黒ずみケアの教科書

エステシャンが教える黒ずみ解消方法

バスト ボディケア 黒ずみ 黒ずみクリーム

乳首の黒ずみを解消!憧れの綺麗なピンク色にする方法

更新日:

乳首の黒ずみが気になる・・・どうしてこんなに黒ずんでいるんだろう

乳首の黒ずみは女性にとってデリケートなことなので、悩んでいる人も多い問題になります。乳首は普段見られないからいいやという女性もいますが、それでも自分の乳首が黒ずんでいると落ち込んでしまいますよね。

乳首に黒ずみがあると、男性からも遊んでいる女性と思われてしまいます。男性も黒ずんだ乳首よりも、綺麗なピンク色の乳首の方を好みます。どんなに美人な女性でも、乳首に黒ずみがあると残念な印象を与えてしまいます。

綺麗なピンクの乳首は女性の憧れで、影で必死に乳首をピンクにする方法を実践している人も多いです。ではどうすれば乳首をピンクにすることができるのでしょうか?

乳首をピンクにする方法は、乳首の黒ずみの原因を知り予防することと、黒ずんだ乳首をピンクにする方法を実践することが必要になります。

乳首が黒ずむ原因

乳首が黒ずむ原因はメラニン色素ができることによる色素沈着になります。メラニンは美容でも良く出る話題なので、聞いたことがある人も多いと思います。

メラニン色素は太陽の光による紫外線による影響が有名で、日焼け止めで肌を紫外線から守る対策している女性は多いと思います。ですが乳首に関して言えば、太陽の紫外線を浴びることはほとんどないでしょう。夏に薄着をしたとしても、乳首を晒すことはないと思います。ではどうして乳首が黒ずんでしまうのでしょうか?

乳首が黒ずむ大きな原因はメラニン色素ですが、メラニン色素は紫外線以外でも日常生活の中で作られることがあります。日常生活でできるメラニン色素の原因には以下のことがあります。

・ホルモンバランスの崩れ
・下着や服の摩擦
・妊娠・出産・授乳によるもの
・加齢によるターンオーバーの低下

これらは女性の日常生活では良くあることでメラニン色素が生成される原因になります。

ホルモンバランスの崩れ

日常生活の中でメラニン色素ができる大きな原因の一つにホルモンバランスの崩れがあります。特に女性の場合、生理からのストレスでホルモンバランスが崩れやすくなります。これらは女性にとって避けて通れないことになります。

また偏った食生活や睡眠不足も、ホルモンバランスを崩してメラニンを作り出す原因になります。現代人は不摂生な生活をしていると言われているので、毎日の食事や睡眠に気を付けるだけでも乳首の黒ずみケアに繋がります。

服の摩擦

服を着ることで起こる摩擦も、メラニン色素を作り出す原因になります。肌は刺激を受けると角質が厚くなります。角質が厚くなるとターンオーバーが遅れて、メラニンが肌の深部へと残ってしまいます。

ブラジャーなどをつける時に乳首が擦れると、メラニンを生成して乳首の黒ずみができてしまいます。またキツイ下着などを着ていても、摩擦の原因になりメラニンを作り出すので気を付けましょう。

ブラジャーなどの下着や服を着る時は、擦らず丁寧に着ることで乳首の黒ずみに対するケアになります。

妊娠・出産・授乳

女性は妊娠の4週目の頃から乳首が敏感になっていきます。それによって乳首が黒ずんで茶色っぽい色に変化していきます。

この原因はエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンで、妊娠して20週の頃急激に分泌が増えていきます。この2つのホルモンはメラニン色素の色素細胞を刺激する特徴があります。分泌が増加することで肌のメラニン色素が増えて、色素沈着が起こりやすくなるのです。

また乳首の黒ずみは、肌を保護する働きをもつメラニン色素が赤ちゃんの授乳に備えるためとも考えられています。

妊娠や出産は女性の喜びでもありますが、こうしたイベントが乳首の黒ずみの原因になります。ですがしっかりとケアをすることで、乳首の黒ずみを薄くすることはできます。

加齢によるターンオーバーの低下

加齢によるターンオーバーの低下もメラニン色素の生成に関係してきます。ターンオーバーが低下すると、古い角質とともにメラニン色素も排出されず残ってしまいます。メラニンの排出が低下すると、乳首の色が黒ずんでしまうのです。

ターンオーバーの低下は前述のホルモンバランスや食生活が大きく関わっています。規則正しい生活をするだけでも、乳首の黒ずみ対策になるので毎日のケアをしっかりと行いましょう。

生まれつき

もともと日本人は黄色人種で、白人に比べるとメラニンが多いです。そのため生まれつきメラニン色素が多く、その理由で乳首が黒い人も多いです。

生まれつきだと諦める人もいますが、ケアをすれば乳首の黒ずみが薄くなったと感じた人もたくさんいます。諦める前に、しっかりとケアをすることで、今の乳首の黒ずみを薄くすることは十分できるのでケアを行ってください。

