BEAUTE

愛され女性を目指す美容ブログ

ダイエット

ダイエットの食事は食べる順番と食べ物で成功が決まる

更新日:

ダイエットで成果を出すためには、食事を見直すことが最も重要なことになります。どんなに運動や有名なサプリメントを使っても、食事が悪ければダイエットには成功しません。

ダイエットは食事に気を付けることで、成功できる可能性を飛躍的に上げることができます。食べ物によって太りにくかったり、太りやすい食べ物があるので意識して選ぶとダイエットに成功しやすくなります。太りにくい食べ物を選んで食事をすることも、ダイエット成功のポイントになります。

また食べ物だけではなく食事方法によって、太りやすい体質になることもあります。痩せている人は、ダイエットに向いた食事方法を無意識に行っていることが多いです。ダイエットは体質という人もいますが、食べ方で太りにくい体質にすることも可能なのです。

食事を改善するだけで健康的にダイエットをすることができます。現代は太りやすい食べ物や食べ方をしている人が多いので、食事を見直すことで太りにくい体質になることも可能です。

ダイエットは食事で決まる

f:id:teke1102:20160823172235j:plain

ダイエットの方法は色々ありますが、食事の改善をしているダイエット法は非常にたくさんあります。糖質制限ダイエットや置き換えダイエットなど、良く聞くダイエット法は食事に関係していることが多いです。

それだけダイエットに食事が重要で、食事を改善することができればダイエットに成功しやすくなるのです。特に食事制限をするダイエットは、比較的短期間でも成果がでやすく人気があります。

現代の食生活は高カロリーの食品が非常にたくさんあります。また1回の食事量も多いので、普通に食べていれば太るのは当然と言えます。そのためダイエットを成功させる最も重要なことは食生活を改善することになります。

ダイエットの食事方法としては、食べ物の選び方食べる順番がとても重要になります。食べ物と食べる順番を工夫するだけで、太らない体質になることも可能なのです。

太らない食べ物

太らない食べ物と聞くと、野菜などのヘルシーな食べ物を思い浮かべる人が多いと思います。肉などの脂肪分がある食べ物は、太る食べ物の代表と思っている人も多いでしょう。

昔のダイエットでは肉は厳禁でしたが、最近ではダイエット食の考え方が変わってきました。最近のダイエットでは、太らない食べ物の条件は糖質が少ない食べ物になっています。

太る原因には血糖値が関係していて、血糖値の上昇を抑えることがダイエット成功につながると言われています。糖質が少ない食べ物を食べることで、血糖値の上昇を抑えるのに効果的と言われているのです。

このダイエットの考え方で有名なのが糖質制限ダイエットになります。米やパンのように糖質の多い食べ物をカットして、血糖値の上昇を抑えてダイエットをするのです。糖質の少ない食べ物としては以下のものがあります。

食材名 一食当たりの量 糖質量
牛バラ肉 100g 0.1g
牛肩ロース肉 100g 0.2g
牛サーロイン肉 100g 0.3g
牛もも肉 100g 0.6g
牛ヒレ肉 100g 0.5g
牛ランプ肉 100g 0.5g
豚肉(肩ロース、ロース、バラ、モモ、ヒレ) 100g 0.1g
鶏肉(もも、むね、ささみ) 100g 0.1g
鶏肉(心臓、砂肝など) 100g 0.1g
鶏レバー 100g 0.3g
まぐろ 60g 0.1g
100g(切り身1切れ) 0.1g
えび 30g(1尾) 0.1g
かに 80g 0.2g
いか 135g 0.3g
たこ 100g 0.1g
あさり 60g 0.2g
ツナ 50g 0.1g
アジの開き 65g(1枚) 0.1g
塩鮭 100g(1切れ) 0.1g
ししゃも 50g(2尾) 0.1g
焼き海苔 3g(1枚) 0.2g
味付け海苔 3g(1枚) 0.5g
わかめ(生) 3g(酢の物1食分) 0.4g
刻み昆布 3g(煮物1食分) 0.2g
とろろ昆布 2g(1食分) 0.2g
ところてん 50g(1食分) 0.0g
めかぶ 50g(1食分) 0.0g
もずく 50g(1食分) 0.0g
こんにゃく 50g(おでん1食分) 0.1g
高野豆腐 20g(1個) 0.8g
レタス 20g(付け合せ1食分) 0.3g
ほうれん草 80g(お浸し1食分) 0.2g
小松菜 80g(お浸し1食分) 0.4g
春菊 15g(1本) 0.1g
チンゲン菜 100g(大1株) 0.8g
菜の花 50g(和え物1食分) 0.8g
ブロッコリー 50g(1/4房) 0.4g
セロリ 50g(1/2本) 0.9g
大根の葉っぱ 30g 0.4g
かぶ(葉) 80g(3株分) 0.8g
ミニトマト 10g(1個) 0.6g
グリーンアスパラガス 30g(太1本) 0.6g
オクラ 20g(2本) 0.3g
ピーマン 25g(1個) 0.7g
もやし 40g(付け合せ1食分) 0.5g
モロヘイヤ 60g(お浸し1食分) 0.2g
しいたけ 14g(1枚) 0.2g
エリンギ 20g(1本) 0.6g
えのき 20g(汁物1食分) 0.7g
マッシュルーム 30g(1食分) 0.1g
なめこ 20g(1食分) 0.2g
干ししいたけ 3g(1枚) 0.7g
プロセスチーズ 20g 0.3g
カマンベールチーズ 20g 0.2g
クリームチーズ 20g 0.5g

