BEAUTE

愛され女性を目指す美容ブログ

美容 臭い

女性の加齢臭は30代から!嫌な臭いの原因と改善するためのケア

更新日:

加齢臭の原因ノネナール

人間の体毛一つ一つの毛穴には、皮脂腺が発達しています。この皮脂腺から分泌される脂肪酸が、酸化や分解により発生する臭い成分がノネナールです。

脂肪酸と過酸化脂質が結びつき嫌な臭いが生じるのです。 それなら誰にでも加齢臭は発生しそうですが、なぜ30代〜40代以上に多いのでしょうか。実は年齢が若い人は体内で脂肪酸が分泌されても、それを酸化させないためのホルモンの働きが活発なのでノネナールはほとんど発生しません。

しかし、加齢とともにホルモンの働きは衰え、30〜40歳後半からノネナールが増加していくため加齢臭が生じてしまうのです。

また、喫煙や飲酒は体内の活性酸素、過酸化脂質を増やす働きがあり、ノネナールの発生を促進し加齢臭が増強してしまいます。ノネナールの臭いは、古本臭やブルーチーズ臭、ロウソク臭などに例えられています。

加齢臭の男性・女性の違い

f:id:harutanV:20170205235454p:plain

男性も女性も加齢に伴い、加齢臭を発生させてしまうようです。 生活習慣や個人差もありますが、30〜40代からピークまで、男性の場合はホルモンにより、発汗量、皮脂分泌量が増えてしまうことが原因と言えます。

女性ホルモンには、臭いを抑制する働きがありますが、女性は加齢とともに減少してしまいます。これにより加齢臭が増加していきます。

男性ホルモンは、皮脂や臭いの成分となる物質を増加させる働きがあり、女性とは逆に、加齢とともに増加してしまうのです。

ですから、男性も女性も加齢臭の主な原因は、加齢によるホルモン量の変化によるのです。しかし、これには個人差があり、元々ホルモン量が少ない人や多い人もいます。

歳をとると加齢臭を必ず発生させるとは言いにくいです。生活習慣も大きく関係していますので、年齢だけのせいにはできないと言えます。

ホルモンの違い

加齢臭の原因成分ノネナールが発生する現象に男女差はないと言われますが、それでも男性の方が加齢臭を強く感じます。これにはホルモンが大きく関係しています。

昔から男性が生活のために狩りに出ていたのは、闘争心や攻撃力を高める男性ホルモンの影響です。このような作用と同時に皮脂分泌を促進させる働きもあるため、女性よりも男性の方が汗をかきやすく体臭が強くなる傾向があるのです。

女性のホルモン量は、加齢とともに少しずつ減少し閉経を迎えます。これに対し、男性のホルモン量は年を取っても劇的な変化は無く、更年期と呼ばれる時期になると男性のホルモン量は逆に増加してしまいます。

また仕事をバリバリこなすなど、普段の生活傾向によっても増加することがあり、その場合は女性でも体毛が濃くなったり、汗をかきやすくなるため加齢臭が強くなってしまいます。

男性・女性ホルモンによる皮脂分泌の違い

加齢臭の男性・女性の違いはホルモン量の違いによるものです。このホルモン量の違いは、加齢臭の原因となる皮脂分泌に影響しているのです。

女性ホルモンには、皮脂の分泌や活性酸素の発生を抑制する働きがあります。皮脂の分泌や活性酸素には、加齢臭の原因成分ノネナールを発生させる大きな要因です。

女性ホルモンの多い女性は加齢臭がしにくいのです。 しかし男性ホルモンには皮脂の分泌を促進させる働きがあります。特に、体毛が濃い人や頭髪の薄い人は、男性ホルモンが多いため、加齢臭が出やすくなります。

女性ホルモンの減少

女性は、女性ホルモンの働きによって加齢臭が出にくいのですが、加齢とともに女性ホルモンが減少するため、加齢臭が発生してしまいます。

特に、30~40代を過ぎると徐々に女性ホルモンが減っていき、更年期や閉経後は女性ホルモンの働きが止まってしまうため、男性と同じように皮脂が分泌され、活性酸素も発生するようになります。

女性の場合は加齢とともに女性ホルモンの減少や働きが止まってしまうため、男性同様に加齢臭を発生させてしまうのです。

男性・女性のその他の違い

加齢臭を発生させてしまうのは、男性・女性のホルモンの量の違いはもちろん、その他の男性・女性の違いも関係しています。

例えば、喫煙やアルコールといった習慣も、体臭を強めてしまう大きな要因です。 喫煙やアルコールの習慣は、どちらかといえば男性の方が多く、これも男女の体臭差の一因と言えます。