男性の乳首の黒ずみに対するイメージ

乳首の黒ずみを気にしているのは女性だけではありません。実は男性も彼女の乳首が黒ずんでいると少なからずショックを受けます。
実際に男性に彼女や女性の乳首に黒ずみがあったらどう思うかを聞いてきました。

普段見えないだけに

会社員/28歳

彼女の乳首に黒ずみがあったら、正直かなりショックですね。普段見えないから期待が大きいだけに、ちょっとテンションが下がるのは間違いないでしょう。
彼女には普段から乳首のお手入れはして欲しいですね。

初めての彼女の乳首が黒ずんでいてショックでした

大学生/19歳

大学生になり彼女ができましたが、残念なことに乳首に黒ずみがありました。初めての彼女だったので、乳首のケアはしっかりとして欲しかったです。
まあ生まれつきなのかもしれませんが、ケアで少しは黒ずみが薄くできるならやって欲しいですね。

色白でも乳首が黒ずんでいた

会社員/34歳

色白の彼女だったので、乳首は絶対にピンクだと思っていました。でも実際には乳首が黒ずんでいたので、かなりガッカリしたのを覚えています。
まあ色白だから乳首もピンクだとは限らないと、社会勉強になりましたけど。

男性は絶対ピンクの乳首が好き

会社員/30歳

女性の乳首は男子にとっては憧れなので、絶対にピンクでいてほしいですよ。女性の乳首が黒ずんでいて嬉しい男子はいません!たとえ綺麗なピンクにならなくても、しっかりとケアはして下さい。

女性のシンボル

会社員/41歳

年齢を重ねても、女性の乳首はピンクでいてほしいですよね。黒ずみがある乳首だとガッカリ感が半端ないですよ。

このように男性も女性の乳首の黒ずみにはマイナスイメージを持っています。
しっかりと乳首のケアをして、綺麗なピンク色を目指せば彼氏をガッカリさせることもありません。
では実際にどのようなケアが、乳首の黒ずみに効果的か説明していきます。

美容外科で乳首の黒ずみ治療

最も早く乳首の黒ずみを解消できる方法は美容外科になります。美容外科でも色々な治療法があり、ピーリングやレーザーなどクリニックによって違う方法を行います。乳首の黒ずみを相談するのは恥ずかしいですが、早い効果が期待できるので美容外科を利用している女性も増えています。

美容外科での最近の主流としては、ピコレーザーを使った治療が乳首の黒ずみ解消でも良い結果が出ています。

種類 ピコレーザー レーザートーニング
黒ずみ治療効果 高い 弱い
治療回数 1回 数回~数十回
治療期間 1回~ 数か月
ダウンタイム 1~2週間いつもより色調が黒くなる。 なし

今まで主流だったレーザートーニングに比べて、早く結果が出ているデータもあります。美容外科は効果をすぐに実感できますが、料金が高いのがネックになります。また1回治療しても、また乳首が黒ずむ可能性もあるので日常生活のケアも重要です。即効性があるのはレーザーでの治療ですが、その後のケアも怠らないようにしましょう。

日常生活の乳首黒ずみケア

乳首の黒ずみは、日常生活でケアすることで解消することができます。日常生活で行える乳首の黒ずみケアには以下のことがあります。

・食生活の管理
・乳首の洗い方
・ホエーパック
・黒ずみクリーム

食生活の管理

乳首の黒ずみの原因には、食生活によるホルモンバランスの乱れがあります。肉類やファストフードなどの、脂肪分の多い食べ物ばかりでは体にも良くありません。しっかりと野菜などのビタミンも取り、栄養バランスを考えた献立の食事を行いましょう。もしビタミンが不足しているならば、サプリメントなどで補うのもおすすめのケアになります。

ビタミンCやビタミンEは、黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑える効果が期待できます。野菜や果物などでも取れますが、不足している女性が多いです。1日にこまめにビタミンCなどを摂取することが、乳首の黒ずみを解消してピンク色にする効果的なケアの一つになります。

また睡眠時間も重要で、しっかりと眠らないとストレスなどで乳首の黒ずみの原因になります。睡眠は美容で最も重要なことになるので、乳首の黒ずみ対策にも睡眠はしっかりと行うようにしましょう。

