BEAUTE

愛され女性を目指す美容ブログ

ダイエット

お腹の脂肪をスッキリ落とす最強のダイエット法

更新日:

お腹の脂肪は、ダイエットでは最後のほうに落ちると言われています。

その理由として、お腹は他の部位よりも脂肪の量が多くダイエットで脂肪を落とすのに時間がかかるからです。

ですが多くの人は、ダイエットでお腹の脂肪を早く落としたいと思っています。

 

お腹の脂肪を早く落とすためには、脂肪を筋肉に変えることが必要です。

筋肉が増えると基礎代謝が上がり、ダイエット効果が高くなります。

お腹も例外ではなく、腹筋を鍛えることで確実にお腹まわりをスッキリさせることができます。

 

腹筋をつけるというと、筋肉質になるイメージがある人もいます。

個人差はありますが、実際に普通に筋トレをしても腹筋がムキムキになることはありません。

適度に筋肉がつき、お腹の脂肪が落ちるのでお腹のダイエットには腹筋がお勧めです。

 

また食生活も、太りにくい食べ方をすることでお腹に脂肪がつきにくくなります。

ダイエットでは食生活と基礎代謝が大きな影響を与えるので、この2点をしっかりと意識しましょう。

誰にでもできる、お腹の脂肪をスッキリ落とすダイエット法を紹介します。

 

お腹の脂肪を落とすには腹筋ダイエット

腹筋は脂肪を筋肉に変えてくれるので、お腹の脂肪を落とす即効性の高いダイエットになります。

ですが筋トレは正しい方法で行わなければ、効果が出ないというデメリットもあります。

また筋トレは過酷なイメージがありますが、これはアスリート向けの負荷の高い筋トレの場合です。

 

一般の人がお腹の脂肪を落とす場合、そこまで負荷の高い筋トレは必要ありません。

簡単に腹筋を鍛えられるダイエット法として、XYSTUS(ジスタス) スリムトレーナーTR H-7218がお勧めです。

スリムトレーナーは最初はコツがいりますが、わかると簡単に使えるようになります。

 

腹筋などの筋トレは意外と続けるのが大変ですが、スリムトレーナーならば簡単なので継続することができます。

腹筋も1ヶ月程度の短期間で結果が出るので、お腹の脂肪を落とすダイエットの補助としてお勧めできます。

 

スリムトレーナーの良い所は、お腹の脂肪だけではなく背筋も鍛えられることです。

腹筋と背筋を同時に鍛えると、バランス良い筋肉になるのでダイエット効果が高くなります。

筋肉量が多くなる背筋も鍛えることで、痩せる効果が期待できます。

 

お腹まわりの脂肪は落としにくいですが、腹筋を鍛えることで確実にダイエット効果があります。

また腹筋を鍛えると、基礎代謝も上がるのでお腹の脂肪が燃焼しやすくなる効果が高いです。

つまり太りにくい体質になるので、お腹の脂肪対策には最も効果的なダイエット法の一つと言えます。

 

腹筋ではありませんが、お腹の脂肪をスッキリさせる方法としてポッコリお腹がみるみる! 凹む 新・大腰筋ダイエット (実用単行本)もお勧めです。

お腹に集中した、2週間で痩せるダイエット法が紹介されていてとても効果が高いです。

 

お腹の筋肉をつけると、スッキリとした見た目になることができます。

お腹の脂肪はすぐには落ちませんが、筋トレで確実に脂肪が落としやすくなります。

3日に1回程度でも良いので、必ず続けることを意識して下さい。

 

筋トレは続ける癖をつけると、自然とやる気を継続させることができます。

最初はお腹の脂肪を落とすことが目的でも、続けるうちに日課となってきます。

 

お腹の脂肪を落とす食生活

お腹の脂肪は腹筋でもダイエットできますが、同時に食生活も重要になります。

どんなにダイエットをしても、食生活が不安定だと効果が薄くなるからです。

お腹の脂肪を落とすには、食事の仕方を気をつけると効果があります。

 

重要なこととして、ファーストフードやお菓子などはなるべく控える事が重要です。

砂糖や油を使った食事は、すぐにお腹の脂肪になってしまうからです。

日本人が太ってきた原因の一つとして、こうした食生活の変化もあります。

 

食生活としては、お腹の脂肪がつきにくい食材を選ぶことがポイントになります。

鶏肉や魚、野菜などを中心とした食生活にするとお腹の脂肪がつきにくくなります。

また食べ方にもポイントがあり、炭水化物を最後に食べるとお腹の脂肪がつきにくくなります。

 

