BEAUTE

愛され女性を目指す美容ブログ

デリケートゾーン 美容 黒ずみ

エステシャンが解説!デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法

更新日:

女性の大切なデリケートゾーンであるVIOラインの黒ずみについて、美容知識豊富なエステティシャンの立場から解説していきます。

エステティシャンとして、月間約100名以上のお客様方のあそこの部分、VIOなどのデリケートゾーンゾーンを当然ながら実際に拝見させて頂き、脱毛のみならずデリケートゾーンゾーン(VIO)に関するあらゆるお悩みを聞く立場にありました。

VIOというデリケートな部位は女性にとって最も大切にしているお体の箇所であり、ただムダ毛が抜ければそれで良い、という単純なものではありません。デリケートゾーンゾーン(VIO)のムダ毛を綺麗に脱毛している女性でも、処理を間違えて黒ずみができて相談する人もたくさんいます。

せっかくデリケートゾーンゾーン(VIO)のムダ毛を綺麗に脱毛施術で整えたとしても、肝心の部分に黒ずみがあると、夏の水着姿や、温泉、そして、愛しの彼や旦那様に見られちゃったりなど、想像するだけで落ち込みますよね。

このように、絶対に黒ずんでなんて欲しくない女性の大切なデリケートゾーンですが、果てしてなぜこのような現象になってしまうのでしょうか。意外にその原因をご存知なく、しっかりとした対策ができていないケースがほとんどです。

デリケートゾーンの黒ずみケアに悩む女性の割合

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる女性は多いのですが、実際にどれくらいの割合の女性が黒ずみケアに悩んでいるのでしょうか。女性向けサイトでデリケートゾーンの悩みアンケートをとったところ、黒ずみの悩みを抱えている人は非常にたくさんいることがわかります。

f:id:harutanV:20161206161551p:plain

引用元:薬事法ドットコム

このアンケート結果は30~69歳までの女性300人の意見をとったもので、なんと25パーセント以上の女性が黒ずみケアに悩んでいることがわかりました。デリケートゾーンのかゆみや臭いはよく聞く悩みですが、黒ずみに悩んでいる人もそれらに次いで多いことがわかります。

黒ずみが気にならなかった方でも、アンケートを答えた後に黒ずみも気になると思った人も多いようです。潜在的な数字としては、おそらく30パーセント以上の女性がデリケートゾーンの黒ずみ悩んでいると考えてよいかもしれません。

最近では20代でも、デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいると相談を受けることもあります。脱毛などが一般的となり、今まで隠れていたデリケートゾーンがはっきりと見えることで黒ずみが気になる若者も多くなっています。

デリケートゾーンは恥ずかしい部位なので、なかなか人には相談しにくいですよね。そんなデリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる人へ、どうして黒ずみができるのかをお教えします。

デリケートゾーンゾーン(VIO)の黒ずみの原因と予防

女性の方であれば、メラニンって聞いたことがあると思います。紫外線を浴びるとシミになるあのメラニンのことです。黒ずみの原因はそのメラニンであり、メラニンの排出と生成を抑えることが黒ずみ解消の最短ルートになります。

デリケートゾーンって紫外線を浴びることはありませんよね?でも実は日常生活の中に、紫外線以外にもメラニンがで切る原因があるのです。メラニンができる原因はいくつかあるので、一つ一つ詳しく解説しているメラニンができる原因を参考にして下さい。

服の摩擦やホルモンバランスの乱れなど、メラニンは紫外線以外にもできる原因はたくさんあります。そうした日常生活でできるメラニンの対策をすれば、デリケートゾーンの黒ずみを防ぐことができますよ!

デリケートゾーンゾーン(VIO)黒ずみ解消

黒ずみを解消するには、今ある黒ずみのケアと、黒ずみ予備軍を予防する2つの対策が必要になります。黒ずみのケア方法と予防については、黒ずみを解消する方法も参考にして下さい。この黒ずみ解消法は、デリケートゾーン以外の部位にも役立つ内容になっています。

さて肝心のデリケートゾーンの黒ずみ解消ですが、即効性を求めるのならば美容外科のレーザーが最も早く黒ずみを解消することができます黒ずみ治療の最先端でも説明していますが、レーザーなら短期間でデリケートゾーンの黒ずみを解消することができます。

ただし美容外科のレーザーは、機器によって適応部位が異なります。事前に確認して、デリケートゾーンの黒ずみ解消に効果があるかを聞いておきましょう。デリケートゾーンの黒ずみ解消には、Vホワイトニングレーザーがおすすめです。

エステでも黒ずみ治療は、クリームと光治療を用いることが多いです。美容外科のレーザーに比べると出力が弱く、期間は少し長くかかるデメリットがあります。光脱毛を行えば、綺麗にデリケートゾーンの黒ずみを解消できるのでお勧めです。

美容外科やエステは、基本的に黒ずみが解消したら終わりになります。ですが黒ずみの原因は日常生活にあるので、ケアした後もしっかりと予防することが重要になります。そこで大事になるのは、家庭で行うデリケートゾーンの黒ずみケアになります。

家庭でデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法としては、黒ずみクリームを使うのがおすすめになります。デリケートゾーンのケアが欧米のように一般的になっているので、黒ずみクリームの種類も増えて良いものが多くなっています。

デリケートゾーンの黒ずみケアをする場合、クリーム選びが大事になります。美白成分や保湿成分があり、黒ずみ解消効果が期待できる黒ずみクリームを選びましょう。時間は1ヶ月以上かかりますが、じっくりと継続すれば黒ずみの予防と解消ができるのがメリットです。

