トリニティーラインの口コミを検証!シミに効果は本当にあるの?

スポンサードリンク

トリニティーラインがオールインワンジェルの中でも人気が急上昇していますね。美容成分が豊富で、肌の調子が良くなったという口コミが多く人気が上がっているようです。

トリニティーラインは、オールインワンジェルの選び方でもランキングNo.1に選ばれている実績あるオールインワンジェルです。製薬会社の「ドクタープログラム」が開発したオールインワンジェルで、その成分や美容効果に注目が集まっています。

今回はそんな人気のオールインワンジェルのトリニティーラインについて紹介していきたいと思います。これから乾燥が気になる季節ですが、どんな化粧品を選べばよいか迷っている人も参考にして下さいね。

トリニティーラインの成分と特徴

トリニティーラインとは、大正製薬グループ「ドクタープログラム」が開発した今注目のオールインワンジェルです。

厳選した48種類の95%の美容成分が配合されたオールインワンジェルで、口コミでの人気が上がっているので知っている人も多いかと思います。洗顔後はこれを塗るだけと言うシンプルなお手入れなのに、本格的なエイジングケアができると口コミでも人気です。

トリニティーラインの大きな特徴としては、水は1滴も入っていない!95%が美容成分であることです。その他にも肌の土台を整える、天然型セラミド、モイストセラミド成分、レシチンも注目成分です。

ハリや弾力の効果が期待できる、ホチキスポリマーα、ツボクサエキス、クアトロリフトも配合されています。保湿効果が期待できるマリンコラーゲン、4種のヒアルロン酸、14種のアミノ酸が配合されているのも嬉しいですね。

キメやつやを整えてくれる4種の植物エキス、スクワラン、アミノキャッチ、ウスベニアオイエキスなどの有効成分も含まれています。

トリニティーライン

トリニティーラインの保湿効果は

保湿するためには、水分を与えることが重要だと考えられてきました。そこで、化粧水をたっぷり使って、油で蓋をするために乳液やクリームを使って…という従来の基礎化粧品は、実は間違いなのだそうです。

トリニティーラインで一番上にかかれている成分を見てみると「セラミド」とあります。しかも、天然型セラミドやモイストセラミド成分など、複数のセラミドが入っているようですね。

このセラミドというのは肌の保湿兼バリアを担う重要な成分なのです。セラミドが不足すると、乾燥するだけではなく、バリアがゆるんで肌荒れやハリ低下の発生要因になります。セラミドは簡単に言えば、肌のバリア構造の砦のようなものです。肌内部から蒸発する水分を抑え、外部から浸入する異物を阻止するのがセラミドです。

そのため、セラミドが減ると、肌は乾燥し、キメが失われ、艶が無くなります。また、異物が浸入し、肌荒れが起きやすくなります。セラミド不足から生じる様々な症状に対しては、保湿環境を整え、セラミドを補うと効果があるのですね。ですから、乾燥や、肌のゆらぎ、ハリ不足や、ツヤがないことで悩んでいる方には、セラミド高配合化粧品でケアすると良いのです。セラミドにも実は色々種類があります。

たくさん種類があるセラミドのなかでも、保湿効果が高いのは「活性化セラミド1」「活性化セラミド2」と「活性化セラミド3」です。「天然セラミド」も効果が高いです。ただ、セラミドは価格が高い成分なので、安い化粧品にはあまり含まれていないことや安い擬似セラミドを使用している可能性があります。

トリニティーラインには天然セラミドがちゃんと原材料名に書かれていますので、安心して使うことができます。このことからもトリニティーラインは、高い保湿効果が期待できますね。

トリニティーラインのエイジングケア効果

今、世界中から注目を浴びている美容成分にツボクサエキスというハーブエキスがあります。紀元前からヨーロッパで怪我などを癒す時に使われてきた伝承薬です。「Herb of the Tiger」と呼ばれ、傷ついたトラがツボクサの茂みに体をこすり、傷を治したことからその薬効が伝わったと言われています。

そのため、インドではツボクサは「タイガーバーム」とも呼ばれます。魔法の植物と考えられ、皮膚の代謝や血管の機能を高める妙薬として使われているそうです。マダガスカル島原産で採取後、すぐに乾燥させて貴重な成分を閉じ込め、エキスとして抽出して使用するのだそうです。

