2週間で痩せる短期ダイエットメニュー

スポンサードリンク

2週間で痩せるためには、ダイエットメニューを検討することが必要になります。長期的に徐々に痩せるダイエット法では、2週間で結果を出すことができないからです。2週間という短期間でダイエットするには、負荷の高いダイエット法を実践することが必要になります。

ダイエットで痩せるためには、食事制限と運動の組み合わせが最も効果的です。2週間ダイエットもこの考え方は変わらず、あとはどういったメニューで実践するかが鍵になります。

短期間で結果を出すには、第一に食事メニューの見直しが必要になります。体重を減らすには、食事制限をするのが最も効果的な方法の一つだからです。
更に2週間で成果を出すために、運動も取り入れるとダイエットの相乗効果が期待できます。

2週間でダイエットを成功させることは簡単ではありませんが、やり方次第で達成することは十分可能です。

2週間で痩せる方法

2週間で痩せるには食事と運動を組み合わせたダイエットメニューが効果的です。

基本的に現代の日本人は食べ過ぎの傾向があるので、食事制限をすることでダイエットに成功しやすくなります。食事制限は体に悪いと言う意見もありますが、断食などの過度なダイエットをしなければ逆に健康的に痩せることができます。

また現代人は運動不足の傾向もあるので、運動も取り入れるとダイエットの効果が上がります。2週間の運動だけでは、そこまで大きなダイエット効果は見込めません。食事制限と組み合わせることで、2週間でもダイエットの結果を出すことができるようになります。

運動は負荷の高い運動よりも、少し息切れするくらいの運動を長い時間行った方がダイエットには効果的です。おすすめの運動は有酸素運動で、脂肪燃焼効果により綺麗に痩せることができます。

2週間はダイエットの期間としては短期間になりますが、効果の出るメニューで実践すれば痩せることは可能です。短期間で痩せるので少々辛いメニューになりますが、成功すればダイエットのモチベーションを上げることができます。

2週間ダイエットの食事メニュー

f:id:teke1102:20160823172244j:plain

2週間ダイエットに成功するかは、食事メニューにかかっていると言えます。痩せる食事をすることが、ダイエットに成功するための鍵となります。2週間ダイエットに効果的な食事メニューとして、糖質制限ダイエットの食事メニューがあります。

糖質制限ダイエットは、米やパンなどの炭水化物を抜くダイエット法になります。米やパンはエネルギー源になりますが、食べた分だけ太る食材なのでダイエットでは注意が必要です。また炭水化物はカロリーが高い食材も多いので、カットすることでダイエットに成功しやすくなります。

ただし全く炭水化物を食べないと、脳にエネルギーが届かないので体調を崩してしまいます。そこで2週間ダイエットでは、夕食の炭水化物を抜くことがお勧めとなります。夕食後はエネルギーを使う必要がないので、夕食で食事制限をするのが効果的になります。

2週間という短期間で結果を出すには、食事制限が不可欠になります。ダイエットの食事はカロリーや食材も重要ですが、食べ方などでも成果が変わってきます。ダイエットの成果を出せる食事方法や食べ方については、ダイエットの食事は食べる順番と食べ物で成功が決まるも参考にして下さい。

2週間ダイエットの運動

f:id:teke1102:20160823172839j:plain

2週間ダイエットを成功させる運動としては、有酸素運動が最も効果的な方法の一つになります。無酸素運動に比べると負荷が低く、長時間の運動を継続させることができるからです。また有酸素運動を長時間行うと脂肪燃焼効果があるので、ダイエットに適した運動と言えます。

2週間の有酸素運動でお勧めのものはランニングとウォーキングになります。運動時間としては、1日に30分のランニングと30分のウォーキングをすると2週間ダイエットに効果的です。

最初はランニングを少し息が切れるくらい行い、30分後にクールダウンを兼ねてウォーキングを行います。ウォーキングは早歩きのスピードを意識するとダイエット効果が上がります。

まとめてランニングとウォーキングをする時間がない場合は、通勤や通学をウォーキングするのもお勧めです。少し早歩きで通勤・通学をすれば、有酸素運動としてダイエット効果が期待できます。帰宅して余裕があれば、ランニングを30分行えば同じ効果が期待できます。

もしプールが使える環境にいるのならば、水泳や水中ウォーキングも効果的な有酸素運動になります。水中ウォーキングは無理なく継続できる運動で、消費カロリーも地上のウォーキングより大きいのでお勧めの運動になります。

有酸素運動は30分以上継続すれば脂肪燃焼効果があると言われています。30分ずっと継続しなくても、10分ずつでも効果があるので小まめに運動するのも一つのダイエット法になります。朝に30分、夜に30分など、自分のペースに合わせて運動すれば2週間無理なく継続することができます。

運動は継続することでダイエット効果が期待できます。2週間でも有酸素運動を続ければ、何もしないより痩せる可能性が高くなります。運動はやり方でダイエットの成果が変わってくるので、ダイエットで本当に痩せる効果的な運動のやり方も参考にして下さい。

2週間で3キロ痩せる方法

2週間で3キロ痩せるには食事制限を徹底することがポイントになります。徹底と言っても、断食をするのではなく最低限必要な食事で2週間生活すれば十分達成可能です。

成功のポイントとしては、夜の糖質制限ダイエットメニューの他に食事メニューを見直すことがあります。過度な食事制限の必要はありませんが、食事メニューを見直すことで2週間で3キロのダイエット達成に近づきます。

2週間3キロダイエットの食事

2週間で3キロ痩せるためのメニューとしては、低カロリー高タンパク質の食事にすることでダイエットに成功しやすくなります。野菜やキノコ類で食物繊維を取り、鶏肉や魚でタンパク質を摂取すれば健康的に痩せることが可能です。

