奇跡のお茶グリーンルイボスティー ルイボスティーとの違いは?

奇跡のお茶グリーンルイボスティー ルイボスティーとの違いは?

健康志向が高まる近年、美容と健康に良いハーブティーとして日本や欧米で人気が急上昇している奇跡のお茶「ルイボスティー」をご存知でしょうか?

店頭で見かけることも多くなったので、見たことはあるという方も多いのではないでしょうか。

ルイボスティーは、その栄養価の高さから美容に関心が高い方だけでなく、妊活中、ママ活中の女性からも注目され、着々と愛飲者が増えています。

絶賛妊活中の私も、友人のすすめでルイボスティーを飲み始めて、とても気に入り飲み続けてきました。

そんな中、最近になって「グリーンルイボスティー」なるものの存在を知りました。

抗酸化作用やデトックス効果、アンチエイジングなどの高い効果がある健康成分「フラボノイド」が、通常のルイボスの10倍以上も含まれている凄いお茶なんだそうです!

そこで通常のルイボスティーとの違い、味や飲み方などを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ルイボスティーってどんなお茶?

そもそも、ルイボスティーは南アフリカで生まれたお茶です。

ルイボスは、南アフリカ共和国セダルバーグ山脈の高原地帯のみでしか栽培できない、とても希少な植物です。

このルイボスの葉を天日で乾燥、発酵させたお茶で、鮮やかな赤い色とフルーティーな味わいが特徴です。

南アフリカの原住民たちに「不老長寿の飲み物 奇跡のお茶」と言われ、古くから愛されてきました。

現在の南アフリカでも日常的に飲まれており、レストランなど飲食店では必ずメニューにあるほど親しまれています。

ルイボスティーとグリーンルイボスティーの違いは?

その違いの一つは「発酵」です。

紅茶の製法と同じで茶葉を発酵させたものがスタンダードなルイボスティーです。じっくり時間をかけて発酵させていくので独特の香りと風味のあるお茶になります。

しかし、この発酵によりフラボノイドやミネラルなどの健康成分が大きく失われてしまうのです。

そこで高い栄養素を失わないように、日本の緑茶を作る製法を取り入れて作られたのが発酵しない「グリーンルイボスティー」です。

低温で乾燥させることにことで、茶葉の酸化を防ぐことができます。

グリーンルイボスティーは近年の技術で、より高い栄養素をそのまま取り入れられるように作られた、新しいお茶なのです

スポンサードリンク

栄養素は?グリーンルイボスティーのすごい効果

ルイボスティーに比べて、フラボノイドの含有量が10倍以上多く含まれています。

フラボノイドはポリフェノールの一種であるので、抗酸化作用があります。

老化や、しみ、シワ、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす活性酸素を除去してくれる働きがあります。

アンチエイジングや免疫力を高めたり、ストレス緩和、血液をサラサラにしてくれるなど、美容と健康に様々な良い働きがあります。

血糖値の上昇を抑えると言われるアスパラチンは50倍も多く含まれます。

また、欠かせない成分としてカルシウムや鉄、亜鉛、カリウムなどのミネラルもバランスよく含まれています。

体にやさしいノンカフェインなのも、グリーンルイボスティーの特徴の一つです。

子供から大人まで誰でもどんな時間でも飲むことができます。眠くなる心配もなく、カフェインを気にすることもなく水分補給をすることができます。

ノンカフェインの麦茶もありますが、麦茶は体を冷やすので特に女性にはあまりおすすめではありません。

グリーンルイボスティーは美容と健康のためにはかかせない、とても優れたハーブティーなのです。

グリーンルイボスティーは味も違う?ルイボスティーとの違い

ルイボスティーはほのかに甘みのあるすっきりとした味わいです。

フルーティーな独特の香りがします

緑茶や紅茶とも全く違う風味なので初めて飲む方は驚くかもしれません。

フレーバーティーが好きな方は抵抗はあまりないと思います。

実際、普段緑茶しか飲んでいない私の両親はルイボスティーは苦手なようでした。

温めても美味しいですし、冷やすと少し酸味も感じるので、私は暑いときは冷やして飲むのが好きです。

口の中をさっぱりさせてくれるので、揚げ物など脂っこいものと一緒に飲むのもおすすめです。

グリーンルイボスティーの味は?

話題のグリーンルイボスティーを実際に飲んでみました!

私が今回飲んだのは、ベジストーリーの有機グリーンルイボスティーです。

三角ティーパックが30包入っています。

ジップロックになっているのが嬉しいですね。

まず、封を開けたときの香りがとても良い香りです。

ルイボスティーのフルーティーな香りに緑茶の香りが混ざったような初めての香り。とても好きです。

鮮やかな赤い色のルイボスティーとは違い、グリーンルイボスティーは紅茶の色と似ています。

味は紅茶や緑茶の中間のような味でした。紅茶のような渋みは一切なく、後からルイボスの風味がふわっと香ります。

香りがよく甘みも強く感じられてとても美味しいです。

クセがなく後味もさっぱりしていて、だれでも抵抗なく飲むことができるのではないでしょうか。これならルイボスティーが苦手な人でも飲めそうです。

ルイボスティーはティーパックを入れたままにすると少し渋くなり、味が変わってしまうのが残念だったのですが、このグリーンルイボスティーは茶葉を入れたままにしても渋くなることもなかったのでとても良いなぁと思いました。

今回私が飲んだのベジストーリーの「有機グリーンルイボスティー」。

ルイボスにも様々な種類があるのですが、中でも健康に気をつけている方ダントツで選ばれているのが、オーガニックの茶葉です。

このグリーンルイボスティーはオーガニックの厳選茶葉のみを使用して作られています。

農林水産省管轄の有機JASに認定を受けています。日本での幾重にもわたる厳しい審査を通らなければ認定されることはありません。

南アフリカで茶葉を生産し、日本で品質管理をしています。

グリーンルイボスティーの飲み方は?

ベジストーリーのグリーンルイボスティーは便利で手軽なティーバックタイプになっています。後片付けも楽ちんで一人で飲むときにも簡単で良いですよね。

ティーカップの場合

ティーバック1包を入れ、熱湯を注ぎ、2〜3分程度蒸らしてお好みの濃さに調整して飲んでください。1杯から2杯程度飲むことができます。

ティーポットの場合

ティーバック1包を入れ、熱湯を注ぎ、2〜3分程度蒸らしてから飲んでください。

煮出す場合

やかんに1〜1.5リットルのお湯を沸かし、ティーバックを2〜3包を入れて弱火で5〜10分ほど煮出します。10分ほど煮出して作るほうが、ルイボスの栄養素がたっぷり抽出できるそうですよ。
煮出してから冷やしても美味しく飲むことができます。

グリーンルイボスティーのお値段は?

通常価格 一袋 1699円

【1つ2gのティーバック30包入】

1杯あたり56円くらいですので、そこまで高いわけではないかなぁと感じました。

通常のルイボスティーより少し高いですが、栄養価の高さでいうとグリーンルイボスティーは払う価値があります。

定期コースがおすすめ!

1〜2袋なら一袋あたり 1499円 【送料無料】200円お得!

3袋以上なら一袋あたり 1299円 【送料無料】400円お得!

どんな人におすすめ?

・毎日飲むもので体に良いものを取り入れたい方
・妊活中、妊娠中、授乳中、子育て中の方
・老化、シミ、シワなどに悩んでいる方
・家族みんなが飲めるお茶を探している方
・栄養を気軽に取りたい方

などなど、これ以外でも子供からお年寄りまでどんな世代の方にもおすすめのお茶です。