首や顔のイボって病気なの?イボの種類と見分け方

スポンサードリンク

気づいたら首に小さなイボができていた!ってことはありませんか?首にイボができると、結構目立つのでストレスになりますよね。ただこの首のイボですが、ちょっと注意したほうが良いかもしれません。

首にできるイボには種類があり、ウイルス性のイボと老人性のイボの2種類があります。どっちのイボなのかで治療法も異なるので、イボができたら焦らずどちらに当てはまるのかを判別しましょう。

ウイルス性のイボと老人性イボの違い

一般的にイボとは言えば、肌に出来たデキモノの総称ですが、医学的には、イボは「疣贅(ゆうぜい)」という種類のデキモノを言います。疣贅には、いくつかの種類がありますが、主にウイルスが原因のイボと肌の老化が原因のイボに分ける事が出来ます。

ウイルス性のイボ

ウイルス性のイボは、主に、ヒトパピローマ(乳頭腫)ウイルスに感染する事で出来ます。ヒトパピローマウイルスは、現在発見されているだけで100種類以上のタイプがあります。ウイルス性のイボにもいくつかあるので、その代表的なものを紹介します。

尋常性(じんじょうせい)疣贅

一般的によく見られるイボで、手の指や足底、膝や顔面にできることが多いイボです。尋常性(じんじょうせい)疣贅と呼ばれています。尋常性(じんじょうせい)疣贅というイボができるのは、ヒトパピローマウィルスというウィルスに感染することが原因です。

尋常性(じんじょうせい)疣贅は、ヒトパピローウイルスの2型、4型、7型、26型、27型、57型などが原因で出来るイボで、子どもに多く、固く、盛り上がり、色は白っぽいです。小さな傷から感染すると考えられ、好発部は手足や指、爪の周辺ですが、顔や体にも出来る事があります

大きさは2ミリから1センチ程ですが、近くにあるイボ同士が融合し、2から3センチまで大きくなる場合もあります。放置すると、少しずつ大きくなり、数が増える可能性が高いです。

足の裏にできる場合は、多発することが多いですが、体重がかかるため隆起しません。顔面や首にできる場合は、細長い形の隆起物になる傾向があります。

免疫力が低下していると、皮膚表面などにできた小さな傷口から、このウィルスの侵入を許してしまいます。侵入したウィルスがやがて基底細胞部分に感染し、イボとなって皮膚表面に出現します。自覚症状はなく、かゆみや痛みは伴いません。

扁平(へんぺい)疣贅

中年以降ではあまり発症しないイボで、若い人に多く発症することが特徴です。扁平疣贅というイボは、ヒトパピローマウィルスというウィルスに接触感染することが原因です。

ヒトパピローマウィルスには100種類以上の種類があり、青年性扁平疣贅の原因となるヒトパピローマウィルスの型は、尋常性疣贅とは異なるものです。ヒトパピローウイルス3型、10型、28型などが原因で出来るイボで、特に若い女性に多く、青年性扁平疣贅と呼ばれる事もあります

好発部は顔や手の甲で、大きさは1ミリから1センチ程、色は肌色から薄い褐色です。形は平べったく、放置すると増える事も、自然に消える事もあります。

やはり小さな傷口などから、このウィルスが侵入してしまうことで発症します。髭剃りや、スクラブ洗顔などによる皮膚への刺激が原因で発症することもあります。

伝染性軟属腫(水イボ)

伝染性軟属腫は水イボとも呼ばれるものです。伝染性軟属腫というイボは、伝染性軟属腫ウィルスが原因です。

柔らかいイボであることが特徴的で、白い1~3㎜程度の塊です。脇やひじ、ひざや胸などに、柔らかいイボが複数個同時に発症します。

イボの中身はウィルスが含まれており、柔らかいだけに患部が破けやすく、ウィルスも飛散しやすくなっています。そのため、接触感染する確率が非常に高いイボでもあります。

イボそのものが柔らかいため、破けやすく感染しやすいことから、多くの人に感染させてしまうことがあります。感染者の実に80%以上が10歳未満の子供です。子供が、裸で触れ合う機会が多いプールなどで感染してしまうことが多いイボです。

プールは裸になるうえに、接触することが多く、ウィルスが飛散しやすい状況にあるからです。そのため夏の時期には急激に感染者が増加し、その他、公衆浴場や岩盤浴などの、肌の露出が増える施設では特に感染の可能性が高くなってしまいます。

尖圭コンジローマ

陰部にできるイボで、性感染症の1種です。性交経験がある人ならば、誰でも感染や発症する可能性があるものです。性交渉などによって陰部についた傷口から、ヒトパピローマウィルスに感染することで発症します。

