ウォーキングでダイエット痩せる正しいやり方と時間

スポンサードリンク

ダイエットの運動でも、ウォーキングは誰でもできる方法として人気が高いです。ウォーキングですぐに結果が出ることはありませんが、継続することでダイエットの成果は着実に期待できます。

ウォーキングは運動なので、行った時間だけダイエット効果が期待できます。歩いた時間だけ痩せることが期待できるので、毎日継続すれば着実に痩せることができる可能性が高くなります。

ですが同じようなウォーキング時間でもやり方によって成果が変わってきます。ウォーキングの効果を最大限に引き出すには、正しいウォーキングを実践することが重要になります。

f:id:teke1102:20160826161108j:plain

ウォーキングのダイエット効果

ウォーキングのダイエットは以下の2つの効果を期待することができます。

  1. カロリー消費
  2. 脂肪燃焼

ウォーキングは運動になるので、動いた時間だけカロリーを消費します。ただし消費カロリーは運動の中でも少なくなります。

■普通の速度でウォーキング

体重50kg 30分 80kcal
体重50kg 1時間 160kcal
体重60kg 30分 95kcal
体重60kg 1時間 90kcal

早歩きでのウォーキング

体重50kg 30分 130kcal
体重50kg 1時間 260kcal
体重60kg 30分 160kcal
体重60kg 1時間 320kcal

仮に体重50キロの人が早歩きで1時間毎日歩いたとして、1ヶ月で約7800kcalの消費で1キロ痩せることができます。摂取しているカロリーにもよりますが、毎日1時間のウォーキングをすれば着実に痩せる可能性は出てきます。

そしてウォーキングのダイエット効果はカロリー消費だけではありません。ウォーキングは有酸素運動になるので、脂肪燃焼効果も期待することができます。有酸素運動の脂肪燃焼は30分以上の運動で効果が出ると言われていました。しかし最近では10分毎に3回に分けても同じ効果が出ると言われています。有酸素運動のダイエット効果については、ダイエットで本当に痩せる効果的な運動のやり方を参考にして下さい。

ウォーキングダイエットで痩せない理由

f:id:teke1102:20160826165321j:plain

ウォーキングダイエットはカロリー消費と脂肪燃焼の2つのダイエット効果が期待できます。しかしウォーキングダイエットを実践しても、なかなか痩せないと悩んでいる人が多いです。

ウォーキングダイエットで痩せない理由としては、すぐに結果を求めていることが一つの大きな理由になります。ダイエットは結果が出ないとモチベーションが上がらないので、何かの結果がないと痩せないと焦ってしまうのです。ウォーキングダイエットは長期的なダイエット法なので、すぐに結果を求めず気長にダイエットを継続することが成功のポイントになります。

またウォーキングダイエットで痩せない人に、運動で消費したカロリー以上に食べていることもあります。ダイエットは消費カロリーを摂取カロリーよりも大きくすることが成功のポイントなので、食べ過ぎには注意しないとダイエットに失敗してしまいます。

運動をするとお腹が空いてしまいますが、そこを我慢しなければウォーキングダイエットで成功はしません。ダイエットに成功する食事については、ダイエットの食事は食べる順番と食べ物で成功が決まるを参考にして下さい。

ウォーキングダイエットに必要な時間

f:id:teke1102:20160826170112j:plain

ウォーキングダイエットは、長い時間歩けばその分ダイエットの効果が高くなります。早く痩せたいのであれば、1日のウォーキング時間を伸ばすことが重要になります。ただし歩きすぎると、膝などの関節を痛める危険があるので注意が必要です。

ウォーキングダイエットの理想時間としては1日に1時間ほどで十分です。もちろん2時間歩けばダイエット効果が上がりますが、体を痛めては元も子もありません。1日1時間でも継続することで、着実にウォーキングダイエットの成果は出てきます。

またウォーキングダイエットは脂肪燃焼の効果も期待できるので、将来的に余分な脂肪を落とせることも期待できます。水分で体重を落とすのではなく、脂肪をしっかりと落とすことでリバウンド防止に繋がります。

