ダイエットの成果が出やすい痩せる夕食

スポンサードリンク

夕食のメニューはダイエットを成功させるのに重要な要素になります。夕食で余計なカロリーを摂取している人は多く、それが太る原因になっています。夕食のメニューを改善するだけで、短期間でダイエットに成功できる可能性が高くなります。

基本的にダイエットを成功させるには、食事制限と運動が最も重要なことになります。夕食後は基本寝るだけなので、エネルギーはそこまで必要ありません。そのため夕食は食事制限をもっともすべき食事と言えます。

ただし夕食抜きのようなダイエット法は、脂肪を蓄積しやすい体質になる可能性が高いので注意が必要です。最低限のカロリー摂取と痩せる食事をすることで、夕食のダイエット効果を上げることができるようになります。

夕食後の生活とエネルギー

f:id:teke1102:20160826113847j:plain

人間が活動するためにはエネルギーが必要になります。食事はそのエネルギーを蓄える重要な役割を担います。そのためダイエットなどで食事を抜くことは、エネルギー不足になるリスクが上がって危険なのです。

ですが夕食に限って言えば、夕食後にハードな生活をする人はあまりいないと思います。夕食の後は好きなことをして寝ることが多いでしょう。そのため本来であれば、夕食で高いカロリーを取る必要は全くないのです。

一般的な家庭の食事としては夕食を豪華にする傾向があります。ですがダイエットをするのであれば、夕食こそ一番カロリーが低くても良いのです。最低限必要な栄養さえ取っていれば、夕食で必要なカロリーを摂取することができます。

実際に夕食を食事制限すると、短期間で痩せることができる人が多いです。個人差はありますが、夕食をダイエット食に変えて1ヶ月で3キロや5キロ痩せた人も多いです。早い人であれば、1週間~2週間でも成果が出ることがあります。

夕食抜きダイエットの効果

f:id:teke1102:20160826114734j:plain

夕食ダイエットの一つの方法として、夕食抜きダイエットがあります。夕食を抜くことで体重を減らすダイエット法ですが、この方法はあまりお勧めできません。

夕食を抜くと、朝まで何も食べないので空腹状態が続いてしまいます。人間の体の構造として、空腹状態が長く続くと次の食事で脂肪を蓄えやすくなる性質があります。夕食抜きダイエットをすると、逆に太ってしまう危険もあるのです。

また夕食抜きダイエットのリスクとしては、リバウンドしやすいこともあります。仮にダイエットに成功したとしても、ダイエット後に普通の食事に戻すと体重は戻ってしまいます。

効果的な夕食抜きダイエット法

基本的に夕食抜きダイエットはデメリットが大きいですが、やり方によってはダイエット効果が上がります。効果的な夕食抜きダイエット法としては、短期的に夕食抜きダイエットを行うことです。

夕食抜きダイエットは、短期間でも成果が出やすいダイエット法になります。1日や2日夕食を抜くだけでも、1~2キロ痩せることは多いです。長期間続けることは難しいので、短期間で一気に痩せたい時は夕食抜きダイエットが効果的です。

短期間の夕食抜きダイエット法の目安としては、最大でも2日ほどにすることがポイントです。短い期間で一気に痩せたら、夕食抜きダイエットは終わりにしましょう。これ以上はストレスになることが多いので、無理に続けるとリバウンドしてしまいます。

夕食抜きダイエット後の食事

夕食抜きダイエットに成功しても、食事を戻したらすぐに体重は戻ります。これを防ぐことが夕食抜きダイエットでは難しことになります。

夕食ダイエットに成功したら、その後の食事量に気を付ければリバウンドは防止することができます。正確には少しは体重が戻りますが、夕食のメニューを改善すれば徐々に痩せることができるようになるのです。

夕食の食事量のポイントとしては、カロリーを低くすることがあります。カロリーコントロールはダイエットの基本になります。夕食ダイエットもカロリーコントロールが必要で、上手に献立を考えれば長期的なダイエットにも成功できます。

夕食は高カロリーを避けること

f:id:teke1102:20160823173401j:plain

夕食ダイエットを成功させるポイントの一つは、高カロリーの食事を控えることになります。高カロリーの食事は体にも悪いので、できるだけヘルシーな料理にすることをお勧めします。

具体的に夕食に避けるべき食事として、揚げ物や脂質の多い食事は止めた方が良いでしょう。油を多く使った食事や、脂肪分の多い食べ物の食べ過ぎはダイエットの天敵になります。

またデザートを食べる習慣がある人は、糖質の少ない食品にすることが重要になります。特に洋菓子は高カロリーで脂質もあるので、夕食後に食べると脂肪として蓄積されやすい食品です。ダイエットでは夕食後のデザートは食べないことをお勧めします。

カロリー制限で肉類を避ける人がいますが、肉は重要な動物性のタンパク源なので控える必要はありません。ただし脂肪分の多い部位よりは、赤みを中心とした肉を食べたほうがダイエット効果が高くなります