女性は、妊娠や出産、美容のために、喫煙やアルコールなどの習慣を避ける人が多いため、男性よりも加齢臭が少ないと言えます。 さらに、女性の方が臭いに敏感な人が多く、洗濯をこまめにしたりと清潔にこだわるので、男性ほど加齢臭がしにくいのです。

更年期後のホルモン量と加齢臭

ここまで加齢による、男性・女性のホルモン量の変化が、加齢臭が発生する原因であるとご説明いたしました。では、30〜40代の加齢臭が発生するとされる時期を過ぎた後は、どうなるのかという疑問が生まれます。

一般に男性は、加齢臭がし始めてから、年齢を重ねると、男性ホルモンの分泌量が減少していくため、加齢臭も薄まってくると言われています。

60代をピークに加齢臭は収まっていくようです。 一方女性の場合は、男性の逆です。皮脂量と抑制の働きを行っている女性ホルモンは、更年期以降どんどん減少していきます。

女性はピークがなく、女性ホルモンがこのまま減少し続けていくので、加齢臭は増え続けてしまうのです。

加齢臭が臭う部位

f:id:harutanV:20170206171248j:plain

30〜40代から発生する加齢臭。身体の全体的から臭いはしますが、 加齢臭には、臭いが発生しやすいとされる部位や部位によって違った臭いもします。 加齢臭が発生しやすい部位として、皮脂線が多い場所や蒸れやすく汗をかきやすい場所が、特に重要視する点と言えるのです。

耳の裏、首筋

加齢臭が一番初めに発生するとされるのが、耳の裏です。耳の裏と首筋は、加齢臭の原因成分である、ノネナールが最初に発生しやすく、加齢臭が最も強く感じる部位です。

耳の後ろというのは、身体の他の部位と比較しても汚れがつきにくいと思い込み、丁寧に洗っている人が少ない部位です。そのため、耳の後ろは皮脂が溜まりやすく、加齢臭の原因となってしまうのです。

耳の後ろをこすってみて、臭いと感じた方は加齢臭が始まったサインと捉えて良いです。耳の裏の次に発生するのが、近くの部位である首筋です。そしてそこから全身へと回ってきます。

背中・デコルテ

背中やデコルテにも皮脂腺は存在し、ノネナールが発生しやすい場所です。加齢臭は面積の広い部位や、汗をかきやすい部位に発生しやすくなります。

特に夏場などは、背中一面やデコルテ部分にも汗をかき、あせももできやすいです。 さらに背中にきびが出来やすい人は、汗をかくことがニキビの大きな原因で、背中やデコルテからの臭いも発生しやすいと言えます。

皮脂汚れや汗、臭いを抑えるため、お風呂に入った際には背中も念入りに洗い、清潔に保つことが大切です。 背中やデコルテのように、面積の広い部位に汗をかきやすい人は、加齢臭の範囲も広いと言えます。

頭部

加齢臭は頭からも発生しやすいと言われています。頭部には身体の中で一番多くの、皮脂線があります。さらに髪の毛により蒸れやすく汗をかきやすいため、加齢臭を強く発生させるのです。

頭部の場合は、汗やシャンプーなどの臭いと加齢臭が混ざり、尚更悪臭となってしまいます。

脇の下にも皮脂線が多くあり、ノネナールが発生しやすい部位です。脇の場合は、ワキガと間違えられやすいですが、ワキガはアポクリン汗腺と呼ばれる汗腺から発生します。ワキガと加齢臭の両方が発生してしまうこともあり、強い臭いをさせてしまいます。

陰部

陰部は常に蒸れやすい部位で、汗をかきやすいため、臭いが出やすい場所です。 陰部にも皮脂線があり、ここに雑菌が加わり加齢臭を発生させます。陰部は、雑菌が多く繁殖しやすい部位ですので、加齢臭を発生しやすい部位と言えるのです。

加齢臭の原因

f:id:harutanV:20170205235133j:plain

女性の加齢臭にはいくつかの原因があります。人によって、どの原因で体臭が出ているのか違います。一つ一つ加齢臭の原因を説明していくので、どんな原因が当てはまっているかをチェックしてみて下さい。

加齢

脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことにより生じる、「ノネナール」という物質が、加齢臭の原因成分です。

30〜40代を過ぎると、酸化に対する抑制力が低下し、パルミトオレイン酸とよばれる、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加します。それに伴い、「ノネナール」も増加するため、加齢臭を発生させてしまうのです。

更年期の時期は特に、男性はホルモン量の増加、女性はホルモン量の減少が加速します。これにより、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量を増やしてしまいます。

