ゴルゴ線ってなに?40代が悩むゴルゴ線の原因と予防・改善方法

スポンサードリンク

ゴルゴ線って聞いたことありますか?

ゴルゴ線は、30代後半~40代になると目立ってくる目の内側から耳の下に向かって頬にできるシワのことです。ゴルゴ線は老けた印象になるため、特に40代で気になっている女性が多いですね。

ゴルゴ線は湿度が高い環境である日本に住む女性にもできてしまうことがあります。ゴルゴ線はスキンケアで改善できる可能性が高いので、しっかりとケアしてあげましょう。また予防をすることで、40代になってもシワの少ない綺麗な肌を保つことができます。

では女性に多い悩みであるゴルゴ線ができる原因と改善策について説明するので参考にして下さい。

ゴルゴ線ができる原因

ゴルゴ線を知らない人もいると思います。下の画像のように、目の下に伸びたしわがゴルゴ線になります。

参考元:gomalog

40代位になると出てくる人が多く、老けた印象を与えてしまいます。

ゴルゴ線ができる原因にはいくつかあり、人によって原因が異なります。思い当たることがあるかチェックしてみてください。

眼精疲労でゴルゴ線ができる

目に負担をかける時間が長くなると、疲れ目になり、ゴルゴラインができやすくなります。特に以下のことには注意をして下さい。

  • パソコンやスマホの使用時間が長い
  • レース編みなど細やかで集中力が必要な作業を長時間続ける
  • メガネやコンタクトレンズの度があっていない

目が疲れると、瞬きの回数が減ってしまう為ドライアイになってしまいます。ドライアイになると、通常は涙に保護されている目の表面がでこぼこした状態になり、モノを見づらくなってしまいます。

その為、正常に見ようとしてモノを見る時に働く毛様体筋が過剰に働きます。その結果、毛様体筋に負担がかかり、目が疲れてしまうのです。目が疲れる→目が乾く→より目が疲れる→さらに目が乾くという悪循環に陥ってしまいます。

このような状態になると、眼球に負担がかかるだけではなく、目に周囲の血液やリンパ液の循環も滞ってしまい、ゴルゴ線ができてしまいます

眼精疲労は現代人なら避けられない問題です。寝る前のスマホなども、ゴルゴ線の原因になるので注意をしましょう。

紫外線もゴルゴ線の原因になる

紫外線がシワのもとになることはどなたでもご存知だと思いますが、ゴルゴ線の原因にもなります。

紫外線やエアコンの風で肌が乾燥すると小じわができやすいものですが、そのような小じわは簡単な保湿対策をすることで改善することができます。

それとは別に紫外線のうちのUVAによる悪影響は、肌に深い溝を作ってしまう為、ゴルゴ線の原因となるのです。UVAでできたゴルゴ線の改善は簡単ではありません。この後でも説明しますが、あまりに深い溝の場合はクリニックなどの検討も必要になります。

紫外線は室内にも侵入するので日焼け止めクリームは、室内にいる時での塗っておくことが大切です。また、紫外線の悪影響は夏場だけではないので、年間を通して飲む日焼け止めサプリを摂取することも紫外線対策として有効です。

また、紫外線の強い季節には曇りの日であっても、帽子、日傘、ストールなどを使って紫外線を浴びないようにしましょう。

乾燥によるゴルゴ線

目の周囲の肌は薄く、皮脂が少ないので乾燥しやすいため、乾燥によるコジワがゴルゴ線なってしまうこともあります

目の周囲の乾燥はエアコンの風や紫外線だけではなく、洗顔方法が原因になることもあります。特に濃いアイメークをしている人は、アイメークを落とすために使う洗浄力の強いクレンジング剤が目の周りを乾燥させます。

乾燥は肌トラブルを生み出す大きな原因になります。ゴルゴ線だけではなく、シワやたるみなども乾燥によるものが多いので気をつけましょう。しっかりと乾燥対策をすることが美肌に必要なケアになります。

表情筋の低下

表情筋の筋力が低下すると、顔の筋肉が部分的に硬くなり深いしわを作ってしまいます。

笑い顔は笑いジワを作るといいますが、無表情は表情筋を硬くするのでゴルゴ線の原因になってしまいます

日常生活で表情筋を使っていない人は、トレーニングをすることで改善できる可能性が高いです。表情筋のトレーニングはのちほど解説するので参考にして下さい。

肌のたるみによるゴルゴ線

コラーゲンやヒアルロン酸の減少によって肌は弾力を失い、たるんでしまいます。紫外線を浴びる、リンパ液や血液の循環が悪い、栄養バランスが偏っている、睡眠不足や疲労で細胞分裂が活発に行われていないというような条件が揃ってしまうのはゴルゴ線の原因になります。

