青汁の美容と効果を最大限に出す飲むタイミング

スポンサードリンク

青汁で使われる原材料は、栄養価が高く美肌などの美容効果が期待できます。美容で重要なことに食事がありますが、現代人の食事は美容に悪いものも多いです。青汁を飲むことで、体の内側から栄養を吸収して綺麗になることができます。

美容のために化粧品やエステなどに通う女性も多いですが、体の内側もケアしなければ意味がありません。青汁を飲むことで、アンチエイジングや美肌の対策を行う手助けになります。

体の内側もしっかりとケアすることで、美しさを保つことができるのです。美容を目的とした場合、青汁の原材料選びも非常に重要になります。ケールや明日葉など、原材料によって美容効果が違ってくるからです。それぞれの美容効果と、効果的な飲み方を説明するので参考にして下さい。

青汁に含まれている主な美容成分

青汁には数多くの美容成分が含まれており、どの原材料にも入っているものがあります。現代人が不足しがちな栄養素も多く、毎日摂取すれば体を内側から変化させることができます。

特に野菜不足の人は、青汁を飲むことで不足しがちな美容成分を補給することができます。ほとんどの青汁に含まれる栄養素として、以下のものがあります。

  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • βカロチン
  • カルシウム
  • 食物繊維

青汁に含まれるビタミンBはエネルギーを作る以外にも、肌を形成するために必要な栄養になります。肌荒れを起こしている人の多くは、ビタミンBが不足している場合が多いです。ビタミンBは8種類あり、バランスよく摂取することが重要になります。

青汁には肌を形成するビタミンB2や、ホルモンバランスを整えるビタミンB6が豊富なので美肌効果も期待できます。また皮膚や粘膜などの細胞の新陳代謝に関わるナイアシンも、青汁には含まれています。

美肌効果が高いビタミンとして有名なビタミンCも、青汁には豊富に含まれています。ビタミンCには活性酸素を抑えシミを改善する働きや、コラーゲンの生成を手助けする効果もあります。ビタミンCは肌に直接吸収させることはできないので、化粧品などではなく体内から吸収する必要があります。※ビタミンC誘導体のように、肌に吸収された後にビタミンCになる化粧品もありますが、一般的には体内に吸収したほうが効果が高いです。

βカロテンは、体内でビタミンAに変換させる成分になります。ビタミンAには、皮膚の粘膜の形成を助けて肌の角質化を防ぐ効果があります。また抗酸化作用も強く、活性酸素を抑えてシミを改善する効果も期待できます。青汁にはこのβカロテンが豊富に含まれているので、美容効果は抜群に高いと言えます。

カルシウムと聞くと、骨を丈夫にする働きと思っている人が多いと思います。確かにこの効果が高いのですが、実はそれ以外に肌への影響も大きいのです。カルシウムには新陳代謝を促進する効果や、皮膚の保水成分を働かせる効果があります。また自律神経を整える効果もあるので、美容に重要な睡眠の質を上げる効果も期待できます。

食物繊維は水溶性と不溶性があり、青汁はこの2つをバランスよく含んでいる特徴があります。食物繊維は美容に重要で、便秘を解消する効果があります。また腸内環境を整えて、肌荒れやニキビを防いでくれる効果も期待できます。肌荒れやニキビは、体の内側が原因の可能性もあります。現代人は食物繊維が不足しているので、青汁で適量取ることで美容効果を上げることができます。

青汁の美容成分

ほとんどの青汁では、上記で紹介したビタミンなどの栄養を含んでいます。ですが原材料によっては、その原材料にしか存在しない栄養素もあり美容効果が異なってきます。各原材料ごとに含まれている美容成分を紹介するので参考にして下さい。

ケールの美容効果

青汁の原材料で有名なケールには、美容効果の高いルテインとメラトニンが含まれています。

ルテインは眼精疲労予防などで有名ですが、肌の水分量を増やし弾力を高めてくれる効果があります。また紫外線から肌を守る効果もあるので、シミなどの予防にも役立ちます。

メラトニンは、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。女性に多いホルモンバランスの崩れは、肌荒れやニキビの原因になります。メラトニンでホルモンバランスを整え、睡眠をしっかりとることで美容効果が高まります。