野菜やキノコ類などのダイエットでは定番のメニューだけではなく、肉類やチーズなどのカロリーが高い食品も含まれています。当然カロリーが高い食品の食べ過ぎはよくありませんが、ダイエットだからと無理に控える必要もないのです。

食べる順番とダイエット効果

f:id:teke1102:20160823173401j:plain

ダイエットと食事には糖質量が関係していて、糖質の少ない食べ物を中心とした方がダイエットに成功しやすくなります。米やパンといった糖質が多い食べ物はダイエットには向きません。

食べる順序でダイエット効果が変わる

ですが食べる順番を工夫することで、血糖値の上昇を防ぎ太りにくい体質にすることも可能です。具体的には、以下の順番で食べることで血糖値の上昇を防ぐ効果があると言われています。

  1. 食物繊維を含む食べ物
  2. タンパク質を含む食べ物
  3. 糖質を含む食べ物

食物繊維を多く含む食べ物を先に食べることで、血糖値の上昇を防ぐことに繋がります。野菜や果物などのサラダを最初に食べることで、太りにくくなる効果が期待できます。野菜嫌いな人もいるでしょうが、ダイエット中は最初に野菜を食べるとダイエット効果が高まるのでお勧めです。

次に肉や魚などのタンパク質を含む食材を食べます。タンパク質は筋肉を形成する重要な栄養なので、しっかりと必要な量を取ることが望ましいです。ダイエット中であれば、脂肪分の少ない鶏肉や魚がお勧めになります。

ご飯やパンといった炭水化物は、食事に最後に食べることがダイエットに繋がります。空腹時に糖質が多い食べ物を最初に食べると、血糖値が急激に上昇して脂肪がつきやすくなるからです。

痩せている人の食べる順番を見ると野菜から食べている人が多いです。 モデルさんも実践しているダイエット法なので、その効果は実証されていると言えるでしょう。食べ物の順番は意識すれば変えられるので、ダイエットの食事で実践してください。

f:id:teke1102:20160824130244j:plain

太らない食べ方

食べる順序を変えることで、血糖値の上昇を抑えて太ることを予防することができます。それ以外にも太らない食べ方としては、ゆっくりと噛んで食べる方法はダイエットに効果的です。

ゆっくりと噛むことで満腹感が出る効果が期待できます。太っている人にはドカ食いをしている人が多いく、ゆっくり噛む癖をつけたらダイエットに成功した例もあります。ドカ食いの原因は空腹もあるので、空腹のときはダイエット食などを食べて気を紛らわすことも一つのダイエット法になります。

また他の太らない食べ方として、野菜スープやスムージーを空腹時に飲むのもお勧めの食事になります。スープなどは飲むことで空腹を和らげる効果があるので、ドカ食いの防止にも役立ちます。

朝昼夜の食事とダイエットに適した食べ方

ダイエットをする時は、朝昼夜の食事量を同じにする必要はありません。食事はエネルギーの摂取が目的なので、エネルギーを必要とする朝と昼の食事量を多くすることが重要になります。

