪服の買取においても、査定士による査定があります。それで適切な価格であると納得することで、買取契約を結ぶようになります。

今ではインターネットで簡易査定を申し込むこともできます。もちろん、きちんとした査定も必要であり、店舗に行くか郵送で業者に送り、メールなどで査定額を知らせてくれるようになるでしょう。

では、一体喪服の相場とはどれくらいでしょうか?実際のところ、最低数百円から千円以上であると言えるでしょう。

非常に安く感じるかもしれませんが、あくまで最低です。上記で述べたように、セットで売る、あるいは、有名作家等が作ったのであれば、それなりの価格が付く可能性もあります。

いらなくなった喪服があれば、買取のほかに作り直しや処分等もあります。しかし、買取よりも手間がかかり、逆にコストが掛かってしまうこともあります。少しでも節約等を考慮しているのであれば、一度業者に査定してもらうことも大切であるかもしれません。

喪服買取まとめ

喪服も買い取ってもらうことができ、できるだけ高く売るには、いくつかポイントがあります。

早めにすることやセットで買取依頼すること等になります。また買取方法には、リサイクルショップや買取業者があり、今ではインターネットで簡単に行うことできます。

さらに相場は価格幅があるので、買取前にきちんと査定してもうらことが重要でしょう。

着物買取おすすめの方法

ネットが普及したことで、インターネットでの着物買取が店舗査定よりも高額査定になる口コミが増えています。

そのため店舗でもネット買取に力を入れている業者が増え、競争が激化したことによりネット査定の高額化が進んでいる状態です。

ネットでの着物査定は写真を撮って査定をするだけなど、簡単に着物買取ができるのもユーザーにとっては大きなメリットになります。

今後もネットでの着物買取が高額になる流れが続くことが予想できるので、着物買取で迷っている人は一度ネットの査定に出してみることをおすすめします。

また査定は1社だけではなく、複数の業者に依頼すると査定額が上がる可能性もあります。

特に以下の3社は、着物買取を強化していて高額査定の口コミが多い業者ですので、着物買取を検討している人は一度依頼してみることをおすすめします。

着物買取をネット宅配で行う場合は、着物買取ランキングも参考にして下さい。

着物を少しでも高く買取できる業者をピックアップしています。