大麦若葉の美容効果

大麦若葉には、クロロフィルやSOD酵素といった美容成分が含まれています。これらには活性酸素を除去して肌のターンオーバーを正常にする効果があります。ターンオーバーが正常になれば、キメの細かい綺麗な肌作りができるようになります。

また大麦若葉には、新陳代謝を上げる亜鉛も含まれています。亜鉛は現代人が不足しがちな栄養なので、摂取することで高い美容効果が期待できます。また美白効果が期待できるカテキンも大麦若葉には含まれています。

明日葉の美容効果

明日葉にはカルコンと呼ばれる、新陳代謝を促進する美容成分が含まれています。またポリフェノールの一種であるクマリン類は、活性酸素を除去する効果があります。活性酸素を除去することで、肌の老化を予防することが期待できます。

また明日葉には、紫外線のダメージを改善させるビタミンKも含まれています。肌の代謝を上げる成分が豊富なのが、明日葉の特徴になります。

よもぎの美容効果

よもぎには大麦若葉同様に、クロロフィルとSOD酵素が豊富に含まれています。肌の新陳代謝を促進させ、綺麗な肌にするのに役立つ栄養素になります。

またよもぎには、シネオール、アルファーツヨン、セキステルペンと呼ばれるホルモンバランスを整える成分も含まれています。ホルモンバランスを整えることで、肌荒れやニキビの予防に繋がります。よもぎは万能薬と呼ばれ健康面で取り上げられやすいですが、美容効果も高い青汁になります。

桑の葉の美容効果

桑の葉にはクロロフィルが豊富に含まれており、活性酸素を除去する効果があります。肌の代謝を促進する効果もあるので、美肌には欠かせない成分となります。

また桑の葉には、デオキシノジリマイシンと呼ばれる美容に役立つ成分もあります。デオキシノジリマイシは糖の吸収を抑えて、腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。腸内環境を整えることで、肌荒れやニキビを改善することが期待できます。

クマザサの美容効果

クマザサにはリグニンと呼ばれる、腸内の老廃物を排出させる成分があります。腸内環境を整えることで、美肌になる効果を期待することができます。

またクマザサにはアミノ酸が豊富なので、肌の形成や新陳代謝の促進効果も期待できます。アミノ酸は美肌の土台となる重要な成分なので、それがしっかりと摂取できるクマザサは美肌効果が高いと言えるでしょう。

長命草の美容効果

沖縄で有名な長命草は、ルチンとクロロゲン酸の美容成分が豊富に含まれています。ルチンとクロロゲン酸はポリフェノールの一種で、活性酸素を除去して肌の新陳代謝を促進させる効果があります。肌のターンオーバーを正常にする働きがあり、美肌には欠かせない成分となります。

沖縄は紫外線が強いですが、綺麗な肌の人が多いのはこうした食べ物の効果もあるのだと考えられます。

クロレラの美容効果

クロレラには、ルテイン、アミノ酸、クロロフィルの美容成分が含まれています。ルテインはケールにも含まれていますが、肌の水分量を上げて弾力ある肌にしてくれる効果があります。

アミノ酸は肌の形成に重要な成分で、新陳代謝を促進する効果があります。クロロフィルは活性酸素を除去効果があり、肌の老化防止に役立ちます。

青汁の美容成分の違いと選び方

青汁は原材料によって、含まれている美容成分が異なります。美肌の基本となるビタミンなどの栄養素はどの青汁もありますが、それ以外に原材料による成分の違いがあります。これらの違いを理解して、青汁を選ぶと健康効果だけではなく美容効果も期待することができます。

パソコンなどで目が疲れている人は、ルテインが含まれているケールやクロレラの青汁がお勧めになります。

腸内環境が悪いと感じているならば、桑の葉やクマザサの青汁がお勧めになります。ホルモンバランスの崩れが気になるならば、ケールやよもぎの青汁を選ぶのがお勧めです。

上記で説明した美容効果をよく読んで理解して、どの青汁が一番自分の求めている効果に近いかを選ぶのも一つの方法です。

実際に青汁を飲み始めると、肌の調子が良くなったと感じる人も多いです。ただし青汁の美容効果を感じるまでには、ある程度の期間が必要だったとう声も多いです。

青汁の美容効果がでるまでの期間

青汁の美容効果が出るまでには、ある程度の期間飲み続けることが重要になります。1週間や2週間で効果が出たという口コミもありますが、現実的にそんなに簡単に肌や体内環境はかわりません。

