黒ずみの最先端治療法!レーザーを使った黒ずみのケア

スポンサードリンク

女性のボディケアで気になるのが、デリケートゾーンや脇などの黒ずみ処理ですよね。加齢や服などの擦れたことが原因で起こる黒ずみは、どうやってケアして良いのかわからず悩みの種になりますよね。

最近ではそんな女性の悩みを解決すべく、多くの黒ずみケア方法が話題になっています。その中の一つに、美容外科で行える黒ずみレーザー治療があります。美容皮膚科などで行える黒ずみのレーザー治療は、どんな治療法があるのか知らない方が多いと思います。そんなレーザー治療についてご紹介いたします。

黒ずみレーザー治療の種類

黒ずみのレーザー治療にはいくつか種類があります。年々レーザーは進化していますが、レーザーによって使える部位や症状が異なります。

女性ならば脱毛でレーザーを経験したことがある人もいるかもしれませんね。黒ずみレーザーも同じかと思うかもしれませんが、特定の部位に特化した黒ずみレーザーも出ているんですよ。

今話題となっている黒ずみレーザーの解説と、適応できる症状、具体的な治療方法の説明を交えて説明していきます。

ボディレーザートーニング(レブライト)

QスイッチYAGレーザーを用いた、最新の肝斑治療マシンのことになります。一大ブームとなった肝斑レーザー(メドライトC6)の後を継ぐ最上位の機種です。新たに搭載されたPTPモードで痛みを抑え、肌への負担を軽減した肝斑治療が可能となったマシンです。色素沈着の改善効果もあります。

・適応できる症状(脇の黒ずみ・下着による色素沈着・ヒップの色素沈着)
・治療できる部位(脇・Vライン・へそ下・太もも付け根・ひざ・デリケートライン・背中ハーフ・お尻)

レーザーと聞くと怖いイメージもあるでしょうが、安全に使えるレーザーとして、色々な部位の黒ずみをケアすることができます。

ボディレーザートーニングのメリット

レブライトの中空照射は、皮膚表面に軽い刺激を与えるだけなので、痛みがほとんどありません。また、ボディレーザートーニングにはダウンタイムがなく、かさぶたなどができないため、治療中でも見た目にはわかりません。ハンドピースを浮かせて大きく動かす照射方法なので、範囲が広いボディの色素沈着でも短時間で出来ます。

ボディレーザートーニングのデメリット

施術後は、肌が通常よりセンシティブになっているため、日焼け対策をしっかりと行ってください。さらに、施術後は肌が乾燥しているため、保湿も丁寧にしましょう。 1回の施術で消えることはなく、複数回通院する必要があります。

ピコニップルケア(ピコレーザー)

ピコレーザーはパルス幅がナノ秒よりも早い、ピコ秒であり、次世代の新型レーザーです。基本的に1回の治療で黒ずみを改善することが可能です。黒ずんでしまった乳輪、乳頭をピコレーザー照射によりピンク色にします。ピコレーザーによる乳輪乳頭の美白は、最も簡単で負担の少ない方法です。

・適応できる症状(日焼けによる黒ずみ・生まれつきによる黒ずみ・色素沈着)
・適応できる部位(乳輪・乳頭)

ピコニップルレーザーは、その名の通り乳首の黒ずみに特化しています。ニップルは英語で乳首になるので、その意味では部位特化の黒ずみレーザーになります。

ピコレーザーのメリット

麻酔を使用せずにでき、1回の治療で効果が実感できます。まだらになることも少なく、肌との境界線も自然な色調になります。

ピコレーザーのデメリット

ダウンタイムが1週間〜2週間ほどあり、かさぶたには軟膏を塗ってお手入れします。また、合併症として色素沈着が起こる可能性があります。もし起きた場合でも、徐々に薄くなります。

Vホワイトニング(インティマ)レーザー

Vホワイトニングレーザーは従来のお顔のシミを除去するレーザーとは全く異なり、デリケートゾーン専用のパルス幅で気になる黒ずみを除去します。

・適応できる症状(大陰唇のシワ、黒ずみ・小陰唇の黒ずみ・摩擦による角質肥厚・色素沈着)
・適応できる部位(デリケートゾーン)

デリケートゾーンの黒ずみに強いのが、Vホワイトニングレーザーの特徴ですね

Vホワイトニングレーザーのメリット

インティマレーザーは子宮口付近までレーザーを当てることが出来るため、膣の緩みや尿失禁にも効果が期待できます。麻酔も不要で、数回の施術で済みます。1回の施術で十分な効果を得られる場合が多いです。

Vホワイトニングレーザーのデメリット

効果が高いため、治療費用が高額です。また施術後はしばらく痛みが続く場合があります。入浴は2週間後から出来るので、それまではシャワーのみとなります。激しい運動や性行為を控えるなどの制約がいくつかあります。

黒ずみレーザーの治療期間の目安

f:id:teke1102:20170208142414p:plain

黒ずみケアの治療期間としては、1〜2週間に1回を5回~10回繰り返すと効果を感じている人が多くなります。興味がある場合は、一度美容外科でカウンセリングをすると詳しく説明してくれますよ。

その他の黒ずみケアの方法

黒ずみレーザーは効果が高いのが大きなメリットですが、その分どうしても料金が高くなってしまいます。お金に余裕がある人なら黒ずみレーザーをおすすめしますが、そこまでお金に余裕がない場合はホームケアをするのが良いでしょう。

自宅での黒ずみケアも、良い商品がどんどん出てきているので昔に比べて格段に進歩していると言えます。特にクリームタイプの黒ずみケアが人気で、モデルなどの口コミで話題になっています。

黒ずみクリームの選び方については、黒ずみクリームの人気徹底比較 おすすめランキングを参考にして下さい。話題の黒ずみクリームを口コミや成分でランキングしているので、どの黒ずみクリームを選べばよいかの参考になります。

 

デリケートゾーンを中心とした黒ずみケアができるクリームとしておすすめなのは、イビサクリームになります。黒ずみケアをしている人なら、一度は聞いたことがある黒ずみクリームになります。家庭で黒ずみケアをする場合、黒ずみクリームを上手に使うこともお勧めです。

スポンサードリンク