豆乳ダイエットを成功させる効果的な方法

スポンサードリンク

豆乳ダイエットは、過度な食事制限がなく成功しやすいダイエットと言えます。

実際に痩せたという口コミも多いのが、 豆乳ダイエットの特徴になります。

ただし豆乳ダイエットを成功させるには、その方法がとても重要になります。

 

なぜなら豆乳を飲むだけでは、ダイエットを成功させるのは難しいです。

豆乳ダイエットに成功している人の多くは、その方法を工夫しています。

痩せる飲み方をすることで、豆乳ダイエットの効果を上げることができるのです。

 

豆乳を飲むだけではなく、効果的な飲み方をすることがダイエット成功の秘訣です。

豆乳ダイエットを成功させる、効果的なダイエット方法を紹介します。

口コミや体験談なども踏まえるので、ダイエット成功の参考にして下さい。

 

 

豆乳のダイエット効果 

豆乳ダイエットは、豆乳を飲むだけで痩せることができるわけではありません。

なぜなら豆乳そのものには、痩せる成分は含まれてはいないからです。

むしろカロリーがあるので、普通に飲んでいたら太ってしまう可能性があります。

 

豆乳ダイエットを成功させるには、豆乳の効果を理解することが重要になります。

豆乳がダイエットに適しているのは、血糖値の上昇を抑えてくれるからです。

血糖値の上昇を抑えることで、脂肪がつきにくい体になります。

 

また豆乳は、空腹時に飲むと食欲を抑制してくれる効果も期待できいます。

空腹時に飲むことで、ドカ食いをすることを防いでくれる効果もあります。

タイミング的には、食事の前に豆乳を飲むと効果が高いです。

 

豆乳には、こういったダイエットに役立つ様々な効果があります。

食事前などに豆乳を飲むことで、普段の食事量を減らしたりする効果が期待できます。

豆乳を飲んでも、いつも通り食べたらダイエットは成功しないので気を付けましょう。

 

豆乳ダイエットを成功させる方法

豆乳ダイエットは、飲むだけで成功できるダイエット法ではありません。

そのやり方が重要で、正しい方法を実践しないと成功させることができません。

豆乳ダイエットを成功させるには、以下のポイントに気を付けましょう。

 

  • 豆乳の選び方
  • 豆乳を飲むタイミング

 

豆乳ダイエットで重要なことに、豆乳の選び方があります。

市販で豆乳を購入する場合は、カロリーが低い品を選ぶことがポイントです。

豆乳自体にカロリーがあるので、できるだけ低い商品を選んで飲みましょう。

お勧めとしては、マルサンの調整豆乳カロリー45%オフになります。

マルサン 調製豆乳 カロリー45%オフ 1L×6本

マルサン 調製豆乳 カロリー45%オフ 1L×6本

 

100mlあたり34カロリーと、他の豆乳に比べてカロリーが低いのが特徴です。

飲み口も良いので、豆乳が苦手な人でも飲めるように工夫されています。

ダイエットとして毎日飲むなら、なるべくカロリーも計算して豆乳を選びましょう。

 

豆乳ダイエットで重要なこととして、飲むタイミングも成功を左右します。

最もお勧めのタイミングとしては、食事30分前に豆乳を飲む方法になります。

豆乳を飲んで30分ほどすると、食欲が抑制されてダイエット効果が高くなります。

目安としては、コップ1杯200ml程度を飲むと食欲抑制効果が期待できます。

 

豆乳ダイエットを成功させるには、豆乳の選び方と飲むタイミングが重要になります。

ただし豆乳は癖があるので、どうしても好きになれない人も多いです。

そんな人向けに、豆乳の代替として使える豆乳ダイエット商品を紹介します。

 

お勧めの豆乳ダイエット商品

豆乳ダイエット商品は、豆乳以外にも色々なものが発売されています。

どれもカロリーが低く、空腹時に食べることで食欲抑制効果が期待できます。

腹持ちが良くダイエットを継続できる商品を紹介するので、参考にして下さい。

 

豆乳クッキー

豆乳ダイエットで良く使われる食品に、豆乳クッキーがあります。

豆乳で作っているクッキーなので、普通のものよりもカロリーは低いです。

固形の食品なので、食べごたえがあり腹持ちが良いのが豆乳クッキーの特徴です。

 

豆乳クッキーのダイエット方法は、空腹時に数枚食べるだけになります。

注意としては、食べ過ぎると逆に太ってしまうことになります。

豆乳クッキーはカロリーが低いですが、食べ過ぎれば当然太ります。

 