年齢による原因はもちろんですが、加齢臭には同年代でも個人差があります。 それは、加齢臭の他の原因が関係していると言えます。

食べ物

加齢臭には、食べ物も大きく影響しています。加齢臭の元「ノネナール」の原料となるのが、パルミトオレイン酸(脂肪酸)です。

そして、脂質を多く含む食品や動物性脂肪を摂ることで、パルミトオレイン酸を増加させ、加齢臭を強めてしまいます。

加齢臭の原因ともいえる、動物性食品は体内で酸化することにより、臭いを発生させます。例えば、牛肉、ベーコン、卵など、これらはパルミトオレイン酸を増やす原因であり、加齢臭を助長します。

現代の日本食文化では、欧米化進み、脂質を多く含む食品を摂ることが増えたのも要因と言えます。

ストレス・生活習慣

「ノネナール」のもう一つの原料である、過酸化脂質。過酸化脂質の増加には、活性酸素が大きく関わっています。

この活性酸素は、ストレスを受けた時が、増加してしまう一番の要因です。ですから、ストレスを溜めれば溜めるほど活性酸素が増え、過酸化脂質も増加してしまうのです。

つまり、加齢臭の強弱=活性酸素の量ということは、ストレスが大きく影響しているということです。 ストレスの他にも、喫煙や運動不足、不規則な生活習慣も「ノネナール」を増やす原因とされ、加齢臭につながります。

例えば、肉類やお酒が大好きで、運動もあまり行わない、このような生活を続けていると、血管の中にコレステロールが蓄積され、生活習慣病になりやすいとされています。そしてこのような不摂生な生活により、皮脂腺の脂肪分が増え、加齢臭の元となる「ノネナール」の量も多くなってしまいます。

他にも栄養価の摂りすぎも良くないとされています。 加齢臭と生活習慣病は、一見関係なさそうに見えますが、実は大きく影響していると言えるのです。

衣服についた臭い

衣服に付着してしまった加齢臭も原因の一つです。衣服についた加齢臭の臭いは皮脂が原因ですので、簡単には落ちません。

洗濯の際に他の洗濯物にも臭いが移ってしまうこともあります。一見、見た目は綺麗になったように見えますが、雑菌や皮脂はなかなか落ちず、そこで繁殖してしまいやすいです。そのため、加齢臭をさらに悪化させてしまいます。

他にも、体臭やワキガも同様です。衣服についたまま、1日洗わずにいるだけでも雑菌が増殖してしまい、衣服の臭い菌がなかなか落ちなくなってしまいます。

すぐに洗濯したからといって、菌が全て消えるわけではありません。洗濯槽にも菌は、繁殖しやすく、そういった雑菌も体臭の原因となるため、洗濯槽は月に1度殺菌することや、フタを開けて乾燥させることも大切となります。

運動

運動をしないのも、体にも悪く加齢臭にも影響してきますが、全く運動をしてこなかった人が急にハードな運動を行うのも、逆に加齢臭を発生させてしまう場合があります。

それは、ハードな運動を行うと体内に酸素を取り込み過ぎてしまい、活性酸素の量を増やす結果になる可能性があるのです。 そして、負担の大きい運動は、疲労物質である乳酸菌を体内に増やし、臭いを発するアンモニアを汗腺の中に分泌してしまいます。

病気

加齢臭があまりにもひどい場合は、何らかの病気である可能性があります。 肝機能障害や糖尿病は、加齢臭を引き起こす可能性がありとされています。 肝機能障害になると、アンモニア臭を発生したり、糖尿病になると甘い臭いが発生します 。

加齢臭対策として、食事内容の改善や運動を取り入れたのに、一向に改善の兆しがない場合は、病気を疑った方が良いと言えます。 年齢によるものだからと、放置せずに、少しでも気になる方は、病院に行くことをお勧めいたします。

女性の加齢臭対策

f:id:harutanV:20170206171805j:plain

女性の加齢臭も、基本的に対策の方法は男性と同じになります。食事や体の洗い方に気を付けることで、臭いの発生源をシャットアウトすることができます。加齢臭の対策を解説していくので、しっかりとケアして臭いを予防しましょう。

食べ物

加齢臭の原因の一つとして、生活習慣があげられます。臭いを発生させるのに、食生活は大きく影響しています。つまり、食生活を気をつけることで、加齢臭の対策となるのです。

・加齢臭を改善させる食べ物

加齢臭を生み出す原因と言われる、過酸化脂質は抗酸化作用のある食材を摂取することで、増加を防ぐことができます。 抗酸化作用の高い食材‥レンコン、トマト、人参、ナス、生姜、きゅうり、アボカド等。

・加齢臭を悪化させる食べ物

1、動物性脂肪の多い食べ物は、皮脂線やアポクリン汗腺を刺激し、皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。肉や欧米化の食事は、加齢臭を悪化させてしまうのです。例として、肉、乳製品、油物があります。

