あそこ(デリケートゾーン)の臭いは夏前に対策を!原因と解消法をお教えします

デリケートゾーン(あそこ)の臭いを気にしたことってありますか?

人から臭いを指摘されることはまずない部位ですが、彼が気になる臭いなので気を使っている女性も多いですよね。

ですがデリケートゾーン(あそこ)の臭いが気になっても、彼氏や旦那に「私のデリケートゾーン(あそこ)って臭いある?」とは聞けませんし、彼も「お前のデリケートゾーン(あそこ)臭いよ」と面を向かって言うことはなかなかできません。

実際のところ、男性の多くは女性のデリケートゾーンの臭いを気にしています。

自分では臭いがないと思っても、他人からすれば臭うという事態になっている可能性もあるので注意しましょう。

女性のお手入れとして「デリケートゾーン(あそこ)の臭い」の対策をしっかりと行うことで自信を持てるようになります。

今回は、女性の人に言えない大きな悩みの「デリケートゾーン(あそこ)の臭い」について、臭いの原因や対策をエステシャンがお教えするので参考にして下さい。

デリケートゾーン(あそこ)の臭いの原因

デリケートゾーン(あそこ)の臭いの原因は個人差がありますが、主な原因に以下のものがあります。

  • 恥垢(ちこう)
  • ゴシゴシ洗いすぎ
  • 汗や蒸れ
  • すそわきが
  • おりもの
  • 性病

恥垢(ちこう)

