BEAUTE

愛されボディを目指す美容ブログ

美容 青汁

青汁の効果と良い商品の選び方

更新日:

青汁の効果としては、健康に良いという認識の人が多いと思います。

ですが健康に良いとは知っていても、どういった効果があるのか知らない人も多いでしょう。

実は青汁にはいくつかの種類があり、青汁の種類によって違った効果があるのです。

それぞれの効能を理解することで、青汁の効果を最大限に引き出すことができます。

健康目的であったりダイエット目的など、目的によって飲む青汁を選ぶことが重要になります。

そのためには青汁の種類と、商品の内容をしっかりと理解することが必要になります。

ただ青汁を飲むのではなく、自分の目的に合った青汁を選ぶことが効果を実感できる最適な方法になります。

ですが青汁の成分や効能を自分で調べることは、意外と大変な作業になります。

効率的に青汁を理解できるよう、種類別に青汁の効果をまとめました

有名な青汁や聞きなれない青汁など一つ一つ紹介しているので、青汁を選ぶ参考にして下さい。

f:id:teke1102:20160609142448j:plain

青汁は原材料で性質が変わる

青汁は原料や作り方によって、その効能や味が変わってくる特徴があります。

一般的に苦いイメージがありますが、それは苦みがある原料を使っているからになります。

最近の青汁は苦みが少ない種類の原料を使って、飲みやすくなる工夫をしている傾向があります。

このように使われている原材料によって青汁の性質が変わります

一般的に青汁は、苦くて美味しくないイメージを持っている人が多いと思います。

ですが青汁に使われる原材料には種類があり、それによっては味が変わってきます。

もし青汁の味が嫌いだった場合は、違う原材料の青汁を選ぶと飲みやすくなるかもしれません。

また青汁は、原材料によって含まれる栄養素が異なります。

ダイエットや美容の目的で青汁を選ぶ場合は、ダイエットや美容の効果がある商品を選ぶことが重要になります。

青汁と一言で言っても、種類によって効果や効能が変わるので選ぶときは注意しましょう。

では実際に青汁に使われている種類と、その効果について説明していきます。

青汁の種類、成分、効果・効能の一覧

青汁の種類別の成分と効果・効能を一覧にしてみました。

それぞれの原材料が、どのような効果があるのかを確認する参考にして下さい。

全ての成分を書いてはいませんが、それぞれの主な成分と効果について記載しています。

種類 成分 効果・効能
ケール ビタミンC,E
βカロテン
カルシウム
食物繊維
葉酸
ルテイン
メラトニン
美容
便秘解消
骨を丈夫にする
免疫力向上
眼精疲労予防
不眠対策
大麦若葉 ビタミンC,E
βカロテン
カルシウム
食物繊維
亜鉛
鉄分
クロロフィル
SOD酵素
カテキン
美容
便秘解消
骨を丈夫にする
代謝アップ
貧血予防
老化・病気予防
コレステロールの吸収抑制
明日葉 ビタミンC,E
βカロテン
カルシウム
食物繊維
カルコン
カリウム
クマリン類
美容
便秘解消
骨を丈夫にする
老廃物排出
むくみ防止
セルライトの解消
よもぎ ビタミンC,E
βカロテン
食物繊維
クロロフィル
SOD酵素
シネオール
アルファーツヨン
セキステルペン
美容
便秘解消
老化・病気予防
コレステロール低下
ホルモンバランスを整える
桑の葉 ビタミンC,E
βカロテン
カルシウム
カリウム
クロロフィル
SOD酵素
デオキシノジリマイシ
美容
骨を丈夫にする
むくみ防止
老化・病気予防
生活習慣病予防
クマザサ ビタミンC,E
βカロテン
カルシウム
クロロフィル
バンフォリン
リグニン
アミノ酸
美容
骨を丈夫にする
抗菌作用
抗がん効果
肥満防止
老廃物の排出
細胞の形成
長命草 ビタミンC,E
βカロテン
カルシウム
ルチン
クロロゲン酸
イソサミジン
ブテリキシン
美容
骨を丈夫にする
生活習慣病予防
抗酸化作用
排尿効果
中性脂肪抑制
クロレラ ビタミンC,E
βカロテン
葉酸
ルテイン
クロロフィル
美容
免疫力向上
細胞の形成
眼精疲労予防
コレステロール低下

