着物買取の持ち込みは損をする!?その理由と高く売るための方法

着物買取で人気のある方法として、持ち込みを利用している人は多いと思います。

近くにリサイクルショップなどがあれば、気軽に着物を売ることができるので利用したことがある人もいるでしょう。

ですが着物買取で持ち込みをすると、思っていたほど査定額が高くないと感じたことはないでしょうか。

実は着物買取の持ち込みは損をすることも多く、あまりおすすめの買取方法とは言えません。

そこで今回は着物買取持ち込みのメリットやデメリット、高額査定で売るためのポイントを解説します。

着物買取持ち込みのメリット

家にある着物を処分したいと思った場合、着物の買取を依頼しますが、着物の買取店に着物を持ち込んで査定してもらう最大のメリットはどのような査定が行われるのかを自分自身の目で確かめられることにあります。

目の前で査定してもらえるので、なんとなく安心感がありますよね。

特に着物買取の専門店であれば、きちんとした鑑定士が査定をするので安心して持ち込みをすることができます。

着物買取の専門店であれば、価値が残っている着物であればメンテナンスを施したのち再び中古品として販売を行います。

このため、人気の柄やブランド着物、珍しい着物などは高価買取が期待できます。

こうした着物専門の買取店は多少古くなっている着物であってもまとめて買い取ってもらえることがあります。

もし不要な小物類があるようであれば着物と一緒に査定してもらいましょう。まとめることによって多少でも高く買い取ってもらえる可能性があります。

また、持ち込みで買い取ってもらう場合は査定時間も短くて済む傾向があります。

店側も、お客様を長時間待たせることは失礼だと考えるので、それほど時間かけるということなく、その場でスピーディーに査定をしてもらえます。

このため、時間に余裕がなく、忙しい場合などには着物を持ち込んで査定をしてもらった方がよいでしょう。

その上で、持ち込みであれば買取金額に納得がいかない場合、根拠を説明してもらい、買取金額に関して交渉を行うことも可能です。

さらに、持ち込みによる買取であれば換金もその場で行ってもらえます。通常持ち込みによる買取査定であれば査定が終わり次第、買取金額が示されるので、そのまま買取代金をスムーズに受け取ることができます。

そのほかにも、持ち込みであれば着物を梱包したり、郵送するなどといった手間もかかりません。

さまざまな理由で着物を急いで処分したかったり、即現金が必要な場合には手間もかからず一度で済む持ち込み買取が最もおすすめです。

着物買取持ち込みのデメリット

一方、たとえ持ち込み買取でもリサイクルショップのような店舗では従業員がアルバイトなどで専門知識を持っていないと着物の価値を正しく判断してもらえない可能性があります。

そればかりか、本来高価なものであったとしても正しい査定が行われないと値段さえつかない懸念があります。

これはリサイクルショップなどでは人件費削減のために専門の担当者を配置していないためです。

このように専門の査定士によって査定されない場合、仮に 証紙付の着物のような高価な品物だったとしても査定額は低くなってしまうので注意が必要です。

また、持ち込み買取の店舗は着物買取専門店だったとしてもその多くが個人経営であることが多く、買い取った着物の売却ルートを独自に持っていないこともあります。

実店舗を運営しているということは人件費のほか店舗の家賃といったコストも考慮しなくてはならないため、こうしたものが査定に影響することも考えられます。

さらに、持ち込みの査定の場合、着物は案外重量のあるものであることを理解しておかなければなりません。

着物は軽いものでも1着700gから1kg程度の重量があります。仮に10着の着物の査定を依頼するとなると、着物を運ぶだけでも10kgもの重量になります。

これを車に乗せて運ぶのはそれなりの労力が必要です。

このほかに着物を買取店まで運ぶ時間、ガソリン代、場合によっては駐車場代なども考慮しなければなりません。

その上、査定額に納得できない場合などは、これをまた持って帰らなければならないのです。車ではなく徒歩などでは運ばなければならない場合、労力はさらに大きくなります。

着物買取で持ち込み以外の方法

着物買取で持ち込みのメリットとデメリットを考慮したうえで、着物を売却する場合には持ち込み以外の方法もあります。

宅配での着物買取

ひとつは宅配便による着物買取です。これは着物を業者が送ってきた段ボールに梱包して送り返し、査定士に査定してもらう方法です。

この方法なら段ボールに入れて発送するだけなので労力はいらず、買取店まで持ち運ぶ必要もありません。宅配便の配達エリア内であれば全国どこでも利用が可能です。

しかしながら宅配便による着物買取は業者から送られてくる段ボールを待たなければならず、また発送してからも時間がかかるので査定までどうしても数日を要することになってしまいます。このため、買取を急ぐ場合には不向きです。

また、宅配便による着物買い取りだと着物の買取代金は主に指定の銀行口座への振込となります。このため、着物を現金化するためにはここでもさらに時間がかかってしまいます。

出張での着物買取

着物を持ち運ぶ手間もかからず、現金化の時間もかからないのは出張査定による着物買取です。これは査定士が自宅まで訪れその場で着物の査定をする方法です。

なんといっても出張査定では査定士が自宅まで直接訪問してくれるので買取店まで着物を運ぶ必要もなく、宅配便などで送る必要もありません。

また、出張買取においては、持ち込みでの買取と同じように査定士が目の前で着物の査定を行うことになります。

このため、査定の状況を逐一確認することもできますし、査定の最中に質問もできるため、査定結果に納得しやすくなります。

そして査定結果に納得ができればその場で買取の契約を行い、買取代金もその場で現金で支払われます。

さらに、買取業者が対応しているエリア内であれば電話やメールなどで申し込むと即日訪問で査定が可能になっており、査定までの時間もかかりません。

また、出張買取の業者にはインターネットでのみ集客をしている業者もあります。

こういった業者の場合申し込みはオンラインのみ、店舗経営も行っていないことがあります。

このため店舗運営にかかる家賃や人件費も削減することができるため、その分買取額に還元されることも期待できます。

ただし出張査定の場合買取業者が対応しているエリアかどうか確認をしておかなくてはなりません。

大都市圏ではほぼエリアに対応していないことはありませんが、地方などの場合対応エリアではなく出張査定に応じてもらえない場合があります。

着物買取おすすめの方法

ネットが普及したことで、インターネットでの着物買取が店舗査定よりも高額査定になる口コミが増えています。

そのため店舗でもネット買取に力を入れている業者が増え、競争が激化したことによりネット査定の高額化が進んでいる状態です。

ネットでの着物査定は写真を撮って査定をするだけなど、簡単に着物買取ができるのもユーザーにとっては大きなメリットになります。

今後もネットでの着物買取が高額になる流れが続くことが予想できるので、着物買取で迷っている人は一度ネットの査定に出してみることをおすすめします。

また査定は1社だけではなく、複数の業者に依頼すると査定額が上がる可能性もあります。

特に以下の3社は、着物買取を強化していて高額査定の口コミが多い業者ですので、着物買取を検討している人は一度依頼してみることをおすすめします。

着物買取をネット宅配で行う場合は、着物買取ランキングも参考にして下さい。

着物を少しでも高く買取できる業者をピックアップしています。