2、植物油の多い食事は、一見悪化させないように感じますが、植物油に含まれるリノール酸はコレステロールや中性脂肪を増加させ、体内で酸化し、過酸化脂質となります。それにより、臭いの強い物質を発生しやすくしてしまいます。例として、スナック菓子や揚げ物、マーガリン、マヨネーズなどがあげられます。

運動

加齢臭は運動不足も関係しています。 しかし、無闇に運動すれば大量の酸素を体内いれてしまうため、かえって加齢臭を悪化させてしまいます。

・加齢臭対策に向いている運動

加齢臭対策として、有酸素運動が最も適していると言われています。有酸素運動は、激しい運動や全く運動してこなかった人が運動した場合とは違い、一度にたくさんの酸素を取り込むわけではありません。

ですから、運動不足の方は有酸素運動をすることで、適度な汗をかき代謝を上げるため、加齢臭対策に良いとされています。また、有酸素運動は一定時間続けるため、血液中の遊離脂肪酸を減少させてくれるため、良いとされています。

遊離脂肪酸は汗臭さや加齢臭の原因となる、短鎖脂肪酸やアルデヒドの原料と言われています。 負担のない運動を一定時間続けることが、加齢臭の対策となります。

洗い方

加齢臭対策として、身体の洗い方も大切です。臭いや汚れを落とすためと、身体を強くこするのは、逆に加齢臭を強めてしまう場合があります。

1、まずは、かけ湯をしてから湯船に浸かります。大きな垢やホコリはここで落とします。湯船に浸かることで、身体を温め汚れを落ちやすくします。

2、石鹸を泡立てネットなどで、よく泡立て手のひらで全身に乗せていくように洗います。加齢臭が発生する部位には、柔らかいタオルでそっと擦ってあげます。このような洗い方でも、毛穴に石鹸が入り汚れはしっかりと落ちます。

3、泡の流し残しがないように、丁寧に洗い流しましょう。 身体を洗う時は、自分では洗えているつもりでも洗えていない場合や、臭いが気になるからとゴシゴシと強く擦ってしまいがちです。

しかし、石鹸などできめ細かい泡を作り、洗うことで毛穴にしっかりと石鹸が届き、汚れや臭いは落ちます。 毎日のお手入れを丁寧に行いましょう。

女性の加齢臭対策に効果的な石鹸

女性の加齢臭も、基本的にしっかりと体を洗うことで臭いのケアをすることはできます。その第一歩として体の洗い方は重要ですが、それ以外にも石鹸選びもしっかりと行うとより効果的です。

加齢臭などの臭い対策に使える石鹸は、臭い対策ができる成分が含まれている石鹸を選びましょう。臭い対策としておすすめの石鹸は、臭い対策におすすめの石鹸を参考にして下さい。女性の加齢臭の臭いケアだけでなく、黒ずみや美肌ケアもできる石鹸を紹介しています。

石鹸だけで臭いを完全にシャットアウトすることは難しいですが、臭いの原因となる菌を退治することができる石鹸を選ぶだけでも大分変ります。

臭いケアにおすすめのデオドラント

女性の加齢臭ケアをする場合、上記で紹介した対策をすることで気になる臭いを改善することができます。ですが臭いのもとはかなり根強く、30代以上だと臭いケアをしても完璧に防ぐことは難しいです。

加齢臭をきちんとシャットアウトするのであれば、制汗剤などのデオドラントを使うとより効果的に臭いケアができます。制汗剤は市販のスプレータイプでもある程度のケアは出来ますが、根強い加齢臭にはクリームタイプのデオドラントがおすすめです。制汗剤は使った部位を一時的に乾燥させて臭いを抑える効果が期待できます。ですが一時的な効果になるので、しっかりと浸透するクリームタイプのデオドラントがおすすめです。

クリームタイプのデオドラントなら、加齢臭の原因もしっかりと抑えることができます。毎日のケアで脇などの気になる部位に使ってください。クリームタイプのデオドラントのおすすめは、デオドラントおすすめランキングを参考にして下さい。

女性の加齢臭対策まとめ

加齢臭は、家族や職場などでとても気になりますよね。家族から「臭い!」なんて言われたらショックです。加齢臭の原因や臭う部位、対策を知り加齢臭を改善しましょう。基本的に加齢臭の臭いのケアは、日常生活でも対策できます。

・食べ物に注意をする
・運動をする
・体の洗い方に気を付ける

これだけでも加齢臭のケアはできるので、毎日の生活習慣に気を付けましょう。またさらに加齢臭対策をするのであれば、石鹸やデオドラントを使うとより臭いを抑えることができます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容, 臭い

Copyright© BEAUTE , 2017 AllRights Reserved.