エステシャンが解説!デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法

スポンサードリンク

女性の大切なデリケートゾーンであるVIOラインの黒ずみについて、美容知識豊富なエステティシャンの立場からどうやってケアをすると予防と解消できるかを解説していきます。

エステティシャンとして、月間約100名以上のお客様方のVIOなどのデリケートゾーンゾーンを当然ながら実際に拝見させて頂き、脱毛のみならずデリケートゾーンゾーンに関するあらゆるお悩みを聞く立場にありました。

  • デリケートゾーンの黒ずみの原因ってなに?
  • デリケートゾーンの黒ずみってどうやって解消できるの?
  • 美容外科やエステにいかなきゃ綺麗にならない?
  • 黒ずみに効果があるスキンケアを教えて?

このようなデリケートゾーンの黒ずみの悩みはありませんか?デリケートゾーンって人に話さないので、ケアの方法を知らない女性も多いです。デリケートゾーンゾーンのムダ毛を綺麗に脱毛している女性でも、処理を間違えて黒ずみができるケースもあります。

今回は女性にとって大事なデリケートゾーンの黒ずみの原因と、どうすれば解消することができるかを解説します。日頃のお手入れをしっかりとしていれば、デリケートゾーンの黒ずみを解消することは可能です

せっかくデリケートゾーンゾーンのムダ毛を綺麗に脱毛施術で整えたなら、黒ずみも綺麗にして自信のもてるVIOラインを手に入れましょう。

デリケートゾーンの黒ずみケアに悩む女性の割合

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる女性は多いのですが、実際にどれくらいの割合の女性が黒ずみケアに悩んでいるのでしょうか。女性向けサイトでデリケートゾーンの悩みアンケートをとったところ、黒ずみの悩みを抱えている人は非常にたくさんいることがわかります。

f:id:harutanV:20161206161551p:plain

引用元:薬事法ドットコム

このアンケート結果は30~69歳までの女性300人の意見をとったもので、なんと25パーセント以上の女性が黒ずみケアに悩んでいることがわかりました。デリケートゾーンのかゆみや臭いはよく聞く悩みですが、黒ずみに悩んでいる人もそれらに次いで多いことがわかります。

デリケートゾーンの黒ずみが気にならなかった女性でも、アンケートを答えた後に黒ずみも気になると思った人も多いようです。潜在的な数字としては、おそらく30パーセント以上の女性がデリケートゾーンの黒ずみに悩んでいると考えてよいかもしれません。

デリケートゾーンゾーン黒ずみの原因

女性の方であれば、メラニンって聞いたことがあると思います。紫外線を浴びるとシミになるあのメラニンのことです。黒ずみの原因はそのメラニンであり、メラニンの排出と生成を抑えることが黒ずみ解消には不可欠になります。

でもデリケートゾーンって紫外線を浴びることはありませんよね?ですがメラニンは紫外線以外にも、肌への摩擦などが原因で発生することがあります。デリケートゾーンにメラニンができる原因として、主に以下のことがあります。

  • ムダ毛の自己処理
  • 下着の摩擦
  • ホルモンバランスの乱れ
  • デリケートゾーンの乾燥
  • 体の洗い方

日常生活では、これだけメラニンができる原因があるのです。

ムダ毛の自己処理

デリケートゾーンの脱毛は、エステサロンでもかなり人気メニューです。ですがデリケートゾーンの脱毛前の下処理に、カミソリや毛抜きで行っている方が多いです。カミソリや毛抜きでのムダ毛処理は、丁寧に行っても肌への刺激になってしまいます。

カミソリや毛抜きなどでのムダ毛処理が肌への刺激となり、デリケートゾーンの黒ずみの原因になってしまうのです。

下着の摩擦

日常的なデリケートゾーンの摩擦の原因となるのは、「下着」です。下着は、常に肌に触れる場所ですが、サイズが合っていない下着を無理に付けている女性が多いです。下着によってかぶれやかゆみを感じやすい場合、デリケートゾーンの刺激になっている可能性があります。

ガードルや補正下着などの締め付けが強い下着や、サイズ感が合っていない下着は、デリケートゾーンゾーンの黒ずみの原因になります。

ホルモンバランスの乱れ

女性にとって大切なのが「女性ホルモン」です。このホルモンバランスが乱れますと、女性の体のあらゆる部分に支障をきたしてきます。黒ずみもまたこのホルモンバランスが乱れてしまうと出来やすくなります。睡眠不足、ストレス、食生活の乱れ、運動不足などでホルモンバランスが乱れるのも黒ずみの原因になります。

