膝と肘の黒ずみをケアしてツルツル肌を手に入れる方法

スポンサードリンク

膝や肘は黒ずみができやすい部位で、しっかりとケアしないと女性らしさを出すことができません。

膝や肘が黒ずんでいると、スカートやシャツなど肌を露出するファッションが決まりません。女性だけではなく男性も女性の膝や肘に注目しているので、膝や肘の黒ずみケアを怠ると恥ずかしい思いをしてしまいます。デートや外出で失敗しないためにも、膝や肘の黒ずみケアはきちんと行いましょう。

膝や肘は体の部位の中で酷使されやすいパーツで、毎日の行動に黒ずみの原因がたくさんあります。そのため日常生活の中で膝や肘のケアをすることが、黒ずみを解消するためには大事になります。ケアと聞くと難しいと思うかもしれませんが、そこまで構える必要はありません。膝や肘のお手入れと言っても難しいことは必要なく、毎日継続できる方法で黒ずみ対策することができます。

女性のファッションは膝や肘を見せることが多いので、黒ずみケアも油断せずに行いましょう。膝や肘の黒ずみを解消するための、日常生活でできるケアを紹介するので参考にして下さい。

膝や肘の黒ずみの原因

膝や肘の黒ずみがどうして起こるのか?その原因を知ることが、黒ずみ解消の第一歩となります。膝や肘の黒ずみの原因はメラニンによる色素沈着になります。
膝や肘にメラニン色素ができる原因は主に以下の3つがあります。

・紫外線
・摩擦
・乾燥

膝や肘の黒ずみの原因となるメラニン色素は、日常生活のちょっとした行動が原因になっていることがほとんどです。では実際にどんな行動が、こうしたメラニン色素を発生させるのか説明していきます。

紫外線による黒ずみ

膝や肘の黒ずみの原因の一つは紫外線によるメラニンの生成です。メラニンが生成されると、皮膚が茶色くなってきます。夏に肌が黒くなるのと同じで、毎日の紫外線で膝や肘の色が徐々に黒ずんでくるのです。特に女性の場合は、スカートを履くファッションも多く紫外線の影響を受けやすくなります。

紫外線による黒ずみ対策は、紫外線予防クリームで対策をすることで膝や肘の黒ずみケアをすることができます。パンツを履くのもケアになりますが、後述の摩擦問題があるので単純におすすめすることはできません。

摩擦による黒ずみ

膝や肘の黒ずみのもう一つの原因に摩擦があります。知らない人も多いですが、膝や肘の摩擦は日常生活のいたるところで起きています。膝をついて座ったり、膝を折りたたむ動作をするときに衣服に擦れて摩擦が起こります。肘も机に肘をついたり、常に腕を動かすので摩擦が起きやすい部位になります。

服装の擦れによって膝や肘の黒ずみができることが多いので、摩擦の起こりにくい服装にするのが黒ずみケアとして効果的です。

また体を洗うときも、ゴシゴシ洗うと膝や肘の摩擦が起こり黒ずみの原因になります。それ以外にも石鹸の成分が合わないことも、肌への刺激になり黒ずみの原因になることもあります。
肌に優しい成分の石鹸を使って、丁寧に体を洗うことも膝や肘の黒ずみ対策のケアになります。

乾燥による黒ずみ

膝や肘は皮脂腺や汗腺が少ないので、乾燥しやすい特徴があります。膝や肘は皮脂の分泌が少ないので、肌を保護する力が他の部位に比べて弱くなります。肌の保護が弱いので、肌にダメージを受けやすくなるのです。肌にダメージができることで、メラニンが生成され黒ずみの原因になります。
乾燥は保湿でケアをすれば解消できるので、膝や肘の保湿もしっかりと行うことが黒ずみ解消に繋がります。

膝や肘の黒ずみに対する男性の声

膝や肘の黒ずみを気にしない男性も多いですが、意外と見ている男性も多いので気を付けましょう。膝や肘の黒ずみについて、男性の意見を聞いたので参考にして下さい。

スカート姿で膝に黒ずみがあると

会社員/25歳

スカートの女性の膝が黒ずんでいたら、ちょっと引いてしまいます。せっかくのスカートが台無しなので、膝の黒ずみもしっかりとケアしてほしいです。

膝が出ているファッションだと気になる

会社員/32歳

女性の膝はそこまで見ませんが、スカートの時に黒ずみがあると気になるかもしれませんね。でもよほど汚くなければ、ほとんどの男性は気にしないのでは?

