BEAUTE

愛されボディを目指す美容ブログ

ダイエット

朝食ダイエットに最適な痩せる朝ごはん

更新日:

ダイエット中だからと朝食を抜く人はたくさんいます。ダイエットの基本は食事制限ですが、朝食を食べないとダイエットでは逆に太ってしまうという事態になることもあります。

朝食は1日のエネルギー源となる重要な食事なので、本来ならばしっかりと食べることが理想になります。しかしダイエット中に朝食を食べ過ぎると、当然太ってしまうので注意が必要になります。

痩せる朝ごはんにすることがダイエットの成功に繋がります。そのためには朝ごはんの食材を選びが非常に重要になってきます。朝に食べるとダイエットに効果的な食材を選ぶことが、朝食ダイエットに成功するポイントになります。

朝食抜きダイエットの危険性

ダイエット中は朝食を食べない人も多いです。食事をしなければ体重は落ちますが、長期的に考えると朝食抜きダイエットはデメリットが大きくなります。

朝食抜きダイエットのデメリットとして、大きな問題に太りやすい体質になってしまう危険性があります。人間の構造は、断食で食事をとらないと次の食事で栄養分をそのまま脂肪として蓄積してしまうのです。

痩せると思って朝食を抜いても、お昼の食事をたくさん食べてはダイエットを成功させることはできません。逆に朝食を食べることで、空腹を抑えて血糖値を下げてダイエットに成功しやすい体質になることもできるのです。

f:id:teke1102:20160824140911j:plain

朝食抜きダイエットで一時的に痩せることはあっても、長期的に考えると太りやすくなるのでデメリットの方が大きくなります。人間は食べないと栄養を脂肪にする構造になっているので、朝食抜きダイエットは太る危険性が高くなります。

また朝食抜きダイエットをすると、お昼に空腹状態になってドカ食いをしてしまう原因にもなります。せっかく朝食を抜いても、昼に食べ過ぎてはダイエットの意味がありません。

ダイエットを成功させたいならば朝食抜きダイエットではなく、痩せる朝ごはんにしたほうがダイエットの結果を出しやすくなります。食べても太りにくい朝食にすることで、1日のエネルギー源となり基礎代謝を上げることができます。

ダイエット中の朝食

ダイエット中は、痩せる朝ごはんにすることが成功に繋がります。痩せる朝ごはんと言っても、食べて痩せることはありません。朝の目覚めとともに基礎代謝を上げてくれる朝食にすることで、ダイエット効果を上げることが可能です。

f:id:teke1102:20160824142100j:plain朝食ダイエットのメニューとしては、朝起きたら温かいスープを飲むのがお勧めになります。朝は体の水分や栄養が失われているので、それらを補えるスープは最初の食事として最適だからです。

スープにはコーンポタージュやオニオンスープなど色々ありますが、朝食のスープのお勧めとしては野菜スープになります。野菜スープには食物繊維がたっぷり入っていて、飲むことで空腹を和らげてくれる働きがあるからです。

また温かいスープを飲むことで体温を上げてくれる効果もあります。寝ている間は体温が下がり基礎代謝が落ちているので、温かいスープを飲むことで基礎代謝を活性化させる働きも期待できます。

スープを飲んだら、タンパク質やビタミンなどの栄養を補給することで体温を上げ基礎代謝を更に活発にすることができます。ただし食べ過ぎてはダイエットの効果を下げるので、適度な量の朝食にすることがダイエット成功の秘訣になります。

朝食ダイエットにおすすめの食事

日本の朝食は若者を中心に洋食が好まれる傾向があります。朝でも重くないパンは食べやすいですが、栄養が低く脂肪にもなりやすいので注意が必要です。特に菓子パンが好きな人は、砂糖を食べているようなものなのでダイエットではお勧めできない食事になります。

朝食ダイエットでお勧めできる食事としては、タンパク質やビタミンが多く低カロリーのものになります。理想的な朝食としては、和食がダイエットに最も効果が高いと言えます。

f:id:teke1102:20160824143558j:plain

和食は魚や豆腐でタンパク質がとれて、野菜でビタミンが取れる理想的な朝食と言えます。最初に味噌汁を飲むことで、体を温めて新陳代謝を上げる効果も期待することができます。

和食は基本的に太りにくい痩せる食事になりますが、米は炭水化物なので食べ過ぎには注意をして下さい。朝食で和食を取り入れる時は、米の量を少なめにすることがダイエット成功に繋がります。ダイエット中であれば米を抜くというのも一つのダイエット法としてお勧めです。

朝食ダイエットには和食がお勧めですが、どうしても和食を朝から食べる気分にならない人も多いと思います。そういった人には、フルーツやシリアルなどを使った朝食がおすすめになります。