また女性の場合、出産もホルモンバランスが乱れる原因になります。

体の洗い方

体を洗うとき、ゴシゴシと強く洗ってはいませんか?綺麗になると思ってゴシゴシ洗う人もいますが、これが黒ずみの原因になるんです。体を強く洗うと摩擦が生じて、角質が厚くなってしまいます。ゴシゴシと体を洗って角質が厚くなるとメラニンが残ってしまうのです。

デリケートゾーンの乾燥

デリケートゾーンもお手入れをしないと乾燥します。乾燥すると肌のバリアが弱くなり、肌にダメージを受けやすくなるのです。肌にダメージができることで、メラニンが生成され黒ずみの原因になります。乾燥対策を顔に行っている人は多いですが、デリケートゾーンや脇などの部位も乾燥対策を行うことが黒ずみ予防になります。

デリケートゾーンゾーン黒ずみ解消法

デリケートゾーンの黒ずみを解消するには、今ある黒ずみのケアと、黒ずみ予備軍を予防する2つの対策が必要になります。ではどういった対策をすれば良いのでしょうか。日常生活でできる、デリケートゾーンの黒ずみ解消法をお教えします。

  • ムダ毛処理は電気シェーバーで行う
  • 下着はコットンやシルクがおすすめ
  • ビタミンを摂取する
  • デリケートゾーンの正しい洗い方
  • 保湿を意識したスキンケアを行う

日常生活でも上記のことに気を付ければ、デリケートゾーンの予防と解消に繋がります。

ムダ毛処理は電気シェーバーで行う

脱毛前などのムダ毛処理は電気シェーバーで行いましょう。カミソリに比べて肌への負担は少なく、安全にデリケートゾーンのムダ毛処理ができます。上手に処理するポイントは、処理前に長い毛をハサミでカットすることと、蒸しタオルを3分位あてておくことです。

もし自己処理が面倒であれば、エステなどの光脱毛もおすすめです。光脱毛は肌に優しくメラニンを排出する効果があるので、デリケートゾーンの黒ずみ解消にも効果的です。

下着はコットンやシルクがおすすめ

デリケートゾーンの黒ずみを解消するには、コットン素材やシルク繊維などの下着に変えて頂く方が良いでしょう。シルク繊維の下着は肌に優しく摩擦が起こりにくいからです。

下着の材質は吸湿速乾加工の下着もデリケートゾーンの黒ずみの解消におすすめです。密着しているデリケートゾーンは、湿りやすく汗を掻くと乾きにくいです。そのため吸湿速乾加工の下着やズボンを履き、湿気を減らすと痒みや炎症を抑えて黒ずみの予防になります。

ビタミンを摂取する

ビタミンC・E・Bは、ホルモンバランスを整える効果があります。女性に多いホルモンバランスの崩れには、ビタミンをたくさん摂取するのがおすすめです。食事で十分なビタミンを取るのが理想ですが、現代人には難しいのでサプリの利用もおすすめですよ。

特にビタミンCは、メラニンの生成を抑える効果があると言われています。ビタミンCでメラニンの生成を抑えることで、デリケートゾーンの黒ずみ解消に繋がります

デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンは、指の腹を使って肌にダメージを与えないように泡と組み合わせて洗いましょう。洗うときに鏡を使ってチェックして、汚れがないか見ると効果的です。汚れが残っていると、臭いの原因になるので丁寧にしっかりと洗ってください。最後にシャワーを使って流すときも、洗い残しが無いように注意しましょう。

また石鹸についても、刺激の強い成分が含まれていない石鹸を使いましょう。肌に優しい成分の石鹸を使うことも、デリケートゾーンの黒ずみの解消になります。石鹸選びについては、デリケートゾーンにおすすめの石鹸も参考にして下さい。

保湿を意識したスキンケアを行う

デリケートゾーンの黒ずみには、保湿がとても大事になります。保湿成分が入ったクリームでケアするとバリア機能が高まり、外部刺激に強い肌となりメラニンの過剰生成を抑えられるからです。