肘がカサカサしていると

大学生/19歳

肘がカサカサして黒ずみがあると、なんかおばあちゃんの印象を持ってしまいます。肌に潤いがないと、年齢より老けて見えるので損してしまいますよね。

肘フェチです

会社員/29歳

肘が好きなので、女性の肘をよくチェックしています。彼女には気持ち悪いと言われますが、肘を曲げた時など気になるんですよね。

女子力アップ

会社員/23歳

綺麗な膝なら、当然それだけで魅力的に見えますよね。黒ずみもケアしていれば、女子力が高いなと尊敬してしまいます。

膝や肘の黒ずみを気にするかは、個人差があるので何とも言えませんね。ですが綺麗な脚や腕になるには、しっかりと膝や肘の黒ずみ対策をしたほうが男性の印象も良くなります。

膝や肘の黒ずみケア方法

膝や肘の黒ずみの原因は日常生活の中にあることが多いです。年齢を重ねるほど膝や肘に刺激を受ける時間が多くなるので、黒ずみが目立つようになります。生活をしていると、どうしても膝や肘の黒ずみは起こります。ですが日頃から膝や肘の黒ずみをケアすることで、黒ずみを解消することができます。

主に以下のことに気を付けて生活をすることが、膝や肘の黒ずみケアで重要になります。

・膝や肘の動かし方
・服装
・洗い方
・美白ケア
・保湿

膝や肘の動かし方

膝や肘は日常生活でも良く動かす部位になります。良く動かすので、知らないうちに摩擦を受けていることも多いのです。
肘をついたり、足を組んだりすのを避ければ、膝や肘の摩擦を軽減できるので黒ずみ解消に繋がります。
また正座なども膝をつくことが多いので、なるべく膝をつかないように気を付けて生活すると黒ずみケアになります。

服装

ぴったりしたボトムやキツめのボトムを履くのを避ければ、膝の黒ずみを解消することになります。
ファッションでどうしても履きたい場合は、膝の美白や保湿を入念に行うようにしましょう。
また膝がでるミニスカの時は、紫外線対策を忘れないようにして下さい。
肘もなるべく長袖を着る時は、肌に優しい服装を選ぶのがポイントです。

洗い方

体を洗うときに、ゴシゴシと擦ることは避けて洗いましょう。膝や肘の黒ずみがあると汚れだと思って強く洗う人もいますが、これは逆効果になるので注意してください。
また使っている石鹸も、肌に刺激が少ないかを確認してください。市販の石鹸などは、肌への刺激が強い成分が含まれているのもあります。こうした石鹸で洗うと、肌に刺激を受けるので黒ずみの原因になります。

美白ケア

黒ずみの原因はメラニンになるので、メラニンの生成を抑えることが膝や肘の黒ずみを解消することに繋がります。そのためには美白ケアをすることが重要になります。市販の化粧品でも美白ケアができるものが多いですが、美白の成分はメラニンの生成を抑える効果がある成分が多く含まれています。

美白ケアは顔などの肌に使っているものでも良いですが、黒ずみ専用の化粧品を使ったほうが効果が高くなります。美白ケアは短期間で効果は出ないので、毎日継続することが大事になります。個人差はありますが、最低1ヶ月くらい美白ケアを続けると膝や肘の黒ずみが薄くなっていくのを感じる人が多いです。

保湿対策

膝や肘の黒ずみ対策として保湿も重要なケア方法になります。前述したとおり、膝や肘は服や体を洗うことで摩擦が起こります。摩擦によって肌の角質が固くなると膝や肘の黒ずみが進んでいきます。

肌の角質を柔らかくするためにも、保湿を行うことが大事になるのです。膝や肘の黒ずみ解消のためには、美白効果のあるクリームを使って保湿するのが効果的です。

保湿も毎日継続することを忘れないでください。毎日のケアが膝や肘の黒ずみ解消に繋がるからです。

自宅で膝や肘の黒ずみケア

膝や肘の黒ずみをケアは、日常生活の中で行うことで解消できることが多いです。今は市販でも膝や肘の黒ずみに効果がある化粧品が多いので、そいうったものを使うことで膝や肘の黒ずみを薄くすることができます。