デリケートゾーンにおすすめの黒ずみクリーム

エステで脱毛をしているとお客様にも黒ずみの相談をされることがあります。私自身も興味があったので、スタッフと一緒に人気の黒ずみクリームを試してみました。黒ずみクリームにはいくつか種類がありますが、デリケートゾーン、乳首や脇など黒ずみクリームによって強みが違うんですよね。

今回のターゲットは敏感なデリケートゾーンなので、検討している人はどれが良いか気になると思います。数ある黒ずみクリームの中で、スタッフからの口コミが一番良く、デリケートゾーンに良いと感じた黒ずみクリームは「ハーバルラビット」でした

ハーバルラビットは小悪魔agehaのモデル『吉川ちえ・吉川ちか姉妹』などモデルさん達の口コミから人気が上がっている黒ずみクリームで、美容に詳しい人の間で評価が上がっています。当然エステシャンの私も使ったことがある黒ずみクリームです。

ネットなどで見ても、やたら口コミが良いので本当に効果あるの?と思ってしまうほどです。気になる黒ずみへの効果ですが、ハーバルラビットの成分を見ると、美白成分のプラセンタが配合されています

プラセンタは、ハイドロキノンやトレチノインなどの美白成分に比べると効果はそこまで高くありません。ですが肌荒れなどのリスクも少なく、家庭でも安心して使える美白成分になります。

デリケートゾーンに刺激が強いクリームを塗って、逆に黒ずみが悪化した例もあるので注意が必要です。その点ハーバルラビットは、肌への刺激が少なく安心して使えるプラセンタが主成分なので安心です。

またハーバルラビットには保湿成分もたっぷりと配合されています。使った後の潤い感も適度にあり、デリケートゾーンを大切にケアできるのは嬉しいですよね。細部までしっかりと考えて開発されていると感じた黒ずみクリームです。

ハーバルラビットを使ったスタッフの効果や感想は、ハーバルラビットの口コミを参考にして下さい。

デリケートゾーン専用の黒ずみクリームではなく、市販でも美白クリームを購入することができます。実際に市販の美白クリームでデリケートゾーンのお手入れをしている人も知っています。

市販クリームの注意としては、デリケートゾーンにはちょっと強いかなという成分のクリームが多いことです。角質の厚い部位なら問題ありませんが、デリケートゾーンに使うにはちょっと怖いかなと思うのが正直な感想です。肌の強さは個人差がありますが、デリケートゾーンは敏感な部位なので、肌に優しい黒ずみクリームを使ったお手入れがおすすめです。

今回紹介したハーバルラビットは、デリケートゾーン専用として多くのユーザーにテストされている実績ある黒ずみクリームなので安心して使うことができます。もちろん人によって効果の違いはありますが、デリケートゾーンの黒ずみ解消で重視すべきことは、安心して使えるかになります。その点で市販に比べると、デリケートゾーン専用の黒ずみクリームの方が安心感がありますよね。

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンの黒ずみ解消には、洗い方に気を付けることも大事なことになります。デリケートゾーンを他の部位と同じように洗ってはいませんか?デリケートゾーンの洗い方が不十分だと、ブドウ球菌やカンジタ菌などの菌が繁殖してしまいます。

そのままにしておくと臭いや黒ずみの原因になってしまいます。ゴシゴシ強く洗いすぎない程度の知識はあっても、デリケートゾーンをどう洗うのが正しいか知らない女性も多いです。

泡と指で丁寧洗うこと

洗顔と同様に、デリケートゾーンの洗い方の基本も泡で優しく洗うことになります。ただしデリケートゾーンは複雑な構造になっているので、顔に比べて汚れが残りやすくなります。

そこで洗い方としては、指の腹を使って肌にダメージを与えないように泡と組み合わせて洗いましょう

洗うときに鏡を使ってチェックして、汚れがないか見ると効果的です。汚れが残っていると、臭いの原因になるので丁寧にしっかりと洗ってください。最後にシャワーを使って流すときも、洗い残しが無いように注意しましょう。

肌への刺激が少ない石鹸を選ぶこと

デリケートゾーンの洗い方で効果的な方法として、肌への刺激が少ない成分の石鹸を使うのもおすすめです。デリケートゾーンに他の部位と同じ市販の石鹸を使うと、肌への刺激が強すぎることもあります。

石鹸の選び方は、デリケートゾーンにおすすめの石鹸を参考にして下さい。紹介している石鹸は、天然成分を使ったものが多く肌に優しいという特徴があります。またデリケートゾーンの気になる臭いケアができる成分や、肌に潤いを与えてくれる成分が配合されているものもあります。

ケアが難しいデリケートゾーンですが、肌に優しい天然成分の石鹸を使えば安心してデリケートゾーンの黒ずみをケアすることができます。

デリケートゾーンゾーン(VIO)の黒ずみケアまとめ

デリケートゾーンゾーン(VIO)の黒ずみだけに限りませんが、体の締め付けや無理な自己処理は体に負担をかけてしまいます。先程も申し上げましたが、加齢も立派な理由ですので、黒ずみを改善するのでしたら年齢は若い方がケアの効果が出やすくなります。

年齢を経ていけばなおのこと肌の回復力そのものが落ちます。そしてせっかくクリニックやエステの施術をお受けになられても、同じ生活習慣を繰り返していてはまた原因を作りますので、意味がありません。ぜひともこれを機会に普段から黒ずみを作らない生活習慣に切り替えてください

今回はデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法を解説しました。普段見えない部分ですが、しっかりとケアすることで黒ずみを薄くすることは可能です。特に黒ずみクリームは家庭でできる手軽な方法で、できている黒ずみと将来的な黒ずみの予防に役立ちます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-デリケートゾーン, 美容, 黒ずみ

Copyright© BEAUTE , 2017 AllRights Reserved.