バターコーヒーダイエットは効果ある?痩せるための注意点と成果を出す方法

バターコーヒーダイエットは効果ある?痩せるための注意点と成果を出す方法

バターコーヒーダイエットって聞いたことありますか?

名前を聞けば何となく予想できると思いますが、バターとコーヒーを使ったダイエット法になります。

ダイエット大国のアメリカで流行したダイエット法で、このユニークな組み合わせがいかにもアメリカらしいですね。

当サイトでも様々なダイエットを実践して、その効果や注意点について説明してきました。

今回は、海外で話題のバターコーヒーダイエットについて、その効果と注意点について解説していくので参考にして下さい。

スポンサードリンク

バターコーヒーダイエットのやり方は簡単!

バターコーヒーダイエットは、そのやり方がとても簡単なので海外(特にアメリカ)で人気が出たのだと思います。

シンプルな実践方法で、朝食にバターコーヒーを飲むだけのダイエット法になります。

これだけなら本当に簡単なのですが、バターコーヒーダイエットにはもう一つ大事な約束事があります。

それは夕食後の16~18時間後は食事をしないで、その代わり朝食にバターコーヒーを飲むことになります。

16~18時間と、食事までの間をあけることがバターコーヒーダイエットの成功のポイントになります。

全く飲み食いしないでこの時間を空けるのは難しいですが、バターコーヒーは満腹感も出るので簡単に実践することができます。

バターコーヒーダイエットは、特に難しいことはないので、効果があれば実践してみたいダイエット法になります。

実際にバターコーヒーダイエットを実践した記録と、ダイエット効果を上げる方法をお教えします。

バターコーヒーダイエットの作り方

さてバターコーヒーダイエットを始めるにあたり、まずはバターコーヒーってどうやって作るのかを紹介します。

バターコーヒーを作る材料は、

  1. コーヒー
  2. グラスフェッドバター(無塩:10g)
  3. ココナッツオイル(大さじ1杯)

この3つの材料が必要になります。

コーヒーは普通のコーヒーで良いのですが、ドリップが良いという口コミも多いです。

バターコーヒーのポイントとなるのは、グラスフェッドバターという聞きなれないバターになります。

グラスフェッドバターは、一般的に売っているバターと違い、牧草だけを食べて育った牛の乳が使われているバターになります。

牧草だけで育てられた牛には、穀物で育てられた牛より多くのオメガ3脂肪酸が含まれていると言われています。

オメガ3脂肪酸には、血液をサラサラにしたり、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の予防、筋力低下の防止に効果があると言われています。