デリケートゾーンの保湿は、刺激が少なく安全に使えるクリームでスキンケアを行いましょう。おすすめはデリケートゾーン専用の黒ずみクリームを使うことです。黒ずみを解消するのに特化して研究されているので、安心してデリケートゾーンのケアをすることができます。

デリケートゾーンにおすすめの黒ずみクリーム

エステで脱毛をしていると、お客様にもデリケートゾーンの黒ずみの相談をされることがあります。そこでスタッフや友人と一緒に人気のデリケートゾーン用の黒ずみクリームを試してみました。数ある黒ずみクリームの中で、デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのものを紹介します。

ハーバルラビット

No.1
ハーバルラビット

読者モデルの口コミから話題になった黒ずみクリーム

おすすめ
料金 4,750円(コンビニ払い)
4,250円(クレジット払い)
内容量 35g
公式HP ハーバルラビット

数ある黒ずみクリームの中で、スタッフや友人からの口コミが一番良く、デリケートゾーンに良いと感じた黒ずみクリームは「ハーバルラビット」でした。

ハーバルラビットは小悪魔agehaのモデル『吉川ちえ・吉川ちか姉妹』などモデルさん達の口コミから人気が上がっている黒ずみクリームで、美容に詳しい人の間で評価が上がっています。当然エステシャンの私も使ったことがある黒ずみクリームです。ネットなどで見ても、やたら口コミが良いので本当に効果あるの?と思ってしまうほどです。

気になる黒ずみへの効果ですが、ハーバルラビットの成分を見ると、美白成分のプラセンタが配合されています。プラセンタは、ハイドロキノンやトレチノインなどの美白成分に比べると成分の強さはそこまで高くありません。ですが肌荒れなどのリスクも少なく、家庭でも安心して使える美白成分になります。

トレチノインのようなデリケートゾーンに刺激が強いクリームを塗って、逆に黒ずみが悪化した例もあるので注意が必要です。その点ハーバルラビットは、肌への刺激が少なく安心して使えるプラセンタが主成分なので安心です。

またハーバルラビットには保湿成分もたっぷりと配合されています。使った後の潤い感も適度にあり、デリケートゾーンを大切にケアできるのは嬉しいですよね。細部までしっかりと考えて開発されていると感じた黒ずみクリームです。

ハーバルラビットの口コミ

エステシャン

ハーバルラビットは美白や保湿に良い美容成分が豊富なので、自宅で黒ずみを解消したい女性にピッタリですね。

一般女性

2ヵ月ほどした頃に、以前よりも黒ずみが薄くなったと感じるようになりました。その後も継続したらデリケートゾーンの黒ずみがかなり綺麗になりました。

エステシャン

ハーバルラビットは保湿力もあり、敏感なデリケートゾーンにも安心して使えるのでおすすめです。エステ仲間でも評判が良い黒ずみクリームです。

ハーバルラビットを使ったその他の感想は、ハーバルラビットの口コミも参考にして下さい。

ハーバルラビット

No.2
アットベリー

臭いケアもできるデリケートゾーンの黒ずみクリーム

おすすめ
料金 2,980円(最安値)
内容量 60g
公式HP 薬用アットベリー

全身に使える黒ずみクリームとして、デリケートゾーンにも安心して使える黒ずみクリームです。美容で有名な水溶性プラセンタを配合していて、ターンオーバーを正常にしてくれる効果が期待できます。

アットベリーの特徴として、内容量が多くたっぷりとデリケートゾーンに使えることがあります。アットベリーの成分や効果を書いた、アットベリーの口コミと効果も参考にして下さい。

アットベリーはデリケートゾーンの消臭効果も期待できるので、総合的に見てもイチオシの黒ずみクリームと言えます。値段も他の黒ずみクリームと比べて安く、ユーザーの評価がどんどん上がっています。

アットベリーの口コミ

エステシャン
保湿効果が高く使い心地もベタベタしないので、デリケートゾーンにも安心して使えますね。臭いもケアできるので、これ一つでデリケートゾーンのケアは完璧ですね!
一般女性
デリケートゾーンにクリームを塗る感覚がなかったのですが、きちっとケアすると綺麗になるんですね。
エステシャン
脱毛後の黒ずみに悩んでいましたが、アットベリーを使ってからは徐々にデリケートゾーンが白くなってきました。

