スープダイエットは痩せる?効果を出すための飲み方とレシピ

スポンサードリンク

スープは人気の高いダイエット法の一つになります。ダイエットの基本は食事で、スープは痩せる効果が期待できる要素がいくつもあります。

ただしスープを飲めば痩せるわけではなく、痩せるためにはスープの飲み方がとても大事になります。効果的なタイミングでスープを飲むことで、食事で痩せることができるのです。

またスープはレシピも豊富なので、継続することも簡単にできるダイエット法です。スープを飲むと満腹感を感じやすくなるので、食事制限で悩む空腹対策としてもお勧めできます。

スープダイエットはやり方が簡単で、誰にでも実践することは可能です。しかしスープを飲むだけでは、ダイエットに成功することは難しくなります。スープダイエットで成果をだすには、そのダイエット法がとてもに重要になります。

スープを使って痩せるには、置き換えダイエットと組み合わせると効果的です。スープならば栄養もあるので、美容面でも健康的に痩せることができます。カロリーを減らしながらも、栄養が取れるのがスープダイエットの魅力になります。

実際にスープダイエットで5キロの減量に成功できる、現実的な方法を紹介します。スープダイエットの考え方や、試したものの成果もレビューするので参考にして下さい。綺麗に痩せることができるスープダイエットは、健康にも良いのでお勧めです。

痩せるスープは存在するのか

ダイエット商品の中には、飲むだけで痩せると言ったスープもあります。商品を試してみるとわかりますが、スープを飲むだけで痩せるのは難しいです。

なぜならダイエットの基本は、食事制限でカロリーを抑えることにあるからです。痩せるスープを飲んだとしても、食事量が変わらなければ痩せることはできません。スープダイエットを実践するなら、食事のカロリーコントロールが成功の鍵となります。

食事方法を変えることで、スープダイエットでも成果を出すことが可能になります。痩せるスープを飲んだが痩せなかった人は、食事の見直しもしてみましょう。実際にスープダイエットで成功している人は、食事内容を改善して3キロや5キロ痩せているのです。

スープダイエットで痩せる理由

f:id:teke1102:20160824142100j:plain

スープには体を温める効果があり、脂肪を燃焼させて痩せる効果が期待できます。ダイエットを成功させる要因の一つは、基礎代謝を上げて消費カロリーを増やすことになります。

太っている人にある傾向ですが、代謝が悪く脂肪を蓄積しやすいことがあります。スープを飲むことで体が温まるので、代謝が上がり太りにくい痩せる体質になることができます。

ただしスープにも種類があるので、太ってしまう危険性が高いスープは選ばないこともダイエットでは重要になります。スープで痩せるためには、食物繊維が豊富な野菜をたっぷり使ったスープがお勧めになります。野菜スープはカロリーが低いだけではなく、ダイエットで不足しがちな栄養も摂取できるからです。

ダイエットで野菜スープを飲む場合、重要なこととして飲むタイミングがあります。スープを最後に飲む人も多いですが、ダイエット効果が出るのは食前にスープを飲むことです。食事前に食物繊維たっぷりの野菜スープを飲むと、血糖値の上昇を抑えてくれる効果があります。

血糖値の上昇を抑えると、脂肪の蓄積を防いでくれる効果があります。スープは食前に飲むのがダイエット効果が出る飲み方になります。

朝スープのダイエット効果

f:id:teke1102:20160908085916j:plain

スープダイエットをする場合、朝起きたらスープを飲む癖をつけると痩せる効果が上がります。朝は夕食から時間が経過しているので、1日の中で最も空腹状態になっている時間帯になります。空腹状態で食事をすると血糖値が上昇して脂肪を蓄積しやすくなります

朝起きてスープを飲めば、血糖値の上昇を抑えてくれる効果があります。特にダイエット効果があるのは、食物繊維が豊富な野菜スープになります。スープを飲んだ後に食事をすれば、太りにくい痩せる体質に変わっていくことが期待できます。

朝は血液の流れが滞っているので、トマトや玉ねぎなどを使った野菜スープがお勧めです。温かい野菜スープを飲むことで、体が温まり血行が良くなります。こうした作用で基礎代謝が上がり、ダイエットの成果が出やすくなるのです。

朝にスムージーや青汁を飲む置き換えダイエットも有効ですが、冷たい飲み物は体を冷やしてしまいます。スープは体を温めて代謝アップの効果が期待できるので、朝食で最初に飲むならばスープが最もお勧めと言えます。