逆に夜は寝るだけなのでエネルギーはそこまで必要ありません。極力夜ごはんの食事量を減らすことで、ダイエットの効果を上げることができるようになります。早く結果を出したい場合は、夜に置き換えダイエットをするのも効果的です。

食事の配分としては、朝はエネルギーが最も多く必要なのでしっかりと食べます。糖質が不足すると脳に栄養が届かないので疲れやすくなってしまいます。米やパンはしっかりと朝に食べることがダイエットでも理想となります。

最近では朝食を抜く人も増えているので、そういった人は昼にしっかりと食べるようにしましょう。ごはんやパンを食べて午後に備えることが重要になります。ただし食べる順番には気を付けて、糖質を最後に食べるようにしましょう。

現代の食生活では夜ごはんにカロリーや糖質が高い食事をする傾向になっています。ですが夜は睡眠に備えるだけなので、夜に高いカロリーは必要ありません。夜ごはんの食事を改善することで、ダイエットの成果を上げることが期待できます。

ダイエットの間食で気を付けること

基本的にダイエット中は間食をしない方が成功しやすいです。ですがどうしてもお腹が空いて我慢できなくなることがあります。そんな間食も血糖値の上昇を抑える食べ物を選ぶのがダイエットのコツになります。

よく間食で栄養補助食品や菓子パンなどを食べる人がいますが、これらは糖質が多くダイエットに不向きな食品になります。またこうした食べ物はカロリーも高いので、量が少なくても太りやすい性質があります。

ダイエットの間食におすすめの方法としては、最初に血糖値を上げない飲み物を飲むことになります。スムージーや野菜ジュースなどは、血糖値を下げて満腹感を出してくれるお勧めの食品になります。

ただしスムージーや野菜ジュースは糖質に注意をして飲むようにしましょう。果物をたっぷり使ったスムージーや市販の野菜ジュースは、糖質が多くダイエットに不向きな場合があるからです。

苦手な人もいますが、青汁なども血糖値を下げて満腹感を出してくれる食品になります。独特の味で苦手な人もいるでしょうが、美味しくない食べ物は食欲を抑制する効果もあるのでダイエットに向いています。

もしこういった飲み物でも食欲を抑えられない時は、こんにゃくゼリーなどのダイエット食を食べることをお勧めします。糖質が多いものは逆効果なので、糖質の少ないダイエット用のこんにゃくゼリーを食べることをお勧めします。

間食を無理に我慢すると、ドカ食いの原因になるのでダイエット中は気を付けてください。無理に食欲を抑えるのではなく、血糖値が上がらない食べ方をすることでダイエット効果を上げることができます。

f:id:teke1102:20160823173511j:plain

ダイエット商品の効果

市販のダイエット食品を使ってダイエットする方法も人気があります。こんにゃくラーメンやローカロリーの雑炊など、ダイエットに役立つ食品はたくさんあります。こうした食品を利用した食事も、ダイエットの成功に役立ちます。

特にダイエットスープは、野菜が豊富に含まれているので食物繊維が豊富な商品が多いです。食物繊維は血糖値を下げる効果があるので、食事前にダイエットスープを飲むのもお勧めのダイエット法になります。

注意としては極端にダイエット食品の食事だけにすると、味が単調なので飽きてしまいます。そのためダイエット食品を利用する場合は、週に2~3回にすることをお勧めします。

ダイエット食品は短期ダイエットに役立つ

ダイエット食品は、短期間でどうしても痩せたい時などに使うのが効果的です。1週間や2週間で体重を落としたい時に、食事をダイエット食品にすると高い成果を期待することができます。

ダイエット食品はカロリーや糖質を管理して作っているので、ダイエットの効果は間違いなくあります。個人差はありますが、体重が1週間で3キロ以上落ちるケースもあります。標準体重の人でも1キロ~2キロ落ちることも期待できます。

ダイエット食品は栄養が不足しやすいので、3食ずっと長期的に続けるには向いていません。しかし短期的なダイエットであれば、カロリー管理もしっかりとできているので高いダイエットの成果が期待できます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ダイエット

Copyright© BEAUTE , 2017 AllRights Reserved.