ファスティングダイエットに必要な期間はどれくらい?

スポンサードリンク

ファスティングダイエットは短期間で結果を出すことができますが、実際にどの程度の期間があると痩せることができるのでしょうか。

断食の期間は3日ですが、ファスティングダイエットは大きく3つのステップに分けて行う必要があります。

  • 準備期
  • 断食期
  • 回復食期

それぞれの期間がどの程度かで、ファスティングダイエットの効果は変わってきます。断食の期間を長くすれば、体重を大きく落とすことができる可能性が高くなります。

ファスティングの一般的な期間

ファスティングダイエットは、断食期間3日が一般的になります。半日や1日だけのファスティングを行うこともありますが、3日ほど断食を継続すると腸内環境が綺麗にリセットされるからです。

ただしファスティングダイエットは、断食3日で終わりではありません。実はこのファスティング前後の期間がとても大事になるのです。ファスティング前後の大事な期間を、準備期と回復食期と言います。

短期間で痩せるファスティングダイエットですが、準備期と回復期を合わせると1週間前後になることが多いです。では準備期間と回復食期間はどの程度の日数にするのが良いのでしょうか?

ファスティング準備期の期間

ファスティング準備期に必要な日数は、ファスティング(断食)と同じ日数が理想と言われています。もし3日間の断食をするのであれば、準備期間も3日間とるのがおすすめになります。

準備期間は断食で内臓を休ませるために、消化の良いものを食べることが重要になります。もし脂っこい食べ物を食べたのであれば、3日位の準備期間を設けてしっかりと消化しましょう。

もし普段から消化に良いものを食べている場合は、1日の準備期間で行うのも可能です。ただし食べたものを消化できていない可能性があるので、2日間位は設けたほうが良いでしょう。

私がファスティングダイエットを実践した時は、2日間の準備期間にしました。この2日間は胃に優しい食べ物を中心としたので、断食中も問題はありませんでした。

断食の期間は3日?

ファスティング(断食)の期間は、先ほども述べたように3日間が理想になります。ですが最初から3日の断食が不安な人は、半日や1日だけのプチ断食ダイエットもお勧めになります。

効果は落ちますが、半日や1日でもファスティングダイエットの効果はあります。慣れてきたら2日間、3日間と日数を伸ばしていくのも一つの方法です。

私の場合は、最初から3日間でファスティングダイエットを行いました。最初の1日は辛かったですが、2日目からは慣れたのか空腹をそれほど感じませんでした。

逆に3日間以上のファスティングは行えるかというと、正直なところおすすめはできません。きちんとした知識がない人がファスティングを4日、5日行うと、健康へのリスクが高まるからです。

もし4日以上のファスティングを行う場合は、専門の知識がある人のアドバイスのもとで行いましょう。私も1度5日間のファスティングダイエットを行いましたが、3日間位の断食が調度いいと感じました。

回復食の期間

ファスティングダイエットは、回復食の期間までしっかりと行うことが大事になります。回復食期間も準備期と同様に、断食の期間と同じにするのが理想です。

回復食期間が短いと、内臓が急に活発に動くため体への負担がかかります。消化の良い食べ物を中心に、少しづつ食べ物に体を慣らしていく大事な期間になるのです。

3日間の断食をするなら、3日間の回復食期間を設けるのが理想です。ですが2日位でも正直なところ問題はありません。私も2日間の回復食期間にして、3日目は軽く外食をしました。

もちろん負担の大きい食べ物は食べず、サラダなどを中心とした食事にしました。外食なので少しオイリーでしたが、それでも問題なく食べ終えることができました。

ファスティングの期間まとめ

ファスティングダイエットの理想的な期間としては9日間になります。

  • 準備期3日
  • 断食3日
  • 回復食期3日

理想としては上記の9日間ですが、無理に9日に縛られることはありません。無理せず断食を2日にして、6日間で終わらせることもできます。もちろんダイエット効果は変わりますが、それでもこの期間しっかりと実践すれば痩せられる可能性は非常に高いです。

私の場合は準備と回復の期間を1日減らして、1週間で5キロ痩せることに成功しました。ファスティングダイエットは正しいやり方で行えば、短期間で成果がでるダイエット法としておすすめです。

スポンサードリンク