夜スープは置き換えダイエットが効果的

f:id:teke1102:20160908120020j:plain

スープダイエットは朝が効果的ですが、夜の食事をスープにするのも痩せる効果が期待できます。スープには体を温めて脂肪を燃焼させるダイエット効果が期待できるので、夜の食事前にスープを飲むのもお勧めになります。

ただし夜だけスープダイエットを実践する場合は、食事量を減らすことも考えたほうがダイエット効果は上がります。夜だけスープダイエットの効果的なやり方としては、置き換えダイエットになります。太る原因となる炭水化物や糖質を、スープに置き換えて糖質制限ダイエットをするのです。

夜のエネルギーはあまり必要ありません。ご飯やパンなどの脂肪になりやすい食材はカットして、スープなどで満腹感を出したほうがダイエットに効果的です。夜だけスープダイエットで糖質をカットすれば、一週間位の短期間でも結果を出せた例もあります。

一週間でダイエットの成果を出したい場合は、朝スープと夜スープダイエットを組み合わせるのが効果的です。短期間でダイエットを成功させるには、食事制限をすることが最も有効だからです。

朝スープダイエットと夜スープダイエットを一緒にやる場合は、夜のスープにタンパク質などの栄養を入れるのがお勧めです。鶏肉や魚など、脂肪分が少なくタンパク質が多い食材でスープを作ると美しく痩せることができます。もちろん豚肉や牛肉などを使っても良いですが、なるべく赤身が多くカロリーが低い部位を使うことがダイエット成功の秘訣です。

野菜スープのダイエット効果

ダイエットスープの中でも、野菜スープはダイエットの成果が出やすいスープの一つと言えます。簡単に作れて、ビタミンも豊富なので美容にも嬉しい効果が期待できます。

野菜スープでダイエットする場合は、糖質制限をしてタンパク質を摂取する食事にすることを心がけましょう。糖質制限ダイエットについては、1週間で痩せる糖質制限ダイエットを参考にして下さい。

太る原因となる米やパンなどの炭水化物を減らして、鶏肉や魚などのタンパク質で栄養を取るのです。ただし極端な食事制限はリバウンドなどの原因になるので、夜だけ糖質制限ダイエットを実践するのがおすすめです。

野菜スープはダイエットで不足しがちなビタミンの摂取ができるので、美容や健康にも良い効果が期待できます。

野菜スープにお勧めの食材

f:id:teke1102:20160824130244j:plain

ダイエットスープを作る場合、お勧めになるのは野菜がたっぷりのスープになります。野菜と言っても色々ありますが、ダイエット効果が高い野菜スープとしては以下のものがあります。

生姜スープ
玉ねぎスープ
トマトスープ
キャベツスープ

どの野菜もダイエットで良く使われる食材で、脂肪燃焼の効果が期待できます。スープの作り方としては、クックパッドなどのレシピを参考にすると色々なアレンジがありスープダイエットを楽しむことができます。

トマトスープ、玉ねぎスープ、キャベツスープもダイエット効果があるので、色々なスープを試すのも楽しくダイエットするコツになります。一つの種類のスープだけだと飽きるので、材料を変えてレシピを増やすのもダイエット成功のポイントになります。

一週間スープダイエットのレシピ

一週間スープダイエットのレシピを紹介するので参考にして下さい。

鶏肉と野菜の脂肪燃焼スープ

鶏肉        200g
キャベツ      半玉
玉ねぎ       3個
セロリ       1/2本
ピーマン      1個
トマト       3個
トマトホール    1缶
鶏ガラスープの素  大さじ2〜3
きざみにんにく   小さじ1
きざみしょうが   小さじ1
ローリエ       1枚

野菜を全部ぶつ切りします。それを鍋に入れて鶏ガラスープの素をふりかけて蓋をして弱火で20分間待ちます。

その間に別のフライパンで、オリーブオイルにニンニクとしょうがを入れて火にかけ、小さく切った鶏肉を炒めます。

そこにトマトホールとローリエを入れて煮込みます。それを最初に作った鍋に入れて弱火で蓋をして20分経ったら完成です。

野菜とキノコの脂肪燃焼スープ

たまねぎ     5個
セロリ      2本
キャベツ     1玉
ピーマン     2個
きのこ      1パック
ホールトマト缶  400g×3缶
チキンブイヨン  適量
こしょう     適量