デリケートゾーン(あそこ)は汗や皮脂、排出物(尿など)、おりもの、経血など多くのものが混じり合う部位になります。

デリケートゾーンの形状はとても複雑で、隙間の奥に恥垢(ちこう)が溜まり、雑菌などが繁殖して臭いの原因になると言われています。

ただデリケートゾーン(あそこ)に恥垢(ちこう)が溜まること自体は普通のことなので、特に気にすることはありません。

問題は溜まっている恥垢(ちこう)を取ることで、そのためにはデリケートゾーン(あそこ)を清潔にすることが大事になります。

つまりきちんとデリケートゾーン(あそこ)を洗うことで臭いを予防することができるんですね。

ゴシゴシ洗いすぎ

デリケートゾーン(あそこ)に限ったことではないですが、臭いが強い部位をゴシゴシと洗う人は多いと思います。

ですがゴシゴシ洗いは逆効果で、デリケートゾーン(あそこ)の臭いが余計きつくなることがあります。

デリケートゾーン(あそこ)の洗いすぎが良くない理由としては、石鹸が膣内に入ると、おりものに付いている善玉菌を破壊し、おりものを余計に分泌しようとします。

おりものが増えることで、デリケートゾーン(あそこ)の臭いはきつくなってしまいます。

過剰なゴシゴシ洗いを気をつけることで、デリケートゾーン(あそこ)の臭い予防になるので実践してください。

汗や蒸れ

誰もが経験したことがあると思いますが、汗をかいた後の臭いってきついですよね。

これがデリケートゾーン(あそこ)の臭いになると思うかもしれませんが、実は汗には臭いはありません。

汗が臭う原因は、皮膚常在菌と呼ばれる菌が繁殖して臭いを発生させるのです。

ちなみに汗は夏にかきますが、冬もデリケートゾーン(あそこ)の臭いに注意が必要です。

その理由は冬は厚着で蒸れるため、菌がどんどん繁殖して臭いを放つようになるからです。

対策とすれば汗を拭けば良いと思うかもしれませんが、皮膚常在菌が服に付いてしまうため、汗を拭いても繁殖が止まりません。

後述しますが、汗拭きだけではなく根本からの改善が必要になります。

すそわきが

わきがを気にして対策している女性は多いですが、デリケートゾーン(あそこ)の臭いもわきが(すそわきが)の可能性があります。

わきがは遺伝するといわれるように、すそわきがも遺伝の可能性があります。

すそわきがの原因は、デリケートゾーン(あそこ)からフェロモンが出ていることになります。

女性ホルモンの影響もありますが人間の身体の仕組みとして、フェロモン放出の臭いで異性を誘うことが原因となります。

フェロモンは、セックス中やデート中、仕事中の緊張状態の時も数多く分泌されます。

正直なところ、すそわきがを根本から治すには、クリニックなどに行く必要があります。

ただ金額も高いですし現実的に難しいので、もっと簡単にできる改善策があればためしたいところですよね。

すそわきがは完璧には治せなくても、臭いを抑える方法があるので後述します。

おりもの

まずショックを受けないでほしいのですが、「おりもの」はそもそも臭いがあります。

デリケートゾーン(あそこ)の構造になるのですが、外部からの菌を防ぐためにデリケートゾーン(あそこ)は酸性に保たれています。

汗や排出物などが混ざり合うので、デリケートゾーン(あそこ)の臭いがあるのが普通のことです。

おりものが少ない時の臭いはそこまで気になりませんが、おりものが増えると臭いは強くなります。

おりものが増える原因は、生理とホルモンバランスになります。

特に排卵日の周辺になると妊娠しやすくするため、おりものは大量に分泌されます。

排卵日周辺に臭いが気になる人は、おりものが原因の可能性があります。

おりものの臭いも、対策することで改善できるので後述の対策法をしっかりと読んでください。

性病

性病がデリケートゾーン(あそこ)の臭いの原因になるの?と思うかもしれませんが、臭いの原因になります。

クラミジア、淋菌などの性病で、デリケートゾーン(あそこ)は臭くなります。

性病の場合は病院で治療してもらうことが必要になります。

診察だけなら、自宅で出来ます。
誰にも知られずに診察ができますよ。

誰にも知られず性病検査する

デリケートゾーンの臭いを解消する対策

下着やライナーの素材を変えよう

夏場にどうしても蒸れやすいデリケートゾーン。

臭いの原因にもなる蒸れを防ぐためには下着の素材を変えることが大切です。

肌触りや価格帯の低さ、デザインの豊富さからポリエステルなどの化学繊維でつくられた下着を選んでいませんか?

化学繊維は敏感な肌を荒れさせてしまう原因をつくったり、ムレやすくしてしまう可能性があります。

下着を選ぶのであれば綿100%のものや麻素材のものを選びましょう。

暑い日の場合、午前中だけですぐに下着が汗で濡れてしまうこともあると思います。

その時は替えの下着を持参して、トイレで着替えましょう。

汗で蒸れたままの状態にしておくとかゆみの原因になったり細菌が繁殖しやすい環境になります。

特に女性の場合は生理ナプキンなどを頻繁に変えずに夏場を過ごしがちですよね。

職場などでなかなかトイレに行けない気持ちも分かりますが、衛生面を考えてこまめにトイレに行きましょう。

ナプキンを長時間変えないことも蒸れや臭いの原因になります。

そして下着と同じように肌に触れるナプキンやライナーの素材にもこだわりましょう。

化学繊維でつくられているナプキンは臭いの原因になる蒸れ・かゆみを引き起こします。

最近ではオーガニックコットンでつくられているナチュラル素材のナプキンやライナーが販売されています。

なるべく化学繊維ではなく綿100%のもの、できればオーガニックのものを選びましょう。

ライナーを使っていない人もいるかもしれませんが、おりものなど蒸れの原因となる水分を吸い取ってくれるライナーは、デリケートゾーンの環境改善にとても役立つアイテムです。

特に蒸れやすい夏の間はできるだけライナーを付けて過ごしてみましょう。

おりもの自体は女性にとって必要な排泄物なので無理に排除することは考えないようにしましょう。

おりものの状態がいつもと違ったり、普段より匂いが強いなどの場合は婦人科に行って専門医に相談しましょう。

蒸れなどが臭いの原因になる場合もありますが、性病や感染症が臭いの原因になることもあります。

その判断基準にもなるのがおりものの状態でもあります。

臭いがあるから消してしまおうとは考えずに普段とは違った臭いや感覚を覚えたらきちんと観察することを忘れないようにしましょう。

デリケート専用の石鹸を使おう

デリケートゾーンの臭いを無理やり石鹸の匂いで消していませんか?