これだけでもお腹の脂肪を落とす効果がありますが、他にも役立つ情報があるので紹介します。

1週間でお腹からスッキリやせる食べ方: 大切なのは「体重」よりも「体型」! (王様文庫)は、1週間で効果があるお腹の脂肪ダイエットについて書かれています。

ダイエットを意識した食生活をすることで、確実にお腹の脂肪を減らせるのです。

プログラムは1週間になっていて、お腹の脂肪を落とす即効性の高いダイエットが紹介されています。

 

森拓郎のやせる食事 実践編 (タツミムック)は、ダイエットを目的とした食事を紹介しています。

簡単に作れるものが多く、お腹に脂肪が付きにくい食事がたくさん載っていて参考になります。

毎日の食事は、お腹の脂肪に大きく関係するので意識して食事をしましょう。

 

食生活での注意としては、極端に食事からタンパク質を減らさないことです。

タンパク質を極端に減らすと、筋肉がつきにくい体になってしまいます。

せっかく腹筋などをしても、効果が薄くなるので気をつけて下さい。

 

食事は脂肪分の多い部位よりも、赤身などに脂肪分の少ない部位を食べましょう。

これだけでもお腹の脂肪をつけない効果があるので、実践して下さい。

お腹の脂肪の原因のほとんどは、食事に問題があるのです。

 

お腹の脂肪と内臓脂肪

年齢が上がると気になってくる内蔵脂肪ですが、お腹の脂肪が多い人は内臓脂肪も多くなります。

普段の食生活が関わってくるので、しっかりと対策をしておきたいところです。

内臓脂肪は増えても気づきにくいので、体重計などで管理することが重要です。

 

タニタの体重計は、内臓脂肪レベルをチェックできるのでお勧めです。

体重計は毎日使うと、体重を気にしてダイエット出来る人も多いです。

お腹の脂肪は最初につくので、毎日体重をチェックしておくのも良いダイエット法です。

 

内臓脂肪を減らす方法として、[トクホ] サントリー 黒烏龍茶 1LPET×12本などもあります。

毎日の食生活のプラスになるので、続けなければ意味がありません。

少し金額が高いので、通販などを利用すると良いでしょう。

 

お腹の脂肪対策として、サプリメントを使うのも効果があります。

ユウキ製薬 L-オルニチン+L-カルニチン+α-リポ酸 30日分 240粒などはダイエット効果が高く、内臓脂肪対策にも効果があります。

即効性はありませんが、毎日続けると半年ほどで効果が見えてきます

 

お腹の脂肪と内臓脂肪は関係してくるので、早い段階から対策をして置くことがおすすめです。

食生活をきちんとしていれば、内臓脂肪対策にもなります。

お腹の脂肪を減らすと、内臓脂肪も減り健康的にダイエットができます。

 

お腹の脂肪を減らすその他のダイエット法

お腹の脂肪を落とすには、上記以外にも日常でできるダイエット法があります。

全て行う必要はないので、出来そうなことを続けて下さい。

 

有酸素運動でお腹の脂肪を減らす

筋トレ以外にも、有酸素運動などはお腹の脂肪を減らす効果があります。

ウォーキングやジョギングは、ダイエット効果が高いです。

個人的には、エスカルゴというサイクリングマシンが家でもできるのでおすすめです。

コンパクトなので、部屋においても邪魔になりません。 

 

 

半身浴で基礎代謝を上げる

直接お腹の脂肪を減らすわけではありませんが、半身浴もダイエット効果があります。

しっかりと体を温めることで、新陳代謝をアップさせるのです。

その結果、基礎代謝も上がりダイエットに繋がっていきます。

TWINBIRD LINK ZABADY 10型 防水ワイヤレスモニター VW-J107W ホワイト

TWINBIRD LINK ZABADY 10型 防水ワイヤレスモニター VW-J107W ホワイト

 

 

睡眠をしっかりとってダイエット

夜更かしをしていると、お腹が空いて食べ物を口にしてしまいます。

深夜の食事はお腹の脂肪に大敵なので、絶対にやめましょう。

早めに睡眠をとることで、食べ過ぎを予防することができます。

驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100

 

お腹の脂肪ダイエットまとめ

お腹の脂肪を落とすには、筋力をつけて基礎代謝を上げることと、食生活に気をつけることが重要です。

お腹は体で最も脂肪がつきやすい部位の一つなので、しっかりと意識してダイエットをしましょう。

落とすまでに時間がかかる部位ですが、お腹の脂肪に焦点を当てたダイエットをすることで早く結果を出すことができます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ダイエット

Copyright© BEAUTE , 2017 AllRights Reserved.