上記の表を見るとわかりますが、基本的にどの青汁も似たような効果・効能があります。

成分は若干違いますが、健康や美容に良い成分が豊富に含まれています。

またコレステロール低下や、セルライト解消などのダイエット効果が期待できる成分が含まれている青汁もあります。

それぞれの原材料の成分や効能・効果について詳細を説明するので、自分の目的に近い青汁を探す参考にして下さい。

ケールの青汁

ケールは「緑黄色野菜の王様」と呼ばれる野菜で、一般的な青汁のイメージに一番近いものになります。

ケールの特徴としては苦みが強く、青汁が苦いというのもこのケールを使ったものが多いです。

ですがケールは生命力が強い野菜で、栄養価が非常に高いという特徴があります。

そのためケールは、健康志向の人に最も向いている青汁と言えます。

最近のケールの青汁は、味の改良をして昔に比べて飲みやすくなりました。

ビタミン類

ケールにはβカロテンやビタミンC、Eなど、健康に重要なビタミンを多く含んでいます。

その量は似た種類の野菜であるキャベツに比べて、なんと300倍とも言われています。

これらのビタミン類は、動脈硬化などの生活習慣病の予防にも役立つと言われています。

女性の悩みになりやすい、シミや肌荒れなど美容効果が高いという特徴もあります。

ケールが緑黄色野菜の王様と呼ばれるのは、ビタミンが豊富なことも理由の一つでしょう。

葉酸

ケールには、赤血球の形成やDNAの合成に必要な葉酸も多く含まれている特徴があります。

葉酸を摂取することで、免疫力を上げる効果が期待できます。

葉酸は妊婦も積極的に摂取すべき栄養素と言われていて、体の生成には欠かせないものになります。

カルシウム

カルシウムと聞くと、牛乳などの乳性品が多いと思うかもしれません。

ですが実は緑黄色野菜にも含まれていて、その中でもケールはカルシウムは特に多いのです。

しかもケールは、吸収率の高いカルシウムという特徴があります。

カルシウムは骨を丈夫にする効果があるので、子供から大人まで摂取すべき栄養になります。

食物繊維

ケールには、水溶性と不溶性の食物繊維が豊富に含まれています。

水溶性の食物繊維には、血糖値の上昇を抑えるという効果があります。

また不溶性の食物繊維を一緒に取ることで、便秘改善などのデトックス効果もあるのです。

現代人は食物繊維が不足していると言われているので、豊富に含まれているケールは健康にも効果が高いと言えます。

ルテイン

眼精疲労などに効果的と言われるルテインも、ケールに含まれている栄養になります。

最近はスマートフォンなどで眼精疲労の人が多いので、目の疲れを取るのに役立ちます。

目の病気の予防にもなるので、現代人には効果的な栄養をケールは含んでいると言えます。

メラトニン

メラトニンは聞きなれない人も多いでしょうが、睡眠ホルモンの一種になります。

大人になると眠りが浅くなるのは、このメラトニンの量が年々減っていくからです。

ケールにはこのメラトニンも含まれているので、良質な睡眠をする手助けをしてくれます。

眠りが浅いと感じたら、ケールの青汁を飲むのも効果的になります。

大麦若葉の青汁

大麦若葉は、大麦の若い葉っぱのことを言います。

穂よりも若い葉っぱなので、緑黄色野菜として優れた栄養が含まれているのが特徴になります。

ケールに比べて苦みが少なく健康効果も同様に高いため、最近の青汁の主流になりました。

ビタミン類

大麦若葉も、ケール同様にビタミン類が豊富に含まれています。

βカロテンやビタミンB1、C、Eなど、体に必要なビタミンが多いです。

ビタミンB1は疲労回復効果もあるので、疲れている人に向いている栄養と言えます。

これらのビタミンは、免疫力を上げる効果もあるので積極的に取りたいものになります。

食物繊維

大麦若葉もケール同様に、食物繊維が豊富に含まれているのが特徴です。

整腸作用や便秘改善の効果があるので、女性には嬉しい栄養が豊富に含まれていると言えます。

大麦若葉も、水溶性と不溶性の食物繊維が多いです。

クロロフィル、SOD酵素

大麦若葉のクロロフィルには、コレステロールを抑える効果も期待できます。

またクロロフィルは、癌の予防にも役立つと言われています。

そして大麦若葉には、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病予防に効果があると言われるSOD酵素も含まれています。