実は通常の石鹸はデリケートゾーンには刺激が強すぎることがあります。

臭いの元となる細菌から肌を守る自分の細菌までも殺してしまう可能性があります。

デリケートゾーンには専用の洗剤または石鹸を使うようにしましょう。

デリケートゾーンの石鹸は薬局よりもネット通販の方が見つけやすく買いやすいでしょう。

薬局で購入することも可能ですが、数が少なかったり、種類がなかったり、自分好みの商品を見つけられない場合もあります。

またレジの店員が男性だと少し気まずく感じることもあります。

デリケート専用の石鹸を選ぶ際には成分にもこだわりを持ちましょう。

香りだけで決めずにその石鹸が持つ効果や効能の説明をよく読みましょう。

「洗い過ぎない 洗浄成分が強すぎないもの」を選ぶことが大切です。

デリケートゾーンをスポンジでゴシゴシ洗ったり、中まで洗ったりしていませんか?

デリケートゾーンという名前にある通り、特に生殖器の周りはとても傷つきやすく繊細なつくりになっています。

肌に優しく洗いやすいものを選びましょう。

自分の悩みに合った石鹸が分からない場合は婦人科の専門医の元で購入してもいいかもしれません。

病院に行きづらいという人はなるべく女性の医師が担当しているクリニックに足を運びましょう。

自分が思うよりもずっと気軽に相談に乗ってくれるでしょう。

「とにかく臭いを消したい!」という気持ちで強い成分の洗剤を使い続けたり、間違った洗い方をして傷つけてしまうと、病気を誘因したり、体調を崩す原因にもなりかねません。

デリケートゾーン専用の洗剤でも肌が荒れてしまうという人はなるべくぬるま湯で洗うようにしましょう。

熱いお湯で洗うと洗いすぎてしまう原因の1つになります。

食器を洗う時も熱湯の方が汚れがよく落ちますよね。

その原理と一緒であまりに熱いお湯で洗ってしまうと汚れだけではなく、臭いの原因から守る自分の分泌液も一緒に流してしまうことになります。

無意識に触っていないか確認しよう

下着の素材も変えたし石鹸も買えたけどまだ臭いがあるという方は、自分で無意識のうちにデリケートゾーンの周りを触っていないか確認しましょう。

特に見落としがちなのは「睡眠中」寝ている間に体を掻いてしまう人は割と多くいます。

かゆみを感じて無意識に掻いている場合、デリケートゾーンに傷があることがあります。

無意識に触るということは、細菌だらけの手や指で触ってしまっているということ。

清潔な手で触っていないと臭いの原因となる細菌が繁殖する原因になります。

あまりよく見る機会のないデリケートゾーンですが、鏡などを使って一度しっかりと見てみましょう。

自分では気づかなかったような傷があったり、汚れがあったりするかもしれません。

いつもとは異なるものを発見した時は自分で無理やり取ろうとせず、専門医に相談しましょう。

睡眠中に無意識に触ってしまう原因になり得るのが寝具の素材です。

こちらも下着と同様に化学繊維のものではなく綿などの自然由来の素材のものを選ぶようにしましょう。

化学繊維は蒸れやすくしてしまう原因になります。

また寝具は定期的に清潔に保ちましょう。

デリケートゾーンに触れるバスタオルなども同様です。

目に見えない部分に臭いの原因となる細菌がいるかもしれません。

デリケートゾーンばかりを綺麗にするのではなく、その部分に触れるものを一度綺麗に保つように心がけてみましょう。

性行為もきちんと清潔に保とう

見落としがちな原因の1つとして挙げられるのは性行為時のデリケートゾーンへのケア。

相手の手や性器が不衛生だと臭いの原因となる病気や細菌の発生源になる可能性があります。

ロマンティックな雰囲気でどうしても「手を洗って」といえない気持ちも分かりますが、その後デリケートゾーンが匂うようになれば、恥ずかしくて性行為もできなくなりますよね。