肉類は糖質が低く糖質制限ダイエットに向いている食材ですが、脂肪分が多すぎるのはダイエットの敵になります。牛肉や豚肉よりは、脂質が低い鶏肉(ささみ・胸肉)を中心とした食事にすれば、2週間で3キロダイエットの成果が出やすくなります。

2週間3キロダイエットの運動

2週間で3キロ痩せることは、食事制限だけでも達成することは可能です。ですが運動を取り入れることで、ダイエット後のリバウンド防止に役立ちます。

運動はランニングとウォーキングの組み合わせが効果が出やすいですが、3キロ痩せることを目標にするならウォーキングだけでも達成可能です。通勤や通学のウォーキングや、帰宅後に運動するなど自分のできる範囲で行うことが継続のポイントです。

2週間で3キロ痩せない場合

体重がもともと少ない人は、2週間で3キロ痩せるのが難しいケースもあります。そういった人は無理に痩せることはお勧めできませんが、食事制限を厳しくすれば2週間で3キロ痩せることも可能になります。

朝と夜の食事をスムージーに変えるなど、食事量を減らすことで体重を落としやすくなります。また運動もランニングを1時間にするなど負荷を上げればダイエットの効果が上がります。

ただしダイエットの負荷を上げると健康に影響するので、どうしても短期間で痩せたい人以外は長期的にダイエットすることをお勧めします。

痩せている人は無理に一気に痩せずに、長期的なダイエットをしたほうがリバウンドをしにくくなります。

f:id:teke1102:20160822134624j:plain

2週間で5キロ痩せる方法

2週間で5キロ痩せることは、食事制限と運動の負荷を上げることが必要になります。肥満気味の人ならば2週間で5キロのダイエットを達成することは可能ですが、標準からやや肥満気味の人では難しいダイエットになります。

5キロ痩せるには1ヶ月以上の期間ダイエットするのがお勧めですが、どうしても2週間で5キロ痩せたい人はこのダイエット法を参考にして下さい。ただし無理は絶対にしないようにダイエットを行いましょう。

2週間で5キロダイエットの食事

2週間で5キロ痩せるには、まずは食事量を極力減らすことが必要になります。ただし断食は体に悪いので、朝と夜の食事を減らすことがお勧めになります。

食事のメニューとしては、朝と夜の食事をスムージーにすることになります。スムージーはダイエットで不足するビタミンなどを補うことができます。また食物繊維が豊富なので、ある程度の満腹感も出るのでダイエットにおすすめの食事になります。

昼もスムージーだと栄養不足で危険なので、お昼は普通の食事を食べるようにしましょう。ただし食べ過ぎは禁物で、外食などはしないようにしましょう。

2週間5キロダイエットの運動

2週間で5キロ痩せるには、運動も取り入れなければ達成が難しくなります。ただし食事制限をしていると体力が落ちてしまうので、無理な運動はしないように注意しましょう。

2週間で5キロ痩せる運動としては、ウォーキングが効果的な運動になります。また家で行える運動として、エアロバイクなどもお勧めの運動になります。

2週間で5キロダイエットするポイントとして、なるべく運動時間を長くすることがあります。軽めの運動を2時間以上行えば、カロリー消費も大きくダイエットに成功しやすくなります。

ウォーキングや家で行えるエアロバイクならば、体への負荷も低く2週間で5キロ痩せる手助けになります。

ダイエット中の停滞期

2週間ダイエットをしていると1度は停滞期にぶつかることがあります。ダイエットは痩せる時期と停滞期の繰り返しが一般的で、2週間ダイエットしていると2週目に停滞期になることが多いです。

最初の1週間は体重が落ちますが、2週目で体重が落ちずに焦ることが多いです。どうしても2週間で体重を落としたいのでなければ、焦らず2週間後もダイエットを継続することをお勧めします。

多くの場合、停滞期が終わるとまた体重が落ちるので3週目や4周目にダイエット効果が出てきます。

逆に1週目に体重が落ちずに、2週目にダイエットの成果が出るパターンもあります。これは個人差があるので、体重が落ちないからと焦らないようにしましょう。

停滞期と上手に付き合うことも、2週間ダイエットの成功に必要なことになります。

リバウンドを防止する方法

f:id:teke1102:20160823173157j:plain

2週間ダイエットに成功しても、生活を戻せばすぐに体重はもとに戻ってしまいます。リバウンドを防止することが、本当の意味でのダイエット成功になるのです。

リバウンドを防止する方法として、ダイエット後も食事メニューを継続させることがあります。太る原因のほとんどは食べ過ぎなので、食事に気を付ければリバウンドを防止することが可能だからです。

リバウンド防止の食事メニュー

おすすめの食事メニューとしては、夜の糖質制限ダイエットメニューを継続することになります。朝と昼の食事は生活のエネルギー源になりますが、夜は基本的にそこまでエネルギーは必要ないからです。

毎日の必要はありませんが、週に2回ほど夜の食事をスムージーにするなども効果的です。食事をコントロールすることができれば、2週間ダイエット後もダイエット効果を継続させることができます。

リバウンド防止の運動

2週間ダイエット後も運動を継続すればリバウンド防止に繋がります。有酸素運動は健康にも良いので、1日30分から1時間ほどランニングやウォーキングをすることをお勧めします。

またダイエットを継続する場合は筋トレをするのもお勧めになります。筋トレで筋肉をつけることで、基礎代謝が上がり痩せやすい体質をキープすることができるからです。

運動をすると筋肉がつき、体が引き締まるので見た目も美しく見えるようになります。短期間のダイエットをすると、見た目が不健康になることも多いです。運動を取り入れることで、健康的に見えるダイエットを成功させることができます。

www.resblo.com

スポンサードリンク