乳首の洗い方

乳首をゴシゴシ洗うと、肌への刺激となり黒ずみの原因になります。乳首は泡で丁寧に洗うと、肌への刺激も少なく黒ずみを抑えることができます。

また石鹸の選び方も乳首の黒ずみには重要です。市販の石鹸は肌の刺激になる成分も多いので、優しい成分の石鹸を使うと黒ずみケアとして効果的です。

乳首の黒ずみ対策の石鹸としては、LCラブコスメ公式のジャムウ・ハーバルソープを使うのがおすすめです。ジャムウ・ハーバルソープは、黒ずみや臭いケア対策ができる石鹸になります。デリケートゾーンの黒ずみや臭い対策の口コミで話題になっていますが、乳首などの黒ずみにも効果が期待できます。

たかが石鹸と思うかもしれませんが、市販の石鹸を使うよりも低刺激の石鹸を毎日使うだけでも乳首の黒ずみケアができます。ピンクの乳首を目指すには、毎日の努力が大事になるのです。

ホエーパック

乳首の黒ずみケアとして、ホエーパックを使った方法も人気があります。ホエーは、ヨーグルトやチーズを作るときにできる余った水のことになります。ホエーには美白などの美容成分が豊富で、これを使って乳首の黒ずみケアができると話題になっています。

【材料】
・砂糖不使用のプレーンヨーグルト
・はちみつ

【作り方】
・プレーンヨーグルトにはちみつを少しだけ混ぜる
・混ぜ合わせたヨーグルトを乳首に塗って約3分間パックする
・パック後はシャワーで洗い流し終了

この手順だけなので、簡単な乳首の黒ずみケアとして実践している人が多いです。ホエーパックは手軽にできる方法なので、乳首の黒ずみに悩んでいる人におすすめのケアになります。ただし人によっては乳首に刺激を感じる人がいて、それが原因で黒ずんでしまう可能性もあります。

ホエーパックを実践する場合は、ピリピリしたり違和感を感じたらすぐに止めましょう。効果には個人差があるので、合わないのに続けると黒ずみが悪化する恐れもあります。

黒ずみクリーム

乳首の黒ずみはメラニンが原因なので美白ケアが有効です。乳首も美白ケアをすることで、黒ずみを解消して綺麗なピンク色にすることができるのです。

乳首の黒ずみ解消に効果的な美白ケアとしては、黒ずみ用のクリームを使うのがおすすめです。黒ずみ用のクリームにはトレチノインなどのメラニンの生成を抑える効果がある成分が含まれています。

黒ずみクリームは、セフルケアで簡単にできる乳首の黒ずみ解消方法になるので、毎日の美容ケアにプラスして下さい。

乳首の黒ずみクリームを選ぶ場合、どのクリームを選ぶかも重要になります。以下の条件をクリアしている黒ずみクリームを選ぶのがおすすめです。

・乳首の黒ずみに効く美白成分が豊富
・肌に刺激を与えない
・保湿効果がある
・口コミが良い

薬局で売っている美白化粧品でケアをすると、肌への刺激で黒ずみが悪化することもあります。乳首はデリケート部分なので、肌への刺激が少ない成分の黒ずみクリームを選びましょう。

黒ずみクリームは乳首の黒ずみを毎日ケアできるので、将来的な黒ずみの予防にも役立ちます。

乳首の黒ずみにおすすめのクリーム

乳首の黒ずみケアには、クリームを使った方法がおすすめになります。黒ずみクリームは年々進化していて、様々な企業が努力して良い商品を作っています。乳首の黒ずみに特化した黒ずみクリームや、色々な部位に使える黒ずみクリームなど選ぶのに迷います。その中でも評価が高く乳首の黒ずみを解消してピンク色にしてくれる効果が高い黒ずみクリームを紹介します。

No.1
ホスピピュア

ピンクの乳首を手に入れる!美容外科ブランドで信頼感がある黒ずみクリーム

おすすめ
料金 4,500円(最安値)
内容量 30g
公式HP SBC LABO

ホスピピュアは乳首の黒ずみケアで最も人気がある黒ずみクリームと言えるでしょう。美容外科で有名な湘南美容外科が共同開発していることもあり、雑誌などの口コミで一気に話題になりました。美容知識豊富な美容外科が関係しているだけに、その効果も高く敏感な乳首の黒ずみに最もお勧めできる黒ずみクリームです。

ホスピピュアはトラネキサム酸を中心とした、美白効果が高い成分を豊富に使っています。トラネキサム酸はハイドロキノンなどに比べると美白効果は弱いですが、安全性は高いので敏感な乳首の黒ずみケアにピッタリです。保湿などの天然成分も含まれているので、黒ずみをケアしながら潤いのある乳首になることができます。

美容外科ブランドの絶対的な安心感と、口コミでの効果が広がり今後もユーザーは増えていくでしょう。実際に使ってみるとわかりますが、ベタつきがなくサラッとしているので乳首への付け心地も良いです。内容量は少ないですが、乳首のみに使うのであればおすすめNo.1の黒ずみクリームです。