ダイエットの運動で時間は重要ですが、それ以上に長期的な計画も大事なことになります。無理せず継続できる運動時間を把握することで、ダイエット後も運動を継続することができるからです。もしウォーキング1時間が辛ければ、30分でも良いので継続することがダイエット成功に繋がります。

痩せるウォーキング方法

f:id:teke1102:20160826171518j:plain

ウォーキングは動いた時間だけカロリーを消費します。ですがウォーキングのやり方によって、消費カロリーやダイエット効果が変わってきます。

ウォーキングになれていない人は、ダイエットに向いた歩き方をしていないことが多いです。何となく歩いてもカロリーは消費しますが、効果的な歩き方をした方がカロリー消費が上がりダイエットの成果が早く出ます

正しいウォーキングフォーム

ウォーキングで早くダイエットの成果を出すには、正しいウォーキングフォームで運動することが重要になります。正しいウォーキングフォームのポイントは以下になります。

  • 背筋をピンと伸ばす
  • 少し先を見る
  • 顎を引く
  • リラックスして、腰の位置を同じ場所に保つ
  • 肘は軽く曲げて肩から上下に動かす
  • 膝はなるべく伸ばす
  • 足はかかとから着地してつま先から蹴りだすように

正しいフォームを意識してウォーキングすることで、ダイエットの効果を上げることができます。最初は慣れないかもしれませんが、意識して継続すれば徐々に正しいフォームでウォーキングができるようになります。

ダイエットでウォーキングをしている人を見ると、しっかりとした正しいウォーキングフォームをしている人が多いです。そういった人のフォームを見て、自分のフォームを修正することもダイエットでは役立ちます。

朝ウォーキングダイエットの効果

ウォーキングダイエットをする場合、どの時間帯に行うかも一つのポイントになります。朝のウォーキングは、朝食前か朝食後かによって若干ダイエットの効果が変わってきます。

朝食前のウォーキング

朝食前にウォーキングをするメリットとしては、空腹状態のため脂肪燃焼の効果が期待できます。朝起きたらウォーキングをすることで、痩せる体質になることができるのです。

朝食前のウォーキングのデメリットとしては、体への負担がかかるリスクがあることです。運動負荷の低いウォーキングを短時間行うなら問題ありますが、エネルギーが不足している朝食前の長時間のウォーキングはお勧めできません。15分~30分程度にしておくのがお勧めの時間になります。

朝食後のウォーキング

朝食後は栄養が補充されているので、1時間位のウォーキングをしても問題ありません。1時間位の長時間ウォーキングすることで、脂肪の燃焼効果が期待できます。長時間のウォーキングなので、カロリーも短時間より消費することが期待できます。

ただし朝食後のウォーキングのデメリットとしては、運動をする時間があまりない可能性があることになります。仕事や学校に行く人は、ゆっくりと1時間ウォーキングしている余裕がないケースが多いです。早起きをして時間を作れる人の方が、朝食後のウォーキングは向いています。

f:id:teke1102:20160823171432j:plain

夜ウォーキングダイエットの効果

仕事をしている人などは、夜ウォーキングをしている傾向が強いです。家に帰ってからできるので、忙しいサラリーマンやOLでも実践することが可能です。夜ウォーキングを行うタイミングとしては、夕食後にウォーキングを行うとダイエット効果が期待できます。

夕食後の時間帯としては、食後30分以内にウォーキングするのがお勧めです。食後すぐに動くのは良くないと思うかもしれませんが、軽めの運動であれば問題はありません。激しい運動は健康的にも良くありませんが、ウォーキングなら食後に行うことでダイエット効果も期待できるのです。

食後30分以内にウォーキングをすることで、血糖値の上昇を抑えて脂肪を燃焼しやすくする効果も期待できるのです。夕食で食べた分のカロリーも多少は消費できるので、夜ウォーキングをするなら夕食後がお勧めの時間になります