野菜類を全て小さめに切ります。※きのこ類は最後の仕上げに入れてください。野菜類を寸胴に入れて、フタをして中火で加熱します。

野菜から水分が出てしんなりしてきたら焦げ付かないようにかき混ぜます。火が通ってきたら、トマトとブイヨンを入れ軽くトマトを潰すようにかき混ぜます。

弱火で10分程煮込み、味を見ながらブイヨンや野菜を追加しつつ、こしょうで味を引き締めて完成です。

生姜と野菜のあったかスープ

キャベツ        1/6個
にんじん        1/2本
玉ねぎ         1/2個
あらびきウインナー   4本
しょうがのすりおろし  大さじ1/2
水           800ml
コンソメキューブ     1個
塩           少々
あらびき黒こしょう   少々

にんじんは5㎜角、玉ねぎは縦半分に切り、それを縦に薄くスライスします。キャベツは1㎝角に、ウインナーは3㎜幅位に切ります。

しょうがをすりおろします。※しょうがのすりおろしチューブでも大丈夫です。

鍋に水を入れ沸騰してきたら、コンソメを入れます。コンソメが溶けたら、にんじん、玉ねぎ、ウインナー、キャベツの順に入れます。

ある程度野菜が煮えてきたら、しょうがのすりおろしを加え、塩と黒こしょうで味付けをして完成です。

ニンジンと生姜のスープ

にんじん      1/5本
ショウガ      1/5かけ
鶏ガラスープの素  小さじ1/2
水         240cc
塩・こしょう    少々

にんじんとショウガを細かい千切りにします。鍋に1と水、鶏ガラスープの素を入れて火にかけます。

ニンジンが柔らかくなったら、塩・こしょうで味付けをして完成です。

鶏肉とキノコの野菜スープ

鳥肉      200g
しめじ     お好み
キャベツ    1/4個
オリーブオイル 大さじ1
水       50cc
塩こしょう   少々
豆乳      150cc

しめじの付け根を切って手で適当に割きます。キャベツをざっくり切ります。鳥肉の皮を取って一口大に切ります。

フライパンにオリーブオイルを入れて鳥肉を両面色が変わるまで焼きます。

弱火にして、しめじとキャベツを入れて蓋をします。野菜の水分が出たら水と塩こしょうを入れます。

軽く混ぜて豆乳とチーズをちぎりながら入れて弱火で火を通します。そのまま蓋をして少し煮詰めたら完成です。

脂肪燃焼スープの効果がある食材

スープダイエットは、レシピによっては脂肪燃焼のダイエット効果も期待することができます。唐辛子や生姜などの食材を使うのは、発汗作用もあるのでダイエットにお勧めの食材です。冬であれば鍋物がお勧めで、夏ならば生姜スープを飲むと代謝がよくなります。

ただし脂肪燃焼スープの注意点としては、スープを飲むだけでは痩せないことを覚えておきましょう。脂肪燃焼スープで痩せるには、スープを飲んだ後に運動をすることで、初めてダイエット効果が生まれます。

良く食べるだけや飲むだけで痩せるといった商品がありますが、それだけでダイエットに成功することは難しいです。人間は動いてカロリーを消費したり、食事量を減らしてカロリーを減らさないと体重を落とすことはできません

そのため脂肪燃焼スープも、飲むだけで痩せる効果は期待できません。飲んだ後に運動したり、食事量を減らすことでダイエット効果が出るのです。

スープダイエットと運動

f:id:teke1102:20160823174302j:plain

スープダイエットの成果を一週間で出す場合は、運動を取り入れた方が効果が出やすくなります。長期的にじっくりとダイエットをする場合は、無理に運動を取り入れる必要はありません。ですが適度な運動は健康にも良いので、ダイエットに関わらず運動はある程度行うことがお勧めになります。

一週間スープダイエットでお勧めの運動は、軽いランニングかウォーキングになります。スープで食事制限をしているので、激しい運動はあまりお勧めできません。少し息が切れるくらいのスピードで、ランニングやウォーキングをするのが最適です。

スープを飲むと体が温まるので、汗をかきやすくなりカロリー消費量が大きくなることが期待できます。1日1時間位の運動をすると、一週間でも痩せる効果が期待できます。普段運動していない人は、無理せず30分位でも効果があるので軽く運動する気持ちで行いましょう。

ダイエットに運動を取り入れる場合は、長期的な視野で気長に行うことが必要になります。ですが運動をすると体が引き締まるので、体のラインが綺麗になるといったメリットもあります。運動もやり方で成果が変わるので、最大限の効果が出る運動のダイエット法を実践することがポイントになります。

