BEAUTE

愛されボディを目指す美容ブログ

ダイエット

夏までに痩せる!2週間でマイナス5キロ痩せるダイエット法

更新日:

夏になったら可愛い水着を着たい!

夏は薄着や水着になる機会が多く、体を露出するため夏までにダイエットを完了させたいという女性が多いです。ですが夏までに痩せると決めたものの、時間がないという人も多いでしょう。

毎年夏が迫ってきたら、多くの女性が多少無理なダイエットを実行してでも体重を落とします。露出が多くなる夏服では、スリムな体型の方が絶対に見栄えが良いからです。

夏までに痩せるといっても、いつからダイエットを始めるかでダイエットの負荷が変わります。大抵の女性は、夏前ギリギリになってダイエットを始めることが多いです。短期間で痩せようと、必死になりますが失敗するケースがほとんどです。

でもどうしても夏までに痩せたい!という人へ、短期間で5キロのダイエットを成功させる方法を紹介します。もちろん個人差はありますが、目標は高いほうがいいので5キロで設定します。

今回紹介するダイエット法は、夏までに痩せるという短い期間ならではのダイエット法になります。

夏までに痩せるには食事制限は必須

f:id:teke1102:20170210134800j:plain

ダイエットで最も重要なことは、食べる量を極力減らすことです。夏までに痩せるためには、食事制限は不可欠な作業になります。食事量を減らしてカロリーを減らせば、誰でも痩せることができます。

ただし無理をしすぎると、栄養失調で倒れるので適度な栄養はとりましょう。過度の食事制限はリバウンドの原因にもなり、結果としてダイエット失敗になることがほとんどだからです。

夏までに痩せるための食事のポイントとしては、夜だけ食事抜きダイエットが効果的です。カロリー消費の少ない夜に食べると、太る原因なので厳禁です。夜だけでも食事を抜くことで、かなり痩せる効果が期待できます。

ただし完全に夜の食事を抜くのは厳しい場合は、夜だけ糖質制限ダイエットが効果的です。夜だけ糖質制限ダイエットは、主食となる米やパンを抜き、肉や魚、野菜だけを食べる食事になります。

夏までに痩せるには、こうした太るもとである糖質を抜くダイエットが効果的です。もし時間がなければ、夜以外にも朝や昼の炭水化物量を減らすのも効果的なダイエット法になります。夏までに痩せるダイエット成功のポイントは以下になります。

・朝は炭水化物や乳製品でエネルギーを摂取
・昼は野菜を中心とした食生活
・夜は基本的には食べないこと
・空腹の時はカロリーが低い食品を食べる
・運動も取り入れること

基本的なことも多いですが、上記のポイントはダイエット成功の鍵となります。

朝は炭水化物や乳製品でエネルギー摂取

f:id:teke1102:20170210135029p:plain

夏までに痩せると言っても、朝から食事を減らすのは逆効果です。朝にエネルギーを摂取しておかないと、脳にエネルギーが回らないので生活の質が下がります。良く朝ご飯を抜くダイエットをしている人がいますが、日中疲れやすくなるのでおすすめできません。

朝は炭水化物を取って、脳にエネルギーを送りましょう。炭水化物は脳のエネルギー源なので、必ず食べるようにしましょう。ただしパンは腹持ちが悪くカロリーも高いので、ご飯にすることをおすすめします。

ただし米も普通の白米ではなく、もち麦を混ぜて食べるのがおすすめです。もち麦は食物繊維が豊富で、便秘改善の効果も期待できるのでダイエット効果はとても高いと言えます。

その他には、卵やヨーグルトなどの乳製品も取るようにしましょう。ダイエット中は栄養不足になり、肌荒れをする人も多いので、卵や乳製品でタンパク質やビタミンを取っておきましょう。

朝は多少カロリーがあっても問題ないですが、食べ過ぎないように注意しましょう。朝にスムージーや青汁だけにする人がいますが、あまりおすすめできません。確かにカロリーは減りますが、満腹感が少なくすぐにお腹が空くからです。

ただし最初にスムージーや青汁を飲むと、食物繊維で満腹感が出るので食べ過ぎ防止には役立ちます。青汁などは栄養価が高く肌荒れ防止にも役立つので、朝ごはんの前に飲むのはおすすめです。

青汁でダイエットをする場合は、青汁ダイエットの効果的なやり方を参考にして下さい。

基本的に和食中心の食事のほうが、ダイエットには向いていると言えます。夏までに痩せるには、朝中心の食生活に変えることが鍵になります。

昼は野菜を中心とした食生活

f:id:teke1102:20170208175615j:plain

夏までに痩せる場合、昼食はヘルシー料理にすることが重要です。お昼にガッツリ食べる人も多いですが、野菜を中心とした食生活にしましょう。特に外食はダイエットに不向きなので、外でお昼を食べるならお弁当の方がおすすめです。

夏までに痩せる場合、サラダを中心にした昼食おくと短期間でもかなり体重を落とすことができます。ただし野菜だけだとタンパク質が不足するので、鶏肉や魚も一緒に食べるのがポイントです。