SOD酵素は、細胞やDNAを活性酸素から保護して老化や病気の予防に効果があると言われています。

カルシウム

大麦若葉にも、ケール同様にカルシウムが豊富に含まれています。

骨や歯を丈夫にするだけではなく、カルシウムは冷え性の予防や改善の効果があるとも言われています。

鉄分

大麦若葉には、鉄分が豊富に含まれているという特徴もあります。

貧血の予防効果もあるので、女性などは積極的に取ることが勧められている栄養素になります。

亜鉛

亜鉛は、タンパク質や脂質、糖質の代謝を上げる効果があります。

大麦若葉は、この亜鉛を多く含んでいる青汁になります。

亜鉛は普段の食事では必要量にならないことも多いので、大麦若葉の青汁で補充するのも健康に効果的です。

カテキン

緑茶などのお茶に含まれることで有名な栄養で、活性酸素を抑える効果があります。

またコレステロールや糖の吸収を抑える効果もあり、生活習慣病の予防にも役立ちます。

明日葉の青汁

明日葉は、昔から不老長寿の妙薬として使われていたそうです。

中国の秦の始皇帝などの有名な人物が、わざわざ日本まで明日葉を求めて家来を送ったという伝説があるほどです。

味は明日葉独特の癖があり、少し苦いと感じる人も多いようです。

ですが最近の明日葉は、ケール同様に味の改良を重ね飲みやすくなってます。

ビタミン類

明日葉にも、美容効果の高いβカロテンやビタミン群が豊富に含まれています。

老化防止効果血行をよくする効果も期待できます。

食物繊維

明日葉にも、ケールや大麦若葉と同様に食物繊維が豊富に含まれています。

便秘気味な人には効果があるので、飲む価値が高い青汁と言えます。

カルシウム

骨を丈夫にする成分であるカルシウムも、明日葉には豊富に含まれています。

カルシウムには精神を落ちつかせる作用もあります。

カルコン

カルコンは、抗酸化ポリフェノールの一種になります。

活性酸素を除去して、体のサビを防ぐ効果があると言われています。

また体内にある、余分な老廃物や水分を排出する効果もカルコンにはあります。

カリウム

明日葉には、バナナの1.5倍と言われるカリウムが含まれています。

カリウムは体の水分を適量に維持する効果があり、むくみ防止の効果があります。

カリウムは調理や日常生活で失われやすいので、積極的に取るべき栄養になります。

クマリン類

明日葉のクマリン類は、体に蓄積される余分な脂肪や老廃物を排出する効果があります。

女性に多いセルライトを解消する効果も期待できるので、ダイエット目的で明日葉の青汁を飲んでいる人も多いです。

ビタミンK

明日葉に含まれるビタミンKは、骨を丈夫にしたり出血が止まりやすくなる効果があります。

ビタミンKの不足は、骨粗鬆症や骨折の原因にもなります。

ただしビタミンKは、ワーファリンという薬の効果を弱めてしまいます。

この薬を使うときは、注意が必要になります。

よもぎの青汁

よもぎは「ハーブの女王」と呼ばれ、病を止める効果があると言われています。

漢方でも良く使われてる成分で、栄養価が高く万能薬としてその効果や効能が認められています。

ハーブの女王と呼ばれてるだけに、リラックス効果があり飲みやすいという特徴があります。

ビタミン類

よもぎにも、他の青汁と同様にビタミン類が豊富に含まれています。

美容効果や健康には不可欠な栄養になります。

鉄分

よもぎには、鉄分が豊富に含まれています。

女性が不足しやすい栄養で、造血作用や貧血の予防効果が期待できます。

クロロフィル、SOD酵素

生活習慣病の予防に効果がある、クロロフィルやSOD酵素もよもぎには含まれています。

血液中の老廃物を排出して、血液を綺麗にしてくれる効果もあります。

またコレステロール値を下げて、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクも減らしてくれます

食物繊維

よもぎには、ほうれん草の10倍以上の食物繊維が含まれています。

食物繊維には、デトックス作用や便秘改善効果があります。

シネオール、アルファーツヨン、セキステルペン

ヨモギに含まれるシネオール、アルファーツヨン、セキステルペンには、ホルモンバランスを調整する効果があります。

ホルモンバランスを調整することで、正常な新陳代謝になり健康や美容にも高い効果を発揮します。

桑の葉の青汁

日本でも鎌倉時代から薬として、桑の葉を使ってきました。

漢方でも副作用が少なく病気を治す効果があるとして、桑の葉を使うことが多いです。

最近の研究でも、桑の葉が持つ健康効果が見つかって、注目を集めるようになりました。

味は少し濃い緑茶のような味で、個人差はありますがお茶が飲める人なら問題ない味と言えます。

ビタミン類

桑の葉も、他の青汁同様にビタミン類が豊富に含まれています。

ビタミンB、C、Eやβカロテンがバランスよく含まれています。

桑の葉青汁で、美容効果や免疫力の向上効果が期待できます。

カリウム

カリウムは、体の水分代謝を促進して老廃物や過剰摂取した塩分を排出してくれます。

女性が気になるセルライトやむくみに効果があります。

高血圧改善や、デトックス効果もあり健康には役立つ栄養になります。

カルシウム

桑の葉のカルシウムは、牛乳の約24倍も含まれていると言われています。

カルシウムは骨を強くするだけではなく、イライラやホルモンバランスの調整にも役立つ栄養になります。

クロロフィル

クロロフィルは別名「緑の血液」と言われ、抗酸化作用やがんなどの生活習慣病の予防の効果があります。

またクロロフィルには、腸内洗浄の効果もあり体内を綺麗にしてくれます。

 デオキシノジリマイシ(DNJ)