病気になってしまえば、2人の関係にも亀裂が入ることもあります。

第一に相手の手や指、性器がきちんと清潔かどうかを確認しましょう。

特にデリケートゾーンが蒸れやすい夏場は汗をかいているだけでも細菌が繁殖していることがあります。

性行為の前にはお互いにシャワーを浴びるなどして対策をしましょう。

そして性行為後もきちんとデリケートゾーンのケアを行いましょう。

肌がかぶれていないか、傷ができていないか、確認します。

コンドームのゴムの素材などが肌に合っていないとかぶれたり、普段とは異なる臭いを放つ原因にもなります。

また性行為中の摩擦によって傷やスレができてしまいかゆみの原因になることもあります。

自分に合ったゴムを使う、摩擦が起きないように専用のジェルやオイルを使う、スレてしまった場合はきちんとアフターケアをすることで、性行為後の臭いを防ぐことができます。

そしてきちんと性行為後にはシャワーなどを浴びてデリケートゾーンを清潔に保つようにしましょう。

肌に合った洗濯洗剤を選ぼう

洗浄成分が強すぎる洗剤や化学物質が多い洗剤を選ぶと肌への刺激によって臭いが発生する可能性があります。

下着を洗う時は専用の洗剤または肌に優しい自然由来の成分などでできた洗剤を選ぶようにしましょう。

デリケートゾーンの臭いをごまかすために強い香りのある洗剤を使っていませんか?

その強い香料が肌を痛めてしまい臭いの原因になっていることもあります。

また強い香料で臭いをごまかすと、汗をかいた時にさらにきつい臭いになってしまうこともあります。

タバコくさい車内を強い芳香剤でごまかすとかなり辛い臭いになりますよね。

しかもそれが夏場で汗の匂いがそこに追加されれば良い香りはしないでしょう。

デリケートゾーンも車内と一緒で強い香りでごまかせばごまかすほど臭いがきつくなってしまうことがあります。

まずは香りの強い洗剤をやめて、自分の臭いの原因を考えてみましょう。

洗剤をやめたら臭いがなくなることもあるかもしれません。

肌に刺激のあるものを除くことで肌が過敏に反応して異臭を放ってしまっている原因を改善できるかもしれません。

自然由来の洗剤は高くて使えないという人は、下着やズボンなどデリケートゾーンに触れる洋服だけを肌に優しい洗剤で洗ってみましょう。

自分が口にするものに注目してみよう

きつい臭いの体液や分泌液、おりものはすべて体内から排出されるもの。

つまり食べたものや飲んだものが原因で臭いを放つこともあるかもしれません。

臭いがきついなと感じた日はその日に食べたものや飲んだものを思い出してみましょう。

自分の好物の食べ物や飲み物でも、自分の身体には刺激が強すぎたり、悪い影響を及ぼしていることもあります。

お酒の飲み過ぎや添加物の取りすぎ、砂糖の過剰摂取など、様々な原因があって体が反応している場合もあります。

普段はあまり気にしないタバコや飲酒、ストレスなど、自分のライフスタイルを見直すことがとても大切です。

ただの臭いではなく体が放つ臭いは病気のサインになる場合もあります。

臭いとともに体の不調をどこかに感じたら、専門医に相談するようにしましょう。

デリケートゾーンの脱毛は適度に心がけよう

デリケートゾーンの周りにはゾーンを守るために毛が生えています。

その毛を脱毛しすぎたりすると、本来守るための機能を果たせなくなり、臭いの原因になる可能性もあります。

逆に毛を放置しすぎて長いままの状態だと蒸れる原因にもなりかねません。

適度に処理することを心がけましょう。

自分で処理するのは少し怖いという人は専門の脱毛サロンや婦人科で相談してみてもいいかもしれません。

あそこ(デリケートゾーン)の臭いは抑えることができる

あそこ(デリケートゾーン)の臭いは、対策をすることで抑えることができます。

夏場は汗などで菌が繁殖しやすいので、対策をしている人は多いと思います。

ですが実際は冬場からしっかりと対策をすることで、あそこ(デリケートゾーン)の臭いは解消することが可能です。

諦めずに毎日のお手入れをしっかりと行うことで、臭いが気にならなくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)