スープダイエットで痩せない場合

f:id:teke1102:20160829135823j:plain

スープダイエットは成果が出やすいダイエット法ですが、個人差もあり必ず一週間で痩せるわけではありません。ダイエットの成果が出るタイミングとしては、停滞期の後に体重が落ちるのが一般的です。そのタイミングは人によって違うので、一週間で痩せないからと言って諦めないことが重要です。

一般的にダイエットの成果が出るのは、一週間~二週間の間が最初のタイミングになります。スープダイエットも同様で、早い人だと3日目位から体重が落ちるのを実感することができます。ですが最初の停滞期が長い人だと、二週間くらい体重が落ちないこともあります。

体重が落ちないからと、一週間で諦めてダイエットを止めずに継続すると痩せる可能性は高いです。ダイエットは忍耐の要素も大きいので、すぐに諦めず継続する強い意志をもって望んでください。

もしどうしても一週間で痩せたい場合は、1週間ダイエットを成功させる効果的な運動と食事メニューも参考にして下さい。少し負荷が高いダイエット法になりますが、一週間でダイエットの成果を出すノウハウが書かれています。

スープダイエットでリバウンド防止

f:id:teke1102:20160830125253j:plain

ダイエットに失敗してしまう原因として、元の食事に戻してリバウンドしてしまうことがあります。リバウンドを防止することが、本当の意味でのダイエット成功になります。ダイエット後のリバウンドを防ぐには、食生活が非常に重要になります。

スープダイエットのメリットは、無理な食事制限をしないで徐々に痩せられることになります。スープの食事に慣れてくると、満腹感をすぐに感じるようになります。特に食事前にスープを飲むと、お腹が膨れて脳が満足するのです。

スープで満腹感を得ることで、脳が以前ほど食べなくても満足できるようになっています。ダイエット中の食事のまま、その後の生活も継続できるようになることも多いですただし一週間ダイエットで食事制限をしている時は、ダイエット後の食事に注意をしましょう。

一週間ダイエットで朝と夜をスープだけにしたら、朝の食事はもう少し食べるようにして下さい。夜はエネルギー消費が少ないので、そこまでカロリーは不要なのでスープの食事を継続します。朝はエネルギーが必要なので、スープ以外にも炭水化物やタンパク質、ビタミンを取るようにしましょう。

体重をキープするために、適度にダイエット食を取り入れた朝食もお勧めです。青汁やスムージーなどを取り入れた食事もおすすめです。週に数回でもダイエット食に変えると、リバウンド防止にとても役立ちます。

これは朝だけではなく、夜の食事でも同じことが言えます。毎日スープだと飽きてしまうので、週に3~4回は好きな食べ物を食べるようにしましょう。ただし食事の量は少なめにしておくことがポイントです。食事の量を少なくしておけば、食べ過ぎを防止できるので注意して食事をして下さい。

スープダイエットは短期間でも結果が出る

スープダイエットは、上手に食事制限を取り入れれば短期間でも結果を出せるダイエットです。1週間で1キロや、2週間で3キロなど、早い人は短期間で結果が出ているダイエット法です。

ただしダイエットを成功させるには、食事制限が大事になることを覚えておきましょう。基本は野菜と脂肪分が少ない肉や魚で、あとはコンニャクや豆腐などを入れるのもお勧めです。

カロリーが少なくても量を多くすれば、脳が食べたという実感がわき満足感を得ることができます。一週間の最初の数日で、こういった食事に慣れればあとは徐々に食事量減らしていくだけです。

いきなり量を減らすのは難しいので、少しづつ減らしていきましょう。野菜はたっぷり食べてもローカロリーなので、もやしなどを一杯入れるのはダイエットに効果的です。

スープダイエットをすると、多少なりとも体重が減ったのを実感できます。最初の1週間は食事制限が辛い時期になりますが、これを乗り越えればダイエット成功がかなり近づきます。

その他の食事制限ダイエット法

スープダイエットは栄養価も高く、成功しやすいダイエットとしておすすめできます。ですがスープを作るのが面倒で、途中でスープダイエットを止めてしまう人も少なくありません。

そんな人には、他の食事制限ダイエット法を実践するのをお勧めします。ダイエット成功率が高く簡単に実践できる方法として、青汁ダイエットがあります。食前に青汁を飲んで満腹感を出すダイエット法です。簡単ですが多くの人が効果を実感しているので、お勧めできるダイエット法になります。

また短期ダイエット法としては、2週間ダイエットも成果が早くモチベーションを上げやすいダイエット法なので参考にして下さい。ダイエット法は色々ありますが、正しい方法で行うことが成功のポイントになります。

スポンサードリンク