デオキシノジリマイシンは、糖尿病の予防や改善に効果がある栄養になります。

食後の急激な血糖値の上昇を抑えたりカロリーの過剰摂取抑制効果なども期待できます。

ダイエット効果が高く、女性などが積極的に取りたい栄養になります。

クマザサの青汁

クマザサは民間薬として利用されていました。

漢方ではジャクと呼ばれ、老化防止の薬として使用されています。

クマザサ青汁の味はほんのり甘く、ケールや大麦若葉に比べて飲みやすいと言えます。

青汁の味が苦手な人は、クマザサから始めると継続できる可能性が高くなります。

ビタミン類

クマザサも、ビタミンBやCが豊富に含まれています。

抗酸化作用があるビタミン類が豊富なので、免疫力の向上などの効果があります。

クロロフィル

抗菌作用が有名で、ガムなどにも使われている成分になります。

またコレステロールなどを排出する効果もあるので、生活習慣病の予防の効果もあります。

またヘモグロビンをサポートして酸素を体に運ぶ働きがあるので、貧血予防効果も期待できます。

バンフォリン

クマザサ多糖体と呼ばれる成分で、抗菌効果があります。

美肌などの美容効果のほかに、抗ガン効果も期待されている成分になります。

細胞を強化する働きがあるので、体を健康にする効果があります。

カルシウム

骨や歯を丈夫にする成分以外にも、筋肉の収縮や気分を鎮静化する効果もあります。

クマザサも他の青汁同様に、カルシウムが豊富に含まれています。

リグニン

リグニンは難消化の食物繊維で、腸内の老廃物を排出する効果があります。

また肥満防止の効果も期待できるので、食生活が気になる人にお勧めの成分となります。

アミノ酸

アミノ酸は、細胞や酵素を形成して正常に働かせる効果があります。

アミノ酸は人間の2割を占めるタンパク質を構成しているので、とても重要な役割となります。

クマザサのアミノ酸は、牛乳や米の2倍あると言われています。

長命草の青汁

長命草は沖縄などの温暖な地域にある草で、古くから食材や民間薬として使われてきました。

与那国島の紫外線とミネラル豊富な海風が、長命草を栄養たっぷりに育てていると言われています。

沖縄は長寿としても有名ですが、こうした高い抗酸化効果のある食べ物を食べているのが要因の一つと考えられます。

ビタミン類

長命草には、βカロテンやビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。

ビタミンEやポリフェノールなどは、活性酸素を除去する効果があります。

美容効果も高いので、女性のシミや美肌の改善も期待できます。

カルシウム

骨を丈夫にする効果があるカルシウムも、長命草には多く含まれています。

カルシウムはイライラなどの、精神を安定させる効果も期待できます。

ルチン

ルチンは、血液をサラサラにして動脈硬化を予防する効果があると言われています。

そばにも含まれている成分で、食生活が気になる人にお勧めの成分になります。

クロロゲン酸

クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、抗酸化作用が期待できます。

活性酸素を除去することで、健康的な体を維持するのに役立ちます。

活性酸素は様々な病気や老化の原因になるので、健康を考えた場合予防が重要になります。