陰部から陰部への感染がほとんどです。性交渉などによって陰部についた傷口から、ヒトパピローマウィルスに感染することで発症します。一度感染してしまうと、再発率が高いことも尖圭コンジローマの特徴の1つです。時には、温泉などの公衆浴場で感染することもあります。

その形は、ニトワリのとさかやカリフラワーに似てとがったイボができることから、尖圭という名前がついています。感染してすぐは、自覚症状はありません。自覚症状がないため、自分が感染していることに気づかないまま他人に感染させてしまうことがあります。

潜伏期間が長いことから、感染経路を特定することは難しく、移転や再発が起こりやすいイボです。性交経験のある女性のうち、60~80%の人が一生のうちに一度は感染するといわれています。

老人性イボ

老人性イボは、老人性疣贅とも呼ばれ、その名が表しているとおり、肌の老化現象で出来ます。肌の老化の他にも、紫外線による光老化、摩擦や刺激、遺伝的要素なども出来る原因とされています。

好発部は顔、頭皮、首、手の甲、腕などの日光を直接浴びやすい場所ですが、手の平と足裏以外なら、全身どこにでも出来ます。

はじめは1、2ミリ程度ですが、少しずつ大きくなり、数も増えます。色は肌色から褐色、黒に近いものもあり、ザラザラとした感触で、ほぼ平らに近いものから、突起したものもあります。

ウイルス性のイボと老人性イボの判別の方法

例えば、手の平や足の裏に出来たイボの場合は、老人性イボではありません。また、固く、白い盛り上がりのあるイボが、指先や爪の周辺にある場合は、尋常性疣贅の可能性が高いです。顔や首にできるイボは、老人性のイボの可能性が高いです。このように、ある程度はイボの種類を予想する事は出来ますが、正確な判別は、素人には正直難しいです。

また、イボに似ているものとして、ホクロやシミ、アザ、日光角化症(にっこうかくかしょう)、悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)、稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)、汗管腫(かんかんしゅ)、初期のニキビなどもあります。

医者なら視診と触診で判別が可能ですが、手の平サイズの特殊な拡大鏡であるダーモスコピーで、皮膚のメラニン色素や毛細血管の状態を確認し、判別する場合もあります。それらしいイボに気がついたら、早めに病院に行く事をお勧めします。

ウイルス性のイボはうつる!?

実はウイルス性のイボの場合、他の人や他の部位にうつることもあります。老人性のイボはうつることはないのですが、ウイルス性のイボは感染するので注意が必要です。ウイルス性のイボがうつる対策については、イボの感染を防ぐ方法を参考にして下さい。

ただほとんどの人は老人性のイボになるので、その対策をすれば綺麗にイボを取り除くことができるようになります。ウイルス性のイボは病院での処置が必要になるので、はやめに病院へ行ってみてもらいましょう。

老人性のイボは自分で治すことができる

ウイルス性のイボは病院で治療してもらうことをおすすめしますが、老人性のイボは自分で治すことも可能です。実際に老人性のイボを治す薬もあるので、しっかりとケアをすれば老人性のイボは自分で治すことができます。

ただしイボが取れるかは個人差もあり、早い人だと数日でイボがなくなったという人もいます。逆になかなかイボが取れない人もいるので、その場合は病院で一度見てもらった方が良いかもしれません。

自分で首や顔のイボを治す場合は、首や顔のイボに効果的な化粧品を使うことをおすすめします。薬局などのヨクイニンでも首のイボが治った人もいるようですが、最近では首や顔のイボの治療により効果的な化粧品も発売されています

もちろん効果には個人差があるので一概には言えませんが、放っておいても治るものではないので試してみる価値は十分ありますよ。ウチのスタッフも首とデコルテのイボに悩んでいて、何とか治したいとイボをケアする方法で見事にイボが改善しました。

首や顔のイボの種類まとめ

首や顔のイボは、ウイルス性と老人性のどちらかになります。多くの人は老人性のイボが首などにできるので、しっかりと対策をすれば取り除くことは可能です。イボ用の塗り薬でも簡単に取れるケースが多いので、試してみる価値は十分にあります。

見た目的によろしくないイボですが、しっかりとケアをすれば自分で治すことも可能です。イボの治し方については、自宅で首のイボを取る方法を参考にして下さい。イボを治す方法をいくつか紹介しているので試して下さい。

もしウイルス性のイボの疑いがある場合は、早めに皮膚科などに行くことをおすすめします。ウイルス性のイボは市販の薬では治りにくいので、専門の医師に見てもらうことが最善の治療法になります。

スポンサードリンク