お昼に炭水化物を食べてもいいのですが、その場合は蕎麦や米にするのがおすすめです。パスタやうどんは、同じ炭水化物でも血糖値が上がりやすく太りやすい食材なので絶対に食べないようにしましょう。

朝にしっかり食べておけば、そこまでお腹が空かなくなります。3日位は辛いですが、だんだん少ない食事量に慣れてきます。太らないコツとしては、青汁などを先に飲むと血糖値が上がりにくくなるのでおすすめです。

サラダだけでも物足りない場合は、ダイエット食を一緒に食べるのも良い方法です。ダイエットこんにゃくラーメン(蒟蒻ラーメン)等こんにゃく麺お試しタイプ・12種類セットなどは、カロリーもなくダイエット中に食べても大丈夫です。サラダ中心の食生活に変えるだけで、夏までに痩せることができるようになります。

夜は基本的には食べないこと

f:id:teke1102:20170210135120j:plain

夜は基本的には食べない方が、夏までに痩せる成功率が格段に上がります。特に2週間という短期間でダイエットするには、夜は食べないほうが早く成果がでます。ただし夜食べない場合は、朝はしっかりと食べましょう。体を壊しては、ダイエットどころではなくなります。

もしお腹が空いて我慢できないときは、ダイエット食で空腹を紛らわせましょう。先ほど紹介したダイエットラーメンや青汁などを飲めば、空腹を和らげることができます。ただしダイエット食には甘くて美味しいのもあるのですが、そういった食べ物は逆に食欲が出てしまいます。

あまり美味しくない青汁ならば、空腹感もなくなるので夏までに痩せるダイエットにおすすめです。

また夜遅くまで起きていると、食欲が出るので早く寝るようにしましょう。夏までに痩せるには、夜をいかに早く寝るかも大事なことになります。 朝型の生活に変えれば、ダイエットに成功しやすくなります。

2週間でダイエットを成功させるには、夜の食事は極力減らしましょう。夜に食事をしないだけで、かなり痩せることができるようになります。夏までに痩せるには、強い意志も必要になります。

空腹の時はカロリーが低い食品を食べる

f:id:teke1102:20170209142759j:plain

夏までに痩せるには、とにかく食事量を減らすことが重要です。それでも食欲が出ることはあるので、そんな時はカロリーが低い食品を食べましょう。こんにゃくのダイエット食品などが、カロリーが低く空腹を紛らわせるのでおすすめです。

ダイエットは空腹との闘いでもありますが、時間とともに慣れてきます。普通は3日位で新しい食事に慣れてくるので、それまでは我慢してください。挫折してしまう人の多くは、3日位で食欲を抑えられずにドカ食いしてしまいます。

どうしても食べたくなったら、お風呂に入ったり運動をすると空腹を忘れることができます。

運動をして夏までに痩せる

f:id:teke1102:20170208143905j:plain

夏までに痩せるには、運動も取り入れたほうが効果的です。ですが食事制限をしているので、無理な運動は止めて軽めの運動にするのがおすすめです。家でできる運動や、ちょっと外でできる簡単な運動がおすすめです。

一番のおすすめは水中ウォーキングで、消費カロリーも大きく夏までに痩せる効果が期待できます。水中ウォーキングは筋肉も適度につけるので、引き締まった美しい体になることができます。また水着を着るので、夏に向けた意気込みが上がるのもお勧めのポイントです。

その他にもウォーキングやジョギングなども、夏までに痩せる運動としておすすめできます。歩くことは下半身の筋肉をつけることに繋がるので、基礎代謝も上がり痩せやすい体質になることができます。

運動の時間としては、毎日1時間以上の運動をすればダイエット効果が出やすくなります。毎日の運動がつらい人は、3日に1回でも良いので継続することを心がけて下さい。夏までに痩せるには、こうした運動も取り入れることも重要です。

夏までに痩せるために必要なこと

夏までに痩せるためには、食事量を減らすことがポイントです。普段3食の人ならば、夜の食事制限だけでも2キロ前後は2週間で痩せられると思います。

それ以上のダイエットを希望するなら、プラスで食事制限と運動が必要です。過度な食事制限は体に悪いので、運動を取り入れることで健康的に痩せることができます。ただし運動もやりすぎは良くないので、適度に疲れる程度にしておきましょう。

短期間で痩せるダイエットは、短い期間でどれだけ努力できるかが勝負になります。今回紹介した夏までに痩せるダイエット法は、栄養バランスなども取れるように工夫しています。

短期間で痩せるダイエット法としては、1日で痩せる!すぐに1~2kg体重を落とすことができる最強のダイエット法 2週間のダイエットは戦略的に行えば必ず痩せられるも参考にして下さい。

それぞれ短期間で痩せるポイントを押さえているので、実践すれば夏までに痩せるためのプラスになります。ダイエットはポイントを押さえれば成功率が上がるので、しっかりと計画的に行いましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ダイエット

Copyright© BEAUTE , 2017 AllRights Reserved.