イソサミジン

長命草に含まれるイソサミジンには、排尿を促す効果が期待できます。

そのため残尿やトイレが近い人は、これを摂取することでそういった問題を解決する期待ができます。

ブテリキシン

長命草に含まれるブテリキシンは、中性脂肪の合成を抑える効果があると言われています。

そのため肥満などの生活習慣病の予防にも役立つと考えられます。

クロレラの青汁

クロレラは植物性プランクトンの一種になります。

高い光合成能力と増殖力を持ち、昔から健康食として注目されてきました。

バランス良い栄養素を含んでいるため、天然のマルチビタミンとも言われています。

そのため最近では、青汁の原材料として使われるようになってきました。

ビタミン類

天然のマルチビタミンと言われているだけに、ビタミン類はかなり豊富になります。

ビタミンA、B、C、βカロテンなど、バランスよくビタミンを摂取することができます。

ビタミンは抗酸化作用が高いので、老化防止や病気の予防といった効果も期待できます。

ルテイン

目の疲れに効果があるルテインも、クロレラは豊富に含んでいます。

パソコンなどを使う機会が多い現代人は、積極的に取りたい栄養になります。

葉酸

細胞の再生や赤血球の生成をする葉酸も、クロレラには豊富に含まれています。

葉酸は再生能力が高いので、認知症やがんにも効果が期待できると言われています。

アミノ酸

クロレラに含まれる植物性タンパク質には、全ての必須アミノ酸が含まれていると言われています。

アミノ酸は肌や髪を正常に生成する効果があるので、しっかりと摂取することが重要になります。

クロロフィル

クロレラに含まれるクロロフィルは、発がん抑制やコレステロール低下などの効果があると言われています。

クロレラのクロロフィルは、一般的な緑黄色野菜の2倍以上あると言われています。

またクロロフィルには、有害物質を排出する効果もあると言われています。

良い青汁の選び方

現在購入できる青汁の多くは、上記の原材料を使っている場合が多いです。

原材料によって効果に違いがあるので、目的に合わせた青汁を選ぶことが大事になります。

ただし最近の青汁は、原材料のブレンドや青汁の原材料以外の成分を含めているものも増えています。

これは飲みやすくする理由や、美容や健康効果を高めるためになります。

以前は使われている原材料を元に、どの青汁を選ぶのかが重要でした。

しかし最近の青汁は、原材料以外の成分が含まれているので選び方に注意が必要になります。

ここ数年でどんどん新しい青汁が開発されているので、しっかりと成分を確認することが重要になります。

また基本的には、新しく発売された青汁は色々と改良が加えられている傾向にあります。

いつも飲んでいる青汁も良いですが、成分を見て良いものだった新製品を試すのもお勧めになります。

ただし新製品だからと言って、すぐに結果が出るわけではないので気を付けましょう。

青汁の効果がでるまでには、ある程度の期間が必要になるからです。

青汁のダイエット法については、以下の記事を参考にして下さい。

www.resblo.com

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-美容, 青汁

Copyright© BEAUTE , 2017 AllRights Reserved.