薬用アットベリー

イビサクリーム

No.3
イビサクリーム

口コミ人気が圧倒的なデリケートゾーンの黒ずみクリーム

おすすめ
料金 4,970円(コンビニ払い)
4,470円(クレジット払い)
※クレジットは初回のみ
内容量 35g
公式HP 薬用イビサクリーム

イビサクリームは口コミ人気が高く、使っているユーザーも多いデリケートゾーンにおすすめの黒ずみクリームです。

脱毛で有名なブラジリアンワックスの会社が作っている黒ずみクリームで、デリケートゾーン専用として高い人気を誇っています。イビサクリームの主な成分はトラネキサム酸が中心になります。トラネキサム酸の特徴は、黒ずみの原因となるメラニンの抑制に高い効果があります。

その他にも保湿成分もたっぷりと配合されているので、デリケートゾーンのケアがしっかりとできますね。安全性の高い成分で副作用の報告もないので、安心して使える黒ずみクリームです。

イビサクリームの口コミ

一般女性

イビサクリームを使ってみましたが、さらっとした使い心地ですが保湿力もあり使いやすいですね。美白成分も配合されているので、継続していけば黒ずみも薄くなることが期待できます。

エステシャン

イビサクリームを使ってみましたが、痒みなどはなく安心して使うことができました。美白効果はすぐには出ませんが、ターンオーバーが行われたころには少し黒ずみが薄くなったと感じました。

薬用イビサクリーム

ホワイトラグジュアリープレミアム

No.4
ホワイトラグジュアリープレミアム

独自の処方で美白効果が期待できる黒ずみクリーム

おすすめ
料金 5,980円
内容量 25g
公式HP 【ホワイトラグジュアリープレミアム】

ホワイトラグジュアリーの特徴として、スーパーVCTと呼ばれる独自の製法があります。3つの異なるビタミンCを配合することで、黒ずみの原因となるメラニンを抑制してくれる効果が期待できます。

その他にも保湿などの肌に良いに効果的な成分を含んでいます。ビタミンEやプラセンタなど美白効果がある成分や、ヒアルロン酸やアロエベラエキスなどの保水を高める成分まで配合しています。デリケートゾーンでも安心して使えるように、配合にもしっかりと拘っている黒ずみクリームです。

ホワイトラグジュアリープレミアムの口コミ

一般女性

保湿力もありトラブルなく使えました。肝心の黒ずみですが、2ヵ月使ってみましたが効果はまだわかりません。もう少し継続してみようと思います。

エステシャン

ハーバルラビットやイビサクリームと比較すると、値段が高いのがネックですね。成分や使った感触としては、他の2商品と比べても全く遜色はありませんでした。

【ホワイトラグジュアリープレミアム】

またデリケートゾーンに黒ずみクリームを使うメリットとして、継続することで綺麗な状態を維持できることもあります。黒ずみのない綺麗なデリケートゾーンは女性の自信になりますよ。

デリケートゾーン専用の黒ずみクリームではなく、市販の美白クリームを購入する方法もあります。美白クリームはメラニンの生成を抑える効果があるものも多いので、そういった化粧品でも対策できそうに思えますよね。実際に市販の美白クリームでデリケートゾーンのお手入れをしていた人も知っています。

市販クリームの注意としては、デリケートゾーンにはちょっと強いかなという成分のクリームが多いことです。角質の厚い部位なら問題ありませんが、敏感なデリケートゾーンの黒ずみに使うにはちょっと怖いかなと思うのが正直な感想です。肌の強さは個人差がありますが、デリケートゾーンは敏感な部位なので、肌に優しいデリケートゾーンでも安心して使える黒ずみクリームを使ったお手入れがおすすめです。

デリケートゾーン用の黒ずみクリームは、多くのユーザーが使っているものを選びましょう。個人差はありますが、実績が多く口コミが良いものは黒ずみへの効果が出やすくなります。デリケートゾーンの黒ずみ解消で重視すべきことは、安心して使えるかになります。その点で市販に比べると、デリケートゾーン専用の黒ずみクリームの方が安心感がありますよね。

皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみは解消できる?