夕食には高カロリーの食事を控えることが重要ですが、それ以外にもダイエット効果を上げる方法があります。夕食ダイエットを成功させるもう一つの方法として、糖質制限ダイエットもお勧めになります。

糖質制限で痩せる夕食ダイエット

f:id:teke1102:20160823173335j:plain

糖質制限ダイエットは人気の高いダイエット法で、夕食に取り入れることで痩せる効果を上げることが期待できます。特に夕食は活動エネルギーとなる糖質はそこまで必要ないため、糖質制限ダイエットを最もお勧めできる食事と言えます。

極端な話として、夕食に米やパンといった糖質を完全にカットすることもお勧めのダイエット法の一つになります。完全に糖質をカットするのは良くありませんが、夕食だけ糖質制限することはダイエット効果も高いのでお勧めのダイエット法になります。

夕食をおかずだけにすることで、必要なタンパク質やビタミンは摂取することができます。脂肪の原因となる炭水化物を極力抑えることは、太りにくい体を作ることにも繋がります。ただし夕食のおかずのメニューには注意が必要になります。

夕食は糖質制限ダイエットだけでも効果が期待できるので、無理におかずの量を減らす必要はありません。よくダイエット中に野菜しか食べない人がいますが、タンパク質が不足して肌などに悪影響が出ています。肉類や魚もしっかりと食べることが、健康的に痩せる条件になります。

おすすめの夕食メニュー

f:id:teke1102:20160826135500j:plain

ダイエットを成功させる夕食のメニューのポイントとしては、高タンパク質低カロリーの食事になります。魚や鶏肉のようなタンパク質が豊富でカロリーが低い食品を中心とした食事が、夕食ダイエットの効果を上げてくれます。

太りにくい痩せる食事として、サラダなどの野菜も夕食に食べることがお勧めになります。食べる順番も重要で、野菜→肉や魚の順番で食べると太りにくくなります。食べ方の順番や痩せる食べ物については、食べる順番でダイエットの効果が変わるを参考にして下さい。

おすすめの夕食ダイエットメニューとしては、スープなどの汁物を加えるのもダイエットに効果的です。スープはカロリーが低く満腹感を感じやすいので、夕食前に飲むのも効果的です。ただし脂質が多いスープはダイエットにおすすめできないので、野菜スープなどにしましょう。

秋から冬の寒い季節であれば、鍋料理が最もお勧めな夕食ダイエットメニューになります。鍋は栄養が高く満腹感を感じやすい、ダイエット食としてお勧めの料理になります。鍋は種類が豊富で、キムチ鍋や豆乳鍋などの女性に嬉しい美容効果も高い食事ができるといったメリットもあります。

夕食前の空腹対策

f:id:teke1102:20160826142930j:plain

昼食を食べた後に、夕食までにお腹が空いてしまうことは良くあることです。ダイエット中はなるべく食べないことが理想ですが、夕食前にお腹が空きすぎるとダイエットのマイナスになることもあります。

空腹が強くなるデメリットとしては、夕食をドカ食いしてしまう危険性があります。食事はゆっくりと食べないと、血糖値が上昇して脂肪を蓄えやすくなります。特に空腹状態だと脂肪を吸収しやすくなるので、ダイエット中には気を付けるべきことになります。

ドカ食いを防止するためには、軽い間食をするのが一番効果的です。ダイエット中であれば、こんにゃくゼリーなどのダイエット食品を食べると空腹感を紛らわすことができます。こんにゃくゼリーであればカロリーも低いので、少し食べてもそこまでダイエットに悪影響はありません。

その他にも夕食前の空腹予防として、スムージーや野菜ジュースを飲むのもお勧めになります。食物繊維が多い飲み物を飲むと満腹感が得られるので、夕食前の空腹対策としてお勧めできます。ただし注意としては、糖分の多い野菜ジュースなどはダイエットに逆効果なので成分に注意して飲みましょう。

味に抵抗がない人であれば、青汁も食物繊維豊富で夕食前の空腹対策としてダイエット効果が期待できます。好き嫌いが分かれる食品ですが、青汁は栄養価も高くダイエット中の食事としてお勧めできる食品になります。

夕食後の睡眠とダイエット

f:id:teke1102:20160826143530j:plain

夕食をダイエットメニューにしている時は、早く眠ることでダイエット効果を上げることができます。睡眠自体にはダイエットの効果はそこまでありませんが、早く眠ることで空腹対策をすることができるからです。

実際に夕食をダイエットメニューに変えると、最初の頃は物足りなくて何か食べたくなってしまいます。しかしこの段階で食べてしまうと、せっかく夕食メニューをダイエット食にしても意味がありません。

そこで早く眠ることで食欲を抑制してしまうのです。眠っている間は空腹に悩まされることはないので、ダイエット中は早く睡眠するのも一つのダイエット法になります。もし空腹で眠れない時は、ホットミルクやストレッチをすると眠りやすくなります。

最初の数日間は、夕食をダイエットメニューに変えると量が足りなくてストレスを感じます。ですが1週間もすればダイエット食に慣れてくるので、この我慢の期間を耐えることが夕食ダイエットでは重要になります。

スポンサードリンク