デリケートゾーンの脱毛には注意!黒ずみを作らない方法

スポンサードリンク

デリケートゾーンの脱毛は、女性にとっては一般的なことになりましたね。デリケートゾーンが気になって自己処理はしているが、周りはどう処理しているのかなどが分からなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

デリケートゾーンは敏感な部位になるので、自己処理をする場合にはいくつか注意すべきポイントがあります。またエステなどで脱毛する場合でも、カミソリの処理などには気を付けるべきです。間違った自己処理はデリケートゾーンの黒ずみの原因になります。

今回は、気になるデリケートゾーンの脱毛についてご紹介していきます。エステシャンとして一般の女性が気になることについて、詳しく解説するので参考にして下さい。

デリケートゾーンの間違ったお手入れ

Vライン部分など、水着や小さめの下着を着用する際にカミソリなどで剃ったことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、手入れ後に赤くなってしまったり、痒みが出てしまったりしたことがある人も多いはずです。酷い場合には、デリケートゾーンに黒ずみができることもありますね。

こうしたデリケートゾーンのトラブルは、間違ったお手入れによるものです。特に最近では、デリケートゾーンの黒ずみが気になる女性も増えています。これもデリケートゾーンの脱毛前に、間違った自己処理をしていることが原因になります。

ではデリケートゾーンを自己処理していくときにはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。デリケートゾーンの自己処理にはいくつかの注意点があります。

デリケートゾーン自己処理の注意点

デリケートゾーンは他の部位よりも肌が薄く、体の大事な部分のためとてもデリケートな部分です。そのため、肌にトラブルが起きやすい部分になってしまいます。デリケートゾーンは自己処理の脱毛前から脱毛後まで気を付けることがたくさんあります。

まず、脱毛前の注意するのは毛足が長いままで剃り始めてはいけないというところです。デリケートゾーン部分は毛質もしっかりしていて、毛量も多い部分です。また、毛足の長さもしっかりとしていることが多いため、そのまま剃り始めてしまうとシェーバーなどに毛が絡まり剃りにくいだけではなく、肌へのダメージも大きくなってしまいます。

おすすめは電気シェーバー

シェービングする前に1度はさみなどで毛足を短くしてから剃るようにしてください。毛足を短くした後デリケートゾーンを剃るときは、できるだけ肌への負担が少ない「電気シェーバー」でのシェービングをおすすめします。

特に電気シェーバーの中でも顔用のものは肌を傷つけにくく、細かい部分も剃りやすいのでおすすめです。市販のT字のカミソリは深剃りできるような構造になっていて肌への負担が大きいだけではなく、細かい部分のシェービングが難しいです。顔用の電気シェーバーであれば全身どこでも使用することができるため、ぜひ1つは持っておくことをおすすめします。

除毛クリームはどうなの?

カミソリの次に人気のある自己処理方法である除毛クリームですが、デリケートゾーン部分への使用はあまりおすすめできません。なぜならば、毛を溶かして処理をしていく除毛クリームは、デリケートゾーンなどのデリケートな部分への使用はリスクが高いためです。

毛を溶かすほど強力なクリームがデリケートゾーンのデリケート部分に付いてしまったらと考えると少し怖いですよね。除毛クリームをデリケートゾーンに使用したい場合は、デリケート専用の除毛クリームが販売されています。

腕や足用の除毛クリームは商品の注意書きにも記載がある通り、デリケートゾーンへの使用は禁止されています。また、デリケートゾーン専用のものであっても、使用前に必ず腕の内側などの皮膚の薄い部分でパッチテストを行ってから使用するようにしてください

デリケートゾーンの自己処理後のケア

自己処理後はデリケートゾーン用の保湿ケア用品で念入りに保湿をするようにしましょう。乾燥はかゆみの原因になり、しっかりと保湿を行うことで肌の免疫力が強くなります。保湿の他にも下着を締め付けのないものに変え、刺激の少ない綿などの素材のものに変更するのもおすすめです。

また、もしもかゆみが出た時は市販のデリケート用のかゆみを抑える薬を使用するか病院でしっかりと診てもらいましょう。掻いてしまうと悪化したり、掻いたところからばい菌が入って痕になってしまう可能性があります。大切な肌に痕が残ってしまっては大変です。かゆみが出たら早めに対処するようにしてください。

デリケートゾーンのトラブル

かゆみがや埋没毛以外にもデリケートゾーン部分には起こりやすいトラブルがあります。それは黒ずみなどの色素沈着です。また、黒ずみ以外にも太い毛が生える範囲が広がってしまうこともデリケートゾーン部分には多いトラブルです。

始めはVライン部分の下着からはみ出ている部分を少し剃っていただけだったはずなのに剃り続けるうちに、太ももの付け根の辺りまで太い毛が生えるようになってしまったといケースも多くあります。