デリケートゾーンや脇などの黒ずみ解消に効果的な方法としては、皮膚科や美容外科などのクリニックで治療を受けることもあります。皮膚科や美容外科でデリケートゾーンの黒ずみに効果的な方法は「レーザー治療」になります。

デリケートゾーンの黒ずみ解消には、Vホワイトニングレーザーがおすすめです。

黒ずみの原因となるメラニンにレーザーを照射し、メラニン細胞を破壊することでデリケートゾーンを綺麗にしていきます。効果には差がありますが週1回のペースで平均5回程度施術でデリケートゾーンの黒ずみが解消されることが多いようです

価格は、1回1万円前後と決して安いお値段ではありませんが、これまでにデリケートゾーン用の黒ずみクリームや石鹸を使っても思うような効果が出なかったという方におすすめです。

ただし美容外科のレーザーは、機器によって適応部位が異なります。事前に確認して、デリケートゾーンの黒ずみ解消に効果があるかを聞いておきましょう。

また、クリニックではハイドロキノンやレチノイン酸といった美白クリームの処方もしてもらえるため、レーザー治療だけでなく自宅で毎日セルフケアすることも可能です。レーザーとクリームを併用すれば高い効果が期待できます

エステでデリケートゾーンの黒ずみを解消する

エステサロンによりますが、デリケートゾーンの黒ずみを解消できるエステもあります。高周波や赤外線を使った照射方法など、機器を使った方法が良く使われる黒ずみケアの方法です。

ですがこれらは必ずしもすべての方に向くとは限りませんので、黒ずみケア向きの美白パックなど、脱毛と併用したメニューもあります。機器関係の施術は、クリニックのレーザーよりも出力が弱いため、クリニックの治療よりも効果が出にくいデメリットがあります。

また、エステサロンではフェイシャル(顔)の黒ずみケアを行っている所は多いのですが、顔以外の黒ずみケアを行っている店舗が少ないため、黒ずみケアでも一体どの部位であるのか?事前にきちんと確認するようにしてください。

黒ずみに関しては、エステはそこまで力を入れていません。ただし黒ずみ予防の意味で、エステの光脱毛をするのはおすすめです。

光脱毛を行えば肌に負担が少なく、デリケートゾーンの黒ずみを予防することができるからです。

脱毛をする場合は自己処理より、エステサロンで脱毛をした方がキレイな肌を保つことができます。近頃はどのサロンも価格競争をしており、以前よりどなたでも手軽な料金で黒ずみケアの施術を受けることができるようになりました。

デリケートゾーンの黒ずみケアは日頃から

美容外科やエステは、基本的に黒ずみが解消したら終わりになります。ですが黒ずみの原因は日常生活にあるので、ケアした後もしっかりとデリケートゾーンの黒ずみを予防することが重要になります。そこで大事になるのは、家庭で行うデリケートゾーンの黒ずみケアになります。

家庭での黒ずみケアは、基本的に上記で説明した原因に注意することが大事になります。ですが注意をしていても、年齢的な問題や生活習慣でどうしてもデリケートゾーンの黒ずみはできてしまいます。

そういった黒ずみを予防するための理想としては、定期的に黒ずみクリームでケアするとデリケートゾーンの黒ずみの予防になります。週に1~2回程度でも効果は期待できるので、普段からデリケートゾーンのお手入れを行いましょう。

デリケートゾーンゾーンの黒ずみケアまとめ

デリケートゾーンゾーンの黒ずみだけに限りませんが、体の締め付けや無理な自己処理は体に負担をかけてしまいます。先程も申し上げましたが、加齢も立派な理由ですので、黒ずみを改善するのでしたら年齢は若い方がケアの効果が出やすくなります。

年齢を経ていけばなおのこと肌の回復力そのものが落ちます。そしてせっかくクリニックやエステの施術をお受けになられても、同じ生活習慣を繰り返していてはまた原因を作りますので、意味がありません。ぜひともこれを機会に普段から黒ずみを作らない生活習慣に切り替えてください

今回はデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法を解説しました。普段見えない部分ですが、しっかりとケアすることで黒ずみを薄くすることは可能です。特に黒ずみクリームは家庭でできる手軽な方法で、今ある黒ずみと将来的な黒ずみの予防に役立ちます。

デリケートゾーンにおすすめの黒ずみクリーム

ハーバルラビット 薬用アットベリー

薬用イビサクリーム

【ホワイトラグジュアリープレミアム】

スポンサードリンク