夜ウォーキングの注意点としては、ウォーキング後は間食をしないことになります。せっかく消費したカロリーも、間食をしてしまうと意味が無くなってしまうからです。ウォーキング後の空腹対策としては、すぐにお風呂に入って睡眠をすることになります。寝ている間は空腹を感じないので、早く寝るのが最も効果的な対策になります。

ウォーキングダイエットの成功例

実際にウォーキングダイエットで成功した例をいくつか挙げるので参考にして下さい。年齢や性別など、自分に近い人のものを参考にするのもダイエット成功では重要になります。

20代後半女性

1日1時間のウォーキングを2ヶ月継続しています。
身長165cm、体重58kgからスタートで3キロ減少です。
体脂肪は残念ながらまだ変わっていません。

30代後半女性

半年のウォーキングで体重マイナス5キロ
毎日1万歩を目安に歩いています。
夜のみ炭水化物ダイエットを実践中。
最近は周りから痩せたと言ってもらえるようになりました。
目標はあと半年でマイナス10キロです。
気長に頑張っていこうと思います。

30代前半男性

毎日5キロ以上歩くことを目標にしています。
昔はジョギングをしていましたが、膝が痛くなったのでウォーキングに変えました。
ウォーキングにしてから、膝への負担も内容で調子が良いです。
ウォーキングでも体重は順調に減っています。
食事制限とウォーキングで1ヶ月ででマイナス3キロを達成しました

20代前半男性

ウォーキングダイエットを開始して3ヶ月経過しました。
お腹周りが大分スッキリしてきました。
1キロほどしか減ってませんが、3%体脂肪率が減りました。
退職的に余裕があるので、ジョギングに切り替えていこうと思います。

30代前半女性

ウォーキングダイエットをして、4ヶ月で64.6キロ→55.2キロになりました。
その日の体調に合わせて歩くペースを決めています。
ウォーキングダイエットは無理なくできるので、楽しくダイエットをしています。
ダイエットに成功したおかげで、着たい洋服が着れるようになりました。
この調子で、あと2キロ痩せたいと思います!

40代後半女性

年齢が若くないので、ゆっくりとウォーキングをはじめました
ダイエット目的ではなかったのですが、3週間で60.5から58.0キロまで体重がおちました
ウォーキングすると、体も心もリフレッシュできます。
今後も続けていきたいです。

40代前半男性

161cm.65kg ウォーキングを始めてから1ヶ月でマイナス3キロに成功しました。
毎日60分のウォーキングをして、夜はスムージーで置き換えてダイエットをしています。
頑張ってお酒も控えてます。

40代前半男性

散歩では効果がありませんでした。
大股で早歩きをすることでウォーキングの効果がでました。
1ヶ月で1キロ痩せたので、今後も続けていきたいと思います。

40代後半男性

ほぼ毎日、だいたい30分ぐらい歩いています。
夕飯を軽めにして、便秘予防にスムージーを飲んでいます。
始めて1か月半ほど経ちますがマイナス3キロです。
まだまだ頑張るつもりですが、20代の頃のように体重は減りません。

ウォーキングダイエットまとめ

ウォーキングダイエットは、少し息切れするくらいの負荷で行うダイエット効果があがります。消費カロリーは年齢や性別によって違いますが、継続することで痩せることができた人は多いです。

ウォーキングは最初はなかなか効果が出ないので、ダイエットに失敗したと焦ってしまう傾向があります。結果が出るまでは最低でも1ヶ月以上かかるケースがほとんどなので、焦らず我慢強く継続することがウォーキングダイエットの成功に繋がります。

ウォーキングダイエットの成果を上げるには、歩き方や時間が重要になります。正しいウォーキングフォームを身につけて、1日1時間を目安に運動を行うことがダイエット成功のポイントになります。

運動だけでダイエットを成功させることは難しいですが、運動をすることで着実に痩せやすい体質を作ることが可能です。ウォーキングは誰でもできる運動なので、ダイエット初心者が取り組む運動としてもお勧めできます。

スポンサードリンク