糖質制限マーボーカレー!炭水化物を抜いたおすすめダイエットレシピ

糖質制限マーボーカレー!炭水化物を抜いたおすすめダイエットレシピ

糖質制限のときにはタブーというイメージのカレーを、アレンジを加えて糖質の少ない食べ方ができればと思い、このレシピを考案しました。

カレーだとどうしてもご飯が食べたくなりますが、豆腐を代用することで糖質制限ダイエットができます。

スポンサードリンク

糖質制限マーボーカレーの材料

豚肉 100g
なす 一個
絹ごし豆腐(木綿でも可) 一丁
長ねぎ 適量
にんにく 1片
しょうが にんにくと同量

豆板醤 小さじ1杯
オイスターソース 小さじ1杯
甜麺醤 ティースプーン1杯
カレールウ 4分の1片
中華の素(味覇や香味ペーストなど)ティースプーン1杯
塩 少々
こしょう 少々
片栗粉 少々
ごま油 小さじ1杯
水300cc

糖質制限マーボーカレーのレシピ

1 なすは細かく切りましょう。こうすることで、他の具の邪魔にならず、食べやすくなります。

2 切ったなすを水にさらしておきます。こうすることで、苦味が出なくなり、仕上がりがおいしくなります。

3 にんにくとしょうがをみじん切りにします、。包丁の平らな部分でつぶしてから切ると、香りが出やすくなります。また、にんにくとしょうがを同量にすることで、バランス良い味になります。

4 長ねぎは小口切りにします。みじん切りでも良いですが、長ねぎの切り方はそれほどこだわらなくてもよいでしょう。

5 フライパンにごま油をひいて、にんにくとしょうがを入れて炒めていきます。

6 にんにくとしょうがに火が通り始めたら、豚肉を加えて炒めていきます。ここではにんにくとしょうがを焦がさないように注意しましょう。

7 豚肉に火が通ったら、なすを加えてさらに炒めていきます。このとき、なすになるべく油を絡ませるように炒めると、美味しく仕上がります。

8 なすに火が通ったら、水を加えて煮ていきます。水は一応300ccとしていますが、少し足しても良いと思います。

9 そこに豆板醤を加えます。豆板醤は辛いのが好きな方であれば、もっと多く入れてもよいと思います。しかし、豆板醤は辛みはもちろんですが、塩気もあるので、入れすぎるとしょっぱくなってしまうので要注意です。

10 煮立ってきたら、甜麺醤、オイスターソース、中華の素を加えて混ぜ込んでいきます。この調味料を入れたあと、煮込みすぎると味や香りが飛んでしまうので注意しましょう。

11 一煮立ちしたら、豆腐を切って入れましょう。切り方は、お味噌汁等に入れるときのイメージで良いと思いますが、少し大きめにしても食べ応えがあって良いと思います。

12 豆腐を入れて、なじませたら長ねぎを加えていきます。

13 豆腐に火が通ったら、火を止めて、カレールウを入れていきます。カレールウは一箱の半分をさらに四分の一にした量を入れますが、一つ一つがバラになっている二段熟カレーなどが、保存の面などで便利で良いと思います。

14 カレールウが溶け切るまでゆっくり混ぜます。このときあまり強く混ぜると、豆腐が崩れる可能性もありますので気をつけましょう。

15 カレールウが溶け切ったら、火をつけ、一煮立ちさせます。ここで少し味見をして、足りなければ、塩、こしょう等をしましょう。

16 一煮立ちしたら、水に溶いた片栗粉を回し入れ、混ぜていきます。

17 ある程度のとろみがついたら、お皿に盛りつけ完成です。

糖質制限マーボカレーのポイント

カレーの糖質の原因はやっぱり市販のカレールウなので、なるべくルウを少なく使うようにしました。これでも気になるようなら、ルウは使わず、カレー粉を使って作るのもアリだと思います。

豆腐は絹ごしだとなめらかでおいしいですが、主食を食べないのであれば、木綿にすることで食べ応えがあり、満足感も増すと思います。

甜麺醤は今回使う調味料のなかでも、糖質が多いので香り付け程度にしました。

野菜のなかでも、糖質が少なく、カレーにも麻婆にも合うなすを使ってボリュームを増やしました。

単体で食べても満足感がありますが、麻婆にカレーということで、糖質制限時はもちろん、ご飯のおかずとしても申し分ないので、自分は糖質制限しているけど、家族はしていないといった場合でも、別々のモノを作る手間が省けますのでオススメです。