適度な量を空腹時に食べて、血糖値の上昇を抑えるのが豆乳クッキーの目的です。

もちろん食事量も、普段よりは少なくすることを忘れないでください。

豆乳クッキーのお勧めとしては、豆乳おからマンナンファイバークッキーになります。

1食分が140kcal前後と、ダイエット効果を期待できる豆乳クッキーになります。

味も6種類と豊富なので、飽きずにダイエットを継続させることができます。

クッキーと一緒に水を飲むと、満腹感が得られてダイエット効果が上がります。

 

豆乳バナナ

栄養価の高いバナナを、豆乳と混ぜて飲む方法のダイエットになります。

バナナの味が強いので、豆乳が苦手な人でも美味しく飲むことができます。

作り方も簡単で、豆乳とバナナをミキサーで混ぜるだけの方法で作れます。

 

豆乳バナナは作り方が簡単なので、朝食代わりにするのもお勧めの方法です。

パナソニック ファイバーミキサー ブラックメタル MX-X300-Kを使えば、簡単に豆乳バナナを作ることができます。

このミキサーは、低速と高速があり食材によって分けることができます。

 

バナナは栄養価が豊富なので、ダイエットには最適な食材になります。

バナナで不足するタンパク質を、豆乳で補うことができます。

手軽にできるダイエット方法として、豆乳バナナはお勧めの方法の一つです。

 

ただし毎朝豆乳バナナだと飽きるので、週に2から3回程度にするのがポイントです。

ダイエット食を継続させることも、豆乳ダイエットを成功させる秘訣になります。

飽きたら他の食材を購入して、スムージーにするのもお勧めです。

 

豆乳バナナを作るのが面倒な場合は、市販の商品を購入するのも一つの方法です。

マルサン 豆乳飲料バナナカロリー50%オフ 200ml×24本

マルサン 豆乳飲料バナナカロリー50%オフ 200ml×24本

 

 

豆乳スムージー

人気が高いダイエットのスムージーと、豆乳を組み合わせたダイエット方法です。

先ほど紹介したパナソニック ファイバーミキサー ブラックメタル MX-X300-Kを使えば、スムージーも簡単に作ることができます。

スムージーはレシピが豊富なので、自分の好みの食材と豆乳を組み合わせましょう。

 

レシピを考えるのが面倒な時は、豆乳スムージー 豆乳+野菜・果物・お茶・ハーブ・スパイス and moreを参考にするのもお勧めです。

果物や野菜を中心に、栄養価が高い様々なスムージーの作り方を紹介しています。

毎朝のダイエット食として、豆乳スムージーを取り入れるのもお勧めです。

 

豆乳スムージーは手軽にできるので、自分で作ることをお勧めします。

タイミングも豆乳バナナ同様に、朝食代わりにするのが成功しやすいポイントになります。

しかし時間がない人は、すぐにできる市販のスムージーを使うのもお勧めです。

常盤薬品工業 豆乳スムージー 204g

常盤薬品工業 豆乳スムージー 204g

 

 

豆乳と野菜ジュースはダイエット効果が高い

豆乳ダイエットで早く成果を感じたければ、豆乳と野菜ジュースが効果的です。

このダイエット法は若干負荷が高いですが、即効性のあるダイエット方法としてお勧めできます。

早くダイエット効果を感じれば、モチベーションが上がって継続していけるからです。

 

豆乳と野菜ジュースのダイエットは簡単で、1食を豆乳と野菜ジュースにするだけです。

方法としては置き換えダイエットと同じで、特に難しいことはありません。

置き換えダイエットについては、置き換えダイエットを確実に成功させる効果的な戦略 も参考にして下さい。

 

この方法は1週間から2週間で効果がでますが、長期的に続けるダイエット法ではありません。

ある程度まで体重が落ちたら、食事量を少しづつ戻していきましょう。

リバウンド防止のポイントは、元の食事よりも少ない量に戻すことになります。

 

このダイエット方法は、夜に実践することをお勧めします。

朝や昼だと、物足りなく感じて空腹感でストレスを抱える原因になるからです。

夜ごはんを抜いて、豆乳と野菜ジュースだけで1週間乗り越えてください。

 

野菜ジュースは自作だと高くなるので、市販のものの方がコスパが高いです。

野菜ジュース自体は糖質が意外と多いので、糖質オフのものを選ぶのがポイントです。

カゴメ 野菜ジュース 糖質オフ 200ml×24本

カゴメ 野菜ジュース 糖質オフ 200ml×24本

 

カゴメの野菜ジュース糖質オフは、カロリーも低くお勧めです。

ネットで24本一括購入すれば、値段も抑えることができるので経済的です。

野菜ジュースは毎日1本でよいので、飲み過ぎないように注意してください。

豆乳と一緒に摂取すれば、タンパク質やビタミンが取れるので美容効果も高いです。

 