自宅ケアの方法は、美白成分の含まれているローションとクリームを使う方法がおすすめになります。

ローションに関しては、市販の安いローションでも十分ケアすることができます。ローションの目的は水分を補うことなので、毎日たっぷりと使えるものを選んでください。

重要なのはクリームで、ローションの水分を逃さない保湿力が求められます。膝や肘は皮脂が少ない部位なので、ローションで水分を補ってクリームで蓋をすると成分がしっかりと浸透します。膝や肘の黒ずみケアでは、クリームはきちんとしたものを選ぶのが大事になります。

・美白成分が含まれている
・安全に使える
・保湿成分が入っている

黒ずみケアのクリームを選ぶ場合、上記の3点を押さえているクリームを選びましょう。ローションを塗った後に、しっかりと美白と保湿をすることで膝や肘の黒ずみを解消することができるようになります。

膝や肘の黒ずみにおすすめのクリーム

膝や肘の黒ずみ対策で使うクリームは、基本的に美白成分と保湿成分が含まれているクリームを選びましょう。膝や肘の黒ずみケアができるクリームはいくつかありますが、それぞれの特徴を比較したまとめがこちらになります。

No.1
ラスター/LusTer

膝下や肘の黒ずみケアで人気の黒ずみクリーム

おすすめ
料金 3,333円(最安値)
内容量 60g
公式HP ラスター

ラスターは膝下の黒ずみが解消できると人気になっているクリームです。膝以外にも肘などにも使えるので、膝と肘のケアにピッタリの黒ずみクリームです。ラスターは美白有効成分のトラネキサム酸を配合しているので、黒ずみ解消の効果が期待できるクリームになります。

ラスターはメラニンの抑制に力を入れているので、毎日のケアで膝や肘の黒ずみを薄くできる効果が期待できます。内容量も60gと膝と肘に十分な量になっています。定期購入すると、むくみのケアも付いてきます。脚のむくみは女性の悩みなので、むくみ対策もできるのはラスターの強みと言えるでしょう。

ラスター

No.2
ロコシャイン

膝と肘の黒ずみに特化!抑毛効果も期待できる黒ずみクリーム

おすすめ
料金 3,480円(最安値)
内容量 50g
公式HP ロコシャイン

ロコシャインは、肘と膝の黒ずみに特化した黒ずみクリームとして人気があります。プラセンタなどの美白成分が入っていて、黒ずみをしっかりと解消することが期待できます。昔からある黒ずみクリームで評価は良いのですが、最近はラスターの方が人気が上がっている印象です。

ロコシャインは抑毛効果も期待できるので、膝や肘のムダ毛が気になる女性にもおすすめです。ただしムダ毛の抑毛効果はそこまで期待できないので、ムダ毛処理をするなら他の方法を検討したほうが良いでしょう。

ロコシャイン

No.3
イビサクリーム

デリケートゾーンの黒ずみクリームで人気No.1

おすすめ
料金 4,470円(最安値)
内容量 35g
公式HP 薬用イビサクリーム

イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみで人気が高く、どの部位にも使えるのが特徴です。実際に肘や膝に使っているレビューも多く、その美白効果はかなり高いと言えるでしょう。トラネキサム酸などの成分が、黒ずみを解消して美白にしてくれるので信頼度は高いです。

イビサクリームが第3位なのは、内容量が上位の2つに比べて少ないからです。成分的には申し分ないのですが、肘と膝の両方に使うには少し足りない気がします。コストパフォーマンスを考えると、イビサクリームはそこまで高くないのが正直なところです。ですが予算がある場合は、イビサクリームを使うのがおすすめになります。

薬用イビサクリーム

膝や肘の黒ずみケアまとめ

膝や肘の黒ずみケアは、日常生活の中に原因がたくさんあります。そのため毎日の膝や肘の黒ずみケアが重要で、しっかりとケアをすれば膝や肘の黒ずみを解消することができます。

個人差はありますが、膝や肘の黒ずみは黒ずみ専用のクリームを使うケアが効果的です。即効性はありませんが、毎日継続することで徐々に黒ずみが薄くなっていくことが期待できます。

 

スポンサードリンク