また、疲労回復や老化の防止、体脂肪の燃焼、肌荒れ防止にも効果があるので注目されている栄養素なんですね。

このように栄養価が高く体に良いのが、グラスフェッドバターの大きな特徴と言えます。

話が少しそれましたが、バターコーヒーダイエットは、このグラスフェッドバターを使うことで健康的に痩せることを目標にしています。

グラスフェッドバターはあまり見慣れないバターだと思うので、通販などで購入している人も多いですね。

バターコーヒーダイエットは、これにココナッツオイルを加えるのもポイントになります。

ココナッツオイルは健康食品としても認知されていて、良くダイエットや健康の話題で登場するので聞いたことがある人も多いと思います。

バターコーヒーダイエットは、どんなバターでも良いわけではなく、こだわったものを使ってのダイエットになります。

スポンサードリンク

バターコーヒーにダイエット効果はあるのか

バターのようにカロリーが高い食べ物で、なぜダイエットができるか気になっている人も多いと思います。

本当にバターとコーヒーでダイエットができれば良いのですが、ちょっと疑問が残るところですよね。

まずバターコーヒーのダイエット効果について、簡単に説明していきたいと思います。

昼食の食べ過ぎを防ぐ

バターコーヒーを飲んでみるとわかるのですが、かなり満腹感があり食欲を抑えることができます。

もちろん個人差はありますが、10人ほどで実験してみたところ、バターコーヒーを朝食に飲んだら、お昼になっても満腹感が継続しているという人が8人ほどいました。

太る原因はカロリーの取り過ぎなので、食べ過ぎを抑えてくれる効果が期待できるバターコーヒーはダイエット効果も期待できるのですね。

※満腹感は個人差があるので、全ての人に当てはまるわけではありません。

朝食を抜くことでダイエット効果が期待できる

当サイトのダイエット記事でも伝えていますが、ダイエットを成功させるには食事量を減らすことが一番効果的な方法になります。

どんなに運動を頑張っても、消費できるカロリーはたかが知れています。

※ただし筋肉をつけることで、スリムな体を維持できるので運動はおすすめします。

食事を抜くことがダイエットに繋がるので、朝食を抜くバターコーヒーダイエットはその意味でダイエット効果が期待できます。

グラスフェッドバターの中性脂肪を減らす効果が期待できる

バターコーヒーダイエットで使用する「グラスフェッドバター」には、血中コレステロールや中性脂肪を減らす効果が期待できると言われています。

その他にもリノール酸など、脂肪を排出する働きがあると言われる成分が含まれています。

またコーヒーには、クロロゲン酸というポリフェノールが含まれており、このクロロゲン酸には脂肪が体内に蓄積するのを防ぎ、脂肪を分解燃焼してくれる働きがあると言われています。

カフェインの代謝はダイエット効果が期待できる

カフェインには交感神経を刺激し、代謝アップの効果があると言われています。

妊娠中や妊活中はおすすめできませんが、普段であれば適度なカフェインは代謝アップの効果が期待できるのでダイエットにお勧めです。

このようにバターコーヒーには、ダイエット効果が期待できるだけの理由が揃っています。

普通にバターコーヒーダイエットをしていれば、徐々に痩せることを実感できる人が多いと思います。

バターコーヒーダイエットの口コミ

バターコーヒーダイエットを実践している人の口コミになります。

バターコーヒーダイエットで失敗した口コミ

空腹に勝てない・・・

バターコーヒーダイエットが話題だったので試してみました。

コーヒー好きだったので継続できるかと思ったのですが、朝のバターコーヒーだけでは空腹に勝てませんでした。結局普段よりも多く食べてしまったので、ダイエットはできなかったです。

バターコーヒーダイエットに成功するかは、空腹との闘いになるのではないかと思います。

変わらなかった

特にコーヒーが好きなわけではないのですが、簡単にできそうだったのでバターコーヒーダイエットに挑戦しました。

バターの値段が思ったよりも高いのが辛い割には、結果が出なかったので止めました。バターコーヒーダイエットを成功させるには、時間的に余裕がある人じゃないと厳しいのではと思います。

でもちょっと気分転換にバターコーヒーを飲むのは、個人的にはありだと思います。普通にコーヒー飲むよりも、脂肪分があり美味しかったです。

コスパが悪い

バターコーヒーダイエットを試しましたが、バターが高く断念しました。色々なダイエットをしているのでわかりますが、コスパを考えると決しておすすめのダイエットではありません。

バターコーヒーダイエットよりも、置き換えダイエットや酵素ドリンクダイエットなどをした方が良いのではないかと思います。

バターコーヒーダイエットの良い口コミ

1キロ痩せました

バターコーヒーダイエットを2週間継続して、1キロ痩せました!

やり方が簡単だったので、特に苦も無く続けることができました。運動などのダイエットだと、やる気が出ない時は苦痛になりますが、バターコーヒーダイエットはバターコーヒーを飲むだけなので無理なく継続できました。

ちなみに私は普段は朝はあまり食べていません。そのため夜から朝に時間を空けることは全く気になりませんでした。

思ったより簡単に痩せることができた!

バターコーヒーダイエットを2ヶ月継続して、3キロ痩せるのに成功しました♪

本当にこれだけで痩せるのか不安でしたが、正しい手順でダイエットすれば痩せることができたので凄く嬉しいです。冬にかなり太ってしまって、夏に向けてダイエットを開始したのですが、2ヶ月で結果が出たので大満足です!!!

バターコーヒーは腹持ちが良いので、ダイエットにおすすめできますね。

バターコーヒーダイエットの強みは、腹持ちの良さと手軽にできることになります。

空腹になってはダイエット効果はありません。

バターコーヒーの腹持ちが良いと感じた人ほど、このダイエットに成功しているようです。

 