こうして得られた貴重なエキスには

美容効果

  • 皮膚の修復効果
  • 抗炎症作用
  • 抗酸化作用
  • シワやたるみの防止
  • 鎮痛効果
  • 精神安定効果

といった効果が認められています。ツボクサエキスの魅力は、様々な症状に有効な作用をするところですね。ヒーリングの効果が高いため、お茶にして飲むと心を落ち着かせたり、インドでは頭が良くなるサプリメントの原料になることもあるようです。

実は、お肌の老化は、炎症が原因だと言うことが最近分かってきました。紫外線による炎症や、こすったり触ったり、化粧品を塗ったりするときの刺激で、目に見えないような微細なキズができるのだそうです。

なんと表情を作るときの筋肉の圧力もシワの原因とか。表情ジワなどはこういった炎症のせい。この炎症が繰り返されると、炎症後色素沈着を招き、シミやシワ、たるみへとつながっていくのですね。

お肌の老化の原因となる乾燥や表情圧、紫外線などによってお肌に炎症や傷ができると、その部分にリンパ球の一種である好中球が集まってきます。この好中球が好中球エラスターゼを放出し、お肌の老化に繋がっていくのだそうです。

エラスターゼとはタンパク質の一種であるエラスチンを分解する酵素です。皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層からできており、その下に脂肪組織と筋肉があります。若いうち、お肌はみずみずしく弾力がありますが、これは皮膚の内部で細胞のターンオーバーが盛んに行われていることで、新しい皮膚組織により柔軟性・弾力性のある肌が保たれているからです。

しかし、加齢によって、ターンオーバーが遅れてだんだん柔軟性が失われていきます。特に、真皮を支える役割を果たす線維成分であるエラスチンが緩んでしまうのがたるみの主な原因となります。

たんぱく質からできていて、真皮の75%をしめ、真皮を支える役割を果たすコラーゲン繊維を鉄骨と例えるならば、そのコラーゲン繊維のジョイント部分がエラスチンです。この肝心のエラスチンを破壊してしまうので、たるみが進行するのですね。

トリニティーラインのオールインワンジェルに含まれるツボクサエキスは、炎症鎮めることで、お肌の老化を食い止めてくれるエイジングケアにも有効です。

トリニティーライン

トリニティーラインの美容効果

トリニティーラインの製品のうち、他の化粧品と違う特徴として挙げられるのがが「ナノカプセル技術」です。どんな美容成分でも、ただ混ぜ合わせただけではお肌に浸透することはありません。お風呂に入っても、からだがふやけて膨らんでしまわないのは、肌表面にあるバリア機能が働いているからです。

このバリア機能はちょっとやそっとで崩れるものではないのです。その割に、花粉症のシーズンなどでは赤くなったりヒリヒリしたりしてくれますが…。トリニティーラインのオールインワンジェルは、お肌に乗せると、柔らかなジェルクリームがすーっと溶け込んでいくように馴染んでいきます。これは美容成分をまるごとナノカプセル化する技術によって、豊富な美容成分をお肌に届けてくれるからです。

この技術は、実はもともとはお薬を体の中に届けるために生まれたものでした。ドラッグデリバリーシステムと言い、有効な成分を標的とする病気に届けようとしても、なかなかうまく吸収されず、他の臓器への負担となることがあったのです。このあたりは、製薬会社である大正製薬ならでは、といったところでしょうか。

ナノカプセル技術とは、どのようなものなのでしょうか。ナノというのは10億分の一、の意味です。直径が数十ナノメートルという極小のカプセルの中に有効成分を入れて、お肌にしっかりと届けるようになっているのです。

カプセルを作るときには、疎水性の表面と、親水性の表面を利用して作成するものが多いです。このような水に馴染んだり、油に馴染んだりしやすい特性を活かすことで、お肌の細胞に馴染みやすく作られているので、美容効果が高いことが期待できるのですね。

トリニティーラインの効果がでるまで

肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりをターンオーバーといいます。皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層でできています。さらに、一番表面にある「表皮」は、「基底層(きていそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「角質層(かくしつそう)」という4層構造になっています。基底層で生まれた細胞は、形を変化させながら表面に押し上げられていき、最後には死んだ状態で角化細胞となります。