これらの症状になると、若くてもコラーゲンやヒアルロン酸は、減少してし、肌がたるむのでゴルゴ線の原因になってしまいます。

ゴルゴ線を改善するスキンケア

ゴルゴ線の原因は日常生活によるものがほとんどです。そのため対策も日常生活で注意すれば、改善できることが多くなります。

一つ一つ対策を見ていくので、ゴルゴ線改善の参考にして下さい。

眼精疲労の対策でゴルゴ線を予防

眼精疲労は日常生活に起因するものがほとんどです。ゴルゴ線を改善するために、以下のことをチェックしてみて下さい。

  • メガネやコンタクトの度を確かめる
  • 人工涙液や、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムが配合されている目薬を使う
  • 目の疲れを減らすことができるような姿勢でデスクワークや細かい作業をする
  • 50分ごとに10分程度目を休める時間を取る
  • 蒸しタオルなどで目を温める
  • 目の疲れを取るツボを押す

特に蒸しタオルで目を温めるのは、ゴルゴ線の予防にも効果的です。目が疲れたと感じたら、適度に休憩をとるようにしましょう。あずきのチカラ目もと用などは、目を温めて眼精疲労を予防してくれる効果が期待できます。

紫外線対策でゴルゴ線を改善

紫外線も日常生活では避けて通れないことになります。スキンケア対策で紫外線予防をしている女性も多いので、対策を知っている人も多いと思います。

  • 充分な日焼け止め対策をする
  • 保湿をしっかりと行う
  • 美容外科でヒアルロン酸注入、リフトアップの為の手術などの施術を受ける

紫外線予防は日焼け止めが一番の効果的な対策になります。また保湿をしっかりとすることでも、紫外線によるダメージのケアができるのでおすすめです。

できてしまったゴルゴ線の改善は、簡単には治らないので美容外科などに行くことで早く改善ができます。

乾燥対策でゴルゴ線を改善

乾燥によるゴルゴ線は深い溝のゴルゴ線とは違い、スキンケアで改善しやすいという特徴があります。特に以下の対策を行うと、早くゴルゴ線を改善できる効果が期待できます。

  • 低刺激性のクレンジング剤を使う
  • 洗う際には目の周りをこすらない
  • 洗顔料は十分に泡立てることを心がけること
  • 洗顔後には保湿効果の高い美容液やアイクリームを使ってスキンケアをする

特に大事なことは保湿で、保湿効果が高いクリームやオールインワンジェルを使うのがおすすめです。保湿をしっかりと行うことで、ゴルゴ線を改善だけではなく予防にもなります。

表情筋のトレーニング

表情筋のトレーニングを行うとともに、無表情にならないよう顔の筋肉を動かすことを日常的に意識することが大切です。時々口を大きく開けるだけでも表情筋が固まることを防げます。

表情筋のトレーニングは、以下の動画がとても参考になります。

日本人は表情筋を外人よりも使っていないと言われているので、意識してトレーニングすることでゴルゴ線の改善にもつながります。

肌のたるみ対策

肌のたるみはゴルゴ線だけではなく、ほうれい線などの原因にもなります。こちらも日常生活で意識してケアすることで改善することは可能です。

  • リンパ液や血液の循環を良くするために、マッサージをする
  • マッサージをする際には、保湿効果のあるマッサージオイルやローションを使うとより効果的
  • 栄養バランスの調った食事をする
  • 十分な睡眠をとる
  • 紫外線やエアコンの風から肌を守る
  • ゴルゴ線を作らない日常生活

質の良い睡眠をとること、栄養バランスの調った食事をすること、紫外線を浴びないようにすること、規則正しい生活習慣を維持すること、眼精疲労を貯めないことを心がけた日常生活は、ハリのあるみずみずしい肌に繋がります。

仕事が忙しいと長時間パソコンに向かったり、外食が増えて栄養バランスが偏ったり、睡眠不足になってしまいがちです。疲れているな…と感じたら、丁寧なスキンケアと目の周りのマッサージをしましょう。

ゴルゴ線の予防・改善におすすめのスキンケア

ゴルゴ線は、日常生活でしっかりとスキンケアすることで予防・改善することができます。特に大事なことは保湿で、保湿をしっかりと行うことでゴルゴ線だけではなく様々な肌トラブルを改善することが期待できます。

保湿を意識したスキンケアとしては、保湿力の高いクリームを使うのがおすすめになります。しっかりと保湿を意識したスキンケアをすることで、ゴルゴ線ができにくい肌になりますよ。

保湿力が高いクリームは、保湿力が高いおすすめのオールインワンジェルも参考にして下さい。ゴルゴ線だけではなく、シミやシワなどを改善する効果も期待できますよ。

スポンサードリンク