豆乳ダイエットは朝か夜か

豆乳ダイエットをする場合、基本的には夜の方が効果が出やすくなります。

朝は豆乳ダイエットをすると、昼前にどうしても空腹になってしまいます。

その結果、昼の食事量が多くなって結果的に太る可能性が高くなります。

 

もし腹持ちが良いのであれば、朝に豆乳ダイエットをするのもお勧めです。

豆乳バナナなどは腹持ちが良いので、朝に実践するのも良いでしょう。

空腹を如何に抑えるかが、豆乳ダイエットの成否のポイントになります。

 

夜に豆乳ダイエットをすれば、空腹を軽減することができます。

夜は基本的に寝るだけなので、余計なカロリーは必要ありません。

最初は辛いですが、徐々に慣れてくるので乗り切ることが成功に繋がります。

 

早い人であれば、2日目や3日目から効果を実感することができます。

2週間くらい継続すれば、個人差はありますが2~5㎏痩せることも不可能ではありません。

置き換えダイエットとして、豆乳ダイエットを夜にすると効果的です。

 

豆乳ダイエットに成功した口コミ

豆乳ダイエットは、成功する人もいれば失敗する人もいます。

成功例を実践することで、豆乳ダイエットに成功する確率を上げることができます。

実際に豆乳ダイエットに成功した人の口コミを紹介するので、参考にして下さい。

 

28歳女性 55㎏→50㎏

豆乳+野菜ジュースダイエットを2週間続けました。2週間で2㎏痩せることに成功して、その後は週に2回の豆乳+野菜ジュースを3ヵ月続けました。3ヵ月後には3㎏のダイエットに成功することができました。その後も週2回の豆乳+野菜ジュースを続けて、リバウンドを防止しています。

 

55歳女性 50㎏→47㎏

置き換えダイエットに豆乳スムージーを実践しました。平日の夜を豆乳スムージーにして、土日祝は好きなものを食べました。最初の1ヶ月は効果が感じられませんでしたが、2か月目から徐々に体重が落ちてきました。半年ほど経過して、3㎏ほどのダイエットに成功しました。あと2㎏落としたいので、今後も継続していこうと思います。

 

52歳男性 67㎏→60㎏

豆乳クッキーで空腹予防と豆乳バナナの置き換えダイエットで、半年で7㎏のダイエットに成功しました。夜を豆乳バナナにしましたが、最初の頃は空腹に耐えられませんでした。空腹時は豆乳クッキーを食べて、少しづつ食事量を減らす努力をしました。最初の3ヵ月は1.5㎏しか痩せませんでしたが、徐々にこの生活に慣れてきて3ヵ月目から体重が一気に落ちました。

 

35歳男性 76㎏→61㎏

健康診断でメタボ警告をされて、豆乳ダイエットをする決意をしました。1年間夜を豆乳スムージーに置き換えて、15kg痩せることに成功しました。朝と昼も食べ過ぎには注意して、リバウンドを防止しています。豆乳スムージーは空腹が抑えられるので、ダイエット法としてお勧めです。豆乳スムージーに使ったのは、常盤薬品工業 豆乳スムージー 204gです。

 

21歳女性 43㎏→40㎏

2週間で3㎏落としたくて、豆乳スムージーを実践しました。夜の置き換えダイエットを実践して、2週間で3㎏落とすのに成功しました。豆乳が好きだったので、朝も豆乳バナナなどを週に2回ほど飲んだので、成果が早かったのかもしれません。その後は普段の食生活を少な目にしているので、リバウンドは防止できています。

 

42歳男性 69㎏→64㎏

食前に豆乳を飲んで、空腹を抑えるダイエットを実践しました。8ヶ月ほどで5㎏落ちたので、豆乳ダイエット成功だと思っています。無理な食事制限はなく、少しづつ緩やかに体重が落ちていきました。

 

豆乳ダイエットまとめ

豆乳ダイエットは、豆乳単体ではダイエットに成功することは難しいです。

置き換えダイエットや、空腹を抑えることが豆乳ダイエット成功のポイントになります。

飲むだけで痩せるといった、過度な期待はしないようにしましょう。

 

上手に豆乳ダイエットを実践すれば、痩せられる可能性は非常に高くなります。

最初の数週間は辛いですが、食事制限をしながらダイエットすることが成功の秘訣です。

手軽に試すことができるので、短期間でちょっと体重を落としたい時にもお勧めできるダイエット法になります。

スポンサードリンク