No.2
イビサクリーム

乳首にも使えるデリケートゾーンの黒ずみケアNo.1のクリーム

おすすめ
料金 4,470円(最安値)
内容量 35g
公式HP 薬用イビサクリーム

イビサクリームは、デリケートゾーンの黒ずみケアでNo.1の人気を誇っているクリームです。敏感なデリケートゾーンに使えるので、その他のどの部位にも使えるという特徴があります。実際に乳首の黒ずみに使っている口コミもあり、ピンク色の綺麗な乳首になれたという声もあります。

乳首の黒ずみへの効果に関しては、ホスピピュアにも劣らない効果が期待できます。ただしイビサクリームは本来デリケートゾーンの黒ずみ専用なので、その点が乳首専用のホスピピュアとの違いになります。また保湿に関しても、ホスピピュアの方が成分が多いです。ですが乳首の黒ずみにも効果があるので、おすすめできる黒ずみクリームと言えます。

もしデリケートゾーンと乳首を一緒にケアしたいのであれば、イビサクリームを使うのがおすすめです。イビサクリームはホスピピュアよりも内容量が少し多いですし、乳首とデリケートゾーンどちらにも安心して使うことができます。

No.3
ホワイトラグジュアリープレミアム

3種類のビタミンCが乳首の黒ずみをケアしてくれる人気のクリーム

おすすめ
料金 5,980円(最安値)
内容量 25g
公式HP 【ホワイトラグジュアリープレミアム】

ホワイトラグジュアリープレミアムは、乳首の黒ずみケアに特化している人気クリームです。3種類のビタミンCやアルブチンなど、美白成分も豊富に含まれているので黒ずみへの効果が期待できます。ホワイトラグジュアリープレミアムは他の黒ずみクリームと比べて、美白成分が強い印象を受けます。

ただしホワイトラグジュアリープレミアムは、値段の割に内容量が少ないのが気になります。成分的には良いのですが、継続して使うことを考えるとコスパが良くありません。乳首の黒ずみケアでいうと、ホスピピュアやイビサクリームのようにトラネキサム酸などを使っても効果が期待できます。そのためホワイトラグジュアリープレミアムを使うだけの理由を見つけるのが難しいです。

ただしホワイトラグジュアリープレミアムの成分は本当に良いものを抽出しているので、乳首の黒ずみへの効果は間違いなく期待できます。ビタミンCなどは、乳首をピンクにする効果も期待できますしね。乳首の黒ずみケアの口コミでも評価は良いので、使う価値はある黒ずみクリームと言えます。

【ホワイトラグジュアリープレミアム】

乳首の黒ずみが解消するまでの期間

乳首の黒ずみが解消するまでの期間は、個人差がありますが2ヵ月から徐々に効果を感じることが多いです。肌のターンオーバーと成分の浸透力を考えると、黒ずみクリームで乳首がピンクになるにはある程度の期間が必要だと考えておいてください。焦ってすぐにクリームを止めると、効果が出ないので気長に継続しましょう。

黒ずみクリームの効果については、若い人だと1ヶ月位で乳首がピンクになったという声もあります。20代位まではターンオーバーが活発なので、乳首の黒ずみ解消を早くできるようです。30代や40代になると効果がでるまでの期間が長くなる傾向があるので、じっくりと乳首の黒ずみをケアするつもりで行うと良いでしょう。

口コミで黒ずみクリームは効果がないという人もいますが、これはすぐに結果が出ないことに対する口コミが多いです。家庭で使える黒ずみクリームは、安全性を重視しているため即効性はありません。ハイドロキノンのように効果が高くても、肌に影響が出やすいクリームを使うよりも安心して使えます。じっくりと使っていくことで、乳首の黒ずみを徐々に解消していくことができます。

乳首の黒ずみケアまとめ

乳首の黒ずみは、日常生活のケアでも十分ピンク色にすることは可能です。石鹸やクリームで黒ずみ対策をするだけでも、徐々に黒ずみが薄くなったと感じた人も多いです。

即効性を求めるならば美容外科ですが、自宅のケアでも継続することで乳首の黒ずみを解消することができます。

乳首が綺麗なピンク色になれば自分に自信が持て、友人との温泉旅行や彼氏に見られても恥ずかしくありません。普段見せる部位ではありませんが、乳首が綺麗だとそれだけで気分が上がります。

他の部位の黒ずみケアについても記事にしているので参考にして下さい。

膝の黒ずみケアとおすすめの黒ずみクリーム

お尻の黒ずみケアとおすすめの黒ずみクリーム

脇の黒ずみケアとおすすめの黒ずみクリーム

デリケートゾーンの黒ずみケアとおすすめの黒ずみクリーム

黒ずみクリームの徹底比較ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-バスト, ボディケア, 黒ずみ, 黒ずみクリーム

Copyright© 黒ずみケアの教科書 , 2017 AllRights Reserved.