実際に肌への美容効果を感じた人は、1~3ヵ月目から実感している人が多いです。この期間は、肌のターンオーバーの期間も関係していると思われます。肌の入れ替わりは、一般的に肌は28日周期で入れ替わるとされています。

ただしこの期間は若者が中心で、年齢を重ねるほど肌のターンオーバーは遅くなります。青汁を飲み始めて早く美容効果を感じている人は、若い口コミが多い傾向にあります。10代や20代であれば肌のターンオーバーが正常なので、1ヵ月で肌が綺麗になることも十分考えられます。

しかし高齢の人であればターンオーバーが遅いため、新しい肌を実感するまでに時間がかかると考えられます。ですがある程度の期間が経過すれば、多くの人は肌の調子が良くなったと口コミしています。

青汁の美容効果は高いですが、すぐに結果として反映されるわけではありません。飲み続けることで体内環境を正常にして、綺麗な肌の土台を作っていくのです。すぐに結果がでないからと諦めないで、青汁を飲み続けることが美肌には重要になります。

また美容で重要なことに、不規則な食生活を改善することもあります。どんなに青汁の美容効果が高くても、食生活の乱れは美容効果を半減させてしまうからです。脂質や糖質の高いスナック類は避け、3食きちんと食べることで青汁の効果も上がります。

また睡眠不足も美容には重要な要素になります。もし睡眠不足ならば、メラトニンが含まれているケールの青汁を飲むのも効果的です。

青汁を飲むタイミングは夕食前がおすすめ

青汁はどのタイミングで飲んでも良いのですが、美容目的であれば夕食前が効果的です。基本的に肌は就寝中に作られるので、寝る前に栄養を補給することが理想になります。夕食前に飲むことで、青汁の栄養を食事と一緒に吸収することができます。就寝直前でも良いのですが、体内に吸収されるまでには時間がかかるので夕食前が最も理想になります。

また青汁の夕食前に飲むことで、血糖値を抑えてくれる効果もあります。血糖値の上昇を抑えることで、ダイエットにもなるというメリットがあります。青汁のダイエットについては、ダイエットにおすすめの青汁ランキングも参考にして下さい。

青汁を夕食前に飲めば、ダイエットにも繋がるお勧めの飲むタイミングになります。そしてもう一つ夕食前に飲む効果として、生活習慣病などの予防にも繋がることがあります。青汁で血糖値の上昇を抑えることで、ドカ食いなどを防ぐことに繋がるからです。

青汁を夕食前に飲むと、空腹感が抑えられるので食べ過ぎなどのリスクを回避することができます。これらのことから、青汁を飲むタイミングは夕食前がお勧めとなります。

ですが飲むタイミングは決まっていないので、もし朝が良ければそのタイミングで飲むことを続けましょう。重要なことは継続することなので、夕食前はあくまでお勧めの飲み方として参考にして下さい。

青汁商品の美容効果

青汁を美容目的で飲む場合、どの商品を選ぶかで迷う人も多いと思います。最近の青汁は、青汁の栄養以外の美容成分も含んだものも多いのが特徴です。そのため商品の内容をしっかりと把握すれば、期待していた以上の成果が出ることもあります。

青汁商品の美容効果が高いのは、青汁の原材料以外のものをブレンドしているからです。一昔前の青汁は、ケールや大麦若葉など一種類の原材料だけで作られていたものが多かったです。しかし最新の青汁商品は、ケールと大麦若葉など複数の原材料をブレンドしている傾向があります。これは美容効果を上げる目的と、青汁を飲みやすくするための工夫と言えるでしょう。

また青汁の原材料以外にも、オリゴ糖や乳酸菌など他の美容成分をブレンドしている商品も増えてきました。こうした商品は、青汁の原材料だけよりも美容効果が高くなることが予想されます。

ただし糖質が多い商品もあるので、青汁選びでは使われている材料に注意して購入しましょう。青汁は以前に比べて、飲みやすく美容効果が高くなりました。各社でより美容効果の高い青汁の研究をしているので、今後もさらに美容効果が高い青汁が発売されることが予想されます。

スポンサードリンク