バターコーヒーダイエットの体験談

実際にバターコーヒーダイエットを試してみて、1週間で1.5キロ痩せることに成功しました。

ただ普通にバターコーヒーダイエットをしていても、恐らく1週間で1.5キロ痩せるのは難しいと思います。

私が実践した方法は、バターコーヒーダイエットの効果を上げるためにいくつかプラスしたダイエット法になります。

バターコーヒーダイエットを成功させるには、食事のとり方がポイントになります。

食事量を普段の8割にする

バターコーヒーダイエットを開始して、恐らく早い人なら3日位で1キロ痩せることができると思います。

ただしこれは普段から3食取っている人で、朝食をしっかりと食べている人が前提になります。

逆に朝食をもともと食べていない人は、バターコーヒーダイエットをしてもすぐに結果を出すことが難しいと思います。

現代人の多くは、朝食をあまり食べない人の方が多いので、その意味ではバターコーヒーダイエットだけで効果を出すのは難しいと思います。

そこでバターコーヒーダイエットを成功させるために、全体の食事量を8割位におさえるのがおすすめです。

バターコーヒーは満腹感があるので、昼食をいつもよく少な目にするとダイエット効果を上げやすいです。

私の場合も、昼食の量をいつもの6割にすることで、1週間で1.5キロ痩せることに成功しました。

※普段の朝食はトーストやグラノーラなどだったので、全く朝食を取らない人よりは効果が出やすかったのだと思います。

ただし最初から昼食6割は厳しいと思うので、最初は8割くらいにしてみるのをお勧めします。

どうしても緊急で痩せたい人は、逆に5割くらいにしておくとスタートダッシュが早くなります。

夕食は炭水化物抜きにする

もし可能であれば、夕食を炭水化物抜きにすると更にダイエット効果が上がります。

セブンイレブンなどのサラダチキンなどは、たんぱく質豊富でダイエット効果も期待できるのでおすすめですよ。

夕食でカロリーオーバーする人も多いので、ダイエットを決意したら夕食の量を調整することも大事なポイントになります。

できれば夜18時には夕食を開始して、早めに就寝することで空腹にも耐えることができます。

初日はキツイですが、2日目くらいになると慣れてくる人も多いと思います。

バターコーヒーダイエットと他のダイエットを比較

バターコーヒーはやり方を間違えなければダイエット効果が期待できます。

ですが他のダイエット法と比べて効果が高いかと言われると、少し検討の余地があるかもしれません。

ファスティングダイエットと比較

まず食事制限がメインのダイエット法として人気の、ファスティングダイエットと比較するとスタートダッシュは少し遅いなと感じてしまいます。

ファスティングダイエットで5キロ痩せたの記事を読んでいただければわかりますが、ファスティングダイエットは短期間で結果を出しやすいダイエット法です。

バターコーヒーダイエットに比べて食事制限が厳しい分、ダイエット効果は高いと感じました。

ただ食事制限がかなりきついので、挫折する人が多いのも事実です。

もしファスティングダイエットのような食事制限が厳しいと感じたら、バターコーヒーダイエットを試してみるのも良いと思います。

過酷な食事制限ダイエットに比べれば、バターコーヒーダイエットは無理なく痩せることができるダイエット法になります。

炭水化物ダイエットと比較

炭水化物を抜く糖質制限ダイエットとバターコーヒーダイエットを比較すると、ダイエットの効果はバターコーヒーダイエットの方が出やすいと感じました。

炭水化物抜きダイエットは、食事量の制限が難しく食べ過ぎてしまう可能性があるからです。

糖質制限ダイエットの口コミで書きましたが、糖質制限ダイエットはそれだけで痩せるのは結構難しいです。

それなら朝食を確実に抜くバターコーヒーダイエットの方が、ダイエット効果が高いと感じました。

運動を取り入れたダイエットと比較

運動のダイエット効果については、運動だけで痩せるのはかなり時間がかかるのが事実です。

食事制限と運動をすることでダイエット効果が期待できるのですが、なかなか運動を継続させるのが難しいのが普通だと思います。

それなら食事制限だけでダイエットをした方が、リバウンドしにくいのでおすすめになります。

バターコーヒーダイエットは、バターのおかげで満腹感もあるので、運動でのダイエットよりも成功しやすいと思います。

バターコーヒーダイエットを実践すべき人

バターコーヒーダイエットを実践すべき人は、当然ながらコーヒーが好きな人になります。

私はコーヒーがそこまで好きではないので、正直継続してバターコーヒーダイエットを続ける気にはなりませんでした。

ですが毎朝コーヒーを飲む人ならば、バターコーヒーダイエットを継続することができると思います。

ダイエットは継続が大事なので、コーヒーを飲む習慣がある人の方がバターコーヒーダイエットに向いていると言えるでしょう。

コーヒーダイエットは簡単に実践できるダイエット法なので、リバウンド防止の意味でもお勧めできるダイエット法です。

※最初に食事制限を取り入れて痩せてから、普通にバターコーヒーダイエットを実践すれば太りにくい体質になると思います。