デリケートゾーンのトラブルの原因

デリケートゾーン部分に多い黒ずみはシェービングや下着の摩擦などの外部刺激と乾燥が原因といわれています。1度デリケートゾーンに黒ずみができてしまうとなかなか改善するのが難しくなります。肌に合った美白ケア用品を使い、しっかりと保湿を行うようにしてください。

デリケートゾーンの黒ずみが気になったら、デリケートゾーンの黒ずみ解消法を参考にして下さい。デリケートゾーンの黒ずみの原因や、効果的な対策について説明しています。

また、上記に記載したように太い毛が生える範囲が広がってしまったのは体が守ろうとして毛が生える力が強く働いたためです。デリケートゾーン部分は体の中でもとても大事な器官です。そのため全身の中でも守ろうとする力が強いので太い毛が生える範囲も広がりやすくなります。

今Vラインに生えているようなしっかりとした毛が太ももの辺りまで生えるようになっては悲しいですよね。そうなる前にデリケートゾーンは光脱毛やレーザー脱毛へ切り替えることをおすすめします

VIO脱毛の人気が年々上がっている

デリケートゾーンの脱毛に通いたいが、痛みの強さや恥ずかしさからためらっている人も多いのではないでしょうか。最近ではデリケートゾーンを脱毛している人も増え、脱毛を始めるとムレなどの不快感や自己処理後のかゆみやチクチク感からも解放されるので人気の脱毛箇所です。

もっと早くVIOの脱毛をしておけばよかった、という声も実際多いんですよ。最近ではTVのCMでも脱毛の宣伝が多く、若い女性だけではなく、30代~40代の女性からもVIO脱毛の人気は上がっています。ですが始める前は、やはりどんなことをするのか心配ですよね

そこでデリケートゾーンの脱毛を始めるにあたって不安に思うことが多い痛みの強さや必要回数について紹介したいと思います。

VIO脱毛って痛い?

脱毛といっても脱毛方法は3種類あります。以前まで主流であったニードル脱毛、近年脱毛の主流になってきている光脱毛、クリニックなどの医療機関でのみ受けられるレーザー脱毛です。脱毛が痛いという印象は以前まで主流だったニードル脱毛のときの印象が強いからです。

ニードル脱毛は毛穴1つ1つに針を刺して電流を流し、毛穴を破壊していく脱毛方法です、そのため、痛みがとても強く、施術が長時間かかるものでした。

しかし、近年の主流である光脱毛やレーザー脱毛は毛のメラニン色素に反応して毛根を刺激していく脱毛方法です。光脱毛の痛みは輪ゴムで軽く弾かれた程度ですが、デリケートゾーンの部分は毛質がしっかりしていることや肌が薄いこともあり他の部分よりも少し痛みが強い場合があります。しかし、あまりにもつらいようであれば無理をせずにスタッフへ申告すれば出力レベルを調整してくれるなど対応してもらえるため、我慢できないことはほとんどないはずです。

レーザー脱毛の場合は光脱毛よりも痛みが強いです。そのため、施術を受けるクリニックなどによっても異なりますが麻酔を使用して脱毛を行ってくれるところもあります。痛みに弱い方や不安がある方は麻酔の使用が可能かも契約をする前に確認しておくと安心です。

デリケートゾーン部分はどの脱毛方法でも他の部分に比べると痛みを感じやすくなります。しかし、脱毛の施術を繰り返していくと毛質が細く変化していくことなどによって痛みも和らいできます。最初は少し我慢することもあるかもしれませんが、あまりに脱毛の痛みがつらいようならスタッフなどに相談すると対応してくれるはずです。

痛みの強さが不安で始められないという方は、脱毛体験や誕生日や紹介の特典などを上手に活用して1度試しに施術を受けてみることをおすすめします。最初からコースを申し込むより、サロンの雰囲気やエステシャンの対応がわかるので安心感が増します。

VIOの脱毛回数はどのくらい必要?

次にデリケートゾーン部分をツルツルにきれいにするにはどのくらいの回数が必要なのかについてご紹介していきます。

デリケートゾーン部分の必要回数については毛を残して形を整えていくのか、全て完全に無くしていくのかによって回数も大きく変わってきます。形を整えてのいくのであれば個人差はありますが6回~8回前後、全てなくしていくのであれば10回前後は回数が必要な場合が多いようです。

また、脱毛方法にもよって必要な回数は異なり、レーザー脱毛の方が光脱毛よりも強力な出力で脱毛が可能なため、短期間で脱毛完了することができます。しかし、上記にも記載した通りレーザー脱毛の方が痛みが強くなるため、痛みの強度やどのくらいまでにキレイにしたいのかなどお好みによって脱毛方法などを選ぶと通い続けることが苦になることもないはずです。