この角化細胞は、新しい細胞に押し上げられるようにして最後は自然にはがれ落ちる構造となっています。この肌の細胞が生まれて剥がれ落ちるまでのサイクルがターンオーバーです。

このように表皮は絶えず入れ替わっているため、表皮に傷がついてもかさぶたとなってはがれ落ち、きれいな肌に生まれ変わるのです。一番下にある基底層から顆粒層まで14~42日。角質細胞となってはがれ落ちるまで14日。部位によって差があると報告されていますがおよそ14~56日程度であると考えましょう。

血行などによっても左右されると言われていまして、一般的には年齢とともに新陳代謝が低下し、30代~40代になると、20代のころには28日程度だったターンオーバー周期が、45日程度になってしまうと言われています。このために、年齢とともに皮膚についたキズが治りにくくなったように感じるのですね。

年齢を重ねて、肌がくすむ、シミが増えた、または濃くなったなどの症状が現れたらターンオーバーの機能が低下しているのかもしれません。ターンオーバーは遅すぎても早すぎても良くありません。

周期を正常に保つためにも睡眠時間や規則正しい生活、バランスの取れた食生活、ストレスを溜めないなど、基本的な日常生活習慣から見直すことが大切です。。タ逆に顔を洗いすぎたり、角質ケアばかりしているとターンオーバーが早まってしまいます。

ターンオーバーが乱れた肌は、ゴワゴワしている状態ですので、水分を保持することが難しいため、乾燥が気になったりしわが新しくできたように感じたり肌がくすんで見えてしまいます。

いくら良い化粧品を使用しても、表面にある表皮は、何日も前にその下の層で作られた細胞です。そのため、上から化粧品をつけても、表皮そのものを変化させるのは難しくなります。ただ、その下にある細胞を守り、育つのを助けてくれます。

ですから、化粧品を変えたときには、数日後のお肌も大事ですが、その下にある細胞が育って表面に出てきた時を見ることも重要です。もちろん、その間にいつもとは違う刺激などを感じたら使用を中止しましょう。トラブルがないようであれば、ナノカプセルに包まれた美容成分が、お肌の奥の細胞を活性化してくれているイメージを持って、しばらく使うとお肌が生まれ変わったのを実感できるかと思います。

トリニティーライン

トリニティーラインの口コミ

実際にトリニティーラインを使った人の口コミを見てみましょう。

保湿力が高い

サヤカ 52歳

オールインワンの中では、浸透力が高くかなりの保湿力があると思います。冬場でもこれひとつで十分だと感じました。リピート確定です。

安心して使える

真由美 41歳

浸透力がすごく高くて気に入っています。お肌のトラブルもなく安心して朝晩使っています。化粧の時間が短くなったのも何気に嬉しいポイントですね。

肌がワントーン明るくなった

yoko 43歳

トリニティーラインを使ってから、肌がワントーン明るくなりました。年齢を重ねて肌が黒くなったのが気になっていましたが、30代の頃の肌のトーンになった気がします。周りからも顔周りが明るくなったと言われているのでとても嬉しかったです。

時間が経つと

亮子 38歳

伸びが良く、すぐに浸透してくれて、べたつきもなく使いやすいです。ですが徐々に乾燥が気になりますね。乾燥肌なので、もう少ししっとり感が欲しかったです。

保湿力ありますね

moe 55歳

40代~60代に人気があると聞いて、早速購入しました。保湿力が高く私の年齢でも乾燥が気にならなくなりました。個人差はあるでしょうが、オールインワンジェルを探している人にはおすすめできる商品です。

使った感触が好きではない

ゆっこ 21歳

使った感触が、ぺたぺたします。夜に使って、朝起きた時は大丈夫でしたが、朝に化粧水を使ってから塗ったところ、すぐにメイクできないので不便。

口コミ通り

ミズキ 31歳

やたら口コミが良かったので、気になって使ってみました。感想は口コミ通りとても良いオールインワンジェルだと思います。保湿力だけではなく、美容効果も期待できるので継続すれば綺麗な肌になれると思います!

トリニティーラインは公式サイトから購入すれば、初回半額になるのでお得ですよ。

トリニティーライン

スポンサードリンク