朝バナナダイエット

朝に食欲がない人向けのダイエットとして朝バナナダイエットは人気があります。バナナはビタミンなどの栄養が高く、朝にぴったりの食べ物になります。またバナナ1本のカロリーは80~100kcalなので、低カロリーで痩せる朝ごはんとしてお勧めできます。

f:id:teke1102:20160824144619j:plain

朝バナナダイエットの方法は簡単で、朝にバナナを1本食べるだけになります。1本のカロリーは低いですが、食べ過ぎると太るので注意してください。

朝バナナの食べ方としては、ゆっくりとよく噛んで食べることがダイエットに繋がります。すぐに食べてしまうと空腹感が出てしまうので、時間をかけて食べることが朝バナナダイエット成功のポイントになります。

朝バナナだけだと空腹になる可能性があるので、バナナを食べる前にスープを飲むこともお勧めの朝食ダイエット法になります。スープを飲むことで満腹感が出るので、食べ過ぎを防ぐことにも役立ちます。

バナナは栄養が高く朝にピッタリの痩せる朝ごはんになりますが、タンパク質が不足してしまいます。タンパク質も朝に必要な重要な栄養になります。タンパク質を取るには、ヨーグルトを取り入れることがお勧めです。

朝食ヨーグルトダイエット

ヨーグルトは乳酸菌の働きで腸内環境を整えてくれる効果があります。ダイエット中の悩みとなる便秘の解消にもヨーグルトは役立ってくれます。また動物性のタンパク質も含まれているので、ダイエットで不足しがちな栄養を補給することができます。

f:id:teke1102:20160824140759j:plain

朝食ダイエットにヨーグルトを取り入れる場合は、フルーツと一緒に食べることがお勧めになります。ヨーグルトはフルーツと非常に相性が良く、朝食に食べることですぐにエネルギーに変えてくれる効果が期待できます。栄養が必要な朝にフルーツヨーグルトを食べることで、効率よく栄養を吸収することができるのです。

朝食のフルーツヨーグルトダイエットで注目すべきこととして、フルーツの中に含まれる酵素の効果があります。朝食にヨーグルトとフルーツの組み合わせで食べることで、ヨーグルトの乳酸菌で腸内を綺麗にしてくれます。そしてフルーツの酵素の効果で体内の毒素を体の外へ排泄してくれる働きもあるのです。朝食にフルーツヨーグルトを食べることで、このデトックス効果を高めてダイエットの成果を上げることが期待できます。

朝食ヨーグルトダイエットの注意点としては、脂質と糖質が少ないヨーグルトを選ぶことになります。市販のヨーグルトは味がついていて、砂糖がたっぷり入っている商品も多いです。無脂肪で砂糖がないプレーンのヨーグルトを選ぶことが、朝食ダイエットの成功に繋がります。

朝食シリアルダイエット

朝に気軽に食べることができる食事として、シリアルも人気がある朝食になります。フルーツグラノーラなどはビタミンや食物繊維が豊富で、朝の忙しい時間でもバランスよく栄養補給ができると人気があります。

シリアルも朝食ダイエットとして効果があるという意見も多いですが、シリアルでダイエットする場合は商品の選び方に注意することが必要になります。

f:id:teke1102:20160824140811j:plain

基本的に市販のシリアルは糖質や脂質が多い商品が多いです。いくら栄養があっても、糖質や脂質が多くてはダイエットに不向きと言えます。最近では脂質や糖質をカットしたシリアルも売られています。朝食ダイエットでシリアルを選ぶときは、脂質や糖質が少ないシリアルを選ぶことが成功のポイントになります。

朝食シリアルダイエットの注意として食べ過ぎに注意することもあります。シリアルは食べやすいため、ついつい1回の食事でたくさん食べてしまうことがあります。食べ過ぎると当然太るので、朝食ダイエットでは1回分の量に注意をすることが必要です。

シリアルは食物繊維が多く便秘解消などのダイエット効果があるので、朝食ダイエットにおすすめの食品になります。ただし毎日食べてはバランスが悪くなります。ですので週に2~3回程度にすることがお勧めになります。

朝食ダイエットと食事の関係

ダイエットの基本は食事と運動になります。その中でも食事のウエイトが大きく、どれだけ食事制限ができるかでダイエットの成功率が変わります。朝食はその中でも重要で、食べないと生活に必要なエネルギーが不足してしまいます。

朝食ダイエットも基本的には低カロリーの食事をすることで、ダイエットの効果を上げることができます。理想の朝食としては和食ですが、毎日同じ食事では飽きてしまうことでしょう。そんな時はフルーツヨーグルトやシリアルなど、朝食を変化させるのもダイエット成功のポイントになります。

また重要なこととして、食事は食材のカロリーだけではなく食べ方によってもダイエットの成果が変わることを覚えておきましょう。食べ方によって血糖値の上がり方が変わり、太りやすくも痩せやすくもなるのです。ダイエットのテクニックとして、食事の方法も覚えておくことをお勧めします。

www.resblo.com

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ダイエット

Copyright© BEAUTE , 2017 AllRights Reserved.