脱毛サロンやクリニック選びの際は料金や通いやすさだけではなく、そういうこともしっかりと考慮して選ぶようにしましょう。6~10回で煩わしいVIOのお手入れがグンと楽になることを考えると、VIO脱毛の人気が上がっている理由がわかります。

デリケートゾーン人気の形

デリケートゾーンを脱毛するときに周りの人がどのような形で整えていっているのか、なかなか聞きずらく、分からないという方も多いのではないでしょうか。デリケートゾーンの形の作り方についてご紹介していきます。

まず、Vライン部分はIラインにつながるように逆三角形の形で整えていく人が多いです。残す大きさはお好みでご自身のいつもの下着の大きさに合わせる場合や、水着の大きさなどに合わせる方もいます。

また、脱毛するサロンなどによってVラインでできる施術範囲が決まっているので、その大きさに合わせるケースも多いです。ご自身で残したいサイズが小さめの場合は、Vラインのみの契約で施術が可能かを事前に確認しておくことをおすすめします。

また、きっちりとした逆三角形よりももっと自然な形で残したいという方は、角を丸くして卵型のような形で残す方もいます。逆三角形では整えているという感じが強いので丸みをつけると自然に仕上がりますが、形が整ってくるまでの間は対称に整えるのが難しくなるため自己処理が大変になることがあります。

Iライン部分はVライン同様に全て無くす人と少しだけ残す人に分かれます。全て無くすと生理中に感じることの多いムレ感などが軽減されます。そのため不快感がなくなったり、気になる臭いも抑えることができるようになります。

しかし、全て無くすと直接ナプキンに肌が触れるので、抵抗を感じる方はVラインから自然につなげるような形で少しだけ残すのが人気です。

Oラインの脱毛って必要?

最後にあまり気にしたことがない部分であるOラインについて説明します。ご自身では気付いていない方がほとんどですが、実は生えている人がほとんどです。VIはないのにOラインだけ毛が残っていては違和感がありますよね。

VIラインの脱毛を行うのであれば、Oラインもセットで脱毛することをおすすめします。Oラインはあると衛生的にも気になるという方が多く、ほぼ全員が全てなくして脱毛しています。自分では見たこともないような部分のはずですので、プロの方にしっかりと脱毛してもらえると安心ですね。

デリケートゾーン部分は自己処理が難しいので、脱毛前のシェービングに悩む方が多いです。特に初めての脱毛のときはどの位形を整えれば良いのか、どうやって剃っていくのか悩んでしまうはずです。

Vライン部分は上記にも記載しましたが、剃り始める前に1度毛足を短くハサミなどでカットしてみると形のイメージがしやすくなります。どの位のサイズで整えていくのかを創造して、形をある程度作っておけば施術前にキレイに整えながら脱毛を行ってもらえるはずです。

また、どうしても自分では難しいという方はスタッフに事前に相談をして有料の場合もありますが、シェービングサービスを利用するのも1つの方法です。Iライン部分の自己処理をするときのポイントは、1度剃りたい方のヒザを立ててゆっくりと外側に足を開きながら倒した状態で肌を剃りやすいように片手で引っ張りながらシェービングをすると剃りやすくなります。

この体制がつらいという方は片足を少し高い場所に乗せて肌を引っ張りながら剃ると剃りやすくなります。

Iラインの場合も毛足が長い場合は1度ハサミでカットしてから剃ることをおすすめします。慣れるまではIライン部分は見えにくく、自己処理も難しいですが慣れればサッと処理することができるようになります。さらに脱毛を繰り返していけば毛質も柔らかく細くなっていくため、自己処理も楽になるはずです。

始めのうちは試行錯誤しながら、ご自身が1番剃りやすいように工夫してみてください。

VIO脱毛まとめ

近年は脱毛をしていて当たり前になりつつあるデリケートゾーン部分。しかし、自己処理を続けていると黒ずみや色素沈着、濃い毛が生える範囲が広がるなどのトラブルが起きやすいところです。

シェービングや除毛クリームを使用する場合は肌への負担が少なくなるように毛足をカットするなどの事前準備や保湿を念入りに行うなどのアフターケアが重要になります。

また、最近はお手頃価格のものも増えて人気が高くなっている脱毛サロンやクリニックなどへ脱毛に通えば肌へのダメージも少なく脱毛が行えます。脱毛時の痛みの強さやデリケートゾーンの形の整え方など不安な点や悩んでいることがあれば、無料でカウンセリングを行っているところが多いので、相談してみるのがおすすめです。

1度脱毛するとムレなどの不快感から解放され、水着を着るときも不安なく自信を持てるようになります。デリケートゾーン部分の脱毛を始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク